Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • PREFACE

    はじめに

  • STAVE I: MARLEY'S GHOST

    私のスターヴ:MARLEY 'S GHOSTを

  • MARLEY was dead: to begin with. There is no doubt whatever about that.

    MARLEYは死んでいた:で始まるに。何それについては間違いありません。

  • The register of his burial was signed by the clergyman, the clerk, the undertaker,

    彼の埋葬のレジスタは、牧師、事務員、葬儀屋、によって調印された

  • and the chief mourner.

    と喪主。

  • Scrooge signed it: and Scrooge's name was good upon 'Change, for anything he chose to

    スクルージはそれを締結:と、スクルージの名前は、彼がすることを選んだ何でものために、"時の変更良かった

  • put his hand to. Old Marley was as dead as a door-nail.

    に手を置く。古いマーリーは、ドア - 爪のように死んでいた。

  • Mind!

    マインド!

  • I don't mean to say that I know, of my own knowledge, what there is particularly dead

    私は特に死んでそこに何があるか、私自身の知識から、私が知っていると言っているのではなく、

  • about a door-nail.

    ドア - 爪に関する。

  • I might have been inclined, myself, to regard a coffin-nail as the deadest piece

    私はdeadest作品として棺、釘を考えるのは、、自分自身を傾斜されている可能性があります

  • of ironmongery in the trade.

    貿易の金物類の。

  • But the wisdom of our ancestors is in the simile; and my unhallowed hands shall not

    しかし、我々の祖先の知恵は、直喩でであり、私の不浄の手はないものとする

  • disturb it, or the Country's done for.

    それを妨げ、または国のために行われている。

  • You will therefore permit me to repeat, emphatically, that Marley was as dead as a

    したがって、私はマーリーが同じくらい死んでいたこと、断固として、繰り返すことを許可します

  • door-nail. Scrooge knew he was dead?

    ドア - 爪。スクルージは彼が死んだことを知っていた?

  • Of course he did.

    もちろん、彼がいた。

  • How could it be otherwise? Scrooge and he were partners for I don't

    どのようにそれはそうでないかもしれない?スクルージと彼は私がしないためにパートナーだった

  • know how many years.

    知って何年。

  • Scrooge was his sole executor, his sole administrator, his sole assign, his sole

    スクルージは彼の唯一の遺言執行、彼の唯一の管理者は、割り当てる彼の唯一の、彼の唯一のでした

  • residuary legatee, his sole friend, and sole mourner.

    残余遺産受取人、彼の唯一の友人、そして唯一の会葬者。

  • And even Scrooge was not so dreadfully cut up by the sad event, but that he was an

    とさえスクルージはとても恐ろしく悲しいイベントでカットアップではなかったが、彼がいたこと

  • excellent man of business on the very day of the funeral, and solemnised it with an

    優れた葬式のまさにその日にビジネスの人、とでそれをsolemnized

  • undoubted bargain.

    バーゲンは紛れもない。

  • The mention of Marley's funeral brings me back to the point I started from.

    マーリーの葬儀の言及は、私はから始まったポイントに戻って私をもたらします。

  • There is no doubt that Marley was dead.

    マーリーが死んでいたことは間違いありません。

  • This must be distinctly understood, or nothing wonderful can come of the story I

    これは、はっきりと理解されなければならない、または素晴らしい何も話が来ることができない私

  • am going to relate.

    関係するつもりです。

  • If we were not perfectly convinced that Hamlet's Father died before the play began,

    我々は完全にプレイが始まる前に、ハムレットの父が死んだと確信されていない場合、

  • there would be nothing more remarkable in his taking a stroll at night, in an

    で、彼は夜に散歩しに、より顕著何もないという

  • easterly wind, upon his own ramparts, than

    東風、彼自身の城壁に応じて、より

  • there would be in any other middle-aged gentleman rashly turning out after dark in

    軽率に暗くなってから回し、他の中年の紳士でがあるでしょう

  • a breezy spot--say Saint Paul's Churchyard for instance-- literally to astonish his

    さわやかなスポット - インスタンスのためのセントポール教会墓地を言う - 文字通り驚かへの彼の

  • son's weak mind.

    息子の弱い心。

  • Scrooge never painted out Old Marley's name.

    スクルージは、旧マーリーの名前を描いたことはありません。

  • There it stood, years afterwards, above the warehouse door: Scrooge and Marley.

