Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • CHAPTER XII A Jonah Day

    第十二章ヨナの日

  • It really began the night before with a restless, wakeful vigil of grumbling

    それは実際に不平不満の声落ち着き、眠れぬ通夜と一緒に夜の前に始まった

  • toothache.

    歯痛。

  • When Anne arose in the dull, bitter winter morning she felt that life was flat, stale,

    Anneは鈍い、苦い冬の朝に起こったとき、彼女は、人生が古く、フラットだと感じた

  • and unprofitable. She went to school in no angelic mood.

    や不採算。彼女は天使のような気分で学校に行きました。

  • Her cheek was swollen and her face ached.

    頬が腫れて、彼女の顔が痛んだれた。

  • The schoolroom was cold and smoky, for the fire refused to burn and the children were

    火が燃えことを拒否for教室では、寒さとスモーキーであり、子どもたちはいた

  • huddled about it in shivering groups. Anne sent them to their seats with a

    震えグループでそれについて群がった。アンは、との席に送った

  • sharper tone than she had ever used before.

    彼女が今まで使用していたよりもシャープなトーン。

  • Anthony Pye strutted to his with his usual impertinent swagger and she saw him whisper

    アンソニーパイは、彼のいつもの生意気な闊歩して彼のためにstruttedと彼女は彼がささやく見た

  • something to his seat-mate and then glance at her with a grin.

    彼の座席メイトに何かして、笑って彼女を一目見。

  • Never, so it seemed to Anne, had there been so many squeaky pencils as there were that

    ので、それがあったとしてそこに非常に多くのきしむ鉛筆をしていた、アンように見えたことはない

  • morning; and when Barbara Shaw came up to the desk with a sum she tripped over the

    朝、そしてバーバラショーが合計と机まで来たとき、彼女はつまずきました

  • coal scuttle with disastrous results.

    石炭は、悲惨な結果を急いで行く。

  • The coal rolled to every part of the room, her slate was broken into fragments, and

    石炭は、彼女のスレートが断片に分解され、部屋のあらゆる部分にロールバックし、

  • when she picked herself up, her face, stained with coal dust, sent the boys into

    彼女は彼女自身を拾ったときに、炭塵で染色された彼女の顔は、、に男の子を送った

  • roars of laughter.

    笑いのうなり声。

  • Anne turned from the second reader class which she was hearing.

    アンは彼女が聴覚れた毎秒リーダークラスからオフ。

  • "Really, Barbara," she said icily, "if you cannot move without falling over something

    "本当に、バーバラは、"彼女は何かが転倒することなく移動することができない場合"、冷たく言った

  • you'd better remain in your seat.

    おそらく、もっと自分の席に残っていた。

  • It is positively disgraceful for a girl of your age to be so awkward."

    それはとても扱いにくいために、年齢of女の子のために積極的に恥ずべきです。"

  • Poor Barbara stumbled back to her desk, her tears combining with the coal dust to

    貧しいバーバラは彼女の涙がへの石炭の粉塵と組み合わせること、彼女の机に戻ってつまずいた

  • produce an effect truly grotesque.

    本当にグロテスクな効果を生み出す。

  • Never before had her beloved, sympathetic teacher spoken to her in such a tone or

    これまでにない彼女の最愛の、交感神経教師はそのようなトーンやで彼女に話されていた

  • fashion, and Barbara was heartbroken.

    ファッション、バーバラは悲嘆になった。

  • Anne herself felt a prick of conscience but it only served to increase her mental

    アン自身が良心の呵責を感じたが、それだけで彼女の精神を高めるために提供

  • irritation, and the second reader class remember that lesson yet, as well as the

    刺激し、2番目のリーダークラスには、まだその教訓を覚えているだけでなく、

  • unmerciful infliction of arithmetic that followed.

    続いて算術の無慈悲な刑罰。

  • Just as Anne was snapping the sums out St. Clair Donnell arrived breathlessly.

