Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • that's unconfirmed on the surface of Mars, ready to begin speaking the sands of top life.

    火星の表面で未確認です トップライフの砂を話し始める準備ができています

  • Welcome toe watch Mojo.

    ようこそトーウォッチモジョ。

  • And today we're counting down our picks for the top 10 photos and videos from Mars.

    そして今日は、火星からの写真とビデオのトップ10をカウントダウンしています。

  • This ancient landscape was the site of lakes and streams billions of years ago.

    この古代の風景は、何十億年も前に湖や小川があった場所です。

  • From that image, we can reconstruct what this would look like if we were able to get an oblique view as if we were in a helicopter flying around the dust up.

    その画像から、まるでヘリコプターに乗ってダストアップの周りを飛んでいるかのように、斜めから見た場合にどのようになるのかを再構築することができます。

  • For this list, we'll be looking at the most amazing images sent back from the Red Planet.

    このリストでは、赤い惑星から送り返された最も素晴らしい画像を見てみましょう。

  • We'll be including false color images and mosaics.

    偽色の画像やモザイクを入れていきます。

  • Let us know in the comments which one you could look at for hours.

    どれを何時間見てもいいのか、コメントで教えてください。

  • Number 10, dune and ripples.

    10番、砂丘と波紋。

  • Earth has plenty of desserts.

    地球にはたくさんのデザートがあります。

  • In fact, they cover about a third of the Earth's land surface area.

    実際、彼らは地球の地表面積の約3分の1をカバーしています。

  • But there's something extraordinary about seeing such beautiful sand dunes on another planet.

    しかし、別の惑星でこのような美しい砂丘を見ることには、何か特別なものがあります。

  • This false color image of a large Duinen Proctor crater was taken by the high Resolution Imaging Science Experiment camera aboard NASA's Mars Reconnaissance Orbiter, or Morrow, In 2000 and nine.

    大規模なDuinen Proctorクレーターのこの偽の色の画像は、2000年と9にNASAの火星探査機、またはモローに搭載された高解像度イメージング科学実験カメラによって撮影されました。

  • The color was added to show texture.

    質感を出すために色を入れました。

  • Mars has many such dunes, some of them very different to what we have on Earth.

    火星にはこのような砂丘がたくさんあり、その中には地球にあるものとは全く異なるものもあります。

  • The large ripples atop a dune in this mosaic, which combines photos from NASA's rover curiosity in the Bagnall dune field, are unique to the Red Planet.

    NASAのローバー「キュリオシティ」の写真を組み合わせたモザイクで、砂丘の上にある大きな波紋は、「赤い惑星」ならではのものです。

  • NASA study of Martian dunes taught us that Mars does actually have wind because the dunes change over time.

    NASAによる火星の砂丘の研究は、砂丘が時間とともに変化するため、火星には実際に風があることを教えてくれました。

  • Number nine Global dust storm.

    9番 世界的な砂嵐

  • Whereas Earth has hurricanes, Mars has ferocious dust storms that sometimes covered the entire planet.

    地球にハリケーンがあるのに対し、火星には時々地球全体を覆うような猛烈な砂嵐があります。

  • The dust.

    埃が...

  • It's not like sand.

    砂のようなものではありません。

  • It's like talcum powder.

    タルカムパウダーのようなものです。

  • It's very, very microscopically small, nasty dust particles and if they get into your lungs to human safety issue in 2018.

    非常にミクロ的に小さくて厄介な粉塵で、2018年の人間の安全性の問題に肺に入ってしまうと

  • 1 such storm prompted NASA to put its rover opportunity into hibernation.

    1そのような嵐は、NASAが冬眠にそのローバーの機会を置くように促した。

  • But once the storm cleared, it failed to reboot.

    しかし、嵐が去った後、再起動に失敗しました。

  • It's possible that dust had covered up its solar panels.

    埃が太陽電池パネルを覆っていた可能性があります。

  • The morrow, on the other hand, was able to capture a bird's eye view of the extreme weather event.