    スクルージとマーリー:それは、倉庫のドアの上に、数年後に、そこに立っていた。

  • The firm was known as Scrooge and Marley.

    会社はスクルージとマーリーとして知られていた。

  • Sometimes people new to the business called Scrooge Scrooge, and sometimes Marley, but

    時には、スクルージスクルージと呼ばれるビジネスに新しい人々、そして時にはマーリーが、

  • he answered to both names. It was all the same to him.

    彼は両方の名前に答えた。それは彼にすべて同じであった。

  • Oh! But he was a tight-fisted hand at the grind-stone, Scrooge! a squeezing,

    ああ!しかし、彼はグラインドストーン、スクルージでけちな手でした!絞り、

  • wrenching, grasping, scraping, clutching, covetous, old sinner!

    痛む、クラッチ、こする、つかむ、欲張り、古い罪人!

  • Hard and sharp as flint, from which no steel had ever struck out generous fire;

    ハードとはスチールはこれまで寛大な火を三振なかったそこからフリント、のように鋭い。

  • secret, and self-contained, and solitary as an oyster.

    秘密、と自己完結型、およびカキのような孤独な。

  • The cold within him froze his old features, nipped his pointed nose, shrivelled his

    彼の中寒さは、彼の古い機能を凍結し、彼の尖った鼻を挟ま、彼のしわが寄った

  • cheek, stiffened his gait; made his eyes red, his thin lips blue; and spoke out

    彼の薄い唇が青、彼の目が赤くなる;頬、彼の足取りを補強してスポーク

  • shrewdly in his grating voice.

    ちゃっかり彼の格子の声インチ

  • A frosty rime was on his head, and on his eyebrows, and his wiry chin.

    冷ややかな霜は頭に、そして彼の眉にあった、そして彼の針金あご。

  • He carried his own low temperature always about with him; he iced his office in the

    彼は彼と一緒に約常に彼自身の低温を行い、で、彼はアイス彼のオフィス

  • dog-days; and didn't thaw it one degree at Christmas.

    犬、日、そしてクリスマスにはそれを一度に解凍していない。

  • External heat and cold had little influence on Scrooge.

    外部からの熱や寒さはスクルージにはほとんど影響を与えた。

  • No warmth could warm, no wintry weather chill him.

    ない暖かさは冬の天候が彼に寒さない、暖かいことができなかった。

  • No wind that blew was bitterer than he, no falling snow was more intent upon its

    吹いたが風彼は、ない雪が降って、その時にもっと意図はなかったもbittererでした

  • purpose, no pelting rain less open to entreaty.

    目的、哀願にはあまり開いていないpelting雨。

  • Foul weather didn't know where to have him.

    悪天候は彼を持っている場所を知りませんでした。

  • The heaviest rain, and snow, and hail, and sleet, could boast of the advantage over

    最も重い雨、雪、そしてあられ、みぞれとは、上の利点の自慢ができる

  • him in only one respect. They often "came down" handsomely, and

    1点で彼を。彼らはしばしば気前"降りてきて"、と

  • Scrooge never did.

    スクルージはことはなかった。

  • Nobody ever stopped him in the street to say, with gladsome looks, "My dear Scrooge,

    誰も、喜ばしい"と、私の親愛なるスクルージが見えると、言う通りに彼を止めるには

  • how are you? When will you come to see me?"

    どのようですか?ときにあなたは私を見に来るのだろうか?"

  • No beggars implored him to bestow a trifle, no children asked him what it was o'clock,

    彼はトライフルを授けるために懇願ない乞食、子は、それが時だったか彼に尋ねたない

  • no man or woman ever once in all his life inquired the way to such and such a place,

    今まで一度にすべての彼の生活の中では男性または女性は、しかじかの場所に道を尋ねていない

  • of Scrooge.

    スクルージの。

  • Even the blind men's dogs appeared to know him; and when they saw him coming on, would

    、彼らは彼がでてくる見たときになると、さえ盲人の犬は彼を知っているように見えた

  • tug their owners into doorways and up courts; and then would wag their tails as

    出入り口とまで裁判所にその所有者を引っ張る;してから、尻尾のような振るでしょう

  • though they said, "No eye at all is better than an evil eye, dark master!"

    彼らは言ったものの、"全くない目は、ダークマスター邪眼よりも良いです!"

