Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • - Hi, I'm Jennifer Garner.

    - こんにちは、ジェニファー・ガーナーです。

  • - And I'm Edgar Ramirez.

    - そして、私はエドガー・ラミレスです。

  • And this is everything we did In A Day

    そして、これが私たちが一日でやったことのすべてです。

  • on the set of Yes Day.

    Yes Day』の撮影現場にて。

  • [soft upbeat music]

    [soft upbeat music]

  • - Hi I played Allison Torres,

    - こんにちは、アリソン・トーレスを演じました。

  • and I am a mom of three.

    と、3人のママです。

  • - I'm Carlos Torres.

    - カルロス・トーレスです。

  • I'm married to Allison.

    私はアリソンと結婚しています。

  • I am the father of three.

    私は3人の子供の父親です。

  • - For the car wash day,

    - 洗車の日のために

  • I got up probably four forty five or five.

    起きたのは4時45分か5時頃だった。

  • - I got up.

    - 私は立ち上がった。

  • [chuckles]

    [chuckles]

  • I got up at 4:45 as well.

    私も4時45分に起床しました。

  • - The days were short then,

    - 当時は日が短かった。

  • and then the sun was setting kind of early

    そして、日没が早くなってきた

  • and so we needed every bit of daylight

    そのためには、少しでも多くの日差しが必要でした。

  • cause we had to shoot the whole scene in one day.

    そのため、1日で全てのシーンを撮影しなければなりませんでした。

  • So I know we started super early that day.

    だから、その日は超早い時間にスタートしたんだよね。

  • - We needed to get it done before sunset

    - 日没までに終わらせる必要があった

  • and we're also working with kids,

    で、子供たちとも一緒に活動しています。

  • so the days were even shorter.

    そのため、さらに日が短くなりました。

  • - My alarm is just the alarm sound on my iPhone.

    - 私のアラームは、iPhoneのアラーム音だけです。

  • - My alarm is,

    - 私のアラームは

  • I mean feel free to cut it out if you need to,

    必要であれば自由に切り取っていいということです。

  • but Marvin Gaye's Sexual Healing.

    が、Marvin GayeのSexual Healing。

  • [laughs]

    [笑]

  • That is the song from my alarm.

    それは私のアラームの曲です。

  • I just love like it's a very soothing song.

    とても癒される曲で気に入っています。

  • - First thing I do is hit snooze.

    - まず最初にすることは、スヌーズをすることです。

  • [laughing]

    [笑]

  • And wait for my second alarm.

    そして、2回目のアラームを待つ。

  • - The first thing I do is I hit snooze.

    - まず最初にすることは、スヌーズをすることです。

  • For another 15 minutes.

    さらに15分ほど。

  • And I have my clothes everything on a chair.

    そして、私の服はすべて椅子の上に置いてあります。

  • So I get I mean it's like I prepare everything

    だから、私は......つまり、すべてを準備しているようなものです。

  • the night before so that I can be ready.

    前日の夜には準備ができています。

  • - Like a little kid going to school,

    - 小さな子供が学校に行くように。

  • you have it all laid out on the chair?

    椅子の上に全部並べているのですか?

  • - Exactly!

    - その通りです。

  • Exactly that!

    まさにその通りです。

  • - Do you have your underwear on top

    - 下着を上にしているか

  • because you put it on first?

    先に装着したから?

  • - It is exactly what I did.

    - まさに私がやったことです。

  • Exactly as I did when I was going to school as a kid.

    私が子供の頃、学校に通っていた時と全く同じです。

  • Back in Venezuela,

    ベネズエラに戻る。

  • normally when you go to school,

    通常、学校に行くときは

  • you wear uniform.

    制服を着ています。

  • Right.

    そうですね。

  • And then I would leave my uniform on a chair,

    そして、椅子の上に制服を置いておくのです。

  • next to the bed so that I would jump in my clothes

    ベッドの横に置いて、服を着たままジャンプするようにした。

  • and then have more time to snooze.

    と言っていたのですが、そうするとスヌーズする時間が増えます。

  • So that is exactly what I did during Yes Day.

    そのため、「Yes Day」では、まさにそれを実行しました。

  • I had my uniform and you know that I have a uniform.

    私はユニフォームを持っていましたし、あなたもご存知の通りです。

  • I have three track suits that I used.

    私が使ったトラックスーツは3着あります。

  • Throughout the whole shoot.

    撮影の間ずっと。

  • And that was my uniform for Yes Day.

    そして、これが私のYes Dayのユニフォームでした。

  • - That's right.

