Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Hello and welcome to News Review from BBC Learning English.

    こんにちは、BBCラーニングイングリッシュのNews Reviewへようこそ。

  • I'm Neil. Joining me is Catherinehello Catherine.

    ニールだキャサリンです。

  • Hello Neil. Hello everybody.

    こんにちは ニール皆さん、こんにちは。

  • Now, today's story is about an interview given on American television

    さて、今日はアメリカのテレビで行われたインタビューのお話です。

  • by Prince Harry and Meghan Markle.

    ハリー王子とメーガン・マークルによる

  • The interview contains some potentially very damaging claims

    インタビューには、いくつかの非常に有害な主張が含まれています。

  • for the British Royal Family.

    イギリス王室のために

  • If you want to test yourself on any of the vocabulary you hear today,

    今日聞いた単語のどれかで自分を試してみたいと思ったら

  • you can do a quiz on our website at bbclearningenglish.com.

    クイズはbbclearningenglish.comのウェブサイトで行うことができます。

  • But now, let's find out some more about our story

    でも今、私たちの話をもう少し詳しく調べてみましょう。

  • from this BBC News bulletin:

    このBBCニュース速報から

  • Yes. So, the Duke and Duchess of Sussex – that's Prince Harry and Meghan Markle

    サセックス公爵夫妻はハリー王子とメーガン・マークルですね

  • have given an interview on American television

    アメリカのテレビでインタビューを受けたことがある

  • about the reasons they gave up their roles in the British Royal Family.

    イギリス王室での役割を放棄した理由について。

  • Meghan in fact said she had been under so much pressure

    メーガンは実際に、彼女は非常に多くのプレッシャーを受けていたと述べた。

  • that she even considered suicide.

    自殺を考えていたとは

  • Prince Harry said his father is no longer taking his phone calls.

    ハリー王子は、父親が電話に出なくなったという。

  • He added that they both felt they weren't given enough support

    彼は、二人とも十分なサポートが受けられていないと感じていると付け加えた。

  • by the British Royal Family. Meghan also added

    イギリス王室によって。メーガンはまた、次のように付け加えました。

  • that somebody in the Royal Familyand they haven't named this person,

    王室の誰かが、この人の名前を出していない。

  • expressed concerns about the skin colour of her unborn first child.

    生まれて間もない第一子の肌の色に懸念を示した。

  • OK. Well, you've been looking at this story, Catherine.

    分かったわこの話を見てたんだな、キャサリン。

  • You've picked out three really interesting expressions and words.

    本当に面白い表現や言葉を3つ選びましたね。

  • What have you got?

    何を持っているの?

  • We have: 'lays bare', 'bombshell' and 'salvo'.

    私たちは持っています。レイズベア」、「ボムシェル」、「サルヴォ」があります。

  • 'Lays bare', 'bombshell' and 'salvo'.

    '裸になる'、'爆弾弾'と'サルヴォ'。

  • So, let's have a look at your first headline please.

    では、最初の見出しを見てみましょう。

  • Yes, we're starting in Canada with CP24 – the headline:

    そう、カナダではCP24でスタートしています - 見出しです。

  • 'Lays bare' – reveals something previously not known.

    '裸になる' - これまで知られていなかったことを明らかにする。

  • Yes. Now, this is a verb phrase. It's made of two words:

    そうですね。これは動詞のフレーズです2つの単語で構成されています

  • 'lays' – L-A-Y-S – and 'bare' – B-A-R-E.

    'lay' - L-A-Y-Sと'bare' - B-A-R-E。

  • So, you can 'lay bare somethingor you can 'lay something bare'

    だから、「何かをむき出しにする」こともできるし、「何かをむき出しにする」こともできる。

  • and it means to reveal something that was previously unknown

    とは、今まで知られていなかったことを明らかにするという意味です。

  • or hidden or possibly partially hidden.

    または隠されているか、または部分的に隠されている可能性があります。

  • If you 'lay something bareyou show everything about it.

    何かを「むき出しにする」ならば、それについてのすべてを示すことになる。

  • Everything is available for view or scrutiny

    すべてのものを見ることができますし、精査することもできます。

  • and nothing is hidden or secret.

