Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • dust and rubble is most of what's left of Toshi Haruo Noda's old pottery studio in Fukushima, Japan.

    福島県の野田敏晴夫さんの古い陶芸工房に残されているのは、ほとんどが埃と瓦礫です。

  • Onoda is 1/13 generation potter of robbery, Soma Yaki, known for the high pitched singing sound made when kilns are opened and the glaze cracks.

    小野田は1/13世代の強盗の陶芸家、相馬焼で、窯を開けて釉薬が割れた時の甲高い歌声で知られています。

  • On March 11th, 2011, Onoda had just finished loading his kiln when a massive earthquake struck close to the Fukushima Daiichi nuclear plant and changed his life forever.

    2011年3月11日、小野田さんは窯の積み込みを終えたばかりの頃、福島第一原発の近くで大地震が発生し、彼の人生を一変させた。

  • Come on, with the kiln in front of me started clattering, and everything inside just suddenly shattered on the ground when the earthquake happened.

    さあ、目の前の窯がガタガタと音を立て始めて、中のものは地震が起きた時に突然地面に粉々になった。

  • It was the first time I went through such a terrifying experience.

    こんな恐ろしい体験は初めてでした。

  • I couldn't move at all even if I tried to run away.

    逃げようとしても全く動けなかった。

  • Within hours, Onoda and some two dozen other potters were forced to evacuate and leave their life's work behind as nuclear reactor buildings exploded, spewing radiation across the area where their families had lived and worked for over 300 years.

    数時間のうちに、小野田さんをはじめとする数十人の陶芸家たちは、原子炉が爆発し、300年以上にわたって家族が暮らし、働いてきた地域に放射能をまき散らしたため、避難を余儀なくされました。

  • 10 years later, Onoda has returned to the town of Nemea and Fukushima, but you know, to says everything about the town and its pottery has changed.

    10年後、小野田はネメアと福島の町に戻ってきましたが、町と焼き物のすべてが変わってしまったと言います。

  • Half of his fellow potters have quit, and some 80% of the town still remains off limits due to high levels of radiation.

    仲間の半数が辞めてしまいましたが、町の8割はまだ放射線量が高く立ち入り禁止の状態が続いています。

  • Even the clay and glaze, which once gave their wears a distinctive blue green sheen, can no longer be gathered and processed there.

    かつては独特の青緑色の輝きを放っていた粘土や釉薬でさえも、もうそこには集められず、加工されていません。

  • But despite all the loss he has experienced, Onoda has forged on I would like to paso Borisova Yaki, a tradition with history of more than 300 years to the next generations.

    しかし、彼が経験したすべての損失にもかかわらず、小野田は、私は次の世代に300年以上の歴史と伝統を持つパソボリソワ焼きをしたいと思います鍛造しています。

  • That is my goal.

    それが私の目標です。

  • I hope that it could be carried on by as many people as possible.

    一人でも多くの人に引き継がれることを願っています。

  • Onoda still hopes to reopen his own studio in Niamey, ER, one day.

    小野田は今でも、いつかERのニアメーで自分のスタジオを再開したいと思っている。

  • But for now, him and Nahmias, other remaining potters will work at a new showroom, set to open soon, where they will sell their wares, teach and continue keeping the spirit of a Borisova Yaki alive.

    しかし、今のところ、彼とNahmiasは、他の残りの陶芸家は、彼らが彼らの製品を販売し、教え、生きているボリスロバ焼の精神を維持し続ける新しいショールームで、すぐに開くように設定された作業を行います。

dust and rubble is most of what's left of Toshi Haruo Noda's old pottery studio in Fukushima, Japan.

福島県の野田敏晴夫さんの古い陶芸工房に残されているのは、ほとんどが埃と瓦礫です。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 陶芸 福島 地震 世代 歌声 原発

福島の陶芸家、震災から10年で帰郷 (Fukushima potter goes home ten years after disaster)

  • 2 0
    林宜悉 に公開 2021 年 03 月 10 日
動画の中の単語