Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • - I need a little bit more meaty (bleep).

    - もう少し肉付きがいい(ピッ)。

  • Can I say that?

    そう言ってもいいですか?

  • I can swear, right? - Mm-hm.

    誓ってもいいよね?- うんうん

  • (upbeat music)

    (アップビートな曲)

  • - Hello, I'm Hillary Anne Matthews.

    - こんにちは ヒラリー・アン・マシューズです

  • And today we're going to talk

    そして今日は

  • about Sadie Farrell, AKA Sadie the Goat.

    サディ・ファレル、別名ヤギのサディについて。

  • So the year is 1860-ish.

    ということで、年号は1860年前後です。

  • We're in Manhattan, in the Lower East Side,

    ここはマンハッタンの ローワーイーストサイドだ

  • which is a grizzly locale.

    グリズリーのロケ地になっています。

  • So Sadie pitched a male accomplice, and she was like,

    セディは共犯者の男性を 誘ったんだが

  • hey dude, what if a guy comes out of a bar,

    おいおい、バーから男が出てきたらどうするんだ?

  • and I will run up to him,

    と言って駆け寄る。

  • and just headbutt him in the stomach and disorient him?

    腹に頭突きをして 混乱させるのか?

  • And he was like, cool, I will take a slingshot,

    そして、彼はクールに、パチンコを持っていくと言っていました。

  • and from a distance, knock him out.

    遠くから、彼をノックアウトします。

  • And that's how she earned the nickname Sadie the Goat.

    それで彼女はヤギのサディと呼ばれるようになりました。

  • Because newsflash, goats headbutt things.

    ニュース速報ではヤギが頭突きをするからだ

  • And Sadie is just running at them

    そしてサディは彼らに向かって走っている

  • and headbutting them in the stomach

    と胃袋に頭突きをして

  • Sling shot!

    スリングショット!

  • And they made a lot of money, like a decent living.

    そして、まともな生活をしているかのように大金を稼いでいました。

  • Like it was like an honorable living.

    名誉ある生き方をしていたような。

  • You know, it wasn't

    それは

  • like a super fancy, really intense-

    超派手な、本当に強烈な...

  • - Wait, it wasn't fancy- - It wasn't fancy.

    - 待って 派手じゃないわよ

  • - The way they were living, of headbutting people?

    - 人の頭を叩くような生き方をしていたのかな?

  • - So additionally, simultaneously there was a bar

    - だから追加で、同時にバーがありました

  • called the Hole in the Wall,

    壁の穴と呼ばれる

  • and there was a bouncer, her name was Gallus Mag.

    用心棒がいた 彼女の名前はギャラスマグだ

  • And Gallus Mag was six feet tall.

    ガルスマグの身長は6フィートだった

  • And additionally, she was a badass bitch

    その上、彼女は悪い女だった

  • for real, and for truly.

    本当の意味で、本当の意味で。

  • One day, our girl Sadie the Goat

    ある日、私たちの女の子、ヤギのサディは

  • comes into the Hole in the Wall bar.

    壁の穴バーに入ってきます。

  • And she like encounters Gallus Mag.

    そして、彼女はガルスマグとの出会いが好きなのです。

  • And here's the thing about Gallus Mag, she was British.

    ギャラスマグはイギリス人だったからな

  • Here's the thing about Sadie the Goat, she was Irish.

    ヤギのサディはアイルランド人だった

  • Here's the thing about that time period,

    その時代にあったものがここにある。

  • white on white racism.

    白に白の人種差別。

  • So Sadie the Goat, who was like a very mouthy individual,

    だからヤギのサディは、口の達者な個体のようでした。

  • was like, the thing about British people,

    イギリス人のことを言っていた

  • they are like always like, oh, Big Ben,

    彼らはいつもビッグ・ベンのようなものだ

  • it's like a big clock.

    大きな時計のようなものです。

  • And Gallus Mag was like,

    ガルスマグもそうだったけど

  • please dial back what you're saying.

    言っていることをダイヤルバックしてください。

  • And Sadie the Goat was just like,

    ヤギのサディもそうだったし

  • well additionally, beans on toast.

    well additionally, beans on to beast.

  • Gallus mag was like, you're being too crazy.

    ガラケーマグはキチガイすぎるって感じだったな

  • So she took Sadie the Goat

    だから彼女はヤギのサディを連れて行った

  • by the ear and she dragged her to the door.

