Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Hi, everyone. I'm Jade. I'm talking about informal intensifiers today, and this is a way to make a story more dramatic, and it's what we use as native speakers when we're, yeah, telling a story.

    みなさん、こんにちは。ジェイドです。今日は非公式の強意語について話しますが、これはストーリーをよりドラマチックにする方法であり、ストーリーを語るときにネイティブスピーカーとして使用するものです。

  • So, when we're telling a story, we'll put in these adverbs to add drama, you could say.

    つまり、物語を語るときに、この副詞を入れてドラマを盛り上げる、そうとも言えます。

  • But we... we've got a choice of inten... they're otherwise known as intensifiers.

    しかし、私たちは...私たちは、意図の選択肢を持っている...彼らは別の方法で強意語と呼ばれるものです。

  • We've got a choice of what words we can use.

    私たちは、何の単語を使用するかを選択することができます。

  • Any they depend... and the words we choose depend on the context and they depend on the kind of story you want to tell.

    どんな言葉も......文脈によって、選ぶ言葉は変わるし、どんなストーリーを語りたいかによっても変わる。

  • So, let's... firstly, to describe what "posh" is. In the UK, "posh" means belonging to a higher social class.

    では、まず...初めに、「ポッシュ」とは何かについて説明します。イギリスでは、「ポッシュ」はより高い社会階級に属することを意味します。

  • It could be a way of behaving, it could be a way of speaking.

    それは振る舞いかもしれないし、話し方かもしれない。

  • So, we have that in England because of the queen and all stuff like that, and that's just the way English British society is.

    だから、イギリスには女王とかそういうものがあって、イギリスのイギリス社会はそういうものなんです。

  • So, posh people use different words in their speech.

    だから、上流階級の人たちは、話すときにいろいろな言葉を使うんです。

  • So, in... in their speech, these are the preferred words for posh English.

    だから、...彼らのスピーチでは、これらが上流階級の英語として好まれる言葉なのです。

  • So, someone might say, "When my contact lens was in my eye, it was fairly uncomfortable."

    だから、"コンタクトレンズが目に入っているときは、かなり違和感があった "という人がいるかもしれません。

  • Or "rather" has the same meaning. "It was in my eye. I was rather upset."

    あるいは「むしろ」は同じ意味を持っています。 「それは私の目にありました。私はかなり動揺していました。」

  • And they mean the same thing. They mean... they mean like, "quite".

    そして、それらは同じことを意味します。彼らは…彼らは「かなり」のように意味します。

  • Not... not used so much nowadays, but in the past, posh people liked to say "terribly" and "awfully", and they didn't mean them as terrible or awful.

    ではなく...最近はあまり使われませんが、昔は上流階級の人たちは「terribly」や「awfully」と言うのが好きで、ひどいとか恐ろしいという意味ではありませんでした。

  • They actually mean the opposite, they mean "very" and "good".

    それらは実際には逆の意味で、「とても」「良い」という意味です。

  • "I went to the party and it was a terribly lovely party and there were many people there."

    "私はパーティーに行きました、そしてそれはひどく素敵なパーティーで、たくさんの人が集まっていました。"

  • Or you could say: "Borris is an awfully good chap."

    あるいは、こうも言える。"ボリスはひどくいい奴だ "

  • That means: "very good chap" for a posh person.

    つまり、上流階級の人にとっての"とてもいい人柄"という意味です。

  • So, posh language is going to prefer these informal intensifiers.

    だから、質の高い言語は、こうした非公式な強意語を好みます。

  • Neutral English, sometimes posh people would use it, too. Neutral English, we would use all of these adverbs mostly.

    中立的な英語、時々上流階級の人も使うだろう。中立的な英語、私たちはほとんどこれらの副詞を全部使うでしょう。

  • So, you would be intensifying a story by saying, "I was in so much pain."

    だから、あなたは「私はとても苦しんでいた」と言うことによって物語を強めるでしょう。

  • And you really make the "so" long, "so much pain", when you're telling a story.

    そして、あなたが物語を語っているとき、あなたは本当に「とても」長く、「とても多くの痛み」を作ります。

  • Again, you can emphasize the "really". "I was really stressed." You could say that.

    繰り返しますが、"本当に"を強調するとよいでしょう。"私は本当にストレスを感じていた" と言うことができます。

  • One thing to mention about "quite" is they mean...

    ひとつだけ、"quite "の意味について触れておくと...。

  • It means the same thing as "fairly", but "fairly" is more posh and "quite" is, you know, more in the middle or whatever.

    fairly "と同じ意味ですが、"fairly "はより高級で、"quite "はその、より中間のような意味です。

  • And, "too" means negative. So, "When my contact lens got stuck in my eye..."

    そして、"too "は否定的な意味です。つまり、"コンタクトレンズが目に詰まった時... "

  • This sentence is not going to work.

    この文章はうまくいきません。

  • The sentence I'm thinking of, you'd say something is too expensive as in "too much", ok? For a negative when you're using this adverb.

