Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • For as long as we've had language, some people have tried to control it.

    言葉がある限り、一部の人はそれをコントロールしようとします。

  • And some of the most frequent targets of this communication regulation are the ums, ers, and likes that pepper our conversations.

    そして、このコミュニケーション規制の対象となることが多いのが、私たちの会話に出てくる「um」や「er」、「like」です。

  • Ancient Greek and Latin texts warned against speaking with hesitation, modern schools have tried to ban the offending terms, and renowned linguist Noam Chomsky dismissed these expressions as "errors" irrelevant to language.

    古代ギリシャ語やラテン語では、躊躇しながら話すことが戒められており、現代の学校では侮辱的な言葉を禁止しようとしました。そして、著名な言語学者であるノーム・チョムスキー氏は、これらの表現を言語に関係のない「誤り」として却下しました。

  • Historically, these speech components had been lumped into the broader bucket of "disfluencies" —linguistic fillers which distract from useful speech.

    歴史上、これらの音声成分は、有用なスピーチを妨げる言語的なフィラーである「非流暢さ」という大きな括りで扱われていました。

  • However, none of this controversy has made these so-called disfluencies less common.

    しかし、このような論争は、これらのいわゆる「非流暢さ」を減少させたわけではありません。

  • They continue to occur roughly 2 to 3 times per minute in natural speech.

    これらの表現は、自然な会話の中で、1分間におよそ2〜3回発生し続けています。

  • And different versions of them can be found in almost every language, including sign language.

    また、手話を含むほとんどの言語で、その異なるバージョンが見られます。

  • So are ums and uhs just a habit we can't break?

    では、「um」や「uh」は、変えられない癖なのでしょうか?

  • Or is there more to them than meets the ear?

    それとも、耳を疑うほどの魅力があるのでしょうか?

  • To answer this question, it helps to compare these speech components to other words we use in everyday life.

    この質問に答えるには、これらの音声成分を、私たちが日常的に使用している他の単語と比較するのがよいでしょう。

  • While a written word might have multiple definitions, we can usually determine its intended meaning through context.

    書き言葉には複数の定義があるかもしれない一方で、通常は文脈からその意図された意味を知ることができます。

  • In speech however, a word can take on additional layers of meaning.

    しかし、スピーチでは、一つの単語がさらに多くの意味の層を持ちます。

  • Tone of voice, the relationship between speakers, and expectations of where a conversation will go can imbue even words that seem like filler with vital information.

    声のトーン、話し手同士の関係性、会話の先を予想することなど、一見するとただのフィラー(穴埋め)のような言葉にも、重要な情報を吹き込むのです。

  • This is where "um" and "uh" come in.

    ここが、「um 」と 「uh 」の出番です。

  • Or "eh" and "ehm," "tutoa" and "öö," "eto" and "ano."

    もしくは、「eh」と「ehm」、「tutoa」と「öö」、「eto」と「ano」などです。

  • Linguists call these filled pauses, which are a kind of hesitation phenomenon.

    言語学者はこれをfilled pause(有声休止)と呼んでいますが、これは一種のためらい現象です。

  • And these seemingly insignificant interruptions are actually quite meaningful in spoken communication.

    そして、このような一見すると些細な中断が、実は音声コミュニケーションにおいては非常に意味のあることなのです。

  • For example, while a silent pause might be interpreted as a sign for others to start speaking, a filled pause can signal that you're not finished yet.

    例えば、無言の間は相手が話し始めるべき合図と解釈されるかもしれませんが、有声休止は、まだ終わっていないという合図になります。

  • Hesitation phenomena can buy time for your speech to catch up with your thoughts, or to fish out the right word for a situation.

    ためらい現象は、自分の考えにスピーチが追いつくまでの時間を稼いだり、状況に応じて適切な言葉を探し出すことができます。

  • And they don't just benefit the speaker— a filled pause lets your listeners know an important word is on the way.

    また、有声休止は話し手のためだけではなく、聞き手にとっても重要な言葉が控えていることを知らせてくれます。

  • Linguists have even found that people are more likely to remember a word if it comes after a hesitation.

    言語学者は、躊躇の後に単語が来ると、人はその単語を覚えやすいということを発見しているほどです。

  • Hesitation phenomena aren't the only parts of speech that take on new meaning during dialogue.

    対話の中で新たな意味を持つのは、ためらい現象だけではありません。

  • Words and phrases such as "like," "well" or "you know" function as discourse markers, ignoring their literal meaning to convey something about the sentence in which they appear.