    耳を掴んでドアまで引きずっていった。

  • Sadie the Goat was like (screams).

    ヤギのサディはまるで(悲鳴)。

  • (laughs)

    (笑)

  • So Gallus Mag chomps off her Mo effing ear.

    ギャラスマグは彼女の耳を切り落としたのか

  • And she puts it into a jar of alcohol.

    そして、彼女はそれをアルコールの入った瓶に入れる。

  • And it was like such a great trophy that she labels it.

    そして、それは彼女がそれをラベル付けするような偉大なトロフィーのようなものでした。

  • Sadie the ears, nope, Sadie the Goat's ear.

    耳のサディ、いや、ヤギの耳のサディ。

  • And she put it on her trophy case.

    そして、彼女はそれをトロフィーケースに入れていました。

  • At this point, Sadie the Goat is very embarrassed.

    この時点で、ヤギのサディはとても恥ずかしがっています。

  • And she then witnesses this gang

    そして、彼女はこのギャングを目撃した

  • called the Charlton street gang.

    チャールトン通りのギャングと呼ばれる

  • And they're trying to commandeer a small ship,

    そして小型船を徴用しようとしている。

  • but they're doing a very, very bad job.

    しかし、彼らは非常に、非常に悪い仕事をしています。

  • So she's like, you guys, you're doing not a good job.

    だから彼女は「お前ら、いい仕事してないだろ」って感じなんだよ。

  • And because of me, I can make you do a very good job.

    そして、私がいるからこそ、とても良い仕事をさせられるのです。

  • And if you wanna work together,

    そして、一緒に仕事をしたいなら

  • we can be more successful.

    の方が成功する可能性があります。

  • And they're like, okay, listen,

    そして、彼らは、いいか、聞いてくれと言っている。

  • Sadie the Goat, if that is your real name, we're onboard.

    ヤギのサディ それが本名なら 乗ったぞ

  • So they start cruising up and down the Hudson.

    それで彼らはハドソンの上と下を 巡航し始めました

  • And they are just like stealing things

    そして、物を盗むのと同じように

  • and pillaging small towns.

    と小さな町を略奪しています。

  • And she was like, (laughs)

    と、彼女は言っていました(笑)

  • obviously we need to start kidnapping people hardcore.

    明らかに誘拐を始める必要がある

  • So she's kidnapping people.

    だから彼女は人を誘拐している。

  • And she's like, I don't care if your loved ones

    彼女は、あなたの愛する人がいても気にしない

  • love you enough to pay your ransom.

    身代金を払うほど愛している

  • Like, I'm gonna make you walk the plank right now.

    今すぐにでも、その板を歩かせてやる。

  • And he is like, no, I'm so sorry I back-talked you.

    そして、彼は、いや、私があなたにバックトークをしたことをとても残念に思っています。

  • And she was like, I am Sadie the Goat!

    彼女は「私はヤギのサディよ!」と言っていました。

  • And then she like trots him off the plank,

    そして、彼女は彼を桟敷から追い出すようにして

  • and he splashes into river, like (imitates splashing).

    と彼は(水しぶきをまねて)のように、川に水しぶきをかける。

  • (Derek laughs)

    (デレクが笑う)

  • So they get the police involved.

    それで警察を巻き込んでしまう。

  • And they lie and wait, and they're like,

    そして、彼らは嘘をついて待っているようなものです。

  • okay, we're gonna get Sadie the Goat.

    山羊のサディを捕まえよう

  • And when Sadie and the gang members disembarked,

    そして、サディとギャングのメンバーが下船した時に

  • they ambushed them.

    彼らは彼らを待ち伏せしていた

  • And they really did some damage,

    そして、彼らは本当にいくつかのダメージを受けました。

  • 'cause they were shooting a lot of guns.

    銃をたくさん撃っていたからだ

  • And so Sadie and her gentlemen suffered

    セディたちは苦しんだ

  • enough casualties that at the end of it,

    十分な死傷者が出ています

  • Sadie was like, yo we gotta pack it in.

    セディは「詰め込まないと」と言っていました。

  • So Sadie the Goat returned to the fourth ward.

    そこでヤギのサディは第四病棟に戻ってきた。

  • and she went to go visit Gallus Mag.

    と言ってガルスマグを見に行ったそうです。

  • And she was like, hi, listen.

    彼女は「ハイ、聞いて」と言っていました。

  • I know I was like super crazy.

