Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • and the Nets are keeping it very interesting this season, now adding six time All Star forward Blake Griffin to the squad.

    と、ネットは非常に興味深いこのシーズンを維持している、今 6 時間オールスター フォワード ブレイク グリフィンをチームに追加します。

  • According to Adrienne Jordanovski, Brooklyn used one of its veteran minimum contracts lost to sign Griffin, who will likely be used as a small ball center off the bench.

    Adrienne Jordanovski』によると、ブルックリンはベンチ外で小柄なボールセンターとして使用される可能性が高いグリフィンと契約するために失われたベテランの最低契約の1つを使用したという。

  • Not only is he joining the Big Three on a quest for a title, but also former Clippers teammate DeAndre Jordan.

    タイトル獲得を目指してビッグスリーに参加するだけでなく、元クリッパーズのチームメイトであるデアンドレ・ジョーダンも参加している。

  • So, Max, what do you think?

    マックス、どう思う?

  • Will Griffin have a little big or no or no impact?

    グリフィンは少し大きいのか、インパクトがないのか、それともないのか。

  • There you go on the team this year, I'll say a small impact, and I'll say so, giving him the benefit that the benefit of the doubt, thinking that he'll be very motivated to be the best version of himself on this Brooklyn team.

    そこにあなたは今年のチームに行く、私は小さな影響を言うだろう、と私はそう言うだろう、彼はこのブルックリンのチームで自分自身の最高のバージョンになるために非常にやる気になるだろうと考えて、彼に疑いの利益を与えます。

  • But I take no pleasure in saying this.

    しかし、私はこれを言っても何の喜びも感じない。

  • I remember when Blake broke into the league and I was out in L.

    ブレイクしてリーグに入った時にLで出てたのを思い出す。

  • A doing afternoon drive, um, on ESPN radio and it's a Laker station, but you couldn't ignore what was happening with the Clippers.

    午後のドライブをしていると、うーん、ESPNのラジオで、レイカーの局だけど、クリッパーズのことを無視できなかったんだね。

  • Blake Griffin looked like he had a chance to be one of the greatest power forwards who ever lived.

    ブレイク・グリフィンは、史上最高のパワーフォワードになるチャンスがあるように見えた。

  • He was his like it was something different athletically, but it didn't quite pan out that way.

    彼は陸上競技のように何か違うものを持っていましたが、それはうまくいきませんでした。

  • He was an all Star, not an M V P.

    彼はオールスターであり、M V Pではなかった。

  • It didn't quite pan out that way.

    そうはいきませんでした。

  • And and after he got injured, he hasn't been the same guys, you know, The last time Blake Griffin dunked, Jalen Rose pointed this out a month ago or something like that conducted two years, two years in two years since he dumped the basketball.

    そして、彼が怪我をした後、彼は同じ男ではありませんでした、あのね、前回ブレイク・グリフィンがダンクをした時、ジャレン・ローズが1ヶ月前に指摘したとか、彼がバスケを振ってから2年、2年で2年というようなことが実施されました。

  • So you take that away from Blake, and what do you have?

    ブレイクからそれを奪って何があるの?

  • He's not really a defender, and it's not even just not built like a defender.

    ディフェンダーのような作りになっていないだけでもない

  • Defenders aren't the barrel chested guys.

    ディフェンダーはバレルチェストの人じゃないよ

  • They're like the lanky, long armed dudes complaint defense.

    腰の長い長身の奴等のクレーム擁護みたいなもんだからな

  • Usually right.

    普通に正しい

  • He's not built like a defender.

    ディフェンダーのような体格ではありません。

  • And he's not a defender, really.

    そして、彼はディフェンダーではありません、本当に。

  • Not a shot blocker, not a rim protector.

    ショットブロッカーでもなく、リムプロテクターでもない。

  • He's not a shooter.

    シューターではありません。

  • He takes six threes a game.

    彼は1試合で6つのスリーを取る。

  • He hits under 32% of them.

    彼はそのうちの32%以下を打っている。

  • So what is it exactly that Blake now does?

    で、今のブレイクは具体的に何をしているのか?

  • That's additive, right?

    添加物だよね?

  • How does he How does he positively affect the team?

    彼はどのようにチームにポジティブな影響を与えているのでしょうか?

  • I'm willing to believe, given the amount of time he hung around as an All Star and given his basketball savvy at this point in his career that a fully motivated Blake Griffin as a center, maybe in a small ball lineup.