    一方、モローは、異常気象イベントの様子を鳥瞰的に捉えることができた。

  • Thanks to its special vantage point, we have this spectacular image of Mars before and after the dust storm.

    その特別な視点のおかげで、ダストストームの前と後の火星のこの壮大な画像を持っています。

  • During the storm, the planet's surface was concealed by enormous dust clouds and dust towers, which can climbed to 50 miles high.

    嵐の間、惑星の表面は巨大な砂塵雲と50マイルの高さまで登ることができるダストタワーによって隠されました。

  • These photos are vital for understanding one of Mars's biggest hazards.

    これらの写真は、火星の最大の危険の一つを理解するために不可欠なものです。

  • Number eight tracks Left Behind Opportunity roamed Mars for 15 incredible years, traveling a total distance of just over 28 miles.

    ナンバー8のトラック Left Behind Opportunityは15年間火星を歩き回り、28マイル以上の距離を旅してきました。

  • That might not seem like a lot, but for a slow rover like opportunity traversing an alien planet, every foot was an incredible achievement.

    それは多くはないように見えるかもしれませんが、異星の惑星を横断する機会のような遅いローバーにとって、すべての足は信じられないほどの成果でした。

  • This picture was taken by opportunities pan cam of the tracks the rover left in its wake in 2014 as it journeyed across the West Rim of Endeavor Crater.

    この写真は、2014年にローバーがエンデバー・クレーターの西縁を横切って旅をしているときに、その航跡の機会パンカムによって撮影されたものです。

  • Ah, false color version shows Mawr details that same year, opportunities.

    ああ、偽のカラーバージョンは、その同じ年、機会をMawrの詳細を示しています。

  • Younger sibling curiosity took a similar photo as it left Dingo Gap inside Gale Crater.

    ゲイルクレーター内のディンゴギャップを出た時に、弟妹の好奇心が同じような写真を撮っていました。

  • It's extraordinary to sit here on Earth and look at these images like postcards sent back from the Red Planet.

    地球上のこの場所に座って、赤い惑星から送り返された絵葉書のような画像を見るのは並大抵のことではありません。

  • And with the empty Martian landscape stretching off in the background, they're hauntingly beautiful.

    そして、何もない火星の風景を背景に、心にしみるほど美しい。

  • Number seven core live crater Mars has hundreds of thousands of impact craters, and some of them are truly astonishing.

    ナンバー7コアライブクレーター火星には何十万個ものインパクトクレーターがあり、その中には本当に驚くべきものもあります。

  • One of the most distinct is Coral Ev, named for Sergei Korolev, the rocket engineer who spearheaded the Soviet space program in the fifties and sixties, located in the Red Planet's northern polar plane.

    最も特徴的なのは、セルゲイ・コロレフにちなんで名づけられたコーラル・エフで、50年代から60年代にかけてソ連の宇宙開発の先頭に立ったロケット技術者で、赤い惑星の北極面に位置しています。

  • Korolev has a diameter of 50 miles, and it's filled with brilliant white water ice.

    コロレフの直径は50マイルで、鮮やかな白い水の氷で満たされています。

  • This particular image was taken in 2018 by Mars Express, a Mars orbiter operated by the European Space Agency.

    この特定の画像は、欧州宇宙機関が運用する火星探査機「マーズ・エクスプレス」が2018年に撮影したものです。

  • Using a digital terrain model, ESA has also created an oblique view of the crater and a breathtaking virtual fly.

    ESAは、デジタル地形モデルを使用して、クレーターの斜視図と息を呑むようなバーチャルフライも作成しました。

  • Over.

    どうぞ

  • With so much attention on Mars is ice and water.

    火星でこれだけ注目されているのは、氷と水です。

  • It's no wonder these images strike a chord.

    これらの画像が心に響くのも無理はありません。

  • Number six Mt.

    6番の富士山。

  • Sharp.

    シャープだ

  • One of Mars's weirdest peaks is Mount Sharp or Ellis Manz, which rests in the heart of the gale crater.