    アンは、セントクレアDonnellアウト金額を撮っれたとおりに息をはずませて到着した。

  • "You are half an hour late, St. Clair," Anne reminded him frigidly.

    "あなたは、後半にセントクレア時間半ですが、"アンは冷淡に彼を思い出した。

  • "Why is this?"

    "これはなぜですか?"

  • "Please, miss, I had to help ma make a pudding for dinner 'cause we're expecting

    "、私は、MAが我々が期待している夕食"原因のためのプディング​​を作る助けにいたミス、ください

  • company and Clarice Almira's sick," was St. Clair's answer, given in a perfectly

    会社とクラリスアルミラの病気、"は完璧で与えられたセントクレアの答えだった

  • respectful voice but nevertheless provocative of great mirth among his mates.

    礼儀正しい声が、彼の仲間の間で大きな笑いのnevertheless挑発的。

  • "Take your seat and work out the six problems on page eighty-four of your

    "あなたの席を取り、あなたの84ページの6の問題を働く

  • arithmetic for punishment," said Anne.

    罰の算術、"アンは言った。

  • St. Clair looked rather amazed at her tone but he went meekly to his desk and took out

    セントクレアは、むしろ彼女の音に驚いて見えたが、彼は彼の机に素直に行き、取り出した

  • his slate. Then he stealthily passed a small parcel to

    彼のスレート。それから彼はこっそりに小さな小包を渡す

  • Joe Sloane across the aisle.

    通路全体のジョースローン。

  • Anne caught him in the act and jumped to a fatal conclusion about that parcel.

    アンは、行為の彼をキャッチし、その小包約致命的な結論に跳ね上がった。

  • Old Mrs. Hiram Sloane had lately taken to making and selling "nut cakes" by way of

    古い夫人ハイラムスローンは、最近の方法で"ナッツのケーキを"作って売るために取った

  • adding to her scanty income.

    彼女の乏しい収入への追加。

  • The cakes were specially tempting to small boys and for several weeks Anne had had not

    ケーキは、小さな男の子に特別に魅力的だったし、数週間のためにアンはない持っていた

  • a little trouble in regard to them.

    それらに関しては少し面倒。

  • On their way to school the boys would invest their spare cash at Mrs. Hiram's,

    学校へ行く途中で少年たちは、夫人ハイラムのでその余分の現金を投資する

  • bring the cakes along with them to school, and, if possible, eat them and treat their

    学校に彼らと一緒にケーキを持って、そして、可能であれば、それらを食べるとその扱い

  • mates during school hours.

    学校の時間中に仲間。

  • Anne had warned them that if they brought any more cakes to school they would be

    アンは、彼らが学校にそれ以上のケーキを持って来た場合のようにと彼らを警告していた

  • confiscated; and yet here was St. Clair Donnell coolly passing a parcel of them,

    没収、そしてまだここにセントクレアDonnell冷静それらの小包を渡していた

  • wrapped up in the blue and white striped paper Mrs. Hiram used, under her very eyes.

    彼女の非常に目の前で使用される青と白のストライプのペーパー夫人ハイラム、に包ま。

  • "Joseph," said Anne quietly, "bring that parcel here."

    "ジョセフは、"アン"はその小包をここに持って来る。"、静かに言った

  • Joe, startled and abashed, obeyed.

    ジョー、びっくりand恥じているが、従った。

  • He was a fat urchin who always blushed and stuttered when he was frightened.

    彼はいつも赤面し、彼がおびえれたときstuttered脂肪ウニだった。

  • Never did anybody look more guilty than poor Joe at that moment.

    誰かはその瞬間が下手ジョーより多くの有罪に見えることはなかった。

  • "Throw it into the fire," said Anne.

    、"火の中に投げ込んだり、"アンは言った。

  • Joe looked very blank. "P...p...p...lease, m...m...miss," he

    ジョーは、非常にブランクに見えた。 "P. ..頁..頁..リース、M. .. M. ..ミス、"彼

  • began. "Do as I tell you, Joseph, without any

    始めた。私はあなたを伝えるように"どんなことなく、、ジョセフを実行してください

  • words about it."