    私は、オールスターとして彼がぶら下がっていた時間の量を考えると、彼のキャリアのこの時点で彼のバスケット ボールの経験を考えると、完全にやる気のあるブレイク グリフィン センターとして、小さなボールのラインアップで多分。

  • That idea has been floated.

    その考えが浮かんできました。

  • Um, we'll have some marginal positive value, but Stephen A.

    えーと、限界値のプラスはありますが、スティーブン・A・・・。

  • I think that's what it is.

    ということだと思います。

  • He's Blake in name only.

    彼は名前だけでブレイクしている。

  • At this point, I think you're sleeping.

    この時点では寝ているのではないでしょうか。

  • I think you're sleeping on what he can bring to the table.

    彼が何を持ってきてくれるかで寝てるんじゃないの?

  • But it's understandable.

    しかし、それは理解できる。

  • As you know, um, you know, listen, from time to time, I do have to teach you the game of basketball.

    ご存知のように、ええと、あなたが知っているように、ええと、あなたが知っているように、聞いてください、時折、私はあなたにバスケットボールのゲームを教えなければなりません。

  • I understand this stuff back.

    私はこのようなことを理解しています。

  • So let me, let me let me let me school you about something here.

    だから、私にさせてください、私にさせてください、ここで何かについてあなたを学校に行かせてください。

  • Max Stephens Naysmith that Stephen A.

    マックス・スティーブンス・ネイスミスがスティーブン・A.

  • Smith.

    スミス

  • There you go.

    これでいいわ

  • There you go.

    これでいいわ

  • Here's the deal Seriously, Blake Griffin is not a number one option.

    ブレイク・グリフィンはナンバーワンではありません。

  • He's not a number two options.

    彼は二番煎じではありません。

  • Here's the beauty.

    ここに美しさがあります。

  • He doesn't even have to be a number four option or Brooklyn.

    彼はナンバー4のオプションやブルックリンである必要すらない。

  • You're forgetting that the people that you play with what you're surrounded by has a profound impact on how you can perform when you're not asked to do, but so much any longer.

    周りに囲まれて何をして遊ぶかは、頼まれてもいないのにこれだけのパフォーマンスができることに大きな影響を与えていることを忘れているのではないでしょうか。

  • When I think about Blake Blake Griffin's, uh, you know, athleticism census injuries.

    ブレイク・ブレイク・グリフィンのことを考えると......あのね、アスレチックスの国勢調査の怪我のこと。

  • It's dissipated to some degree.

    ある程度発散しています。

  • There's no question about it, but I think primarily the issue in Brooklyn I'm sorry in Detroit was the fact that he didn't want to be there.

    疑う余地はありませんが、主にブルックリンでの問題は、デトロイトでのI'm sorry in Detroitでは、彼がそこに居たくなかったということだと思います。

  • He was completely knew that it was a team going nowhere.

    彼はそれがどこにも行かないチームであることを完全に知っていた。

  • You knew they were in rebuilding mode.

    彼らが再建モードに入っているのは知っていたはずだ。

  • He never wanted to leave.

    彼は決して離れようとはしませんでした。

  • He never wanted to depart L.

    彼は決してLを出発しようとはしませんでした。

  • A.

    A.

  • Which is why he ran off instead of shaking hands with Steve Balmer.

    だから スティーブ・バルマーと握手せずに 逃げ出したんだ

  • When he came back for a visit.

    お見舞いに帰ってきた時に

  • He never wanted to leave.

    彼は決して離れようとはしませんでした。

  • He liked being another L.

    彼は別のLになるのが好きだった

  • A of Detroit where you wanna be.

    デトロイトのAになりたいと思っています。

  • I know where I want to be.

    自分がどこにいたいかはわかっています。

  • So we understand thing against Detroit.

    だからデトロイトのことは理解している

  • Detroit We love the city.

    デトロイト 私たちはこの街を愛しています。

  • But come on now, let's just be real with it.

    でもさあ、本当のことを言ってみようよ。

  • And so I'm just talking strictly weather.

    で、厳密には天気の話なんですけどね。

  • And so, as a result of that, you look at it from that perspective.

    その結果、そういう視点で見るんですね。

  • He wasn't that interested.

    彼はそこまで興味がなかった。

  • Max.

    最大

  • The guy has played in 38 games in, like, 19 of the last, Uh, the last 20 months or so 38 games.

    この男は38試合に出場しています。ここ20ヶ月かそこらの38試合のうち19試合に出場しています。

  • He hasn't been playing all right.

    彼は、まともにプレイしていません。

  • The last time we saw him in the full seasons, every 24 a half points a game.

