Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • CHAPTER I THERE IS NO ONE LEFT

    第I LEFT人はいません

  • When Mary Lennox was sent to Misselthwaite Manor to live with her uncle everybody said

    メアリーレノックスは、彼女の叔父の皆と一緒に暮らすMisselthwaiteマナーに送られたときに言う

  • she was the most disagreeable-looking child ever seen.

    彼女が今まで見た中で最も嫌そうな子でした。

  • It was true, too.

    それはあまりにも、本当だった。

  • She had a little thin face and a little thin body, thin light hair and a sour

    彼女は少し薄い顔と少し薄いボディ、細い光の髪と酸味を持っていた

  • expression.

    表現。

  • Her hair was yellow, and her face was yellow because she had been born in India

    彼女はインドで生まれていたので、彼女の髪は黄色であり、彼女の顔は黄色だった

  • and had always been ill in one way or another.

    と常に何らかの形で病気していた。

  • Her father had held a position under the English Government and had always been busy

    彼女の父は英語の政府の下に位置を保持していたし、常に忙しくしていた

  • and ill himself, and her mother had been a great beauty who cared only to go to

    と病気自身、そして彼女の母親は、に行く世話偉大な美しさをしていた

  • parties and amuse herself with gay people.

    当事者とは、ゲイの人々と自分自身を楽しませる。

  • She had not wanted a little girl at all, and when Mary was born she handed her over

    彼女はすべてに女の子を望んでいなかった、とメアリーが生まれたとき、彼女は彼女を引き渡す

  • to the care of an Ayah, who was made to understand that if she wished to please the

    それを理解するために行われたしるし、の世話に彼女を喜ばせるために望んだ場合

  • Mem Sahib she must keep the child out of sight as much as possible.

    MEM紳士彼女は視界から可能な限り子を保持する必要があります。

  • So when she was a sickly, fretful, ugly little baby she was kept out of the way,

    そう彼女は病弱な、機嫌の悪い、醜い小さな赤ちゃんだったとき彼女は、邪魔に保たれた

  • and when she became a sickly, fretful, toddling thing she was kept out of the way

    そして彼女は彼女が邪魔に保たれた病弱な、機嫌の悪い、よちよちことになったとき

  • also.

    また。

  • She never remembered seeing familiarly anything but the dark faces of her Ayah and

    彼女は親し何でも彼女のアーヤの暗い顔を見て、思い出したことがない

  • the other native servants, and as they always obeyed her and gave her her own way

    彼らはいつも彼女に従った、彼女に彼女自身の道を与えた他のネイティブの使用人、およびとして

  • in everything, because the Mem Sahib would

    すべてでは、MEM紳士はと同じ理由

  • be angry if she was disturbed by her crying, by the time she was six years old

    彼女は彼女が6歳の時で、彼女の泣き声に邪魔されている場合は怒っている

  • she was as tyrannical and selfish a little pig as ever lived.

    今まで住んでいたとして、彼女は少し豚のような専制的、利己的だ。

  • The young English governess who came to teach her to read and write disliked her so

    読み取りと書き込みに彼女を教えるために来た若い英語の女性知事は、そう彼女を嫌って

  • much that she gave up her place in three months, and when other governesses came to

    ずっと彼女は3か月以内に彼女の場所をあきらめたこと、および他のgovernessesがに来たとき

  • try to fill it they always went away in a shorter time than the first one.

    彼らはいつも最初のものよりも短い時間で去っていきましたそれを埋めるためにしてみてください。

  • So if Mary had not chosen to really want to know how to read books she would never have

    メアリーは本当に彼女が持っていることはない本を読む方法を知りたいと思うように選ばれていなかったのであれば

  • learned her letters at all.

    彼女の手紙は、すべてで学びました。

  • One frightfully hot morning, when she was about nine years old, she awakened feeling

    One恐ろしく暑い朝、彼女は9歳の頃、彼女は感じて目覚める

  • very cross, and she became crosser still when she saw that the servant who stood by

    非常に交差し、そして彼女がによって立っているサーバントを見たとき、彼女はまだ不機嫌になった

  • her bedside was not her Ayah.