    超狂人みたいな感じだったのは知ってる

  • And like, I'm so sorry for that, it was my bad.

    私が悪かったのよ

  • And Gallus Mag is like, I have something for you.

    そしてギャラスマグは「あなたにあげるものがある」という感じです。

  • And Sadie's like, what could it be?

    セディは何かあったのかな?

  • And Gallus Mag presents her with Sadie's ear.

    そしてガルスマグはサディの耳をプレゼント。

  • And she was like, regardless of whatever

    彼女は何があっても

  • is between our legs, we are really down to clown.

    股間の間では、私たちは本当にピエロにダウンしています。

  • And like we are like really down

    私たちは本当に落ち込んでいる

  • to like really tear shit up.

    糞を引き裂くようにして

  • And like I will headbutt you in the stomach.

    お前の腹に頭をぶつけてやる

  • And I will chomp your ear off,

    耳を食いちぎってやる

  • and like thank you for being a friend.

    と友達になってくれてありがとうのように。

  • That's how we got the "Golden Girls"

    そうやって "ゴールデン・ガールズ "を手に入れたんだ

  • soundtrack song, Derek Waters.

    サウンドトラックの曲、デレク・ウォーターズ

  • Thank you for being a friend

    "友達になってくれてありがとう

  • If you threw a party

    ♪ If you threw a party ♪

  • - Keep going. - I don't know.

    - 続けて- どうかな?

  • - [Hillary] Yeah, neither do me.

    - 私もよ

  • - Hello, today we're gonna talk about

    - こんにちは、今日は

  • Kentucky Daisy and the great Oklahoma land runs. (laughs)

    ケンタッキーデイジーとオクラホマの大ランドラン。(笑)

  • Oh no, I can't.

    いやー、無理です。

  • So late 1870s, Kentucky Daisy is a journalist

    だから1870年代後半のケンタッキー・デイジーはジャーナリスト

  • writing all just the fluff, garbage, women pieces.

    フサフサ、ゴミ、女の欠片ばかり書いて

  • They're like, here's an assignment.

    彼らは、ここに課題があると言っています。

  • Why don't you go write about making corn pie

    コーンパイを作ることについて書いてきたらどうですか?

  • or a pudding article or whatever, okay?

    とかプリンの記事とかでいいんじゃね?

  • She's like, I need a little bit more meaty (bleep).

    彼女は、もう少しお肉が欲しいって感じです(ピピッ)。

  • Can I say that?

    そう言ってもいいですか?

  • I can swear, right? - Mm-hmm.

    誓ってもいいんだよね?- ふむふむ。

  • - So the government has this land,

    - この土地は政府が持っているんですね。

  • it's like two million acres,

    200万エーカーのようなものだ

  • I mean, taken from the poor Native Americans.

    貧乏なネイティブアメリカンから奪ったんだよ

  • And they're like, what if we give it to some crazy pioneers,

    そして、彼らは、私たちがクレイジーな先駆者にそれを与える場合はどうかのようなものです。

  • let them kind of cultivate it for us,

    私たちのために、彼らにそれを栽培させてください。

  • make some cities it's cetera?

    いくつかの都市をセテラにするのか?

  • Let's give the white people a chance.

    白人にチャンスを与えよう

  • So awful, we took two million acres.

    200万エーカーの土地を 奪ったのよ

  • - Wow.

    - うわー

  • - It's very sad.

    - とても悲しいことです。

  • But anyways, God bless America. (laughs)

    でも、とにかく、アメリカに神のご加護がありますように。(笑)

  • So she hears about this huge land run.

    それで彼女は、この大規模な土地のことを聞いた。

  • April 22nd, noon, land run,

    4月22日 正午 ランドラン

  • 160 acres for free to white people.

    160エーカーを白人に無料で提供しています。

  • So she is like, hey journalist boss,

    だから、彼女は「ねえ、ジャーナリストのボス」みたいな感じです。

  • what if I went to this land run

    このランドランに行ったらどうなるんだろう

  • and I talked about what girls

    と女子の話をしてみました。

  • are wearing, in terms of petticoats?

    が着ているのは、ペチコート的な意味で?

  • But in her head she's like,

    でも彼女の頭の中では

  • I'm gonna get a piece of this land for me.

    この土地の一部を俺にくれてやる。

  • So she gets there,

    それで彼女はそこに着いた。

  • there are 50,000 people lining the border.

    5万人が国境に並んでいます

  • Cannon goes off at noon, boom.

