Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Kevin Durant is one of the most complete scorers in history.

    ケビン・デュラントは、史上最も完成度の高いスコアラーの一人です。

  • The guy could do all he can hit threes, he can attack the rim.

    あいつは3Pを打ち放題で、リムを攻めることができる。

  • But his signature shot, his unstoppable mid range jumper, is what makes him totally unique.

    しかし、彼の特徴的なショット、止められないミドルレンジのジャンパーは、彼を完全にユニークなものにしています。

  • A dazzling display from Kevin Durant, 43 points throughout Durant's remarkable career, NBA shooters have fallen head over heels in love with three pointers, and they've increasingly stayed away from mid range jumpers.

    ケビン・デュラントからのまばゆいばかりのディスプレイ、デュラントの驚くべきキャリア全体で43ポイント、NBAのシューターは3ポインターの恋に頭の上に落ちているし、彼らはますますミッドレンジジャンパーから離れています。

  • Look, a James Harden shot locations.

    見ろ、ジェームズ・ハーデンが撮影したロケ地だ

  • He basically only shoes at the rim or beyond the York.

    彼は基本的にはリムやヨークを超えたところでしか靴を履かない。

  • Now look at K D.

    今度はK Dを見てみましょう。

  • Who fills it up from everywhere.

    誰があちこちから埋めていくのか。

  • Conventional wisdom in the modern MBA is that mid range shots are foolish and they are becoming a dying art.

    現代MBAの従来の常識は、ミッドレンジショットは馬鹿げていて死語になりつつあるということです。

  • And the data tells us why.

    そしてデータが理由を教えてくれます。

  • Since 2013, 14 n b A mid range jumpers have yielded just 0.82 points were shot not good at all, especially compared to three pointers, which are at 1.8 points per shot over that same span.

    2013 年以来、14 n b A ミッドレンジ ジャンパーだけ 0.82 ポイントをもたらしている、特に同じスパン上のショットあたり 1.8 ポイントである 3 ポインターに比べて、すべてではない良いショットされました。

  • For virtually all MBA players, a three pointer is just a better choice.

    事実上すべてのMBAプレイヤーにとっては、スリーポインターはより良い選択であると言えるでしょう。

  • However, Durant is different.

    しかし、デュラントは違う。

  • He is so unusually efficient in the mid range that the conventional wisdom simply does not apply to him.

    今までの常識が通用しないというだけで、中距離では異常なほど効率が良い。

  • Kevin Durant's homecoming night here in D.

    ケビン・デュラントのホームカミング・ナイトはここD.

  • C on young Mahinmi needs to break after that.

    C on 若きマヒンミはその後にブレイクする必要がある。

  • Since 2013 14, he is the only player toe average better than a point per shot when taking a mid range jumper.

    2013 14年以来、彼はミドルレンジジャンパーを取るときにショットあたりのポイントよりも優れた唯一の選手のつま先の平均です。

  • 99 players during that span have attempted at least 1000 non main twos, and nobody has been efficient is Durant.

    そのスパンの間に 99 の選手は、少なくとも 1000 の非メインの 2 つをしようとしているし、誰も効率的にされていないデュラントです。

  • And this season, after returning from his brutal Achilles injury, he is averaging 1.9 points per shot from the mid range.

    そして今季は、アキレス腱の残忍な怪我から復帰してから、中盤からのシュートで平均1.9点を叩き出している。

  • Durant catch Splash It's been awesome to see Durant pick up right where he left off.

    デュラント キャッチ スプラッシュ 彼が去った場所でデュラントが拾うのを見るのは最高だったよ。

  • He's still one of the world's best scores in these insane mid range numbers this season.

    今シーズンもこの非常識な中盤の数字で世界最高レベルのスコアを叩き出している。

  • Just proved that, but it gets crazier.

    証明しただけだが、もっとおかしくなっている。

  • Durant is putting up these dominant numbers despite intense defensive attention.

    デュラントは激しい守備の注目を集めているにもかかわらず、これらの支配的な数字を出しています。

  • Over the same time span, 95% of his mid range tries have been contested according to second spectrum estimates.

    同じタイムスパンで、彼のミッドレンジトライの95%はセカンドスペクトラムの推定によると争われています。

  • If an ordinary MBA player took the exact same mid Rangers that Katie has taken since 2013, they would convert a measly 36% of them.

    普通のMBA選手が2013年からケイティが取ったのと全く同じミッドレンジャーズを取ったとしたら、そのうちのわずか36%をコンバートすることになるだろう。

  • But Durant has made nearly half of them and folks.

    しかし、デュラントはその半分近くとフォークを作った。

  • That's what makes Durant's mid range game so darn special.

    それがデュラントのミッドレンジゲームを特別なものにしている。

  • It's unguardable.

    無防備です。

  • Why Katie special blend of lank skill and touch enabled him to create shots it will, while his uber high release point prevents even the most athletic defenders in the league from being able to block his shot.