    それについての言葉。"

  • "B...b...but m...m...miss...th...th ...they're ..." gasped Joe in desperation.

    "B. .. B. ...しかし、M. .. M. ..ミス...目...目...彼らがいるが..."必死では、Joeが息を呑んだ。

  • "Joseph, are you going to obey me or are you NOT?" said Anne.

    "ジョセフは、あなたが私に従うとしているか、または使われないのはなぜですか?"アンは言った。

  • A bolder and more self-possessed lad than Joe Sloane would have been overawed by her

    ジョースローンより大胆、より冷静少年は彼女に気合い負けするされていた

  • tone and the dangerous flash of her eyes. This was a new Anne whom none of her pupils

    音色と彼女の目の危険なフラッシュ。これは彼女の生徒の新たなアンいずれも認められなかった

  • had ever seen before.

    今まで見ていた。

  • Joe, with an agonized glance at St. Clair, went to the stove, opened the big, square

    セントクレアで悩み続け一目でジョーは、、、ストーブに行き、大きな、正方形を開設

  • front door, and threw the blue and white parcel in, before St. Clair, who had sprung

    フロントドア、及びスプリングいたセントクレア、前に、青と白の小包を投げた

  • to his feet, could utter a word.

    彼の足に、言葉を口ことができます。

  • Then he dodged back just in time. For a few moments the terrified occupants

    それから彼はちょうど時間に戻って避けた。しばらく恐怖の乗員のための

  • of Avonlea school did not know whether it was an earthquake or a volcanic explosion

    アヴォンリー学校のそれは、地震や火山の爆発であったかどうか知らなかった

  • that had occurred.

    それが発生していた。

  • The innocent looking parcel which Anne had rashly supposed to contain Mrs. Hiram's nut

    アンは、軽率に夫人ハイラムのナットを含むことを前提としていた罪のない探し小包

  • cakes really held an assortment of firecrackers and pinwheels for which Warren

    ケーキは本当にウォレンの爆竹and風車の品揃えを開催

  • Sloane had sent to town by St. Clair

    スローンは、セントクレア町に送信していた

  • Donnell's father the day before, intending to have a birthday celebration that

    Donnellの父前日、誕生日のお祝いそれを持ってしようとする

  • evening.

    夕方。

  • The crackers went off in a thunderclap of noise and the pinwheels bursting out of the

    クラッカーは、ノイズと外に破裂風車の雷鳴でオフに行きました

  • door spun madly around the room, hissing and spluttering.

    ドアは部屋、ヒスノイズとspluttering周りに狂ったようにスピン。

  • Anne dropped into her chair white with dismay and all the girls climbed shrieking

    アンは、ぼう然として白い彼女の椅子に落とし、すべての女の子は叫びを登った

  • upon their desks.

    自分のデスクに応じて。

  • Joe Sloane stood as one transfixed in the midst of the commotion and St. Clair,

    一騒ぎとセントクレアの真っ只中に釘付けにはjoeスローンは、立っていた

  • helpless with laughter, rocked to and fro in the aisle.

    に揺動し、あちこちに通路で、笑いに無力。

  • Prillie Rogerson fainted and Annetta Bell went into hysterics.

    Prillieロジャーソン気絶とアネッタベルがヒステリーになった。

  • It seemed a long time, although it was really only a few minutes, before the last

    それは本当にほんの数分であったが、それは最後の前に、長い時間に見えた

  • pinwheel subsided.

    風車はおさまった。

  • Anne, recovering herself, sprang to open doors and windows and let out the gas and

    アンは、自分自身を回復し、ドアや窓を開けてガスをできるように跳びand

  • smoke which filled the room.