  • But what did Scrooge care! It was the very thing he liked.

    しかし、スクルージのケアをした!それは彼が好きな、非常にものだった。

  • To edge his way along the crowded paths of life, warning all human sympathy to keep

    人生の混雑した経路に沿って自分の道を縁に、保持するすべての人間の共感を警告

  • its distance, was what the knowing ones call "nuts" to Scrooge.

    その距離は、知っているものはスクルージに"ナッツ"と呼んでいるものだ。

  • Once upon a time--of all the good days in the year, on Christmas Eve--old Scrooge sat

    むかしむかし - 年間のすべての良い日の、クリスマスイブ - 古いスクルージ土

  • busy in his counting-house.

    彼のカウント社内で忙しい。

  • It was cold, bleak, biting weather: foggy withal: and he could hear the people in the

    併せて霧:それは寒い、暗い、痛烈な天候であり、彼は人々を聞くことができた

  • court outside, go wheezing up and down, beating their hands upon their breasts, and

    外の裁判所、彼らの胸の上に手を抜いて、上下に喘鳴に行く、と

  • stamping their feet upon the pavement stones to warm them.

    それらを暖めるために舗装石の際、足をスタンプ。

  • The city clocks had only just gone three, but it was quite dark already-- it had not

    街の時計はちょうど3を行っていたが、それはすでにかなり暗くなっていた - それはないていた

  • been light all day--and candles were flaring in the windows of the neighbouring

    すべての日の光になって - とキャンドルは、近隣の窓におけるフレアリングされた

  • offices, like ruddy smears upon the palpable brown air.

    明白な茶色の空気に応じて血色の良い塗抹標本のようなオフィス、。

  • The fog came pouring in at every chink and keyhole, and was so dense without, that

    霧は、すべての割れ目と鍵穴での注ぎ来て、とすることなしに密であり、こと

  • although the court was of the narrowest, the houses opposite were mere phantoms.

    裁判所は狭いのだが、家の反対は単なるファントムでした。

  • To see the dingy cloud come drooping down, obscuring everything, one might have

    薄汚いクラウドがすべてを隠すこと、ダウン垂下てきたことには、一つは持っているかもしれません

  • thought that Nature lived hard by, and was brewing on a large scale.

    その自然がハードで住んでいた、と大規模で醸造だと思った。

  • The door of Scrooge's counting-house was open that he might keep his eye upon his

    スクルージのカウント - 家のドアは彼が彼に彼の目を置くようなオープンしました

  • clerk, who in a dismal little cell beyond, a sort of tank, was copying letters.

    陰気な小さなセルを超えて、タンクのソート、で文字をコピーしていた店員、。

  • Scrooge had a very small fire, but the clerk's fire was so very much smaller that

    スクルージは非常に小規模な火災がありましたが、店員の火災はそのように非常に小さくなった

  • it looked like one coal.

    それ一石炭のように見えた。

  • But he couldn't replenish it, for Scrooge kept the coal-box in his own room; and so

    これと、しかし、彼は、スクルージは自分の部屋で石炭ボックスを保持するため、それを補充できない

  • surely as the clerk came in with the shovel, the master predicted that it would

    店員がシャベルででてきた確かに、マスターはそれがだろうと予測

  • be necessary for them to part.

    それらのための部品に必要となる。

  • Wherefore the clerk put on his white comforter, and tried to warm himself at the

    何のために事務員は彼の白い布団に入れて、とで自分自身を暖めることを試みた

  • candle; in which effort, not being a man of a strong imagination, he failed.

    ろうそくは、その努力で、強力な想像力の男であることではない、彼は失敗しました。

  • "A merry Christmas, uncle!

    "メリークリスマス、叔父!

  • God save you!" cried a cheerful voice. It was the voice of Scrooge's nephew, who

    神があなたを救う!"陽気な声が叫んだ。それは、誰が、スクルージの甥の声だった

  • came upon him so quickly that this was the first intimation he had of his approach.

    これは彼が彼のアプローチを持っていた第一通告となるようにすぐに彼に出くわしました。

  • "Bah!" said Scrooge, "Humbug!"

