Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Hey there, Ronnie.

    やあ ロニー

  • This is a piece of wood.

    これは木っ端微塵です。

  • It's really nice for pretending to play baseball or mm, making shelf.

    野球のふりをしたり、ミリをしたり、棚を作ったりするのにとてもいいですね。

  • It's also a homophone.

    同音異義語でもあります。

  • Um, this piece of wood W 00 d is the exact same pronunciation as a modal verb.

    えーと、この木のかけらW 00 dは動詞と全く同じ発音です。

  • W o U l d.

    ヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォ

  • So it's very confusing because we want to say, world, what would you like to play baseball with me?

    だから、私たちが言いたいのは、世界、あなたは私と一緒に野球をしたいのですか、と言いたいので、非常に混乱しています。

  • But actually, the pronunciation is the same as this would.

    でも、実はこれと同じような発音なんです。

  • So you're going to learn some Homa phones.

    だからホマ電話を覚えるんだな

  • And the really cool thing about this is you're going to learn about one of my favorite things in the world.

    そして、これについての本当にクールなことは、あなたが世界で最も好きなものの一つについて学ぶことです。

  • Trees, mhm.

    木、hm。

  • Trees are amazing.

    木ってすごいですね。

  • And you're gonna learn English and about trees in the same lesson.

    そして、英語と木のことを同じレッスンで学ぶことになります。

  • The value of this lesson.

    このレッスンの価値

  • It's just outrageous.

    とんでもないことになっています。

  • Really, when you think about it.

    本当に、考えてみれば

  • So, um let's learn English with some trees.

    それで、えーと......木を使って英語を勉強しましょう。

  • One tree badly drawn.

    一本の木がひどく描かれている。

  • I didn't draw this.

    私が描いたわけではありません。

  • I don't know how to draw somebody else do this.

    どうやって誰かに描いてもらえばいいのかわからない。

  • It wasn't me, okay?

    俺じゃない

  • And I definitely love trees a lot, and I do live in a tree, so this is actually my house, and these are the parts of my house.

    私は木が大好きで、木に住んでいるので、これは実は私の家で、これが私の家のパーツです。

  • The outside part of the bottom of the tree is called bark proof.

    木の底の外側の部分をバークプルーフといいます。

  • We'll get to that later.

    それは後にしましょう

  • The big by brown usually brown part of the bottom of the tree is called a trunk.

    木の下の方にある通常茶色の大きなby茶色の部分を幹と呼びます。

  • We have leaves, which is the plural of leaf.

    葉っぱがありますが、これは葉っぱの複数形です。

  • Hold on.

    待ってくれ

  • Look at the spelling here.

    ここのスペルを見てください。

  • This is crazy.

    狂ってるわ

  • So in singular, we say leaf l e f But when we make it plural, we have to change the F to a V and add yes, And this is just really crazy that English does this.

    だから単数形では leaf l e f f と言いますが、複数形にするときは F を V に変えて yes を付け加えなければなりません。

  • People who made English before said so Let's spell it l e A f or other words kn if knife e k and I've But when we make it plural, let's just not put an e s or an E or an s.

    以前英語を作った人たちが言っていたので Let's spell it l e A f or other words kn if knife e k and I've But we make plural, let's not put an e s or an E or an s.

  • Let's just change it and put a V e and then e and s as well.

    変えてVのeを入れて、eとsも入れよう。

  • So leaf becomes leaves and yeah, the spelling is a little bit mental, but, hey, we're learning English and there's a lot more.

    だから葉っぱは葉っぱになるし、そう、スペルはちょっと精神的なものだけど、でもね、英語を勉強しているんだし、まだまだあるんだよ。

  • Um, the large part of the tree that grows out of the trunk is called a branch.

    えーと、木の幹から生えている大きな部分を枝といいます。

  • The trunk is the base of it.

    幹がベースになっています。

  • And then we have roots.

    そして、根っこの部分がある。

  • Roots are in under the grounds, and they stabilize the tree, sometimes routes.

    根は地面の下にあり、木を安定させるために、時にはルートになっています。

  • You can see them on the ground.

    地面には、それらを見ることができます。

  • You can flip over them.

    裏返してもいいですよ。

  • I've done that.

    したことがあります。

  • I flipped over a route before, Um, when we cut the tree, who killed the tree?

    前にルートをめくったんですが、えーと、木を切った時に、誰が木を殺したんですか?

  • We can get wood from it, as I showed you and, um, larger pieces before we actually cut it into slices.

    見せたように木材を手に入れることができますし、実際にスライスする前に大きめのものを用意します。

  • It's called a log.

    ログといいます。

  • So the basic anatomy of a tree.

    だから、木の基本的な解剖学。

  • We have leafed leaf, branch trunk, the roots and the bark.