    火星で最も奇妙な山の一つは、シャープ山、またはエリス・マンズ山であり、この山は疾風クレーターの中心に鎮座しています。

  • For years, Mount Sharp has been something of a mystery to scientists, which is one reason Gale Crater was chosen as the landing spot for curiosity.

    長年、シャープ山は科学者にとって謎の多い場所でしたが、それがゲイルクレーターが好奇心の着地点として選ばれた理由の一つです。

  • This ancient landscape was the site of lakes and streams billions of years ago.

    この古代の風景は、何十億年も前に湖や小川があった場所です。

  • They left their clues in the finally layered, clay rich rock.

    彼らは最後に層になった粘土質の豊かな岩の中に手がかりを残した。

  • Curiosity did not disappoint.

    好奇心は期待を裏切らなかった。

  • As well as finding evidence that Gale Crater was once a lake, the rover provided data that allowed researchers to estimate the density of Mount Sharp.

    ゲイル・クレーターがかつて湖だったという証拠を発見しただけでなく、ローバーは研究者がシャープ山の密度を推定できるデータを提供しました。

  • Based on this, it seems the mountain may have been formed by Martian winds.

    このことから、火星の風で山ができたのではないかと考えられています。

  • This composite image of Mount Sharp was taken in 2015 as the rover looked out from the edge of the crater towards the bazaar.

    このシャープ山の合成画像は、2015年にローバーが火口の端からバザールに向かって外を眺めているところを撮影したものです。

  • Mountain number five Dust devil It's not just dust storms you need to worry about on Mars.

    山のナンバー5 ダストデビル 火星で心配なのは砂嵐だけではありません。

  • Dust Devils, which also appear in warm areas on Earth, have been spotted on the Red Planet many times, as have the tracks they've left behind.

    地球の温暖な地域にも出現するダストデビルは、赤い惑星で何度も目撃されており、その痕跡も残っています。

  • The Mars Reconnaissance Orbiter has snapped a striking picture of a dust devil from above.

    火星探査機「火星リコネサンス・オービター」が、上空から見たダストデビルの印象的な写真を撮影しました。

  • From that image, we can reconstruct what this would look like if we were able to get an oblique view as if we were in a helicopter flying around.

    その画像から、ヘリコプターの中を飛び回っているような斜めの視界が得られたらどうなるかを再構築することができます。

  • The Dustin curiosity was even able to produce a time lapse from multiple images.

    ダスティンの好奇心は、複数の画像からタイムラプスを生成することさえできました。

  • But there's something magical about this image from opportunity.

    しかし、この画像には何か不思議なものがあります。

  • This black and white shot was taken by the rover from the safety of a nearby ridge and shows a distant dust devil winding its way through a valley number four Martian sunset.

    この白黒のショットは、ローバーが近くの尾根の安全な場所から撮影したもので、火星の夕日の谷の中を曲がりくねっている遠くの塵の悪魔を示しています。

  • Nasa's Rover Spirit wasn't as long lived as its twin opportunity spirits landing site is very rugged, very rocky.

    ナサのローバー・スピリットは、その双子のオポチュニティ・スピリットの着陸地点ほど長生きしていませんでしたが、非常に険しい、非常に岩の多い場所です。

  • Moving around is much more difficult.

    移動はもっと大変です。

  • A spirits landing site is at a higher latitudes so the winters are much more severe.

    スピリッツの着陸地は高緯度にあるので、冬はもっと厳しい。

  • And so coaxing that vehicle through a cold, uh, dark Martian winter is a much tougher job than it is for opportunity, but it's still sent back some incredible images and information during its six year run.

    寒い、あー、暗い火星の冬を乗り物で乗り切るのは 機会を得るよりもずっと大変な仕事ですが、それでも6年間の走行中に 信じられないような画像や情報を送り返してきました。

  • One of the most memorable is this picture of a Martian sunset taken in 2005, showing just how much further away the sun is on Mars than it is on Earth.