    "そんなばかな!"スクルージは"いんちき!"と言った

  • He had so heated himself with rapid walking in the fog and frost, this nephew of

    彼はとてものこの甥、霧と霜の急速な歩行と彼自身を加熱していた

  • Scrooge's, that he was all in a glow; his face was ruddy and handsome; his eyes

    スクルージの、彼は輝きのすべてだったこと、彼の顔は血色の良いとハンサムだった、彼の目

  • sparkled, and his breath smoked again.

    輝いていました、そして彼の息は再びスモーク。

  • "Christmas a humbug, uncle!" said Scrooge's nephew.

    "クリスマスだます、叔父!"スクルージの甥は云った。

  • "You don't mean that, I am sure?" "I do," said Scrooge.

    "あなたは、私は確信しているわけではない?""私は、"と、スクルージは云った。

  • "Merry Christmas!

    "メリークリスマス!

  • What right have you to be merry? What reason have you to be merry?

    何が右のあなたが陽気でなければならない?どのような理由は、あなたが陽気でなければならない?

  • You're poor enough." "Come, then," returned the nephew gaily.

    あなたが"。十分に貧しい人々だ"さあ、次に、"陽気に甥を返しました。

  • "What right have you to be dismal?

    "何が右では、陰気でなければならない?

  • What reason have you to be morose? You're rich enough."

    どのような理由は、不機嫌でなければならない?あなたは十分金持ちだ。"

  • Scrooge having no better answer ready on the spur of the moment, said, "Bah!" again;

    スクルージはとっさの思い付きで準備は良い答えを持っていない、"そんなばかな!"と再び。

  • and followed it up with "Humbug."

    とでそれをフォローアップ"浮気者。"

  • "Don't be cross, uncle!" said the nephew. "What else can I be," returned the uncle,

    "クロス、叔父であることしないで!"甥は云った。 "私は他に何をすることができる"と、叔父を返しました

  • "when I live in such a world of fools as this?

    "私はこのように愚か者のような世界に住んでいるとき?

  • Merry Christmas!

    メリークリスマス!

  • Out upon merry Christmas!

    メリークリスマス時に発売!

  • What's Christmas time to you but a time for paying bills without money; a time for

    あなたがお金のない手形を支払うための時間にクリスマスの時期は何ですか。ための時間

  • finding yourself a year older, but not an hour richer; a time for balancing your

    年間古い自分を見つけることではなく、時間の豊かな、あなたのバランスをとるための時間を

  • books and having every item in 'em through

    本や'日のすべてのアイテムを持ってスルー

  • a round dozen of months presented dead against you?

    あなたに対して死んだ提示ヶ月のラウンドダース?

  • If I could work my will," said Scrooge indignantly, "every idiot who goes about

    私は私の意志を働くことができれば、約行くすべての馬鹿は"スクルージは、憤然として言った。"

  • with 'Merry Christmas' on his lips, should be boiled with his own pudding, and buried

    "メリークリスマス"彼の唇上で、彼自身のプディング​​で煮沸し、埋葬されるべき

  • with a stake of holly through his heart.

    彼の心を通じて、ヒイラギの利害関係を有する。

  • He should!" "Uncle!" pleaded the nephew.

    彼は!""おじさんは!"甥を懇願してください。

  • "Nephew!" returned the uncle sternly, "keep Christmas in your own way, and let me keep

    "甥は!""あなた自身の方法でクリスマスを保つ、と私は留めるようにしよう、厳しく叔父を返しました

  • it in mine."

    鉱山のそれ。"

  • "Keep it!" repeated Scrooge's nephew. "But you don't keep it."

    "それを保つ!"と、スクルージの甥は繰り返す。 "しかし、あなたはそれを保持しません。"

  • "Let me leave it alone, then," said Scrooge.

    "私を放ってそれを残すと、その後、"と、スクルージは云った。

  • "Much good may it do you!

    "多くの良いそれはあなたを行う可能性があります。

  • Much good it has ever done you!" "There are many things from which I might

    それが今まであなたを行っている非常に良い!""私はかもしれないから多くのものがあります

  • have derived good, by which I have not profited, I dare say," returned the nephew.

    私は利益をいないもので、良い派生している、私が言うあえて、"甥を返しました。

  • "Christmas among the rest.

