Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • The Biden administration has begun an overhaul of America's Afghanistan strategy and it finally wants India at the table.

    バイデン政権はアメリカのアフガニスタン戦略のオーバーホールを開始し、ついにインドをテーブルに置きたいと考えています。

  • In a leaked letter to Afghan President Ashraf Ghani, US Secretary of State Antony Blinken outlined a series of steps to jumpstart the stalled peace process.

    アフガニスタンのアシュラフ・ガーニ大統領に宛てた流出した書簡の中で、アントニー・ブリンケン米国務長官は、停滞している和平プロセスを飛躍させるための一連の手順を概説した。

  • One of them was a U.

    そのうちの一人がUでした。

  • N backed conference of regional powers and stakeholders.

    地域の権力者と利害関係者のNバックの会議。

  • We intend to ask the United Nations to convene foreign ministers and envoys from Russia, China, Pakistan, Iran, India and the United States to discuss a unified approach to supporting peace in Afghanistan.

    私たちは、国連に対し、ロシア、中国、パキスタン、イラン、インド、米国の外相・特使を招集し、アフガニスタンの平和を支援するための統一的なアプローチについて議論するよう求めていきたいと考えています。

  • Now Afghanistan has a troubled history with its neighbors in a complex web of competing interests and proxy powers.

    現在、アフガニスタンは、利害関係と代理権が複雑に絡み合った複雑な網の中で、隣国との間に問題を抱えている。

  • But increasingly, India is a new focus for diplomatic efforts to broker a lasting peace.

    しかし、恒久的な平和を築くための外交努力の新たな焦点として、インドがますます注目されている。

  • The US has made clear that it welcomes New Delhi's engagement.

    米国はニューデリーの関与を歓迎すると明言している。

  • India has fostered close ties to the Afghan government in recent years in the form of billions of dollars in aid and development.

    インドは近年、数十億ドルの援助と開発という形でアフガニスタン政府との緊密な関係を育んできた。

  • Last month, Indian Prime Minister Narendra Modi gave his support to a peace process that is led, owned and controlled by Afghanistan.

    先月、インドのナレンドラ・モディ首相は、アフガニスタンが主導し、所有し、支配する和平プロセスを支持した。

  • Mhm and joining me now from Delhi for more is she Avijit Roy.

    デリーから参加してくれたのは彼女のアビジット・ロイです。

  • He's an award winning journalist and reports on India's foreign relations for the Indian Express newspaper.

    受賞歴のあるジャーナリストで、インディアン・エクスプレス紙でインドの外交をレポートしています。

  • Shoot it Welcome.

    ようこそそれを撃つ。

  • Indian Prime Minister Narendra Modi wants the peace process to be Afghan led and Afghan controlled, as does the U.

    インドのナレンドラ・モディ首相は、米国と同様に、和平プロセスがアフガン主導で、アフガンがコントロールされることを望んでいる。

  • S.

    S.

  • State Department.

    国務省だ

  • How does the current proposal from Antony Blinken involving six nations make it so well, uh, Beresh, You know, the the, uh, Indian position has always been that the Afghan peace process should be Afghan owned Afghan led and Afghan control and it also had, you know, about three or four red lines.

    アントニー・ブリンケンの提案は、6カ国を巻き込んでいるのですが、どうやってそんなにうまくいくのでしょうか、ベレーシュ、インドの立場としては、アフガニスタンの和平プロセスは、アフガニスタンが主導して、アフガニスタンが支配するものであるべきだというのが、いつものことで、それには3、4本の赤い線がありました。

  • One being, uh, there should be a reduction in violence.

    一つは、えーと、暴力を減らすこと。

  • Women's rights should be respected and constitutional.

    女性の権利は尊重されるべきであり、憲法でもある。

  • Uh, you know, uh, principles should be observed now in that India is finally part of the negotiating table in, uh, in a point on the path towards peace in Afghanistan.

    あー、その、原則は、今、インドが最終的に交渉のテーブルの一部になって、アフガニスタンの平和への道のポイントで、観察されるべきです。

  • This has been a US led proposal which, which was revealed last week, uh, through a letter by the U.

    これはアメリカ主導の提案で、先週明らかになりました、えーと、アメリカからの書簡で。

  • S.

    S.

  • Secretary of State and now, uh, India is expected to be finally be part of the table after being on the sidelines for almost a couple of decades now.

    国務長官、そして今、インドは数十年近く傍観してきましたが、ついにテーブルの一部になると予想されています。

  • So what does India bring to the table?

    では、インドは何をもたらしてくれるのでしょうか?

  • Uh, India has invested in Afghanistan in in its reconstruction and redevelopment.

    えーと、インドはアフガニスタンの復興と再開発で投資してきました。

  • Uh, you know, in a big way, in a major way in the last two decades since, uh, you know, 2000 and one after the 9 11 attacks.

    えーと、その、大きな意味で、この20年間で、その、2000年と9.11テロの後の1つです

  • And, uh, it spent close to $3 billion in the reconstruction and redevelopment, and it has developed that constancy very carefully because, uh, you know, it essentially wants to counter Pakistan's influence in Afghanistan, which has been a problem for India.

    復興と再開発に30億ドル近くを費やしていますが、その安定性を非常に慎重に発展させてきました。

  • From India's perspective, terrorism emanating out of Afghanistan and Pakistan and the cross border terrorism has been a major security challenge.