    そして、何も隠されていないし、秘密もない。

  • Yeah, it's actually quite clear from the two parts of this verb phrase:

    ええ、実はこの動詞のフレーズの2つの部分を見れば一目瞭然です。

  • 'lay' means to put something in a place, often visible place,

    'lay'は、何かを置く場所、多くの場合は目に見える場所に置くことを意味します。

  • and 'bare' – 'bare' is another word for nakedso, exposed.

    と「むき出し」-「むき出し」は裸を表す別の言葉で、露出しているということです。

  • Yes, exactly. 'Expose' is a veryvery good synonym for 'lay bare'.

    そう、その通りです。'Expose'は'lay bare'のとても良い同義語です。

  • And this is an expression which is very useful, isn't it?

    そして、これはとても便利な表現ですよね。

  • It's neither formal nor informal.

    フォーマルでもインフォーマルでもない。

  • Yeah, you can use it really for most situations.

    ええ、本当にほとんどの場面で使えます。

  • If you 'lay something bare', you just let the truth be known about it.

    何かを「むき出しにする」ということは、それについての真実を知らしめるということです。

  • Yeah. So, for example, you could 'lay bare' the truth

    そうですね。だから、例えば、あなたは、真実を「裸にする」ことができます。

  • about a relationship that's not going very well on a personal level,

    個人的にうまくいかない関係について

  • but you could also say, for example:

    というようなことも言えますが、例えば

  • 'The data about coronavirus laid bare the need to have a national lockdown.'

    "コロナウイルスのデータは国家的な 封鎖の必要性を明らかにした

  • Good example, yeah.

    いい例だ

  • So, it can be used theresort of, for the personal

    だから、そこで使えるのは、ある意味、個人的な

  • and also for more, kind of, important matters.

    そして、より多くの重要な事柄についても。

  • Most definitely. It's a very versatile expression.

    ほとんど間違いなく。とても万能な表現ですね。

  • Let's get a summary:

    まとめてみましょう。

  • We've just been looking at the expression 'lay bare'.

    lay bare」という表現を見てきました。

  • It contains that word 'lay', which is often confused with 'lie' –

    嘘」と混同されることが多い「lay」という言葉が含まれています。

  • but no need for further confusion, is there Catherine?

    でもこれ以上混乱させる必要はありません、キャサリンはいますか?

  • There is no need for that confusion. If you have any,

    そんな混乱は必要ありません。もしあるのであれば。

  • we can clear it up in just one minute when Sian will tell you

    シアンが教えてくれれば 1分で解決できる

  • about the difference between the English words 'lay' and 'lie'.

    英語の「lay」と「lie」の違いについて。

  • To watch that, just click the link.

    それを見るには、リンクをクリックしてください。

  • OK. Let's have a look at your next headline please.

    いいですよ。次の見出しを見てみましょう

  • And we're now with Sky Newshere in the UKthe headline:

    イギリスのスカイニュースの見出しです。

  • 'Bombshell' – describesshocking event or piece of news.

    'Bombshell' - 衝撃的な出来事やニュースの一部を表現しています。

  • Yes. It's all one word: B-O-M-B-S-H-E-L-L – 'bombshell'.

    そう、全部一語で「B-O-M-B-S-H-E-L-L」だ。

  • It's a military term. Neil, you know what a 'bomb' is, don't you?

    軍事用語だニール、「爆弾」が何か知ってるか?

  • Yes. A 'bomb' is a device that explodes in order to destroy things

    そうですね。爆弾とは、物を破壊するために爆発する装置のことです。

  • like buildings or military hardwarethose type of things.

    建物や軍事的なハードウェアのようなもの、それらのタイプのもの。

  • Yes. And a 'bombshell' – excuse me – is the casing around the bomb.

    そうだそして「爆弾」とは...失礼ですが...爆弾の周りにある薬莢のことです。

  • So, 'bomb' or 'bombshell'. And yes, a 'bombshell' will destroy everything:

    だから、「爆弾」か「ボムシェル」か。そして、そう、「爆弾」はすべてを破壊します。

  • it's a shocking, life-changing, momentous event.

    人生を変えるような衝撃的な出来事です。

  • Nothing will be the same after a 'bombshell'

    何もかもが「爆弾発言」の後では同じにはならない。

  • and that's the idea behind the word in this context.

    というのが、この文脈での言葉の背景にある考え方です。

  • A 'bombshell interview' is something that really shocks:

    爆笑インタビュー」というのは、本当に衝撃的なものです。

  • potentially very damaging, devastating even.