    - そうなんです。

  • You decided you said I need some cozy clothes

    あなたが決めた......私には心地よい服が必要だと言った

  • to come to set.

    をセットにしてくる。

  • What should I do?

    どうすればいいですか?

  • And I think I sent you to Lululemon right?

    そして、私はあなたをLululemonに送ったと思いますが?

  • And you came you wear em like religiously,

    そして、あなたが来たのは......信仰のように身につけているからです。

  • boom boom.

    ブームブーム。

  • So I probably quickly read through the news,

    だから、たぶんすぐにニュースに目を通す。

  • took a shower,

    シャワーを浴びました。

  • and I have a coffee maker that's an alarm.

    で、私はコーヒーメーカーがアラームになっています。

  • And it grinds the beans

    豆を挽いてくれる

  • to the amount of water you have.

    を、水の量に合わせて設定します。

  • And I could hear it going off.

    そして、その音が聞こえてきました。

  • And that's what actually pulls me out of the bed

    そして、それが実際に私をベッドから引きずり出すのです。

  • and gets me in the shower.

    と言って、私をシャワーに連れて行ってくれます。

  • We would get there way before the kids.

    子供たちよりもずっと早く到着してしまう。

  • So I'm sure,

    だから私は確信している。

  • - Yeah.

    - うん。

  • Yeah.

    うん。

  • - By six?

    - 6時までに?

  • - Not later than six.

    - 遅くとも6時までには

  • We were never in the chair.

    椅子に座ることはありませんでした。

  • The makeup chair before six right?

    6時前のメイクアップチェアーですね。

  • Sorry after six.

    6時以降はごめんなさい。

  • - Yeah and then we'd have like the eye things on

    - そう、そして、目のようなものをつけて

  • to take away the puffiness and the circles.

    を使って、むくみやクマを取ることができます。

  • And we definitely had,

    そして、私たちは確かにそうだった。

  • we both love coffee a lot.

    二人ともコーヒーが大好きなんだ。

  • So there was a serious flow

    真剣に流れていたんですね。

  • of coffee coming into that hair

    その髪に入ってくるコーヒーの

  • and makeup trailer.

    とメイクアップトレーラーをご覧ください。

  • Yes my love of course.

    はい、私の愛はもちろんです。

  • - Coffee always.

    - いつもコーヒー。

  • Espresso for Edgar.

    エドガーにはエスプレッソを。

  • And that day we had waterproof makeup put on remember?

    そして、その日はウォータープルーフのお化粧をしましたね。

  • It wasn't our typical makeup.

    私たちらしいメイクではありませんでした。

  • They had they had bought waterproof makeup

    ウォータープルーフの化粧品を購入していました。

  • for that day.

    その日のために。

  • - Makeup for me is super,

    - 私にとってのメイクアップはスーパーです。

  • super quick.

    超高速。

  • But that is the longest that I'd took.

    しかし、それは私が取った最長のものです。

  • Cause I had like the blue,

    なぜなら、私はブルーが好きだったからです。

  • you know like mask on so.

    マスクをしているようなものですからね。

  • - That was more like an hour and a half

    - 1時間半くらいだったかな

  • to a two hour look.

    を2時間で見ることができます。

  • I've been working with the same hair

    私は、同じ髪の毛を

  • and makeup people forever.

    とメイクの人は永遠です。

  • And so they're really good at working together.

    だから、彼らは協力するのがとても上手なんです。

  • But it's definitely the I have ponytails

    しかし、それは間違いなくI have ポニーテールです。

  • and they're curled.

    とカールしています。

  • And then I had glitter and,

    そして、キラキラしたものや

  • this crazy makeup on my face.

    私の顔には、このクレイジーなメイクが施されています。

  • And it the fun thing is it's the same makeup

    そして楽しいのは、同じメイクであること。

  • artist who did 13 going on 30.

    13をやっていたアーティストが30になりました。

  • And it feels just like when she was doing that makeup.

    そして、そのメイクをしていた時と同じような感覚です。

  • For me it was a it's a solid couple of hours.

    私にとっては、充実した2時間でした。

  • I usually work.

    普段は仕事をしています。

  • I make a lot of phone calls.

    私はたくさんの電話をかけています。

  • At the time I think I was in the middle

    当時、私は真ん中にいたと思います。

  • of a big push.

    の大きな後押しがありました。

  • And,

    と。

  • for kids.

    for kids」です。

  • And I was calling senators from the makeup chair.

    そして、メイクアップチェアから議員に電話をかけていました。

  • Edgar would close his eyes.

    エドガーは目を閉じていた。

  • I'm sure you had your eyes closed.