    「like」「well」「you know 」などの単語やフレーズは、ディスコースマーカー(談話標識)として機能し、文字通りの意味を無視して、その単語やフレーズが出てくる文章について何かを伝えています。

  • Discourse markers direct the flow of conversation, and some studies suggest that conscientious speakers use more of these phrases to ensure everyone is being heard and understood.

    談話標識は、会話の流れを指揮するもので、意識の高い話者は、全員が聞いて理解されていることを確認するために、これらのフレーズを多く使うという研究結果もあります。

  • For example, starting a sentence withLook...” can indicate your attitude and help you gauge the listener's agreement.

    例えば、「Look... 」で始まる文章は、自分の態度を示し、聞き手の同意を得るのに役立ちます。

  • “I meancan signal that you're about to elaborate on something.

    「I mean 」は、何かについて詳しく説明しようとしていることを示すことができます。

  • And the dreadedlikecan perform many functions, such as establishing a loose connection between thoughts, or introducing someone else's words or actions.

    また、恐ろしい「like」という言葉は、考えをゆるやかに結びつけたり、誰かの言葉や行動を紹介したりと、さまざまな機能を持っています。

  • These markers give people a real-time view into your thought process and help listeners follow, interpret, and predict what you're trying to say.

    これらの談話標識は、あなたの思考プロセスをリアルタイムで見ることができ、聞き手があなたの言いたいことを追いかけ、解釈し、予測するのに役立ちます。

  • Discourse markers and hesitation phenomena aren't just useful for understanding languagethey help us learn it too.

    談話標識やためらい現象は、単に言語を理解するのに役立つだけでなく、私たちが言語を学ぶのにも役立つのです。

  • In 2011, a study showed toddlers common and uncommon objects alongside a recording referring to one of the items.

    2011年、ある研究では、一般的な物と珍しい物を、どちらかの物に言及した記録と一緒に幼児に見せました。

  • When a later recording asked them to identify the uncommon object, toddlers performed better if that instruction contained a filled pause.

    その後のレコーディングで、珍しいものを識別するように指示されたとき、幼児は、指示に有声休止があった方が良い結果を出しました。

  • This may mean that filled pauses cue toddlers to expect novel words, and help them connect new words to new objects.

    これは有声休止があることで、幼児は新しい言葉を期待し、新しい言葉と新しい物を結びつけることができるということかもしれません。

  • For adolescents and adults learning a second language, filled pauses smooth out awkward early conversations.

    思春期や第二言語を学ぶ大人にとって、有声休止は会話の初期段階でのぎこちなさを和らげてくれます。

  • And once they're more confident, the second-language learner can signal their newfound fluency by using the appropriate hesitation phenomenon.

    そして自信がついたら、第二言語学習者は適切なためらい現象を使うことで、新たに得た流暢さを示すことができます。

  • Because, contrary to popular belief, the use of filled pauses doesn't decrease with mastery of a language.

    というのも、一般的に考えられていることには反して、言語を習得しても有声休止の使用は減少しないからです。

  • Just because hesitation phenomena and discourse markers are a natural part of communication doesn't mean they're always appropriate.

    ためらい現象やディスコースマーカー(談話標識)がコミュニケーションの自然な一部であるからといって、それが常に適切であるとは限りません。

  • Outside of writing dialogue, they serve no purpose in most formal writing.

    対話文を書く以外では、ほとんどのフォーマルな文章では役に立たないものです。

  • And in some contexts, the stigma these social cues carry can work against the speaker.

    そして文脈によっては、これらの社会的合図が持つ汚名が話し手に不利に働くこともあります。

  • But in most conversations, these seemingly senseless sounds can convey a world of meaning.

    しかし、ほとんどの会話では、この一見無意味な音は、意味のある世界を伝えることができます。

  • You're never too young to start honing your skill as a speaker.

    スピーカーとしてのスキルを磨くのに、若すぎるということはありません。

  • Get started with TEDEd Student Talks, a program connecting young people around the world through the power of spoken word.

    TEDEd Student Talks という、話し言葉の力で世界中の若者を結びつけるプログラムを始めてみませんか。

  • Visit ed.ted.com/studenttalks, because every one has an idea worth sharing.

    ed.ted.com/studenttalks に来てください。誰もがシェアする価値のあるアイディアを持っているはずですから。

For as long as we've had language, some people have tried to control it.

言葉がある限り、一部の人はそれをコントロールしようとします。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TED-Ed 言語 マーカー 現象 言葉 合図

【TED-Ed】スピーチや会話で思わず「えーっ」と言ってしまうのはなんで?

  • 1938 115
    林宜悉 に公開 2021 年 09 月 09 日
動画の中の単語