    部屋を埋め尽くした煙。

  • Then she helped the girls carry the unconscious Prillie into the porch, where

    それから彼女は、女の子はどこに、ポーチに無意識Prillieを運ぶ助け

  • Barbara Shaw, in an agony of desire to be useful, poured a pailful of half frozen

    バーバラShawは、有用であることが願望の苦しみの中で、半分冷凍のpailfulを注ぎ

  • water over Prillie's face and shoulders before anyone could stop her.

    水はPrillieの顔と肩に誰もが彼女を止めることができる前に。

  • It was a full hour before quiet was restored ...but it was a quiet that might

    静かが復元される前には、完全な時間であった...が、それはかもしれない静かだった

  • be felt.

    感じられる。

  • Everybody realized that even the explosion had not cleared the teacher's mental

    皆も爆発が教師の精神的にクリアされないことに気付きました

  • atmosphere. Nobody, except Anthony Pye, dared whisper a

    雰囲気。誰も、アンソニーパイを除いて、ささや​​く勇気ない

  • word.

    ワード。

  • Ned Clay accidentally squeaked his pencil while working a sum, caught Anne's eye and

    和を作業中ネッドクレイが誤って彼の鉛筆をsqueaked、アンの目とのキャッチ

  • wished the floor would open and swallow him up.

    床が開いて彼を飲み込んでは思った。

  • The geography class were whisked through a continent with a speed that made them

    地理の授業は、それらを作ったスピードと大陸を通して泡立てたれた

  • dizzy. The grammar class were parsed and analyzed

    めまい。文法クラスは解析され、分析された

  • within an inch of their lives.

    自分たちの生活のインチ以内。

  • Chester Sloane, spelling "odoriferous" with two f's, was made to feel that he could

    つのFの持つ"香気性を"スペルチェスタースローンは、、それは彼ができた感じに作られた

  • never live down the disgrace of it, either in this world or that which is to come.

    どちらかのこの世界で、またはどれが来るつまり、その不名誉をダウン住んでいることはない。

  • Anne knew that she had made herself ridiculous and that the incident would be

    アンは彼女が彼女自身がとんでもない作ったことを知っていたし、事件はとすることを

  • laughed over that night at a score of tea- tables, but the knowledge only angered her

    茶 - テーブルのスコアでその晩笑ったが、知識だけ彼女を怒らせた

  • further.

    さらに。

  • In a calmer mood she could have carried off the situation with a laugh but now that was

    穏やかな気分で、彼女は笑いながら状況をオフに行ったかもしれないが、今のことだった

  • impossible; so she ignored it in icy disdain.

    不可能な、彼女は氷のような軽蔑感でそれを無視しました。

  • When Anne returned to the school after dinner all the children were as usual in

    すべての子供がのようにいつもいた夕食の後にアンは学校に戻ったときに

  • their seats and every face was bent studiously over a desk except Anthony

    自分の席とあらゆる面がアンソニーを除くデスクにわたってわざと屈曲し

  • Pye's.

    パイです。

  • He peered across his book at Anne, his black eyes sparkling with curiosity and

    彼は黒の目は好奇心の炭酸および非炭酸、アンで彼の本に覗き

  • mockery.

    嘲笑。

  • Anne twitched open the drawer of her desk in search of chalk and under her very hand

    アンは、チョークの検索では、彼女の非常に手の下で彼女の机の引き出しを開いてピクッと動いた

  • a lively mouse sprang out of the drawer, scampered over the desk, and leaped to the

    活気のあるマウスは、机の上scampered、引き出しから栄え、当時に飛び降りた

  • floor.

    床。

  • Anne screamed and sprang back, as if it had been a snake, and Anthony Pye laughed

    アンは叫んだ、それが蛇を書かれていたかのように、背面跳び、そしてアンソニーパイは笑った

  • aloud. Then a silence fell...a very creepy,

    声を出して。その後、沈黙が落ちた...非常に気味の悪い、

  • uncomfortable silence.

    居心地の悪い沈黙。

  • Annetta Bell was of two minds whether to go into hysterics again or not, especially as

    アネッタベルは特にとして、再びかヒステリーに行くかどうか決めかねであった

  • she didn't know just where the mouse had gone.

