Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • today is my chickens.

    今日は私のニワトリです。

  • Bistro is also a memorial site to a customer of his Kevin shovel to who bled to death here.

    ビストロはまた、ここで血を流して死んだ彼のケビンのスコップの顧客のための記念サイトです。

  • No matter how hard you try, you can't forget it.

    どんなに頑張っても忘れられない。

  • Outside the door, a plaque commemorates the two people who died in the terrorist attack in Hala on October 9th 2019 in downtown Hala, a heavily armed right wing extremist went on a shooting spree.

    ドアの外には、2019年10月9日にハラのダウンタウンで起きたテロ事件で死亡した2人を記念したプラークが掲げられており、重武装した右翼過激派が銃乱射事件を起こしました。

  • His real target was the town synagogue.

    彼の本当の標的は町のシナゴーグだった。

  • He was out to kill Jews, but he failed to break through the door.

    彼はユダヤ人を殺そうとしていたが、ドアを突破できなかった。

  • He shot down a woman passing by and then attacked.

    通りすがりの女性を撃ち落として襲い掛かってきた。

  • The Turkish bistro is Mitt.

    トルコのビストロはミット。

  • Tekin was lucky he'd gone shopping.

    テッキンは買い物に行って良かった。

  • His brother was able to flee the attacker, but there was no escape for Kevin Shelter.

    弟は攻撃から逃れることができたが、ケビン・シェルターには逃げ場がなかった。

  • But once the official commemoration was over, Izmit taken felt left alone with his own memories of that day.

    しかし、公式な記念式典が終わると、イズミットはその日の記憶を独り占めにしてしまう。

  • What came after was disappointing.

    この後に来たものは期待はずれだった。

  • Nobody came by and nobody showed any interest.

    誰も寄ってこないし、誰も興味を示さなかった。

  • We felt abandoned.

    見捨てられた感じがしました。

  • And then came the Covid 19 pandemic.

    そして、コビド19のパンデミックが発生した。

  • The few customers who still came were only allowed to order takeaways.

    それでも来ていた数少ないお客さんは、持ち帰りを注文することしかできませんでした。

  • Tech, in who came to Germany from Turkey 12 years ago, faced financial ruin.

    12年前にトルコからドイツに来た技術者は財政破綻に直面した。

  • But then help came from an unexpected quarter.

    しかし、予想外のところから助けが来た。

  • Eagle McVie.

    イーグル・マクビー

  • It's from the Jewish community, the intended target of the attack, and others called on people to buy vouchers for 1000 kebabs, and the Jewish Student Union collected another €30,000.

    攻撃の標的となったユダヤ人コミュニティからのもので、他の人たちはケバブ1000個分のバウチャーを買うように呼びかけ、ユダヤ学生連合はさらに3万ユーロを集めました。

  • They are there to support fellow members of Hala society.

    彼らはハラ社会の仲間をサポートするために存在しています。

  • Thanks to this solidarity, the neighborhood kebab shop will stay on as a place where we can pick up something to eat.

    この連帯感のおかげで、近所のケバブ屋さんは、何かを手に取って食べられる場所として残ります。

  • Anything else would only serve the aims of the attacker, and this person doesn't deserve any justness.

    それ以外のことは攻撃者の目的にしかならないし、この人には何の正当性もない。

  • These chicken has been gaining confidence again for himself and the fight against hatred.

    このチキンたちは、自分自身と憎しみとの戦いで再び自信を取り戻している。

  • That's the message that we all stick together more as immigrants and Germans, no matter what our nationality or faith.

    それは、国籍も信仰も関係なく、移民やドイツ人としてもっとみんなでくっついていこうというメッセージです。

  • Only a few 100 m away, Halasz Synagogue has been under constant police guard since the attack.

    数百メートル離れたハラスツ・シナゴーグは、攻撃以来、常に警察の監視下に置かれている。

  • Matri, it says.

    マトリって書いてある

  • Now the house of worship is well protected.

    今では礼拝堂はしっかりと守られています。

  • But as a Jew in Germany, he no longer feels quite as safe.

    しかし、ドイツのユダヤ人として、彼はもはや安全とは感じていない。

  • So he would like to see that as many people as possible become aware that this danger is real, not just because of October, the 9th 2019 in Hala, but also because of many other horrifying events the majority of society has to be aware that minorities don't feel safe in Germany, and much more has to be done.

    だから彼は、できるだけ多くの人がこの危険が現実にあることを認識するようにしてほしいと思っています、10月、2019年9日のハラのためだけでなく、他の多くの恐ろしい出来事のために、社会の大多数はマイノリティがドイツで安全だと感じていないことを認識しなければならないし、はるかに多くのことが行われなければなりません。

  • Those who feel threatened plan to take action for themselves.

    危機感を感じている人は、自分で行動を起こそうと計画します。

  • Jews like Matt V.

    マットVのようなユダヤ人

  • It's and Muslim immigrants like Asma Tech in the attacker nearly destroyed his livelihood.

    それはアスマテックのようなイスラム系移民の襲撃者が彼の生活を破壊しそうになったからだ。

  • But now, at the age of 36 he's setting out to remodel his bistro, set up tables in the rear room and make it an inviting place to eat once again and more dishes than just kebab.

    しかし、36歳になった今、彼はビストロを改装し、奥の部屋にテーブルを設置して、再び食べやすい場所にし、ケバブ以外の料理も充実させようとしている。

  • We'll offer different meal combinations every day so people can get another perspective.

    毎日違う食事の組み合わせを提供することで、別の視点を持ってもらえるようにしています。

  • Many of these meat chickens customers have already gained another perspective on his life.

    これらの肉鶏の顧客の多くは、すでに彼の人生の別の視点を得ている。

  • The people of Hala are showing solidarity with a bistro owner.

    ハラの人々はビストロのオーナーに連帯感を示している。

  • After the attack, we were going as much as twice a week in the long run.

    攻略後は、長い目で見ても週に2回くらいは行っていました。

  • That's not good for your wasteland, but we still try to come here as often as possible, and Asma Tech in knows he can continue to count on the help of Eagle McVie.

    それはあなたの荒れ地には良くないが、我々はまだ可能な限り頻繁にここに来るようにしており、Asma Techの彼はイーグルMcVieの助けを頼りにし続けることができることを知っている。

  • It's and the Jewish community every kabob.

    それはユダヤ人のコミュニティのすべてのカブです。

today is my chickens.

今日は私のニワトリです。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 ユダヤ ケバブ ドイツ 記念 攻撃 移民

ドイツでのユダヤ人とイスラム教徒の連帯ハレでのユダヤ人とイスラム教徒の連帯|ヨーロッパフォーカス (Germany: Solidarity between Jews and Muslims in Halle | Focus on Europe)

  • 0 0
    林宜悉 に公開 2021 年 02 月 28 日
動画の中の単語