    前回のフルシーズンでは1試合24点半毎に

  • When I think about that and I think about him rest, you know, you know, reuniting rather with DeAndre Jordan and I think about James Harden and Kyrie and then you add K D to the mix.

    私はそれについて考えると、私は彼の休養について考えると、あなたは知っている、あなたは知っている、あなたはむしろデアンドレ・ジョーダンと再会し、私はジェームズ・ハーデンとカイリーについて考えると、あなたはミックスにK Dを追加します。

  • Excuse me, you gotta worry about those three.

    すみませんが、その3人の心配をしてください。

  • I'm sorry.

    済みませんでした。

  • Blake Griffin is no scrub.

    ブレイク・グリフィンは廃人ではありません。

  • He's not somebody that you can sit up there and leave alone.

    彼はそこに座って放っておくような人ではありません。

  • And he's not somebody that you can easily guard one on one.

    1対1で簡単にガードできる相手ではありません。

  • And because you'll have to prioritize focusing on the other three when it really, really counts, that's from a basketball perspective.

    他の3つに集中することを 優先しなければならないからだ それが本当に重要な時に それはバスケの観点からだ

  • Then you've got the motivational element that we can't ignore.

    ならば、無視できないモチベーションの要素があるんですよね。

  • Then you've got the fact that he's reunited with his teammate in DeAndre, Jordan.

    チームメイトのジョーダンと再会したのも事実だ

  • All of those things coming together.

    すべてのことが一緒になって

  • And Brooklyn desperately needed a bigger by another big body because all you really had was DeAndre Jordan and obviously shipping Jared Allen off to Cleveland.

    そしてブルックリンは必死に別の大きな体で大きなものを必要としていた あなたが本当に持っていたので デアンドレ ジョーダンと明らかにクリーブランドにジャレッド アレンを出荷します。

  • So you've got Jeff Green and Jeff Jeff Green, but I'm saying not as a big body, not as a big body, but Jeff Green can ball, but again, Blake Griffin enables you to go small.

    ジェフ・グリーンとジェフ・グリーンがいるわけですが、大きな体ではなく、大きな体ではなく、ジェフ・グリーンはボールを打てると言っているのですが、やはりブレイク・グリフィンのおかげで小さく行けるようになっています。

  • Let me ask you this question.

    この質問をさせてください。

  • If you had James Harden, Kyree Irvin K D.

    ジェームス・ハーデン、カイリー・アービンK・Dがいれば。

  • On the court with Jeff Green and Blake Griffin to go small.

    ジェフ・グリーンとブレイク・グリフィンと一緒にコートに出て、小さくなった。

  • That's nothing to sneeze at Joe Harris or Joe Harris.

    ジョー・ハリスやジョー・ハリスにしゃがみ込むほどのことではありません。

  • What I'm saying.

    私が言っていることは

  • So, in other words, Blake Griffin can work with this group.

    つまり、ブレイク・グリフィンはこのグループで仕事ができるということです。

  • If he were going someplace else where he was asked to be a number one or two options, I would have a problem with that.

    彼がどこか他の場所に行って、1番か2番の選択肢を求められていたとしたら、それはそれで問題だと思うのですが。

  • I would side with you, but him being in Brooklyn, I think it's one of the perfect landing spots.

    私はあなたの味方ですが、彼はブルックリンにいるので、完璧な着地点の一つだと思います。

  • I think he helped elevate them, and I think he elevates them significantly because he gives you an extra body that can do some things.

    彼は彼らを昇格させるのに貢献したと思うし、いくつかのことができる余分な体を与えてくれるので、彼は彼らを大幅に昇格させてくれたと思う。

  • Not on a night and night out basis, but I'm talking about sporadically.

    一泊二日ではないが、散発的な話をしている。

  • Can Blake Griffin go out there and give you 20 or 30?

    ブレイク・グリフィンが行って20とか30とか出せるのか?

  • Yes, he cares.

    はい、彼は気にしています。

  • I'm saying I yes, but that's a small difference.

    私はそうだと言っているが、それは小さな違いだ。

  • Like it's not a little different when you consider their US.

    彼らのアメリカを考えれば、少しも違わないような。

  • Joe Harris is whether he's starting or however you're gonna do it in crunch time.

    ジョー・ハリスは、彼が先発するかどうかはともかく、あなたがクランチタイムにそれをするかどうかです。

  • Joe Harris should be on the floor.

    ジョー・ハリスは床につくべきだ

  • He's the best shooter on the team, amazingly right.