    彼女の枕元には、彼女のしるしではなかった。

  • "Why did you come?" she said to the strange woman.

    "なぜあなたは来たのですか?"彼女は奇妙な女に言われた。

  • "I will not let you stay. Send my Ayah to me."

    "私はあなたが滞在させません。私に私のアーヤを送る。"

  • The woman looked frightened, but she only stammered that the Ayah could not come and

    女性は怯えて見えたが、彼女は唯一のしるしが来て、できなかったことをどもりながら

  • when Mary threw herself into a passion and beat and kicked her, she looked only more

    メアリーは、情熱とビートに身を投げたと彼女を蹴ったときに、彼女はより多く見

  • frightened and repeated that it was not

    それはではなかったことを恐れてと繰り返し

  • possible for the Ayah to come to Missie Sahib.

    Missie紳士に来てアーヤの可能。

  • There was something mysterious in the air that morning.

    その日の朝、空気中の神秘的な何かがあった。

  • Nothing was done in its regular order and several of the native servants seemed

    何も、その規則的な順序で行われないと、ネイティブのしもべのいくつかが思われた

  • missing, while those whom Mary saw slunk or hurried about with ashy and scared faces.

    メアリーはslunkを見たり、粉を吹いたとおびえた顔で約急いでそれらの人ながら、行方不明。

  • But no one would tell her anything and her Ayah did not come.

    しかし誰も彼女は何も言うことはなると彼女のアーヤは来なかった。

  • She was actually left alone as the morning went on, and at last she wandered out into

    彼女は実際に朝が進むにつれて放置、そして最後に彼女はに出てさまよっていた

  • the garden and began to play by herself under a tree near the veranda.

    庭やベランダ近くの木の下で一人で演奏し始めた。

  • She pretended that she was making a flower- bed, and she stuck big scarlet hibiscus

    彼女は花のベッドを作っていたふりをし、彼女は大きな緋色のハイビスカスを立ち往生

  • blossoms into little heaps of earth, all the time growing more and more angry and

    地球の小さなヒープに花は、すべての時間はますます怒って成長し、

  • muttering to herself the things she would

    彼女自身に彼女がと同じ事をブツブツ言う

  • say and the names she would call Saidie when she returned.

    と言うと彼女は彼女が返さSaidie呼んでいる名前。

  • "Pig! Pig! Daughter of Pigs!" she said, because to call a native a pig is the worst

    "豚!豚!ブタの娘!"彼女によると、ネイティブの豚を呼び出すためにので最悪です。

  • insult of all.

    すべての侮辱。

  • She was grinding her teeth and saying this over and over again when she heard her

    彼女は彼女を聞いたとき、彼女は彼女の歯を研削し、何度も繰り返し、これを言っていた

  • mother come out on the veranda with some one.

    母は、いくつかのいずれかでベランダに出てくる。

  • She was with a fair young man and they stood talking together in low strange

    彼女は公正な若い男とであり、彼らは低い奇妙なで一緒に立ち話

  • voices. Mary knew the fair young man who looked

    声。メアリーは見て公正な若い男を知っていた

  • like a boy.

    少年のような。

  • She had heard that he was a very young officer who had just come from England.

    彼女は彼がちょうどイギリスから来ていた非常に若い将校だったと聞いていた。

  • The child stared at him, but she stared most at her mother.

    子供は彼を見つめていたが、彼女は彼女の母親で大部分を見つめていた。

  • She always did this when she had a chance to see her, because the Mem Sahib--Mary

    彼女は彼女を見る機会があったとき、彼女はいつも、このようにしたので、memが紳士 - メアリー

  • used to call her that oftener than anything else--was such a tall, slim, pretty person

    彼女が何よりもそのoftener呼び出すために使用 - このような背の高い、スリム、かなりの人だった

  • and wore such lovely clothes.

    そしてそのような素敵な服を着ていた。

  • Her hair was like curly silk and she had a delicate little nose which seemed to be

    彼女の髪は巻き毛絹のようだったと、彼女はと思われた繊細な少し鼻を持っていた

  • disdaining things, and she had large laughing eyes.