    最も印象に残っているのは、2005年に撮影された火星の夕日の写真で、火星の太陽が地球よりもはるかに遠くにあることを示しています。

  • Appearing as a bright moon sized spec in the distance spirits picture was taken from the Gusev Crater right around dinner time.

    遠くに明るい月の大きさのスペックのように見える霊の写真は、ちょうど夕食時にグセフクレーターから撮影されました。

  • Certainly a great way to spend an evening.

    確かに夜の過ごし方としては最高ですね。

  • Five years later, Opportunity sent back its own surreal time lapse of a Martian sunset in 2015.

    5年後、オポチュニティは2015年に火星の夕日のシュールなタイムラプスを独自に送り返した。

  • Curiosity continued the tradition.

    好奇心は伝統を引き継いだ。

  • Number three curiosity selfies.

    3番目の好奇心の自撮り。

  • It's not just NASA scientists who get attached to Mars Rovers.

    火星探査機に執着するのはNASAの科学者だけではありません。

  • They've captured the public imagination for years, and none more so than curiosity, who in 2012 sent back the first ever selfie on an alien planet?

    彼らは何年にもわたって国民の想像力を捕らえてきたし、2012年に宇宙人の惑星で史上初の自撮り写真を送り返した人は、好奇心よりも誰もいないのではないでしょうか?

  • Yes, it's upside down, but that's easily forgiven.

    確かに逆さまだが、それは簡単に許される。

  • Since then, it's sent back numerous more polished selfies of its adventures.

    それ以来、より洗練された自撮り写真を多数送り返してきました。

  • We might be cheating a bit by not choosing just one of them for this century, but they're all adorable.

    今世紀は一人だけ選ばないというのはちょっとズルいかもしれませんが、みんな可愛いですよね。

  • According to NASA's Jet Propulsion Laboratory, it takes 86 separate images to create one panoramic selfie, which is why you never see it's robotic arm in any of the shots.

    NASAのジェット推進研究所によると、1つのパノラマ自撮りを作成するには86枚の別々の画像が必要で、それがどのショットにもロボットの腕が写っていない理由です。

  • Number two Vallis Marineris Mars has plenty of incredible geographical features.

    ナンバー2ヴァリス・マリネリス火星には、信じられないような地理的特徴がたくさんあります。

  • One of the most famous is Olympus Mons, the tallest planetary mountain in the solar system and one of the largest volcanoes.

    中でも有名なのが、太陽系で最も高い惑星の山であり、最大級の火山であるオリンポスモンスです。

  • As well as having mountains and volcanoes.

    山や火山があるのと同様に。

  • Mars also has a vast and complex canyon system called Vallis marineris, first discovered by Mariner nine in the 19 seventies.

    また、火星にはヴァリス・マリネリスと呼ばれる広大で複雑な峡谷システムがあり、1970年代にマリナーナインによって初めて発見されました。

  • A later mission, Viking one, was responsible in 1980 for producing a stunning mosaic image of Vallis Marineris spreading across the Martian equator.

    後のミッションであるバイキング1号は、1980年に火星の赤道を横切って広がるヴァリス・マリネリスのモザイク画像を制作しました。

  • Needless to say, the formation completely dwarfs Earth's own Grand Canyon.

    言うまでもなく、形成は完全に地球の独自のグランドキャニオンを矮小化します。

  • Scientists continue to theorize about how exactly such a massive canyon system formed, whether from tectonic activity, liquid water, melting permafrost or a combination.

    科学者たちは、このような巨大な峡谷システムがどのようにして形成されたのかについて、地殻変動、液体の水、融解した永久凍土、またはそれらの組み合わせのいずれかであるかどうかについて、正確に理論化し続けています。

  • Before we unveil our topic, here are some honorable mentions.

    トピックをお披露目する前に、ここでいくつかの佳作をご紹介します。

  • The first image from Mars's surface, taken in 1976 by Viking one Sojourner.