    私が考えている文は、「多すぎる」のように何かが高すぎると言うでしょう、いいですか?この副詞を使用しているときの否定的な場合。

  • But we have even more choice for informal intensifiers. We have slang words.

    しかし、非公式な強意語はもっと多くの選択肢があります。スラングがあるのです。

  • So, I'm going to teach you some English slang that people use. "Bare" means "very" and "nough" also means "very".

    では、人々が使う英語のスラングを教えます。"bare "は「とても」という意味で、"nough "も「とても」という意味です。

  • You couldn't... you could write the... you could write this on Facebook or in chat or something, but you couldn't write it anywhere formally.

    Facebookやチャットなどには書けるけど、正式な場所には書けないんです。

  • And, "When my contact lens got stuck in my eye, I was bare stressed. You know that."

    そして、「コンタクトレンズが目に入ったとき、私はストレスを感じていました。あなたはそれを知っています。」

  • Or, "I couldn't get it out. I was nough upset. I didn't know what to do."

    あるいは、「私はそれを取り除くことができませんでした。私はひどく動揺していました。私は何をすべきかわかりませんでした。」

  • They mean... "nough"... I used it like "really" there.

    それらは...「十分」を意味します...私は「本当」のようにそれを使用しました。

  • So, you also have this option if you wish.

    したがって、必要に応じてこの選択もあります。

  • And, I don't know about in your country, but English people swear quite a lot.

    そして、あなたの国ではどうかわかりませんが、イギリス人はかなり悪態をつきます。

  • I don't really swear, I don't really like it. But here is swear words you can use.

    私は悪態をつきません、本当に好きではありません。でも、ここにあなたが使える汚い言葉があります。

  • You probably know this one. I bet you know this one. But do you know this one?

    あなたはおそらくこれを知っています。私はあなたがこれを知っていると断言します。しかし、あなたはこれを知っていますか?

  • "Bloody". It's not a very strong swear word anymore.

    "Bloody"もうあまり強い悪口ではありません。

  • At the end of my story I said, "The bloody contact lens finally came out."

    話の最後に、"血まみれのコンタクトレンズがやっと出てきた "と言ったんです。

  • You call something "bloody" if it's irritating or annoying.

    イライラしたり、腹が立ったりすることを「血の気が引く」と言いますよね。

  • It used to be strong, it's not so bad now. And here are two other ones.

    以前は強かったが、今はそれほどでもない。そして、他の2つを紹介します。

  • I found that people say these ones when they don't like to say this one.

    私はこれらを言うのが嫌な時に、人はこう言うのだと発見しました。

  • They sound kind of like this one, and they're like, a little bit more polite swear words. And they sound like this: "frigging" or "flipping".

    このように聞こえ、もう少し丁寧な悪口です。そしてこんな風に聞こえます "frigging "とか "flipping "とか。

  • "My flipping contact lens got stuck in my eye."

    "私の忌々しいコンタクトレンズが私の目に引っかかった。"

  • So, what's the position of the informal intensifiers when they're in sentences? Let's take a look.

    では、非公式な強意語は文中ではどのような位置づけになるのでしょうか。見てみましょう。

  • So, we can do adverb before adjective with "rather", "quite", and "really".

    したがって、「むしろ」、「かなり」、「本当に」という形容詞の前に副詞を付けることができます。

  • Here's an example sentence. You could use any of them. "I'd rather want a sandwich. Don't you know?"

    以下は例文です。それらのいずれかを使ってもいいです。 "私はむしろサンドイッチが欲しいわ。知らないの?"

  • So, the position here is before the verb. These ones.

    したがって、これらのものは、ここでは動詞の前です。

  • What about this one? "Don't be so bloody stupid." It's not a very nice thing to say to someone.

    これはどうでしょうか?"バカな真似はよせ" それは人に言うにはあまりいい言葉ではありません。

  • And the grammar here is "so" + swear word + adjective. So, you could change it.

    そして、ここでの文法は「so」+悪口+形容詞です。だから、あなたはそれを変えることが出来ます。

  • You could say, "Don't be so (beep) stupid." If you wanted to.

    "そんな(ビープ音)バカなこと言わないで "と言えるかもしれない。もしあなたがそうしたいなら。

  • And what about these slang words? These are newer words.

    そして、これらのスラングはどうでしょうか?これらは新しい言葉です。

  • I don't think the grammar is that evolved for them because people just use them in speech.

    文法は会話で使うだけなので、そこまで進化していないと思います。

  • The position is usually after the verb, like, in a sentence: "It was bare jokes." "Jokes" is also slang.

    位置は通常、文中の動詞の後、同様に。"むき出しのジョークだった" "ジョーク "もスラングです。

  • We usually say "a joke" which is a noun. But "jokes" in slang means "funny" as an adjective.

    私たちは通常、名詞である「ジョーク」と言います。しかし、スラングの「ジョーク」は形容詞としての「面白い」を意味します。

  • So, yeah, you could say, "It was nough jokes." Means it was really funny, also.