    葉っぱ、枝の幹、根っこ、樹皮があります。

  • Now the cool thing about this is that when they were making English language or like, Well, let's let's have some fun with trees and let's take verbs and now sounds and give them the same word.

    これについてのクールな点は、彼らが英語を作っていたときに、「じゃあ、木を使って楽しみましょう」というように、動詞と今の音を組み合わせて、同じ単語を与えていたことです。

  • But let's let's make them completely different from a tree.

    でも、木とは全く違うものにしてみましょう。

  • So they did this.

    それで彼らはこうした。

  • First of all, bark is a verb, and it's what dogs do.

    まず、吠えるというのは動詞であり、犬がすることです。

  • No, I'm not sure if dogs have their own language, and it's interesting that dogs kind of understand other languages because my dog speaks English and understands Japanese, which I think is pretty cool.

    いや、犬に独自の言語があるかどうかはわからないし、うちの犬は英語を話して日本語を理解しているので、犬が他の言語を理解しているというのは面白いと思うし、それはそれでカッコいいと思うんだけどね。

  • But he barks.

    しかし、彼は吠える。

  • So my dog barks that's less at everyone.

    だから私の犬はみんなには少ない吠え方をします。

  • So bark is a verb, and this is what dogs speak.

    吠えるというのは動詞で、これが犬が話す言葉なんですね。

  • Thanks for cats.

    猫には感謝しています。

  • A Miao dogs bark.

    ミャオ犬が吠える。

  • Next one, we have a log.

    次はログです。

  • So if you are a star track, not wars.

    だから、ウォーズじゃなくてスタートラックなら。

  • Okay, Star Trek Fan, You're going to know that in the narrative there's a captain's log Stargate 42 the captain's log is a journal.

    さて、スタートレックファン、あなたは物語の中で船長のログスターゲイト42船長のログがあることを知っているつもりです。

  • So this is something for a boat captain could be on a spaceship because they exist or a boat and a log is basically a journal of their travels.

    だからこれは船の船長のためのもので、彼らは宇宙船やボートが存在し、ログは基本的に彼らの旅行のジャーナルですので、宇宙船になる可能性があります。

  • Now, the funny thing is, log is also slang for turd, and you can see by my picture I do this picture.

    さて、面白いことに、ログはまた、糞のスラングであり、あなたは私がこの写真を行う私の写真で見ることができます。

  • The deterrent is a piece of poo.

    抑止力はうんちのかけら。

  • Okay, so it's usually a large piece of poo.

    そうか、大抵は大きなうんちの塊なんだな。

  • Maybe you go to the toilet like, Wow, who dropped the log in the toilet?

    もしかしたら、「うわー、誰がトイレに丸太を落としたんだ!」みたいな感じでトイレに行くのかもしれません。

  • We're not talking about a piece of wood here.

    ここでは木っ端微塵の話をしているわけではありません。

  • This is a big poo or a big job e that someone has put in the toilet and it's funny.

    これは誰かがトイレに入れた大うんちとか大仕事Eとか笑える。

  • Okay, um, let's go right to this one.

    よし、これを見てみよう

  • Would is also a homophone.

    Wouldも同音異義語です。

  • As I said, we have this word w o U l d.

    私が言ったように、私たちはこの言葉を持っています w o U l d.

  • And we try our hardest to say all of these letters world you like something.

    そして、私たちは、あなたが何かを好きなこれらの文字の世界のすべてを言うために私たちの努力をしようとします。

  • But actually, you don't have to.

    でも、実はその必要はありません。

  • You can just say would as a model for Would you like hamburger?

    Would you like hamburger?のモデルとしてwouldと言うことができます。

  • Okay, would he's a homophone as a noun in slang Would means an erection for men.

    さて、wouldはスラングで名詞としての同音異義語ですが、Wouldは男性の勃起を意味します。

  • Obviously, Um, we we more say morning wood so a man could wake up in the morning, say, Uh, morning would darling.

    明らかに、えーと、私たちはもっと朝の木と言います。男が朝に目を覚ますことができるように、えーと、朝はダーリンと言います。

  • And this means that he has an erection, so would has very wonderful, wonderful consultations.

    そして、これは彼が勃起していることを意味するので、非常に素晴らしい、素晴らしい相談を持っているだろう。

  • At the same time, another homophone we have is route in The singular is the homophone of the way that we take on a highway.

    同時に、私たちが持っているもう一つの同音異義語は route in のルートです。 単数形は、高速道路を走る道の同音異義語です。

  • There's a very famous highway in America called Route 66 but the spelling without the S is exactly the same.

    アメリカにはルート66という超有名なハイウェイがありますが、Sのないスペルは全く同じです。

  • So r o U T e is the exact same as R 00 T.