    正午に大砲が鳴り響く

  • Everybody's acting buck wild.

    誰もが野生的な行動をとっている

  • Everybody's buck.

    皆のものだ

  • They'll trample other people,

    他人を踏みにじる

  • take kids down, they don't care.

    子供を連れて行っても気にしない

  • So there's also a train that goes into the lands as well.

    だから、土地にも入る電車があるんですね。

  • And it's filled with journalists.

    そして、ジャーナリストで溢れています。

  • Kentucky Daisy's on the train.

    ケンタッキーのデイジーが電車に乗ってる

  • She's trying to keep it cool.

    彼女は冷静さを保とうとしている。

  • But then it goes up this incline so it slows down.

    でも、この坂を上っていくのでスピードが落ちます。

  • Kentucky Daisy's like (bleep) this (bleep).

    ケンタッキーデイジーは、この(ピッピッ)みたいな(ピッピッ)。

  • She jumps off of a moving train,

    彼女は移動中の電車から飛び降りる。

  • over a ditch, gets to the plot of land that she wants

    溝を越えて目的の土地にたどり着く

  • pulls a stake out, pop, claims the land shoots a gun off,

    杭を抜いて、ポップ、土地が銃を撃ったと主張している。

  • because whatever, that's who she is.

    それが彼女の正体だからだ

  • Thus I salute the, what?

    このように、私は敬意を表します、何?

  • - What?

    - 何だと?

  • - Kentucky Daisy Claim,

    - ケンタッキーデイジーのクレーム。

  • thus I salute the Kentucky Daisy Claim.

    このように私はケンタッキーデイジーの主張に敬意を表します。

  • She gets the land, and so on her little piece of property

    彼女は土地を手に入れたので、彼女の小さな財産の上に

  • she builds a house and whatever.

    彼女は家を建てたりして

  • But she starts to kinda get that hunger again.

    でも、彼女はまた空腹を感じ始めた。

  • She's like, I'm gonna go to this next land run.

    彼女は、次のランドランに行くつもりだと言っています。

  • I'm gonna ride a horse in, like a badass bitch.

    下手くそな女みたいに馬に乗ってくるからな

  • Boom, cannon goes off, and she does,

    大砲が爆発して、彼女がやった。

  • she rides a horse in, she's super cool.

    彼女は馬に乗って、超カッコいい。

  • Then the horse acts like a (bleep) asshole,

    すると、馬は(ピッ)としたアホみたいな行動をします。

  • throws her, tromps her face with its little horse hooves.

    彼女を投げる、その小さな馬のひづめで彼女の顔を踏みつける。

  • - [Derek] She what?

    - 彼女が何だって?

  • - Tromped her face.

    - 彼女の顔を踏みつけた。

  • What do they do, trample?

    彼らは何をするの?

  • Tramp, the horse tramped her face, right?

    トランプ、馬に顔を踏みつけられたんだよな?

  • - Yeah.

    - そうだな

  • - Who cares?

    - 誰が気にする?

  • She lost it.

    彼女はそれを失った

  • So she's out, she's unconscious.

    それで彼女は気絶していて、意識を失っています。

  • She wakes up, she's like, where am I?

    目が覚めたら、ここはどこなんだ?

  • Who cares where I am?

    誰が私の居場所を気にするの?

  • It's land, I'm gonna claim it.

    土地なんだから、主張してやるよ。

  • I don't give a (bleep) shadoink, this is my land.

    シャドウィンクなんてどうでもいい、ここは俺の土地だ。

  • People next door are like,

    隣の人はこんな感じです。

  • you just got hit in the (bleep) face, you're cray.

    殴られただけで(゚Д゚)クレイ

  • Now she's got two plots of land.

    今、彼女は2つの土地を持っています。

  • That's it, that's it, that's the cap.

    それはそれで、それはそれで、それはそれで、キャップです。

  • So Kentucky Daisy brought 11 women.

    ケンタッキーデイジーは11人の女性を連れてきたんですね。

  • She's like girls, we're gonna go into these new lands.

    彼女は女の子のように、私たちはこれらの新しい土地に行くつもりです。

  • We're gonna give you some property for yourselves.

    自分たちのために財産をあげよう

  • Like have at it, this is for us, this is lady land.

    これは私たちのためのもので、ここはレディランドです。

  • Let's put up some houses,

    家を建てよう

  • establish some lady property,

    女性の財産を確立する

  • put a hot tub up, do whatever you want.

