Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • These women are working on the Churchill  tank, a World War two era British tank  

    第二次世界大戦中のイギリスの戦車「チャーチル」の整備をしている女性たち

  • that was heavily armored, but agile enough  to climb. From 1941 to 1945 thousands  

    重い装甲を持ちながらも、登れるほどの俊敏性を持っていた。1941年から1945年まで、何千人もの

  • of what The New York Times called the  "world's deadliest tanks" were made

    ニューヨーク・タイムズ紙が「世界最凶の戦車」と呼んだものが作られた。

  • But there was a problem: the Churchill tank  weighed at least 40 tons, 36 metric tons.  

    しかし、問題があった。チャーチルの戦車は少なくとも40トン、36トンの重さがあった。

  • Imagine 20 cars. That would cause a normal bridge  

    20台の車を想像してみてください。そうすると、普通の橋が

  • to buckle without a way to cross waterthe Churchill tank was basically useless

    は、水を渡る手段がないと座礁してしまうため、チャーチルのタンクは基本的に役に立たなかった。

  • American tanks had the same problem. And as the  war waged on, the allies needed new bridges and  

    アメリカの戦車も同じ問題を抱えていた。また、戦争が長引くと、同盟国は新しい橋を必要としたり

  • replacement ones. Bombed out bridges like this one  in Germany needed a sturdier fix than a gangway.  

    の代わりになるものを探していました。ドイツの爆撃を受けた橋のように、ギャングウェイよりも頑丈なものが必要でした。

  • The solution to both of these problems was a new  type of bridge that improved on old breakthroughs  

    この2つの問題を解決したのは、昔の画期的な技術を改良した新しいタイプの橋でした。

  • and also represented a model maker's way of  thinking about how a bridge could win a war

    と、「橋があれば戦争に勝てる」という模型職人の発想を表しています。

  • Here's a bridge being built in China in 2020. Now  imagine no heavy machinery, no custom design, no  

    2020年に中国で建設されている橋を紹介します。想像してみてください 重機もなければカスタムデザインもなく

  • materials heavier than a person could carry, and  no reliable access to the other side of the river.  

    人が持てないほどの重さの資材、そして川の向こう側への確実なアクセス。

  • And half the time, you had to build it at night. That's the challenge of a wartime bridge.  

    しかも半分は夜のうちに作らなければならない。それが戦時中の橋梁の課題である。

  • Donald Bailey was an engineer at the British  Experimental Bridging Establishment in 1940,  

    ドナルド・ベイリーは、1940年に英国実験架橋施設のエンジニアとして活躍した。

  • and he needed a way to make  the standard temporary bridge,  

    と、標準的な仮設の橋を作る方法が必要だった。

  • the Inglis bridge work for a new generation  of heavy tanks. When the Inglis bridge buckled  

    新世代の重戦車のためのイングリッシュ・ブリッジ・ワーク。イングリス橋の座屈時

  • under test weights, Bailey took an envelope  out and sketched an idea for a new bridge

    テストウェイトの下で、ベイリーは封筒を取り出して、新しい橋のアイデアをスケッチした。

  • He had made models since he was a kid and used  them to help test his design. He needed something  

    子供の頃から模型を作っていて、それを使ってデザインを検証していました。彼は何かを必要としていた

  • adjustable to a range of gaps. It could  work with a pontoon floating in a river  

    隙間の範囲で調整可能。川に浮かんだポンツーンでも使えます

  • as well as with land. It had to be  made of something other than aluminum  

    陸上と同じように。アルミ以外の素材でなければならなかった

  • because airplanes needed that. It could be made  easily by manufacturers. No confusing parts,  

    飛行機にはそれが必要だったからだ。メーカーが簡単に作ることができる。紛らわしい部品もない。

  • but most importantly, everything had to fit insmall service truck and be lifted by six soldiers

    しかし、最も重要なことは、すべてのものが小さなサービストラックに収まり、6人の兵士が持ち上げることができなければならないということだ。

  • The design is strong and more flexible  than earlier ones like the Inglis Bridge  

    イングリス・ブリッジのような初期のものに比べ、丈夫で柔軟性のあるデザインになっている

  • or this small box girder bridge that  was also used. The panel was smaller  

    や、この小さな箱桁の橋も使われていました。パネルが小さかった

  • than a box girder, lighter and easier to stack. This is the key to his design. I'll show you

    ボックスガーダーよりも軽く、積み上げやすい。これが彼のデザインのポイントです。お見せしましょう。

  • It's the real breakthrough ingredient. This  reinforcement makes a bridge that's really strong,  

    本当の意味での画期的な成分です。この補強材によって、本当に強い橋ができるのです。

  • but at just five hundred and seventy pounds  or two hundred and fifty kilograms, six  

    しかし、わずか5百70ポンド(250キロ)の6

  • people could lift it. Other designs like the  Inglis bridge, twisted under heavy weight

    人が持ち上げることができました。イングリス橋のように、重さでねじれるようなデザインもあります。

  • The Bailey Bridge didn't. You can see how easy it is to move in  

    ベイリーブリッジはそうではありませんでした。で動きやすいのがわかります。

  • this video made shortly after the war. Panels were  joined by pins driven in. After that, soldiers  