    物事をdisdaining、と彼女は大きな笑いながら目を持っていた。

  • All her clothes were thin and floating, and Mary said they were "full of lace."

    すべての彼女の服は薄いとフローティングされた、とメアリーは、と述べた"レースのフル。"

  • They looked fuller of lace than ever this morning, but her eyes were not laughing at

    彼らは今朝これまで以上にレースのフラーに見えたが、彼女の目はで笑っていなかった

  • all.

    すべて。

  • They were large and scared and lifted imploringly to the fair boy officer's face.

    彼らは大規模と怖がっていたと公正な少年の役員の顔に懇願して持ち上げた。

  • "Is it so very bad? Oh, is it?"

    "それはそう非常に悪いか。ああ、それは?"

  • Mary heard her say.

    メアリーは、彼女が言うのを聞いた。

  • "Awfully," the young man answered in a trembling voice.

    "非常に、"若い男は震える声で答えた。

  • "Awfully, Mrs. Lennox. You ought to have gone to the hills two

    "非常に、夫人レノックス。あなたは丘つに行っているはずである

  • weeks ago."

    前の週。"

  • The Mem Sahib wrung her hands. "Oh, I know I ought!" she cried.

    memが紳士は彼女の手を絞った。 "ああ、私は私がするべき知っている!"彼女は叫んだ。

  • "I only stayed to go to that silly dinner party.

    "私はその愚かなディナーパーティーに行くにとどまった。

  • What a fool I was!"

    私は何を馬鹿でした!"

  • At that very moment such a loud sound of wailing broke out from the servants'

    その瞬間、嘆きのような大きな音は、公務員から勃発した"

  • quarters that she clutched the young man's arm, and Mary stood shivering from head to

    彼女は若い男の腕を手にした、とメアリーは頭から震えて立っているの四半期

  • foot.

    足。

  • The wailing grew wilder and wilder. "What is it?

    嘆きは、ワイルドとワイルドに育った。 "それは何ですか?

  • What is it?" Mrs. Lennox gasped.

    それは何ですか?"ミセ​​スレノックスは息を呑んだ。

  • "Some one has died," answered the boy officer.

    "いくつかの一方が死亡した、"少年の責任者は答えた。

  • "You did not say it had broken out among your servants."

    "あなたはそれがあなたのしもべたちの間で勃発していた言っていない。"

  • "I did not know!" the Mem Sahib cried.

    "私は知りませんでした!"MEM紳士は叫んだ。

  • "Come with me! Come with me!" and she turned and ran into

    "私と一緒に是非! !私と来て"と彼女は振り返り、に走った

  • the house.

    ハウス。

  • After that, appalling things happened, and the mysteriousness of the morning was

    その後、ぞっとするようなことが起こった、と朝の神秘があった

  • explained to Mary.

    メアリーに説明した。

  • The cholera had broken out in its most fatal form and people were dying like

    コレラは、最も致命的な形で壊れていたと人々は次のように死んでいた

  • flies.

    ハエ。

  • The Ayah had been taken ill in the night, and it was because she had just died that

    アーヤは夜間に病気になる、と彼女はただ死んでしまったのでそれはあったされていたこと

  • the servants had wailed in the huts.

    公務員は、小屋にwailedしていた。

  • Before the next day three other servants were dead and others had run away in

    次の日の前に他の3つの公務員は死んでいたと他に逃げていた

  • terror. There was panic on every side, and dying

    恐怖。そこにすべての面でパニックだった、と死ぬ

  • people in all the bungalows.

    すべてのバンガローの人々。

  • During the confusion and bewilderment of the second day Mary hid herself in the

    二日目の混乱と戸惑いの間にメアリーは、彼女自身を隠した

  • nursery and was forgotten by everyone.

    保育園と誰もが忘れていた。

  • Nobody thought of her, nobody wanted her, and strange things happened of which she

    誰も、彼女が考えたことは誰もが彼女を望んでいない、と奇妙なことが起こったなるの彼女

  • knew nothing. Mary alternately cried and slept through

    何も知らなかった。メアリーは、交互に通過叫んだと眠った

  • the hours.