    湯船を立てて、好きなようにしてください。

  • These bitches are (bleep) rifled up.

    これらの愚痴は(ピッピッピッピッピッピッピッピッピッピッピッピッピッピッピッピッピッ

  • They're called Daisy's Amazons by the New York Times.

    ニューヨークタイムズでは デイジーのアマゾンと呼ばれています

  • So they go in there.

    だから、彼らはそこに入る。

  • Here's the crazy part, you're supposed to go in at noon.

    ここでおかしなことに、正午に入ることになっている。

  • That's the time.

    その時です。

  • But they go in days early, which is illegal.

    しかし、何日も早く入ってしまうのは違法行為です。

  • That's like a thing.

    そんな感じですね。

  • Those people were called Sooners.

    スンナーと呼ばれていた

  • And they hide in a ditch.

    そして、彼らは溝に隠れています。

  • So their whole thing is like, hey, by the way,

    だから、彼らの全体は、ねえ、ところで、という感じです。

  • if like a (bleep) dude runs up on you tonight,

    もし今夜、(ピッピッ)とした男があなたに近づいてきたら、

  • shoot him in the throat.

    喉を撃ち抜いて

  • Sounds like a blast, but okay.

    楽しそうだけど、まあいいか。

  • Kentucky Daisy gets it in her head

    ケンタッキーデイジーはそれを彼女の頭の中に取得します。

  • that she's like, you know what I need?

    彼女は、私が何を必要としているか知っていますか?

  • Snacks, supplies, food, whatever it was.

    スナック、消耗品、食べ物、何でもいいから。

  • I'll volunteer to get the Fritos.

    フリトスを取りに行きます

  • They're like cool, she goes out.

    彼らはクールな感じで、彼女は外に出ていく。

  • And the guys in charge of land run are like,

    ランドランの担当者もそうだけど

  • no, not cool, we're gonna capture you.

    いや、クールじゃないわ、あなたを捕まえるわよ。

  • You can't get the land.

    土地を手に入れることはできません。

  • Sorry, you can't go get your Fritos.

    フリトスを取りに行けなくてごめんね

  • She diverted the attention that might've been

    彼女は注意をそらしていたかもしれない

  • on these 11 ladies that were hiding in the ditch,

    11人の女性が溝に隠れていました。

  • and they ended up being landowners.

    で、結局地主になってしまった。

  • Gonna throw up.

    吐きそうだ

  • I'm not.

    私はそうではありません。

  • People underestimate the power of wine.

    人はワインの力を過小評価している

  • Wine has a very high (bleep) up quotient.

  • - I agree.

    - 同感です。

  • - This is two bottles. (laughs)

    - これは2本です。(笑)

  • So anyways, in 1893, it's the biggest land run ever.

    とにかく1893年には過去最大のランドランなんですね。

  • She gets 36 single broads.

    彼女は36のシングルブロードを取得しています。

  • She's like, (bleep) those stereotypes.

    彼女は、(ピッピッ)とした固定観念のようなものを持っている。

  • These are my hoes.

    これは私の女だ

  • This is the best, and that's what she said.

    これは最高ですね、と彼女は言っていました。

  • She's like, (bleep) blow into these territories,

    彼女は、(ピッピッ)と、これらの領域に吹き込むようなものだ。

  • and make a bunch of women in charge of these lands.

    そして、これらの土地の責任者を女性の束にしてください。

  • That's everybody's nightmare, (bleep) yes.

    それはみんなの悪夢です、はい。

  • 36 single women claim the land,

    36人の独身女性が土地を主張しています。

  • set up houses and schools, and they built it themselves.

    家や学校を設置し、自分たちで建てた。

  • How dare they?

    よくもまあ

  • And that land became Oklahoma, like the Sooner State.

    その土地はオクラホマになった スンナー州のようにね

  • She's kind of the mother of Oklahoma.

    オクラホマの母親のようなものだ。

  • You know, it's not all about pioneers,

    開拓者ばかりではないんですよ。

  • not all about families.

    家族ばかりではありません。

  • You can be a (bleep) single lady,

    (ピッピッピッピッ)独身女性になれる。

  • making it on your own, you know?

    自作自演

  • Bitches be doing it for themselves.

    クソ女は自分のためにやってるんだ

  • Take it easy.

    無理しないで

  • - We love you.

    - 私たちはあなたを愛しています。