    だからr o U T eはR 00 Tと全く同じです。

  • Route also has its meeting of his own.

    ルートはまた、彼自身の出会いを持っています。

  • It's the bottom part of your teeth, which can make sense or bottom part of your tooth.

    歯の底の部分だから意味があるのか底の部分なのか。

  • You might have to go to the dentist and have a root canal.

    歯医者に行って根管治療をした方がいいかもしれません。

  • It's very expensive, okay, And a root canal means that there's a problem with the roots of your teeth.

    それは非常に高価です、大丈夫、そして根管治療は、あなたの歯の根に問題があることを意味します。

  • So trees have roots, and so do our teeth root also means the source origin or basic cause of something.

    木には根があり、私たちの歯にも根があります。

  • So you might hear somebody say the root of all evil is money.

    だから、諸悪の根源は金だと誰かが言っているのを聞くかもしれない。

  • And you like but a tree roots.

    そして、あなたは木の根っこが好きです。

  • Why?

    なぜ?

  • It just has a different meaning.

    意味が違うだけです。

  • Um, what is the root of your problem?

    あの、問題の根本は何ですか?

  • This means what?

    これは何を意味するの?

  • Which hidden underground that we can't see that's causing this problem.

    この問題を引き起こしているのが見えない地下に隠されたものだ。

  • So this is a kind of a fun word.

    だから、これは一種の楽しい言葉なんです。

  • Um, a trunk is the back storage compartment of a car.

    えーと、トランクとは車の後ろの収納スペースのことです。

  • Now, when I was writing this as a this seems very, very formal to call it a storage compartment.

    さて、これを物置と呼ぶには非常にフォーマルな感じがしますが、私がこれを物置と呼んでいた時は

  • But it is.

    でも、そうなんです。

  • So if you've got some crap you've opened up, you put it in trunk.

    だから、開けたガラクタがあればトランクに入れる。

  • You close it, you're done famous for dead bodies.

    閉じたら死体で有名になったな

  • That's where you put them.

    そこに置くんですね。

  • You don't put them in the front seat because then you'll see Stick them in the trunk.

    前の席には置かない方がいいぞ トランクに入れておくと目につくからな

  • Interestingly enough to in the UK, they don't call it a trunk.

    興味深いことに、イギリスではトランクとは呼ばないそうです。

  • They call it a boot and trees don't have boots.

    ブーツと呼ばれていて、木にはブーツはありません。

  • So we're not going there.

    だから、そこには行かない。

  • Hold on.

    待ってくれ

  • People from the UK we'll do that in the next lesson.

    イギリスの人たちは次のレッスンでそうします。

  • Um, branch is a local office of a larger corporation.

    えーと、支店とは大企業のローカルオフィスのことです。

  • So if we have a wonderful corporation called in vid dot com.

    だから私達にvidのドット・コムで呼ばれるすばらしい会社があれば。

  • Wonderful, By the way, if you've never seen it, e n g v i d dot com.

    素晴らしい、ところで、あなたがそれを見たことがない場合は、e n g v i d dot com。

  • Okay, um, we can say the Toronto branch of England, and you think that's a tree, But but you can think of it like the trunk is the main part and the branch of the other offices that emanate from the one mean corporation that will work.

    さて、ええと、私たちはイングランドのトロント支店と言うことができます、あなたはそれが木だと思うが、しかし、あなたはそれを考えることができます幹が主な部分であり、動作する1つの平均的な企業から発散する他のオフィスの枝のようなものです。

  • And this is always fun leaf, So the leaf is a noun.

    そして、これはいつも楽しい葉っぱなので、葉っぱは名詞です。

  • It's a beautiful green or blue or red thing that grows off of a tree, and we can use this as a verb.

    木から生えている緑や青や赤のきれいなもので、これを動詞として使うことができます。

  • And if you read the sentence I leave through magazines.

    そして、私が雑誌を通して残した文章を読むと

  • Do you remember magazines when you went to the doctor's office or the dentist's office?

    先生や歯科医院に行った時の雑誌を覚えていますか?

  • There are these wonderful pieces of pictures and glossy things you don't need, and you could You can look at them and leaf through them.

    そこには、あなたが必要としない写真や光沢のあるもののこれらの素晴らしい作品があり、あなたはそれらを見て、それらを介して葉をすることができます。

  • So if you leaf through a book, it means that you kind of don't actually read it.

    だから、本に目を通すということは、実際には読んでいないということになります。

  • Look at it and pretend to read it.

    それを見て、読むふりをする。

  • Make sure it's not upside down because that's a dead giveaway that you're not actually reading.

    逆さまにしてないか確認してくれ、それは実際には読んでいないという死の景品だからだ。

  • something.