    時間。

  • She only knew that people were ill and that she heard mysterious and frightening

    彼女は人々が病気だったことと、彼女は神秘的で恐ろしい聞いたことを知っていただけ

  • sounds.

    音。

  • Once she crept into the dining-room and found it empty, though a partly finished

    部分的に終了しても一度、彼女は、ダイニングルームにこっそりと、それが空の発見

  • meal was on the table and chairs and plates looked as if they had been hastily pushed

    食事はテーブルと椅子のであり、彼らは急いで押されているかのようにプレートが見えた

  • back when the diners rose suddenly for some reason.

    バックダイナーが何らかの理由で突然上昇したとき。

  • The child ate some fruit and biscuits, and being thirsty she drank a glass of wine

    子は、いくつかの果物とビスケットを食べ、のどが渇いている彼女は、ワインのグラスを飲んだ

  • which stood nearly filled.

    これはほぼいっぱいに立っていた。

  • It was sweet, and she did not know how strong it was.

    それは甘かった、と彼女はそれがどれほど強い知りませんでした。

  • Very soon it made her intensely drowsy, and she went back to her nursery and shut

    非常にすぐにそれは彼女が激しく眠くなる、と彼女は保育園に戻って、シャットダウン

  • herself in again, frightened by cries she heard in the huts and by the hurrying sound

    彼女は再びで、小屋に彼女が聞いた叫びと急いで音におびえる

  • of feet.

    足の。

  • The wine made her so sleepy that she could scarcely keep her eyes open and she lay

    ワインは、彼女がほとんど彼女の目を開いたままにしないこと、彼女は非常に眠くなると、彼女はレイ

  • down on her bed and knew nothing more for a long time.

    ダウン彼女のベッドの上で、長い時間のためのより多くの何も知らなかった。

  • Many things happened during the hours in which she slept so heavily, but she was not

    多くの物事は、彼女がそう頻繁に寝ている時間の間に起こったが、彼女ではなかった

  • disturbed by the wails and the sound of things being carried in and out of the

    wailsによって妨げられ、物事の音は、inとoutの行われて

  • bungalow.

    バンガロー。

  • When she awakened she lay and stared at the wall.

    彼女が目覚めたとき、彼女はレイと壁を見つめていた。

  • The house was perfectly still. She had never known it to be so silent

    家は完全にまだあった。彼女はとても静かにそれを知られていなかった

  • before.

    前。

  • She heard neither voices nor footsteps, and wondered if everybody had got well of the

    彼女は声も足音もないを聞いて、誰もがよくの持っていたかどうか疑問に思いました

  • cholera and all the trouble was over. She wondered also who would take care of

    コレラとすべての悩みは終わった。彼女が世話をする人にも疑問

  • her now her Ayah was dead.

    彼女は今彼女のアーヤが死んでいた。

  • There would be a new Ayah, and perhaps she would know some new stories.

    そこに新たなしるしだろう、と多分、彼女はいくつかの新たな物語を知っているだろう。

  • Mary had been rather tired of the old ones. She did not cry because her nurse had died.

    メアリーは古いのではなく、疲れていた。彼女の看護師が亡くなったので、彼女は泣いていませんでした。

  • She was not an affectionate child and had never cared much for any one.

    彼女は愛情の子ではなかったし、いずれかのためにずっと世話ことがなかった。

  • The noise and hurrying about and wailing over the cholera had frightened her, and

    ノイズと約急ぐとコレラにわたって嘆きは彼女を恐れていた、と

  • she had been angry because no one seemed to remember that she was alive.

    誰も彼女が生きていたことを覚えておくように見えたので、彼女は怒っていた。

  • Everyone was too panic-stricken to think of a little girl no one was fond of.

    誰もがあまりにも誰もが好きなかった少女と考えるとパニックに陥ったした。

  • When people had the cholera it seemed that they remembered nothing but themselves.