    なぜケイティ特別ブレンド ランク スキルとタッチの彼を有効にしてショットを作成するには、彼の超高リリース ポイントも彼のショットをブロックすることができることからリーグで最もアスレチックなディフェンダーを防ぎながら、それになります。

  • One of the best players that I've ever played against that this league has ever seen his ability to handle the ball shoot the ball, you know, make plays at his length of his size of his speed, and he became the toughest matchup.

    このリーグで今までに対戦した中でも最も優れた選手の一人である彼のボールを扱う能力は、ボールをシュートしたり、体格の良さとスピードの長さでプレーをしたりと、最もタフな対戦相手になったのです。

  • But I've had to deal with in my entire career outside of Tracy McGrady.

    しかし、トレイシー・マクグレーディ以外のキャリアの中で、私が対処しなければならなかったことがあります。

  • Don't forget.

    忘れないでください。

  • Durant plays like a wing, but he's basically a seven footer with a 7 ft five wingspan.

    デュラントはウイングのようなプレーをするが、基本的には7フィート5ウィングの7フッターだ。

  • You could be perfect as a defender.

    ディフェンダーとしては完璧かもしれません。

  • Put yourself in the right place with a textbook contest, and you still won't bother his shot.

    教科書コンテストで自分を正しい場所に置いても、彼のショットは気にならないでしょう。

  • That's why Durant doesn't have to rely on scheme or assist to get open looks.

    だからこそデュラントはスキームやアシストに頼らなくてもオープンルックを得ることができるのだ。

  • He can create inefficient look, virtually any time in any place he wants Thio, and that's a big reason why his team's air always great on offense, especially in late clock situations.

    彼は非効率的なルックを作成することができ、事実上どのような場所でも、彼はチオを望んでいる、それは彼のチームの空気は、特に後半のクロックの状況では、オフェンス上で常に素晴らしい理由は大きな理由です。

  • when the clock is winding down, Durant's teams can just feed him the ball and let him go toe work.

    時計が風に乗っているとき、デュラントのチームは彼にボールを与えて、彼をつま先の仕事に行かせることができます。

  • Chances are, Katie will get them a great scoring chance.

    チャンスは、ケイティが彼らに素晴らしい得点のチャンスを与えることになるでしょう。

  • Now the clock's winding down.

    今は時計が巻き下がっています。

  • They look for Durant under five seconds to go because he can create a shot shoot over anyone.

    彼らは、彼が誰よりもシュートを作ることができるので、行くために5秒未満のデュラントを探しています。

  • I'm Kevin Durant.

    ケビン・デュラントだ

  • You know who I am.

    私が誰だか知っているだろう。

  • I don't know who I am.

    自分が何者なのかわからない。

  • I mean, he's Kevin Durant.

    つまり、彼はケビン・デュラントだ。

  • I promise we tried way didn't roll over.

    約束するよ、俺たちは転ばないように努力したんだ。

  • Durant's mix of size handles and jumpers is unlike anything we've ever seen.

    デュラントのサイズハンドルとジャンパーのミックスは今まで見たことがない。

  • When he starts attacking the rim, defenders have to protect the paint.

    彼がリムを攻撃し始めたら、ディフェンダーはペイントを守らなければならない。

  • But then Durant will just stop on a dime and teach you a classic mid range lesson.

    でもデュラントは急に止まって古典的なミッドレンジのレッスンをしてくれる。

  • But the's mid Rangers air more than just regular season gimmicks.

    しかし、レンジャーズはレギュラーシーズンのギミックだけではなく、ミッドレンジャーズの空気の多くを提供しています。

  • The mid range becomes even more important in the playoffs.

    プレーオフでは中盤がさらに重要になってくる。

  • Over the course of a long, Siri's opponents make adjustments to counter act schematic advantages.

    長い時間をかけて、Siriの対戦相手はカウンターアクトの図式的な優位性に合わせて調整していく。

  • But there's no adjusting to a guy who can manufacture a bucket.

    でもバケモノを製造できる奴には調整がないんだよな

  • It will.

    そうなるでしょう。

  • Durant's ability to use the entire floor has helped him win two finals MVPs as a member of the Warriors E.

    デュラントはフロア全体を使いこなす能力の高さから、ウォリアーズEの一員として2度のファイナルMVPを獲得している。

  • Now Beverly hit him and Durant with a chance for a three point play.

    今度はビバリーが彼とデュラントに3ポイントプレーのチャンスを与えた。

  • He was the coach.

    コーチをしていました。

  • Would you tell us?

    教えてくれないか?

  • Dio, Thank you.

    ディオさん、ありがとうございます。

  • Take Thio.

    ティオを連れて行け

  • We tried everything way, tried everything we had.

    私たちはすべての方法を試してみました。

  • We had several different coverages for Katie and they didn't work.

    ケイティのためにいくつかの異なるカバーをしましたが、それらはうまくいきませんでした。

  • Yeah, like like sometimes sometimes come across special people.

    時々特別な人に 出くわすことがあるんだ

  • And it doesn't matter what you've sent to him.

    そして、彼に何を送ったかは問題ではありません。

  • There's no scheme.