    残りの間で"クリスマス。

  • But I am sure I have always thought of Christmas time, when it has come round--

    - しかし、私はいつもそれがラウンド来たときに、クリスマスの時間を考えている確信しています

  • apart from the veneration due to its sacred name and origin, if anything belonging to

    離れて尊敬の念から、その神聖な名前と起源のために、何かに属する場合

  • it can be apart from that--as a good time;

    それは離れているからすることができます - 良い時間として。

  • a kind, forgiving, charitable, pleasant time; the only time I know of, in the long

    親切、寛容、慈善、楽しい時間、私の知っているだけの時間、長いの

  • calendar of the year, when men and women seem by one consent to open their shut-up

    男性と女性がシャットアップを開く一つの同意が見える今年のカレンダー、

  • hearts freely, and to think of people below

    心を自由に、そして下の人々を考えるために

  • them as if they really were fellow- passengers to the grave, and not another

    その彼らが実際に別のない墓に仲間の乗客だった、とのような場合

  • race of creatures bound on other journeys.

    他の旅行でバインドされている生き物のレース。

  • And therefore, uncle, though it has never put a scrap of gold or silver in my pocket,

    そのため、叔父は、それは、私のポケットに金または銀のスクラップを置くことがないのに

  • I believe that it has done me good, and will do me good; and I say, God bless it!"

    神はそれを祝福する、と私は言う"、それが私は良い行っている、と私に良いことをすることを信じて!

  • The clerk in the Tank involuntarily applauded.

    タンク内の店員は思わず拍手。

  • Becoming immediately sensible of the impropriety, he poked the fire, and

    不正の直後に賢明になって、彼は火をつつ​​いて、

  • extinguished the last frail spark for ever.

    これまでの最後の虚弱火花を消した。

  • "Let me hear another sound from you," said Scrooge, "and you'll keep your Christmas by

    "私はあなたから別の音を聞かせ、"スクルージは言った、"あなたがして、クリスマスをしておこう

  • losing your situation! You're quite a powerful speaker, sir," he

    あなたの状況を失う!あなたは非常に強力なスピーカー、先生、"彼だ

  • added, turning to his nephew.

    彼の甥に回し、追加された。

  • "I wonder you don't go into Parliament." "Don't be angry, uncle.

    "私はあなたが国会議事堂に行っていないのだろう。""、叔父怒ってはいけない。

  • Come! Dine with us to-morrow."

    来て! - 明日への私達とお食事をお楽しみください。"

  • Scrooge said that he would see him--yes, indeed he did.

    スクルージは彼が彼に会うと述べた - はい、確かに彼はいた。

  • He went the whole length of the expression, and said that he would see him in that

    彼は、式の全体の長さを行って、そしてそれに彼が彼を参照すると述べた

  • extremity first.

    第一肢。

  • "But why?" cried Scrooge's nephew. "Why?"

    "しかし、なぜ?"と、スクルージの甥は叫んだ。 "なぜ?"

  • "Why did you get married?" said Scrooge. "Because I fell in love."

    "なぜあなたが結婚するの?"と、スクルージは云った。 "私は恋に落ちたので。"

  • "Because you fell in love!" growled Scrooge, as if that were the only one thing

    それは1つのことしかであるかのように"あなたは恋に落ちているので!"スクルージは、うなった

  • in the world more ridiculous than a merry Christmas.

    メリークリスマスよりも世界ではとんでもない。

  • "Good afternoon!"

    "こんにちは!"

  • "Nay, uncle, but you never came to see me before that happened.

    "いや、叔父が、あなたはそれが起きる前に私に会いに来たことはない。

  • Why give it as a reason for not coming now?"

    なぜ今来ていない理由として、それを与えるか?"

  • "Good afternoon," said Scrooge.

    "こんにちは、"と、スクルージは云った。

  • "I want nothing from you; I ask nothing of you; why cannot we be friends?"

    "私はあなたから何を望んでいない、私はあなたの何を聞いていない、どうして私たちは友達になれないの?"

  • "Good afternoon," said Scrooge. "I am sorry, with all my heart, to find you

    "こんにちは、"と、スクルージは云った。 "私はあなたを見つけるために、すべて私の心で、申し訳ありません

  • so resolute.

    その毅然と。

  • We have never had any quarrel, to which I have been a party.

    私たちは、私がパーティーをされていて、どんなけんかをしたことがない。

  • But I have made the trial in homage to Christmas, and I'll keep my Christmas

    しかし、私はクリスマスへのオマージュで裁判を行っている、と私はクリスマスをしておこう

  • humour to the last.

    最後にユーモア。