    人々はコレラを持っていたとき、それは彼らが何も自分を覚えていないように思われた。

  • But if everyone had got well again, surely some one would remember and come to look

    しかし皆がよく再び持っていれば、確かにいくつかの1つ覚えていると見て来るでしょう

  • for her. But no one came, and as she lay waiting the

    彼女のために。しかし誰も来なかった、と彼女は横たわって待っている

  • house seemed to grow more and more silent.

    家はますます静かに成長して見えた。

  • She heard something rustling on the matting and when she looked down she saw a little

    彼女はマット上に何かの擦れる音を聞き、彼女がダウンして見たとき、彼女は少しを見た

  • snake gliding along and watching her with eyes like jewels.

    ヘビは、に沿って滑空し、宝石のような目で彼女を見て。

  • She was not frightened, because he was a harmless little thing who would not hurt

    彼は傷つけないと無害で小さなものだったので、彼女は、怯えではなかった

  • her and he seemed in a hurry to get out of the room.

    彼女と彼は部屋から抜け出すために急いで見えた。

  • He slipped under the door as she watched him.

    彼女が彼を見て彼はドアの下に転落。

  • "How queer and quiet it is," she said. "It sounds as if there were no one in the

    "それはどのように奇妙な、静かな、"と彼女は言った。で誰もがなかったかのように"に聞こえる

  • bungalow but me and the snake."

    バンガローが私と蛇。"

  • Almost the next minute she heard footsteps in the compound, and then on the veranda.

    ほぼ次の分、彼女はベランダにして化合物の足音を聞いた、と。

  • They were men's footsteps, and the men entered the bungalow and talked in low

    彼らは、男性の足跡であり、男性はバンガローに入り、低に話し

  • voices.

    声。

  • No one went to meet or speak to them and they seemed to open doors and look into

    誰も満たす、またはそれらに話すことを行っていないと、彼らはドアを開き、中に見えるように見えた

  • rooms. "What desolation!" she heard one voice say.

    お部屋。 "何が荒廃すること!"と彼女は一つの声が言うのを聞いた。

  • "That pretty, pretty woman!

    "それはかなり、かなり女性!

  • I suppose the child, too. I heard there was a child, though no one

    私も、子供がいるとします。誰も私は、子供があった聞いた

  • ever saw her."

    これまで彼女を見た。"

  • Mary was standing in the middle of the nursery when they opened the door a few

    メアリーは、いくつかのドアを開いたときに保育園の真ん中に立っていた

  • minutes later.

    分後。

  • She looked an ugly, cross little thing and was frowning because she was beginning to

    彼女は醜い、クロス小さなものを見て、彼女がし始めていたので、しかめっ面のした

  • be hungry and feel disgracefully neglected.

    空腹になるとdisgr​​acefully無視されているように感じる。

  • The first man who came in was a large officer she had once seen talking to her

    入ってきた最初の男は、彼女はかつて彼女に話して見ていた大規模な役人だった

  • father.

    父親。

  • He looked tired and troubled, but when he saw her he was so startled that he almost

    彼は疲れて見えたと悩んで、彼は彼女を見たときに彼がように、彼はほとんどびっくりした

  • jumped back. "Barney!" he cried out.

    バックジャンプ。 "バーニーは!"と彼は叫んだ。

  • "There is a child here!

    "子供はここにある!

  • A child alone! In a place like this!

    子ども一人で!このような場所で!

  • Mercy on us, who is she!" "I am Mary Lennox," the little girl said,

    私達に慈悲が、誰が彼女です!""私はメアリーレノックス午前、"少女は言った

  • drawing herself up stiffly.

    堅苦しく自分を描いて。

  • She thought the man was very rude to call her father's bungalow "A place like this!"

    彼女は、男は彼女の父のバンガローを呼び出すために非常に失礼だと思った"このような場所!"

  • "I fell asleep when everyone had the cholera and I have only just wakened up.

    誰もがコレラを持っていて、私はちょうど上wakenedているときに"私は眠ってしまった。

  • Why does nobody come?"

    なぜ誰も来ないのか?"

  • "It is the child no one ever saw!" exclaimed the man, turning to his

    "それは誰も見なかった子です!"彼のために回し、男は叫んだ