    甚大な被害をもたらす可能性があります。

  • So, 'bombshell' is something really, really serious.

    だから、「爆弾発言」ってのは、何か、本当に、本当に、深刻なことなんですよ。

  • And we're talking about figurative damage here; we're not saying

    ここでは比喩的なダメージの話をしているのであって、こう言っているのではありません。

  • that Harry and Meghan actually used a weapon of any kind.

    ハリーとメーガンが実際に武器を使ったということは

  • No, no, no. Not unless you count words as a weapon.

    いや、いや、いや、いや。言葉を武器にしない限り

  • Yeah, there's no actual weaponry involved here.

    ここには実際の武器はありません

  • Yeah. In this example, 'bombshell' is an adjective, so we're talking about

    この例では「爆弾発言」は形容詞なので

  • a 'bombshell interview' – we can say a 'bombshell moment'.

    爆笑インタビュー」-「爆笑の瞬間」と言ってもいいかもしれません。

  • But it's also often used as a noun and with the expression 'to drop a bombshell'.

    しかし、名詞としてもよく使われ、「to drop a bombshell」という表現と一緒に使われています。

  • Yes – 'to drop a bombshell'.

    そう、「爆弾発言をする」です。

  • If you 'drop a bombshell', you give very important, unexpected news.

    あなたが「爆弾発言をする」場合、あなたは非常に重要な、予想外のニュースを与えます。

  • So, your newsif you 'dropbombshell', you're giving shocking

    だから、あなたのニュース - あなたが「爆弾を落とす」場合は、ショックを与えている

  • and surprising news at the same time. So, for example,

    と驚きのニュースが同時に出てきますだから、例えば

  • if your family have always expected you maybe to go to university.

    もしあなたの家族があなたが大学に行くことを期待していたら

  • You've always said you're going to go to university

    大学に行くって言ってたじゃないですか

  • and then, the day before you're supposed to go to university,

    そして、大学に行くことになった前日に

  • you say, 'Actually, I'm not going.'

    と言われたら、「実は行かない」と言う。

  • That would be... you would be 'dropping a bombshell'

    それは...あなたが「爆弾発言」をしていることになります。

  • or you'd be giving some 'bombshell news'.

    とか「爆報」を出すんだろうな。

  • Yeah and the degree to which this news is shocking is of course relative.

    ああ、このニュースがどれだけ衝撃的かは、もちろん相対的なものだ。

  • You know, it might be very important to an individual,

    個人にとってはとても重要なことかもしれませんが

  • but not important on an international scale.

    しかし、国際的な規模では重要ではありません。

  • Yes, of course. Yeah, you don't have to be leaving a royal family

    はい、もちろんです。うん、王室を出ていく必要はないんですよね。

  • to 'drop a bombshell' – it's literally what's important to you

    吹っ飛ばしてやる

  • and the person that you're giving this news to.

    と、このニュースを伝えている相手に

  • OK. Well, let's get a summary:

    よし。では、まとめてみましょう。

  • If you like stories about Meghan and Harry,

    メーガンとハリーの話が好きなら

  • we can go back to happier times, can't we Catherine?

    もっと幸せな時代に戻れるわよね?

  • We can. We covered the royal wedding and to find out

    私たちはできる王室御用達の結婚式を取材し

  • the words we used on those days, just click the link.

    当時使っていた言葉は、リンクをクリックするだけです。

  • Now, for your next headline please.

    さて、次の見出しをお願いします。

  • Yes, we are now going to the Telegraphhere is the headline:

    はい、今からテレグラフ紙に行くことになりました-ここに見出しがあります。

  • 'Salvo' – sudden multiple releases.

    'サルボ' 突然のマルチリリース。

  • Yes. Now, this is another military term.

    そうですね。さて、これはもう一つの軍事用語です。

  • It's spelt S-A-L-V-O. It is a noun and often used with the verb 'to fire'.

    スペルはS-A-A-L-V-Oです。名詞で、動詞の「火をつける」と一緒に使われることが多いです。

  • If you 'fire a salvo', in military terms that means

    あなたが「サルヴォを撃つ」ということは、軍事用語で言うと

  • a lot of weapons fire at one target at the same time.