    スキームがない。

  • It's no, it's no nothing.

    いや、何でもない。

  • If Katie's move sometimes feel like they belong to a bygone Aaron, well, maybe it's because they dio check this one out.

    ケイティの動きが時々 過ぎ去ったアーロンに 属しているように感じるなら それは多分 彼らがこれをチェックしているからだ

  • He backs Jeff Green down in the post before draining this gorgeous baseline fadeaway look familiar.

    ポストでジェフ・グリーンをバックアップしてから、このゴージャスなベースラインのフェードウェイのような見慣れたルックを排出します。

  • It should.

    そうすべきだ

  • It's a move Michael Jordan used to call the windshield wiper, and MJ tortured defenders with it, especially later in his career.

    それはマイケル・ジョーダンがフロントガラスのワイパーと呼んでいた動きで、MJは特に彼のキャリアの後半ではそれを使ってディフェンダーを苦しめた。

  • But just like M.

    しかし、Mのように

  • J.

    J.

  • Durant is No.

    デュラントがNo.

  • One trick pony.

    ワントリックポニー

  • He can also dribble straight into his mid Rangers.

    ミッドレンジャーズにストレートでドリブルもできる。

  • He's arguably the most gifted pull up shooter in the world right now.

    彼は今、世界で最も才能のあるプルアップシューターであることは間違いない。

  • And in case you think that's hyperbole, check out Steph Curry's reaction here.

    そして、それが大げさだと思う人のために、ステフ・カリーの反応はこちらでチェックしてみてください。

  • Curry knows about great shooting, and he's downright giddy as he watches his teammate get to a clean mid range Look.

    カリーは素晴らしいシュートを知っていて、彼は彼のチームメイトがきれいなミッドレンジルックを取得するのを見て、彼は真っ赤な目まいをしています。

  • This is Durant with the mid range jumper Pure again.

    こちらは再びミドルレンジジャンパーのピュアを着たデュラント。

  • There's a reason Durant won those final M V P awards.

    デュラントが最後のM V P賞を受賞したのには理由があります。

  • He was the best scoring games that also included Curry and LeBron James.

    カリーやレブロン・ジェイムスも含めて最高のスコアリングゲームを展開していた。

  • Now Hood picks him up on the switch shot clock.

    今 フッドは彼をスイッチショットの時計に乗せてる

  • Five Kevin Durant Way.

    ケビン・デュラント・ウェイ5

  • Sure, the mid range game has fallen out of favor in recent years, but Durant's postseason triumphs vault him into a prestigious group of mid range shooters who have shown up in the league's biggest moments.

    確かに、ミッドレンジのゲームは、近年では人気が落ちているが、デュラントのポストシーズンの勝利は、彼をリーグの最大の瞬間に現れたミッドレンジのシューティングゲームの権威あるグループに昇格させた。

  • Durant, on the pull up, nails it well dating back to the 2013 14 season, when the league added, It's player tracking system.

    デュラントは、プルアップでは、それはリーグが追加されたときに、それは選手の追跡システムの2013年14シーズンに戻ってよくそれを釘付けにします。

  • Durant has been the most dominant midrange force off the five best mid range shooting seasons during that era.

    デュラントは、その時代の間にベスト5のミッドレンジシュートシーズンをオフに最も支配的なミッドレンジの力を持っていた。

  • Durant personally owns three of them, and he's on pace for another one right now.

    デュラントは個人的に3つ所有していて、今はもう1つのペースで所有しています。

  • Durant out top.

    デュラントがトップに

  • Thompson switched on to him.

    トンプソンは彼にスイッチを入れた

  • It really doesn't matter something.

    本当にどうでもいいことなんです。

  • There's a reason Durant has been in the conversation for the best player in the world.

    デュラントが世界最高の選手として話題になっているのには理由があります。

  • His handles in his size enabled him to create shots.

    彼の体格の中でのハンドルは、ショットを生み出すことを可能にした。

  • It will.

    そうなるでしょう。

  • His unbelievable touch enables him to knock them down, and all of this is especially important within the context of a league that continues to trend toward three point shooting in a way from mid range scoring.

    彼の信じられないようなタッチは彼らを倒すことを可能にし、これらのすべては、中間距離の得点からの方法で3点シュートに向かって傾向を続けているリーグの中で特に重要です。

  • Because when games matter most, Durant has proven that those mid Rangers are still among the most valuable tools in the NBA mhm.

    ゲームが最も重要なとき、デュラントは、それらの中間レンジャーズはまだNBAのhmの中で最も貴重なツールの間であることを証明しているので。

Kevin Durant is one of the most complete scorers in history.

ケビン・デュラントは、史上最も完成度の高いスコアラーの一人です。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 デュラント レンジ ジャンパー ショット ケイティ ケビン

ケビン・デュラントのミッドレンジ・ゲームは彼を止められない力にしている|シグネチャーショット (Kevin Durant’s midrange game makes him an unstoppable force | Signature Shots)

  • 3 0
    林宜悉 に公開 2021 年 02 月 25 日
動画の中の単語