    何か

  • But if you leave through something, it means you look at it quickly.

    しかし、何かをスルーして去るということは、それをすぐに見てしまうということです。

  • It's in my notebook.

    手帳に書いてある

  • Okay.

    いいわよ

  • Magazines are done now because everyone just stares at their phones.

    雑誌はみんなスマホとにらめっこしてるだけだからもう終わってる。

  • But you're staring at your phone now watching this keep on concentrated.

    でも今はスマホとにらめっこしながら集中して見てるんだよね。

  • Do not pick up that magazine that does not exist.

    存在しない雑誌を拾ってはいけません。

  • Um, so we can leave through magazine and we can put a leaf in, not on, but a leaf in the table because we need a bigger table.

    えーと、雑誌はスルーで置いておけばいいし、テーブルが広いと困るからオンではなくリーフを入れておけばいいんですよ。

  • Let me explain.

    説明させてください。

  • Growing up, I had a family, we had dinner and we ate dinner at a table.

    大人になってからは、家族がいて、夕飯を食べて、食卓で食事をしていました。

  • I know that's shocking, but it's true.

    ショックだとは思いますが、事実です。

  • And we had four people.

    しかも4人もいました。

  • We sat around the table eight.

    8番テーブルの周りに座りました。

  • That was fun.

    楽しかったです。

  • Sometimes other people would come to our house, and the table wasn't big enough for our guests.

    たまに他の人が来ることもあり、テーブルの大きさが足りないこともありました。

  • So we had to expand the table, pulled one side, pull the other side, and then we put this other piece of wood in the middle.

    そこで、テーブルを広げて、片側を引っ張って、もう片側を引っ張って、真ん中にこの別の木片を置いたんです。

  • Voila.

    ほら

  • We have a bigger table, this piece of wood that extended the table.

    大きめのテーブルを持っています、この木片がテーブルを広げてくれました。

  • Guess what it's called.

    何だと思う?

  • It's called a leaf.

    葉っぱと呼ばれています。

  • So my parents would say, Okay, put the Leafs in the table.

    だから両親は「よし、リーフスをテーブルに置け」と言っていました。

  • We need a bigger table, so it's an extension of the table.

    大きめのテーブルが必要なので、テーブルの延長線上にあります。

  • Be careful with your prepositions at this point.

    この時点で前置詞には気をつけましょう。

  • If they said Hey, Ronnie, can you put the leaf on the table?

    ロニー、葉っぱをテーブルに置いてくれないか?

  • I would have to go to the tree outside and get a leaf and put it on the surface or on top of it.

    外の木に行って葉っぱを取ってきて、表面や上に置いたりしないといけませんね。

  • So be careful with prepositions.

    だから前置詞には気をつけましょう。

  • If you have to put the leaf in the table, you're extending the table.

    葉っぱを入れないといけないなら、テーブルを延長していることになります。

  • But if you put something on like the book, it's going to be on top of something on the surface of it.

    でも、本のように何かにつけてしまうと、何かの上に何かが乗っかってしまうんですよね。

  • So I really love this one.

    だから、私はこれが本当に好きなんです。

  • This one's fun because it helps you remember two things.

    これは2つのことを思い出すのに役立つから楽しい。

  • First of all, leaves this crazy spelling, and it really is going to help you remember this verb.

    まず第一に、このクレイジーなスペルを残して、それは本当にあなたがこの動詞を覚えるのに役立ちそうです。

  • So in the present tense, we have I leave tomorrow.

    だから現在形では、私たちは明日出発しなければならない。

  • But remember, if we have he she or it, you have to make it plural with an S.

    しかし、覚えておいてほしいのは、he she or itがあれば、複数形にしてSをつけることです。

  • So you have to say he leaves tomorrow.

    だから、彼は明日出発すると言わざるを得ない。

  • Look at that.

    あれを見てください。

  • That's the same word.

    同じ言葉ですね。

  • So the leaf leaves.

    だから、葉っぱの葉っぱ。

  • Tomorrow it's going to drop.

    明日は下がりそうです。

  • You can now make as many wonderful jokes about leaving and leaves and trees as you would like, but Let me leave you with my personal favorite from grade three.

    あなたは今、あなたが望むように、葉や木を残すことについての多くの素晴らしいジョークを作ることができますが、私は3年生からの私の個人的なお気に入りを残しておきましょう。

  • I'm going to make like, a tree and leave.

    木のようなものを作って帰る。

Hey there, Ronnie.

やあ ロニー

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 葉っぱ テーブル 動詞 ログ 雑誌 英語

英単語を学ぶ...木と一緒に! (Learn English Vocabulary...with a tree!)

  • 4 1
    林宜悉 に公開 2021 年 03 月 09 日
動画の中の単語