    火星の表面からの最初の画像は、1976年にバイキングワン・ソジャーナーによって撮影された。

  • After landing in 1997 Pathfinder took this photo of its rover.

    1997年に着陸したパスファインダーは、そのローバーを撮影しました。

  • Sojourner Murray Buttes Curiosity snapped this photo in 2016 on its way up Mount Sharp Brand New Crater.

    Sojourner Murray Buttes Curiosityは、2016年にマウントシャープBrand New Craterを登る途中でこの写真をスナップしました。

  • This distinct, very recent crater was discovered by the morrow in 2012.

    このはっきりとした、非常に最近のクレーターは、2012年にモローによって発見されました。

  • Northern Ice Cap Mars is North Pole comes toe life in this image from the Mars Global Surveyor.

    北部氷冠火星は、火星グローバルサーベイヤーからのこの画像では、北極が生命のつま先に来ています。

  • Before we continue, be sure to subscribe to our channel and ring the bell to get notified about our latest videos.

    続ける前に、私たちのチャンネルを購読して、私たちの最新のビデオの通知を受けるためにベルを鳴らしてください。

  • You have the option to be notified for occasional videos or all of them.

    たまにある動画の通知を受けるか、全ての動画の通知を受けるかを選択できます。

  • If you're on your phone, make sure you go into your settings and switch on notifications.

    スマホの場合は、設定に入って通知をオンにすることを確認してください。

  • Number one perseverance is landing.

    粘り強さナンバーワンは着地。

  • There's a reason that Mars landings air referred to as the quote seven minutes of terror.

    火星着陸の空気は恐怖の引用7分と呼ばれる理由があります。

  • The navigation has confirmed that the parachute has deployed, and we're seeing significant acceleration in the velocity.

    航法ではパラシュートの展開を確認しており、速度に大きな加速度が出ています。

  • To touch down, Landers must execute a complex sequence of maneuvers.

    着陸するためには、ランダーズは複雑な作戦を実行しなければなりません。

  • Historically, about half of all Mars missions have failed, so it was with bated breath that people around the world waited for news of Nasa's Perseverance Rover on February 18th, 2021.

    歴史的に火星ミッションの約半分は失敗に終わっているため、世界中の人々が固唾をのんで2021年2月18日のNasaのパーセベランス・ローバーのニュースを待ち望んでいました。

  • Not on Lee did perseverance or Percy touched down successfully in jet zero crater it provided us with the first ever video footage of the landing touchdown confirmed for service safely on the surface of Mars.

    リーではなく、忍耐やパーシーがジェットゼロクレーターで成功裏に着陸したのは、火星の表面で安全にサービスのために確認された着陸のタッチダウンの初のビデオ映像を提供してくれました。

  • Ready to begin speaking the sands of past life.

    過去の人生の砂を話し始める準備ができています。

  • We also got to hear the Red Planet For the first time, perseverance will hunt for signs of life in the crater with its robotic helicopter ingenuity on board.

    我々はまた、レッドプラネットを聞くことができました 初めてのために、忍耐は、そのロボットヘリコプターの工夫を搭載した船でクレーター内の生命の兆候を狩ります。

  • We have a lot to look forward.

    前を向くことがたくさんあります。

  • Thio, do you agree with our picks?

    ティオ、俺たちのピックに賛成か?

  • Check out this other recent clip from Watch Mojo and be sure to subscribe and ring the bell to be notified about our latest videos, Okay?

    Watch Mojoからこの他の最近のクリップをチェックアウトし、購読して、私たちの最新のビデオについて通知されるようにベルを鳴らすことを確認してください、大丈夫ですか?

that's unconfirmed on the surface of Mars, ready to begin speaking the sands of top life.

火星の表面で未確認です トップライフの砂を話し始める準備ができています

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 WatchMojo 火星 画像 クレーター ローバー 惑星

火星からの衝撃的な画像トップ10 (Top 10 Mind-Blowing Images From Mars)

  • 9 1
    林宜悉 に公開 2021 年 02 月 23 日
動画の中の単語