    彼女は、マウスが行ってしまうだけでどこに知りませんでした。

  • But she decided not to.

    しかし、彼女はしないことに決めました。

  • Who could take any comfort out of hysterics with a teacher so white-faced and so

    誰がその顔が白いので、先生とヒステリーのいずれかの慰めを取ることができる

  • blazing-eyed standing before one? "Who put that mouse in my desk?" said Anne.

    ものの前燃える目の立っている? "誰が私の机の中に、マウスを置く?"アンは言った。

  • Her voice was quite low but it made a shiver go up and down Paul Irving's spine.

    彼女の声は非常に低かったが、それは震えがポールアーヴィングの背骨を上下に移動しました。

  • Joe Sloane caught her eye, felt responsible from the crown of his head to the sole of

    ジョースローンは、彼女の目を引いたの唯一に彼の頭の冠から責任を感じて

  • his feet, but stuttered out wildly,

    彼の足は、しかし、乱暴に出stuttered

  • "N...n...not m...m...me t...t...teacher, n ...n...not m...m...me."

    "N. .. N. .. not M. .. M. ..私T. .. T. ..先生、N ... N. .. not M. .. M. ..私。" ;

  • Anne paid no attention to the wretched Joseph.

    アンは、惨めなジョセフに注意を払っていない。

  • She looked at Anthony Pye, and Anthony Pye looked back unabashed and unashamed.

    彼女はアンソニーパイを見て、とアンソニーパイが戻って臆面もないandあからさまに見えた。

  • "Anthony, was it you?" "Yes, it was," said Anthony insolently.

    "アンソニーは、あなたitだった?""はい、それがあった、"アンソニーは無礼だ。

  • Anne took her pointer from her desk.

    アンは彼女の机からの彼女のポインタを取った。

  • It was a long, heavy hardwood pointer. "Come here, Anthony."

    それは長く、重い広葉樹のポインターです。 "、ここでアンソニーを来る。"

  • It was far from being the most severe punishment Anthony Pye had ever undergone.

    それがアンソニーパイが今まで受けていた最も厳しい刑罰であることからほど遠かった。

  • Anne, even the stormy-souled Anne she was at that moment, could not have punished any

    アンは、彼女はその瞬間であっても荒れた-〜な精神を持ったアンは、いずれも処罰していることができなかった

  • child cruelly.

    残酷に子供。

  • But the pointer nipped keenly and finally Anthony's bravado failed him; he winced and

    しかしポインタは鋭く挟持してついにアンソニーの虚勢は彼を失敗し、彼がwincedと

  • the tears came to his eyes. Anne, conscience-stricken, dropped the

    涙が彼の目に来た。アン、罪悪感を抱いたが、廃棄さ

  • pointer and told Anthony to go to his seat.

    ポインタと彼の席に行くためにアンソニーに語った。

  • She sat down at her desk feeling ashamed, repentant, and bitterly mortified.

    彼女は、恥ずかしい後悔し、激しく悔し感じる彼女の机に腰を下ろした。

  • Her quick anger was gone and she would have given much to have been able to seek relief

    Her迅速な怒りは、救済を求めるすることができて、消えていた、彼女はずっと与えているだろう

  • in tears.

    涙インチ

  • So all her boasts had come to this...she had actually whipped one of her pupils.

    彼女が誇るすべてがこのために来ていたので...彼女は実際に彼女の弟子の一人をホイップしていた。

  • How Jane would triumph! And how Mr. Harrison would chuckle!

    Howジェーンは勝利でしょう!そして、どのように氏ハリソンはクスクス笑うでしょう!

  • But worse than this, bitterest thought of all, she had lost her last chance of

    しかし、これよりも悪い、すべての苦い思いが、彼女は彼女の最後のチャンスを失っていた

  • winning Anthony Pye. Never would he like her now.