    戦後間もない頃の映像です。パネルの接合は、ピンを打ち込んで行いました。その後、兵士が

  • laid a transom across. I used glue to join  mine, but clamps made the process even easier

    トランサムを横に並べる。私は接着剤で接合しましたが、クランプを使えばさらに簡単に接合できます。

  • But it is the next stepbefore finishing the bridge,  

    しかし、それはブリッジを完成させる前の、次のステップなのです。

  • that made the Bailey Bridge even more special. See these men pushing? You could roll a Bailey  

    ベイリーブリッジをより特別なものにしてくれました。押す人がいるでしょ?ベイリーを転がすことができる

  • Bridge across a gapimportant when you  couldn't get to the other side during a war

    隙間に架けられた橋で、戦争で向こう側に行けなかったときに重要だった。

  • I can kind of show you with  mine and this roller right here

    私とこのローラーでお見せすることができます。

  • Rollers to slide the bridge alone and  a link to make the front of the bridge  

    ブリッジを単独でスライドさせるためのローラーと、ブリッジの前部を作るためのリンクは

  • slightly tilt up by making the bottom longer than  the top. You can see it here in this Army manual

    下が上よりも長くなるようにすることで、少しずつ傾いていきます。このアーミーのマニュアルでも紹介されています。

  • The bridge is pushed along the rollers with  more weight, usually more panels in the back  

    ブリッジは、より多くの重量、通常はより多くのパネルを背面に置いてローラーに沿って押されます。

  • to keep it from tipping over. Sometimes  they drive on it as a counterweight too.  

    転倒しないように時には、カウンターウェイトとしてその上を走行することもあります。

  • In the front, this link makes the nose tilt up. The snoot didn't droop

    フロントでは、このリンクでノーズが傾く。スヌードは垂れませんでした。

  • That helps keep it from sinking into  the gap as it gets pushed across

    そうすることで、押しても押しても隙間に沈んでいかない。

  • Adding a second or even third level was easythanks to the Bailey Bridge's modular design.  

    ベイリーブリッジはモジュール式なので、2階、3階の追加も簡単です。

  • These bridges quickly became an  indispensable tactical trend

    このブリッジは、すぐに不可欠な戦術的傾向となりました。

  • By 1943, wartime manuals were  sandwiching crucial Bailey Bridge facts  

    1943年になると、戦時中のマニュアルにはベイリーブリッジの重要な情報が挟まれるようになった。

  • in between information about German  guns and warnings about dangerous fish

    ドイツ製の銃についての情報や、危険な魚についての警告の間にある。

  • The Allies built twenty five hundred Bailey  Bridges in Italy and fifteen hundred in  

    連合国側は、イタリアに2,500本、日本に1,500本のベイリーブリッジを建設した。

  • northwest Europe, as well as some in other  theaters, allowing those heavy Churchill tanks  

    ヨーロッパ北西部をはじめ、他の地域でもチャーチルの重戦車が活躍しました。

  • and the American equivalents to  move over land and water alike

    と、アメリカのそれと同じように、陸と水の上を移動することができます。

  • General Dwight D. Eisenhower said,  "along with radar and the heavy bomber,  

    ドワイト・D・アイゼンハワー将軍は、「レーダーと重爆撃機とともに。

  • it was one of the three most important engineering  and technological developments of World War II." 

    第二次世界大戦における三大工学技術開発の一つであった。

  • Now, labeling the Bailey Bridge as  the reason the Allies won the war,  

    さて、連合国が戦争に勝った理由として、ベイリーブリッジにラベルを貼る。

  • it's impossible to say. However, a model maker's  breakthrough gave them a tool that was flexible,  

    とは言えません。しかし、モデルメーカーのブレークスルーにより、柔軟性のあるツールを手に入れた。

  • fast and strong in a war that  needed all three of those things

    この3つが必要な戦争で、速くて強い。

  • The modular design presaged a more  flexible, nimble type of construction

    モジュラー・デザインは、より柔軟で軽快な建築を予感させるものでした。

  • And the Bailey Bridge did allow them to cross the  rivers in Italy and push a bridge over the Rhine.  

    そして、ベイリーブリッジによって、イタリアの川を渡り、ライン川に橋を押した。

  • They could use a Bailey Bridge, playing accordion  

    アコーディオンを弾くベイリーブリッジが必要だ。

  • over the water. And  

    水の上に。そして

  • they could cross and play piano amidst the ruins.

    遺跡の中を横切ってピアノを弾くことができました。

These women are working on the Churchill  tank, a World War two era British tank  

第二次世界大戦中のイギリスの戦車「チャーチル」の整備をしている女性たち

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 Vox ブリッジ 戦車 デザイン チャーチル 戦争

第二次世界大戦の勝利に貢献した橋のデザイン (The bridge design that helped win World War II)

  • 0 1
    林宜悉 に公開 2021 年 03 月 12 日
動画の中の単語