    きっと目を閉じていたんでしょうね。

  • - I sleep

    - 私は眠る

  • - You would sleep.

    - 寝てしまう。

  • - I sleep.

    - 私は眠る。

  • I sleep.

    私は眠る。

  • That's what I do.

    それが私の仕事です。

  • You know I said hi hi.

    私がハイハイと言ったのを知っているでしょう。

  • Hi everybody.

    皆さん、こんにちは。

  • [snoring]

    [いびき]

  • And I just keeps sleeping.

    そして、私はひたすら眠り続ける。

  • - We would go to set.

    - セットで行くことになりました。

  • We'd have everything set up.

    すべての準備が整っています。

  • So by the time we had

    その結果、私たちは

  • the youngest Everly,

    最年少のEverly。

  • who played our youngest daughter.

    末娘を演じてくれた

  • And by the time she was there,

    そして、彼女がいた頃には

  • everything was really dialed in.

    すべてが完璧に調和していた。

  • So that we didn't waste any you know,

    無駄にしないために。

  • kids have a lot to have shorter hours.

    子供たちには、短い時間での活動が必要です。

  • So we didn't waste a minute.

    だから1分も無駄にしなかった。

  • So we would go to set with her stand in.

    だから、彼女のスタンドインでセットに臨むのです。

  • And you know check out what it was gonna be.

    そして、それがどのようなものになるのかをチェックしていました。

  • And the first thing we did

    そして、最初にしたことは

  • that day we're establishing shots in the car.

    その日は、車内でのショットを設定しています。

  • Driving to into the carwash scene.

    洗車場のシーンへの誘導

  • That would probably take an hour

    それには1時間はかかるでしょう。

  • to an hour and a half.

    を1時間半に短縮しました。

  • - Yeah.

    - うん。

  • - And we probably didn't even have Everly in the car.

    - そして、おそらくEverlyも車に乗せていなかったと思います。

  • It was probably.

    それはおそらく

  • - For sure.

    - 確かに。

  • - A stand in.

    - スタンドインです。

  • And maybe even a stand in for Julian as well.

    そして、ジュリアンの代役も務めるかもしれません。

  • Probably by the time we finished the establishing shot,

    おそらく、エスタブリッシュメント・ショットが終わる頃には、そうなっているでしょう。

  • it was around 10.

    は10前後でした。

  • It was definitely mid morning.

    確かに午前中だった。

  • We had already gone through,

    私たちはすでに通過していた。

  • you know we'd probably had an extra coffee run.

    私たちは、おそらく余分なコーヒーを飲んでいたことでしょう。

  • We were all gearing up and excited for the car wash.

    私たちは洗車のために準備をし、興奮していた。

  • And nervous.

    と緊張しています。

  • Cause it was cold.

    だって、寒かったんだもん。

  • We were shooting this in La's winter.

    ラの冬に撮影しました。

  • Which isn't obviously frigid.

    それは明らかに寒くはありません。

  • But it was cold.

    しかし、寒かった。

  • It was a cold day.

    寒い日だった。

  • Then we shot probably they attached cameras to the car.

    その後、車にカメラを取り付けて撮影しました。

  • And they would attach em to,

    そして、彼らはEMを装着します。

  • one side of the car.

    片側だけです。

  • And they'd shoot over me to Edgar.

    そして、私の上をエドガーに向かって撃ってくる。

  • And then they would move everything around.

    そして、すべてを動かしてしまうのだ。

  • Attach the other side of the car,

    反対側も貼り付ける。

  • shoot over Edgar to me.

    エドガーの上を私に向けて撃つ。

  • And then before we went into the car washing,

    そして、洗車に入る前に

  • we all stopped and put on wetsuits.

    私たちは皆、立ち止まってウェットスーツを着た。

  • Because once we started going through the car wash,

    なぜなら、一度洗車機を通すようになったからです。

  • we were shooting it.

    を撮影していました。

  • So we needed to make sure,

    だからこそ、確認する必要がありました。

  • the kids are handing us snorkels,

    子供たちがシュノーケルを渡してくれている。

  • and goggles.

    とゴーグルを使用しています。

  • And we needed to really make sure

    を確認する必要がありました。

  • that we had that down pat.

    それができていたからです。

  • Because,

    だって。

  • a take,

    a take,

  • doing a second take meant,

    セカンドテイクをするということは

  • stopping,

    を停止することができます。

  • drying everything,

    すべてを乾燥させる。

  • drying our hair,

    髪を乾かす。

  • redoing our makeup.

    メイクをやり直す。

  • And getting totally ready again.