    アンソニーパイを獲得。彼は今彼女を好まないもみなかった。

  • Anne, by what somebody has called "a Herculaneum effort," kept back her tears

    アンは、何によって誰かが呼び出されている"エルコラーノ努力、"彼女の涙を維持

  • until she got home that night.

    彼女はその夜家に帰るまで。

  • Then she shut herself in the east gable room and wept all her shame and remorse and

    それから彼女は東切妻の部屋で自分自身を停止し、彼女の恥と反省し、すべてが泣いた

  • disappointment into her pillows...wept so long that Marilla grew alarmed, invaded the

    彼女の枕に失望は...、マリラが心配成長したので長い泣いた侵攻

  • room, and insisted on knowing what the trouble was.

    お部屋、そしてトラブルがあったかを知ることを主張。

  • "The trouble is, I've got things the matter with my conscience," sobbed Anne.

    "トラブルは、私は物事を私の良心的な問題を持って、"アンはすすり泣き。

  • "Oh, this has been such a Jonah day, Marilla.

    "ああ、これはそのようなヨナの日、マリラとなっている。

  • I'm so ashamed of myself. I lost my temper and whipped Anthony Pye."

    私は自分自身のように恥ずかしい。私は私の気性を失い、アンソニーパイをくれた。"

  • "I'm glad to hear it," said Marilla with decision.

    "私はそれを聞いてうれしい、"マリラは決定に述べています。

  • "It's what you should have done long ago." "Oh, no, no, Marilla.

    "それはあなたがずっと前にやるべきものだ。""ああ、いや、いや、マリラ。

  • And I don't see how I can ever look those children in the face again.

    と私は二度と顔でこれらの子どもたちを見ることができるのかわかりません。

  • I feel that I have humiliated myself to the very dust.

    私は非常にほこりに自分自身を侮辱していることを感じる。

  • You don't know how cross and hateful and horrid I was.

    あなたは十字架と憎しみと恐ろしい私がいたのか分からない。

  • I can't forget the expression in Paul Irving's eyes...he looked so surprised and

    私はポールアーヴィングの目に式を忘れることができない... ...彼はとても驚いて見て、

  • disappointed.

    がっかり。

  • Oh, Marilla, I HAVE tried so hard to be patient and to win Anthony's liking...and

    ああ、マリラ、私は患者になるとアンソニーの好みに勝つためにそう懸命に試みた...と持たざる

  • now it has all gone for nothing."

    今では、すべて何ものため行っている。"

  • Marilla passed her hard work-worn hand over the girl's glossy, tumbled hair with a

    マリラが持つ少女の光沢のある、タンブル髪の間、彼女のハードワークに装着する手を可決

  • wonderful tenderness. When Anne's sobs grew quieter she said,

    素晴らしい優しさ。 Anneのすすり泣きが静か育ったときに彼女は言った

  • very gently for her,

    非常に穏やかに彼女のために、

  • "You take things too much to heart, Anne. We all make mistakes...but people forget

    "あなたは物事が、心にアンをあまり取る。我々は、すべてのミスをする...しかし、人は忘れる

  • them. And Jonah days come to everybody.

    それら。 Andヨナの日は皆に来る。

  • As for Anthony Pye, why need you care if he does dislike you?

    アンソニーパイに関しては、なぜ彼があなたを嫌っていない場合、あなたが気に必要ですか?

  • He is the only one." "I can't help it.

    彼は唯一のものです。""私はそれを助けることができない。

  • I want everybody to love me and it hurts me so when anybody doesn't.

    私は皆が私を好きになりたい、それが私はそう誰もしないとき痛い。

  • And Anthony never will now. Oh, I just made an idiot of myself today,

    とアンソニーは、今回決して。ああ、私は、今日の自分の馬鹿を作った

  • Marilla.

    マリラ。

  • I'll tell you the whole story." Marilla listened to the whole story, and if

    私はあなたの全体のストーリーを教えてあげる。"マリラは、全体の話に耳を傾け、およびIF

  • she smiled at certain parts of it Anne never knew.