    彼はチームで一番のシューターです、驚くほど正しいです。

  • In fact, in our morning meeting, when we were talking about, like, you know, Do they have a big four?

    実際、朝礼で話していた時に、あのね、ビッグ4ってあるの?

  • I was stumped.

    呆然としていました。

  • I mean, I was like, Wait, people considering Joe Harris, part of the Big Four because that's how I viewed Blake Griffin the last couple of years, I think of Shawn Kemp.

    つまり、ジョー・ハリスをビッグ4の一員として考えている人たちがいると思っていたんですが、ここ数年ブレイク・グリフィンをどう見ていたかというと、ショーン・ケンプを思い浮かべてしまいます。

  • I think of Larry Johnson.

    ラリー・ジョンソンを思い出す。

  • These were like like Blake Griffin.

    これらはブレイク・グリフィンのようなものでした。

  • They were once a certain kind of player, and they were all stars, and they had to reinvent themselves as their careers went on.

    かつてはある種の選手であり、スター選手ばかりだった彼らは、キャリアを重ねるごとに再発明を余儀なくされていました。

  • Do the injury age size.

    怪我の年齢の大きさをします。

  • Whatever he did, Larry Johnson is back.

    何をしたにせよ、ラリー・ジョンソンが戻ってきた。

  • Yeah, right.

    ああ、そうだな。

  • And they did.

    そして、彼らはそうしました。

  • Larry Johnson was one of the highest I Q players I've ever seen on the absolutely.

    ラリー・ジョンソンは、絶対に見たことのない最高のI Qプレイヤーの一人だった。

  • But he couldn't jump anymore.

    しかし、彼はもうジャンプすることができませんでした。

  • He wasn't as good as he wants, but he reinvented himself and he was still formidable.

    彼は望んでいたほどではなかったが、再発明をしたことで、まだ手ごわい存在だった。

  • Shaun kept to got down in the post.

    ショーンはポストに伏せたままだった。

  • Wasn't wasn't like high flying anymore, you know.

    もう高飛びするようなものではなかった。

  • But his game was predicated on that.

    しかし、彼のゲームはそれを前提としていた。

  • That was never the case with Larry Johnson, but Larry Johnson wasn't a Skywalker when he was at at UNLV, but he could jump.

    ラリー・ジョンソンはそうではありませんでしたが、ラリー・ジョンソンはUNLVにいた時はスカイウォーカーではありませんでしたが、ジャンプはできました。

  • He couldn't jump.

    彼はジャンプできなかった。

  • He was.

    彼はそうだった

  • He was massive with a man with boys, but he was getting he wasn't a jump without getting without getting bogged down into Larry Johnson.

    男児を連れた男の塊だったが、ラリー・ジョンソンに泥仕合にならずにジャンプにならなかった。

  • Done Anderson Hunt with jumpers, not him.

    アンダーソン・ハントのジャンパーではなく、彼のジャンパーだ。

  • But what I'm saying is there are guys who reinvented themselves.

    でも言ってることは、再発明した奴がいるってことだよ。

  • I don't know that Blake can do that on a level to make him a big deal.

    ブレイクが偉そうにできるレベルではないと思うが

  • Think he has to.

    彼はそうしなければならないと思う

  • But who he's replacing in this lineup, really, or when he's on the floor.

    しかし、彼がこのラインナップで誰の代わりになるのか、本当に、彼がフロアにいる時には。

  • That's really Jeff Green.

    本当にジェフ・グリーンですね。

  • What you're really asking is, what premium does this version of Blake Griffin in a small ball lineup playing the five give you over Jeff Green?

    あなたが本当に尋ねているのは、このバージョンのブレイク・グリフィンの小さなボールのラインアップで5を再生すると、ジェフ・グリーンよりもプレミアムを与えるのですか?

  • But thanks for watching ESPN on YouTube for live streaming sports and premium content.

    しかし、スポーツとプレミアムコンテンツのライブストリーミングをYouTubeでESPNを見てくれてありがとう。

  • Subscribe to ESPN plus.

    ESPN plusに登録する。

and the Nets are keeping it very interesting this season, now adding six time All Star forward Blake Griffin to the squad.

と、ネットは非常に興味深いこのシーズンを維持している、今 6 時間オールスター フォワード ブレイク グリフィンをチームに追加します。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 グリフィン ブレイク ラリー ジェフ ブルックリン グリーン

ファーストテイクはブレイク・グリフィンのネッツ移籍に反応 (First Take reacts to Blake Griffin to the Nets)

  • 2 0
    林宜悉 に公開 2021 年 03 月 08 日
動画の中の単語