    そして、また完全に準備を整える。

  • From scratch.

    ゼロから。

  • - And it was very cold.

    - そして、とても寒かったです。

  • And the water was cold.

    そして、水は冷たかった。

  • So you know it was fun.

    だから、楽しかったんだよね。

  • I mean we used it.

    使ったということです。

  • But it was,

    でも、そうでした。

  • but it was very chilly.

    が、とても寒かったです。

  • - It was very cold.

    - とても寒かったです。

  • Edgar do you remember Everly got scared.

    エドガー......Everlyが怖がっていたのを覚えていますか?

  • - She got scared poor thing.

    - 彼女は怖がってしまって、かわいそうなことをした。

  • I mean we got scared.

    つまり、私たちは怖かったのです。

  • I mean now let alone for Everly.

    今は、Everlyのためにも、ということです。

  • She got scared of course it was.

    勿論、彼女は怖がってしまった。

  • - Yes sweet Everly got scared.

    - そう、かわいいEverlyが怖がったのだ。

  • And we were all talking because we said,

    と言っていたので、みんなで話していました。

  • oh no she's only done one time through,

    ああ、彼女はまだ1回しか通していない。

  • we have one take of her.

    彼女のワン・テイクを紹介します。

  • We're gonna need her again.

    また彼女が必要になります。

  • And so she got back in the car for a second take.

    そして、彼女は車に戻って2回目の撮影を行った。

  • She said she wanted to do it.

    やりたい」と言ってくれた。

  • She got back in the car.

    彼女は車に戻った。

  • And then right as we got to the water,

    そして、水に入った瞬間に

  • she started crying.

    と言って泣き出した。

  • And she said no no no I don't want to.

    すると彼女は、「いいえ、いいえ、私はそうしたくありません」と言いました。

  • And so we stopped and we cut.

    そして、私たちは立ち止まり、カットしました。

  • - Yeah exactly.

    - その通りです。

  • You know what's very scary?

    とても怖いことを知っていますか?

  • I think when you use goggles

    ゴーグルを使うと思うのですが

  • and water is coming at you

    水はあなたに向かってくる

  • for the first time.

    を初めて公開しました。

  • Like you put the goggles

    ゴーグルを置くように

  • and then you have all the water coming

    そして、すべての水が入ってきます。

  • and you don't see anything

    何も見えなくなってしまう

  • - But still,

    - しかし、それでも

  • it was quite quite shocking.

    それはとても衝撃的なことでした。

  • And the bubbles that are coming in.

    そして、入ってくるバブル。

  • And you get soap in your mouth and.

    そして、口の中に石鹸を入れたり

  • But if you're a grown up

    でも、大人になったら

  • and you know that it's silly

    そして、あなたはそれが愚かであることを知っている

  • and you're just doing it a few times,

    と数回やっているだけです。

  • it's hilarious.

    笑えますね。

  • And even for the older kids it was hilarious.

    そして、年長の子供たちにとっても、それは愉快なものでした。

  • But for a little five year old,

    しかし、5歳の小さな子供にとっては

  • she was terrified.

    彼女は恐怖を感じていた。

  • We did something that day called French hours.

    その日はフランス時間というものを行いました。

  • Where it's a 10 hour shooting day,

    1日10時間の撮影をするところ。

  • and you take a break when you can.

    で、休めるときには休んでしまう。

  • But you don't have a specific

    しかし、あなたは、特定の

  • everybody at once lunch break.

    みんなで一斉に昼休み。

  • So then we all ate like in our,

    それで、みんなで食事をしました。

  • in our little hotel rooms.

    私たちの小さなホテルの部屋で

  • And I think Edgar we probably found each other

    そして、エドガーは私たちがお互いを見つけたのではないかと思っています。

  • after we ate and hung out a little bit.

    の後、食事をして少しぶらぶらしました。

  • And then I think the kids had to fit school in.

    そして、子供たちは学校に合わせていたと思います。

  • On either side of things as well.

    どちらの側でも同じです。

  • - Yeah.

    - うん。

  • It's true.

    本当ですよ。

  • Yeah every day.

    ええ、毎日です。

  • Yeah they have school hours.

    ええ、彼らには学校の時間があります。

  • - Cause Jenna put herself through school

    - ジェンナが自分で学校に通っていたから

  • and graduated from high school

    高校を卒業して

  • while we were making the movie.

    映画を作っている間に

  • - And so yeah we had our little party

    - そうして、私たちは小さなパーティーを開いた

  • for her graduation.

    彼女の卒業式のために

  • Not that day.

    その日はない。

  • No no no.

    いやいやいや。