    彼女はアンが知っていたことはないそれのある部分に微笑んだ。

  • When the tale was ended she said briskly,

    物語が終了したとき、彼女は、活発に述べて

  • "Well, never mind. This day's done and there's a new one

    "まあ、気にしない。この日は行われ、there'sa新しいものだ

  • coming tomorrow, with no mistakes in it yet, as you used to say yourself.

    あなた自身に言って使用される、まだそれに間違いで、明日来る。

  • Just come downstairs and have your supper.

    ちょうど階下に来て、あなたの夕食を持っている。

  • You'll see if a good cup of tea and those plum puffs I made today won't hearten you

    お茶と私が今日作ったもの梅パフの良いカップがあなたを勇気づけるしない場合には表示されます

  • up."

    アップ。"

  • "Plum puffs won't minister to a mind diseased," said Anne disconsolately; but

    "プラムのパフは、病気の心に大臣しません、"アンは悲し言った、しかし

  • Marilla thought it a good sign that she had recovered sufficiently to adapt a

    マリラはそれを彼女が適応に十分に回復したという良い兆候を考え

  • quotation.

    引用。

  • The cheerful supper table, with the twins' bright faces, and Marilla's matchless plum

    双子の明るい顔を持つ陽気な夕食のテーブルと、マリラの無比の梅

  • puffs...of which Davy ate four... did "hearten her up" considerably after all.

    パフ...デービーは、4つを食べたの...結局かなり"彼女を励ます"でした。

  • She had a good sleep that night and awakened in the morning to find herself and

    彼女はその夜良い睡眠を持ち、自分自身を見つけるために午前中に起こされ、

  • the world transformed.

    世界は変え。

  • It had snowed softly and thickly all through the hours of darkness and the

    それが優しく厚く暗闇の時間帯においてすべてと雪があった

  • beautiful whiteness, glittering in the frosty sunshine, looked like a mantle of

    美しい白さは、冷ややかな日差しの中できらめく、のマントルのように見えた

  • charity cast over all the mistakes and humiliations of the past.

    慈善団体は、過去のすべてのミスや屈辱を介してキャスト。

  • "Every morn is a fresh beginning, Every morn is the world made new,"

    "すべての朝は、新鮮な始まりである、すべての朝は、世界新製です"

  • sang Anne, as she dressed.

    彼女は衣装を着てサンチョルアン、。

  • Owing to the snow she had to go around by the road to school and she thought it was

    おかげで雪に彼女は学校への道で約行かなければならなかったし、彼女はそれがだと思った

  • certainly an impish coincidence that Anthony Pye should come ploughing along

    アンソニーパイが一緒に耕して来る必要があることを確かにいたずらな偶然の一致

  • just as she left the Green Gables lane.

    彼女は、グリーンゲイブルズレーンを左と同じように。

  • She felt as guilty as if their positions were reversed; but to her unspeakable

    彼女はそれらの位置が逆にされたかのように罪悪感、しかし彼女の言いようのないために

  • astonishment Anthony not only lifted his cap...which he had never done before...but

    驚きアンソニーだけではなく、彼が前に行ったことがなかったれる...彼の帽子を持ち上げた...しかし

  • said easily,

    、簡単に述べ

  • "Kind of bad walking, ain't it? Can I take those books for you, teacher?"

    "悪い歩行の種類は、ですよね?私は、先生があなたのためのそれらの本を取ることができますか?"

  • Anne surrendered her books and wondered if she could possibly be awake.

    アンは彼女の本を降伏し、彼女はおそらく目を覚まし可能性があるかどうか疑問に思いました。

  • Anthony walked on in silence to the school, but when Anne took her books she smiled

    アンソニーは学校に黙って歩いたが、アンは彼女の本を取ったとき、彼女は笑った

  • down at him...not the stereotyped "kind" smile she had so persistently assumed for

    ダウン彼に...ステレオタイプの"種類"笑顔は、彼女がその永続を想定していたではない

  • his benefit but a sudden outflashing of good comradeship.