    1つのターゲットに同時に多くの武器を発射します。

  • So, several guns all firing at the same thing togetherthat's called a 'salvo'.

    つまり、複数の銃が同じものに向かって一緒に発射することを「サルボ」と呼ぶ。

  • Now, back to the interview

    さて、インタビューに戻ります。

  • there were lots of different things that Harry and Meghan said:

    ハリーとメーガンが言ったことはいろいろあった。

  • they said that Meghan had considered committing suicide,

    メーガンは自殺を考えていたと言われています。

  • they said that somebody was expressing concerns

    懸念の声があるとのことで

  • about the skin colour of their unborn child,

    胎児の肌の色について

  • Harry said his father was no longer taking his calls

    ハリーは父親が電話に出なくなったと言っていた

  • and many other things.

    などなど、いろいろなことが書かれています。

  • So, this is not just one accusation or allegation;

    だから、これは一つの告発や疑惑だけではない。

  • there were lots and lots of things they said about the Royal Family.

    王室のことを色々と言われていました。

  • So, that's why we're using the term 'salvo':

    だから「サルボ」という言葉を使っているのです。

  • it means lots of damaging attacks all together.

    一斉にダメージを与える攻撃が多いことを意味しています。

  • Yeah. It's not always used in a negative context though.

    ああ、否定的な意味で使われることもあるけどね。

  • For example, there could be an 'opening salvo' of a speech,

    例えば、スピーチの「オープニング・サルヴォ」があるかもしれません。

  • meaning that the opening few sentences were very attention-grabbing.

    冒頭の数文が非常に注目を集めたことを意味しています。

  • Yes. I mean, that's the idea of 'salvo' in that sense:

    そうですね、そういう意味での「サルボ」という考え方ですね。

  • it's about the impactmaking a great impact

    それはインパクトについてです - 大きなインパクトを与えること

  • by making several interesting, noteworthy remarks

    珍しくも何ともないことを言って

  • or comments in the beginning of a speech.

    または冒頭のコメント。

  • So, that's the idea of multiple things that have an impact.

    つまり、複数のものが影響を与えるという考え方ですね。

  • Yeah. With the... another set expression there: an 'opening salvo'.

    そうだな。別の表現を使うと「開幕の一斉射撃」だ

  • And we can also talk about a 'salvo of laughter', if we want to be really positive,

    そして、本当にポジティブになりたいなら、「笑いのサルボ」の話もできます。

  • which means a sudden outburst of lots and lots of laughter.

    というのは、突然のたくさんの笑いの爆発を意味しています。

  • Yesfrom lots of different people, yeah.

    いろんな人からね。

  • OK. Let's get a summary:

    OKを出してください。では、まとめてみましょう。

  • Time now then for a recap of our vocabulary please, Catherine.

    キャサリン、語彙の復習をお願いします。

  • Yes we had 'lays bare' – reveals something previously not known.

    はい、私たちは "裸になる "を持っていた - 以前は知られていなかった何かを明らかにする。

  • 'Bombshell' – describesshocking event or piece of news.

    'Bombshell' - 衝撃的な出来事やニュースの一部を表現しています。

  • And 'salvo' – sudden multiple releases.

    そして「サルヴォ」-突然の複数回のリリース。

  • If you want to test yourself on the vocabulary,

    語彙力を試したいなら

  • check out the quiz on our website: bbclearningenglish.com.

    クイズは当サイトのbbclearningenglish.comでチェックしてみてください。

  • And also have a look for us on social media.

    また、ソーシャルメディアで私たちを見てみてください。

  • We are all over the place, aren't we?

    私たちは、どこにでもいるんですよね。

  • We are everywhere on social media.

    私たちはソーシャルメディアのどこにでもいます。

  • Take it easy, take care and see you next week. Goodbye.

    気をつけて、気をつけて、また来週お会いしましょう。さようなら。

  • Bye.

    じゃあね

Hello and welcome to News Review from BBC Learning English.

こんにちは、BBCラーニングイングリッシュのNews Reviewへようこそ。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 爆弾 メーガン 王室 ハリー 見出し ニュース

ハリーとメーガンのインタビューBBCニュースレビュー (Harry and Meghan interview: BBC News Review)

  • 296 2
    林宜悉 に公開 2021 年 03 月 09 日
動画の中の単語