    インドから見れば、アフガニスタンやパキスタンから発せられるテロや国境を越えたテロが安全保障上の大きな課題となっている。

  • Uh, if you remember, about two or three decades back, when after the Afghan War uh, sort of, uh, ended the the elements, the terror elements from the from from the Afghan border, Afghan territory, they moved to Kashmir.

    覚えていますか?20年か30年前のアフガン戦争の後にアフガン戦争が終わった時に

  • So that has been a major security challenge for India.

    それがインドにとって大きな安全保障上の課題となっているわけですね。

  • So India has has wanted that it should be involved in securing Afghanistan's peace and prosperity so that it is able to, uh, you know, have a say and not be on the sidelines.

    インドは、アフガニスタンの平和と繁栄の確保に関与してほしいと願ってきました。

  • You said India wanted to counter Pakistan's influence, but then India will find itself sitting at the talks table with Pakistan and with China to countries with whom relations haven't always been the best.

    インドはパキスタンの影響力に対抗したいと言っていましたが、そうするとインドはパキスタンや中国との関係が必ずしも最良とは言えない国との会談の席に座ることになります。

  • Let's just put it that way.

    そんな風に言ってみましょう。

  • And you also have Russia, which has been a traditional Indian ally who is expected to be at the talk table but wasn't apparently too happy with India being part of this process.

    また、インドの伝統的な同盟国であるロシアは、話のテーブルにつくことが期待されていますが、インドがこのプロセスの一部であることにはあまり満足していないようです。

  • So I'm just wondering here, how do these six nations get together despite these nations having divergent interests?

    ここで疑問に思うのですが、この6つの国は利害関係が異なるにもかかわらず、どうやって団結しているのでしょうか?

  • Well, you've, you know, hit the name at the at the right spot, you know what has happened is, although the countries have expressed it's the position that it should be Afghan led, Afghan owned and Afghan control.

  • But all the processes have been led, controlled and, you know, owned by other players, other actors in the region.

    しかし、すべてのプロセスは、他のプレイヤーや地域の他のアクターによって主導され、コントロールされ、所有されてきました。

  • And that has been a major challenge for Afghanistan, uh, and the peace process.

    それがアフガニスタンと和平プロセスの大きな課題となっています

  • Now, if it have to take off all the regional players, whether they see eye to eye with each other, whether be it, India versus Pakistan or India versus China, Russia with us, all the countries have to have the stakes, have to have the skin in the game for the peace process to move forward in a pragmatic in a feasible manner.

    もし、地域のすべてのプレーヤーを離さなければならないのであれば、インド対パキスタンであろうと、インド対中国であろうと、我々とロシアであろうと、すべての国が利害関係を持ち、和平プロセスを現実的かつ実行可能な形で前進させるために、ゲームの中でスキンシップを取らなければなりません。

  • And that is the major challenge for this peace process, which has been fragile.

    そして、それがこの和平プロセスの大きな課題となっています。

  • As you know, in the last year or so, that has been very evident.

    ご存知の通り、ここ1年ほどでそれが顕著になってきました。

  • Um, you speak to the people in the Afghan government as well.

    あなたはアフガニスタン政府の人々にも話をしていますね

  • I wonder how Afghan government officials view the involvement of so many nations in a peace process that is meant to benefit them.

    アフガニスタン政府の役人は、自分たちの利益になる和平プロセスに多くの国が関与していることをどう見ているのだろうか。

  • Yes, Uh, you're absolutely right.

    そうですね、あー、確かにその通りです。

  • Afghan government has always wanted it, uh, the peace process to be led by them.

    アフガニスタン政府はいつも和平プロセスを彼らが主導することを望んでいた

  • But unfortunately, as the reality stand on the ground, uh, they are They are one, uh, entity of one player in the in the in the mix the Taliban and as well as the Americans having cut a deal last year.

    しかし、残念なことに、現実は地面に立っているように、あー、彼らは、彼らは1つ、あー、1つのプレーヤーの実体であり、ミックスの中で、タリバンと同様に、アメリカ人は昨年取引をしています。

  • Now, more, more countries than most stakeholders are now in the game.

    今では、ほとんどの利害関係者よりも多くの国が、ゲームの中で

  • And, uh, they see some D.

    そして、あー、彼らはDを見ている。

  • C as not so benign influence.

    Cはそれほど良性の影響ではないとして。

  • And some the field can contribute to, uh, sort of a positive atmosphere for all the constitutional gains that they have acquired over the last two decades.

    この20年間で得た憲法上の利益を、ある種の肯定的な雰囲気に貢献することができます。

  • Should we destroy?

    壊すべきか?

  • We'll leave it there for the time being.

    当面はそこに置いておこう。

The Biden administration has begun an overhaul of America's Afghanistan strategy and it finally wants India at the table.

バイデン政権はアメリカのアフガニスタン戦略のオーバーホールを開始し、ついにインドをテーブルに置きたいと考えています。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 アフガニスタン インド プロセス パキスタン 関係 テーブル

インドはアフガニスタンの和平プロセスでより大きな役割を果たすことになるだろう。 (India is set to take on a greater role in Afghanistan’s peace process | DW News)

  • 1 2
    林宜悉 に公開 2021 年 03 月 10 日
動画の中の単語