    彼の利点が、良い仲間関係の突然outflashing。

  • Anthony smiled...no, if the truth must be told, Anthony GRINNED back.

    アンソニーは笑った... ...いや、真実が語られる必要がある場合は、アンソニーが戻って笑った。

  • A grin is not generally supposed to be a respectful thing; yet Anne suddenly felt

    にやにや笑いは、一般的に礼儀正しいものであるために仮定されていません。まだアンは突然感じた

  • that if she had not yet won Anthony's liking she had, somehow or other, won his

    彼女はまだアンソニーの好みに勝ったていなかった場合、彼女は、何とかまたはその他の、持っていた彼に勝ったこと

  • respect.

    尊敬。

  • Mrs. Rachel Lynde came up the next Saturday and confirmed this.

    夫人レイチェルリンドは、次の土曜日に来て、これを確認した。

  • "Well, Anne, I guess you've won over Anthony Pye, that's what.

    、"まあ、アンは、私はあなたが何かアンソニーパイ、勝ったと推測します。

  • He says he believes you are some good after all, even if you are a girl.

    彼はあなたが女の子である場合でも、すべての後にいくつか優れていると信じて言います。

  • Says that whipping you gave him was 'just as good as a man's.'"

    あなたは彼を与えたホイッピングとあったと言う"男のと同じくらい良い。""

  • "I never expected to win him by whipping him, though," said Anne, a little

    "私は彼を打つことによって彼に勝つために予想もしなかった、しかし、"アン、少しは言った

  • mournfully, feeling that her ideals had played her false somewhere.

    哀悼の意を込めて、彼女の理想は彼女falseどこかを演じていたのだという思い。

  • "It doesn't seem right.

    "それは右ていないようです。

  • I'm sure my theory of kindness can't be wrong."

    私は親切の私の理論が間違っていることはできないはずだ。"

  • "No, but the Pyes are an exception to every known rule, that's what," declared Mrs.

    "いや、しかしPyesはすべての既知のルールの例外です、あれは何、"夫人が宣言

  • Rachel with conviction.

    信念を持ってレイチェル。

  • Mr. Harrison said, "Thought you'd come to it," when he heard it, and Jane rubbed it

    氏ハリソン氏によると、彼がそれを聞いた時、"あなたが、それに来るだろうと思って、"で、ジェーンはそれをこすり

  • in rather unmercifully.

    でかなり冷酷に。

  • CHAPTER XIII A Golden Picnic

    XIII章ゴールデンピクニック

  • Anne, on her way to Orchard Slope, met Diana, bound for Green Gables, just where

    アンは、オーチャードスロープに彼女の途中で、ちょうどここで、グリーンゲーブルズへ向かうダイアナに会った

  • the mossy old log bridge spanned the brook below the Haunted Wood, and they sat down

    苔むした古いログブリッジはホーンテッドウッドの下に小川に及んだ、と彼らは座った

  • by the margin of the Dryad's Bubble, where

    ドライアドのバブルのマージン、どこで

  • tiny ferns were unrolling like curly-headed green pixy folk wakening up from a nap.

    小さなシダが昼寝から目覚めることカーリーの頭を持つ緑のとんがりの民謡likeアンロールされた。

  • "I was just on my way over to invite you to help me celebrate my birthday on Saturday,"

    "私は、私は土曜日に私の誕生日を祝うためにあなたを招待する私の方法でちょうど終わった"

  • said Anne.

    アンは言った。

  • "Your birthday? But your birthday was in March!"

    "あなたの誕生日?しかし、あなたの誕生日は3月にあった!"

  • "That wasn't my fault," laughed Anne. "If my parents had consulted me it would

    "それは私のせいではなかった、"アンは笑った。私の両親は私に相談していたなら"それはでしょう

  • never have happened then.

    次に起こったことがない。