    そう、"ジョークもいい加減にしろ "とも言える。つまり、本当に面白かったということでもある。

  • And, what about this one? "Sarah is terribly charming." That means that she is very charming.

    それと、これはどうでしょう?"サラはひどく魅力的だ。" つまり、彼女はとても魅力的だということです。

  • Remember what I said? They mean the opposite. "Sarah is terribly charming."

    私が言ったことを覚えていますか?それらは反対を意味します。 「サラはひどく魅力的です。」

  • How do we do that then? It's "to be" followed by adverb followed by adjective.

    じゃあ、どうやるの?それは、「to be」の後に副詞が続き、その後に形容詞が続くのです。

  • And, yep, now I want to talk to you about a non-standard use that I've observed quite...

    そして、今回は、私が観察した標準的でない使い方についてお話したいと思います。

  • I've observed people using it quite a lot, but it's considered not grammatically correct.

    結構使っている人を見かけますが、文法的には正しくないとされています。

  • But I'll point it out to you in case you hear it.

    しかし、あなたがそれを聞いた場合に備えて、私はあなたにそれを指摘します。

  • You can decide to use it if you want because people do say it or you can decide not to use it if you'd like to say everything grammatically correctly.

    みんなが言っているから使おうと思えば使えるし、文法的に正しく言いたいなら使わなくてもいい。

  • So, some people would say something like this: "I so want those shoes!"

    そこで、こんなことを言う人がいます。I so want those shoes!"

  • We don't put "so" in this... in this position before the verb. We could say, "I really want those shoes!"

    この...動詞の前のこの位置に "so "は入れません。私たちは"I really want those shoes!"と言うことができます。

  • But in British English, it's not considered correct to put "so" here. Anyway, you know now.

    しかし、イギリス英語では、ここに「so」を入れるのは正しくないとされている。とにかく、もうお分かりですね。

  • You can decide if you want to say that.

    それを言うかどうかは、あなたが決めればいいのです。

  • Let's look, finally, at the position of swear words with nouns.

    最後に、汚い言葉が名詞とどのような位置関係にあるのかを見てみましょう。

  • So, here are two examples: "The kitchen was a bloody mess."

    そこで、2つの例を挙げてみましょう。"キッチンが血まみれで散乱していた。"

  • Wherever I lived when I was a student, that was a true sentence for me.

    学生時代、どこにいても、それは私にとって正しい意味での文法でした。

  • "The kitchen was a bloody mess." "A mess" is a noun for an untidy place.

    "キッチンが血まみれで散乱していた" "a mess "は整頓されていない場所を表す名詞です。

  • So, the grammar we've got here is the swear word and then followed by the noun.

    つまり、汚い言葉、そしてその後に名詞が続くという文法です。

  • "A bloody mess".

    血まみれで散乱している

  • And our last example: "Their customer service is a flipping joke."

    そして、最後の例です。"彼らのカスタマーサービスはひどい冗談のようだ"

  • So, you won't want to go back there, will you?

    すると、もう行きたくなくなるのでは?

  • So, yeah, just something that you can start to use to enrich your storytelling more in English. I really recommend that.

    そうそう、英語で物語を話すことをより豊かにするために、使い始めることができるものです。これは本当におすすめです。

  • And the next thing I recommend is for you to go to the engVid website and do the quiz on this, so that they will become a little bit more familiar to you, and you're getting these intensifiers in the correct position.

    そして、次にお勧めするのは、engVid ウェブサイトにアクセスしてクイズを行うことです。そうすることで、それらにもう少し親しみやすくなり、これらの強意語を正しい位置に配置できます。

  • Please do subscribe to this channel and watch some of my other videos as well; more for you to learn.

    このチャンネルを購読して、私の他のビデオも見てください。あなたがもっと学びを得るために。

  • Also, not just my engVid channel, my other channel because I've got two YouTube channels.

    また、engVid のチャンネルだけではありません、なぜなら、私は YouTube にも2本チャンネルがあります。

  • Yay! And you can learn there and you can learn here with me.

    イェーイ!そして、そこで学んでもいいし、ここで一緒に学んでもいい。

  • So, I'd really appreciate you to subscribe in both places.

    だから、ぜひ両方の場所で購読してくれたら嬉しいです。

  • So, I'm finished now. I'm going to go. I'm going to go and swear at some people in the street.

    というわけで、もう終わりです。私は行くつもりです。道行く人に悪態をついてきます。

  • No, not really. Okay, see you.

    いや、そうでもないんだ。じゃあ、またね。

Hi, everyone. I'm Jade. I'm talking about informal intensifiers today, and this is a way to make a story more dramatic, and it's what we use as native speakers when we're, yeah, telling a story.

みなさん、こんにちは。ジェイドです。今日は非公式の強意語について話しますが、これはストーリーをよりドラマチックにする方法であり、ストーリーを語るときにネイティブスピーカーとして使用するものです。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語

【動画で英会話】話をよりユーモアーにする「強意語」とは?

  • 19088 2103
    Ashley Chen に公開 2022 年 05 月 07 日
動画の中の単語