Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • Transcriber: Leslie Gauthier Reviewer: Joanna Pietrulewicz

    書き手: Leslie Gauthierレビュアー: Leslie Gauthier レビュアー。ジョアンナ・ピエトルウィッツ

  • I have two teenage boys.

    私には10代の男の子が2人います。

  • One is 16 and one is 13.

    1人は16歳、1人は13歳。

  • And like most families with multiple children,

    そして、複数の子供がいる家庭の多くがそうであるように

  • they are completely different.

    それらは全く違うものです。

  • Both are wonderful and have many great qualities about them,

    どちらも素晴らしく、多くの素晴らしい資質を持っています。

  • however what really sets them apart

    しかし、何が彼らを際立たせているかというと

  • is that my older son knows when to bite his tongue

    上の子は舌を噛むタイミングを知っているから

  • and my young son, not so much.

    若い息子はそうでもない

  • You see, my younger son really struggles with having a filter,

    下の子はフィルターを持つことに本当に苦労しています。

  • especially when it comes to speaking up

    殊に言えば

  • and saying exactly what's on his mind.

    と、彼の心の中にあるものを正確に言っています。

  • About three years ago,

    3年ほど前に

  • a bunch of kids and adults in the neighborhood had come together

    近所の子供たちと大人たちが集まっていた

  • to work through a big conflict.

    大きな葛藤を乗り越えていくために

  • The kids were basically at war with each other.

    子供たちは基本的に戦争状態になっていました。

  • There were lots of tears, screaming, shouting,

    泣いたり、叫んだり、叫んだりしていました。

  • and I felt like we would never get to a resolution.

    と、解決には至らないような気がしていました。

  • When we were in the height of everything,

    何もかもが絶好調だった頃

  • my younger son, in the most calm, clear, matter-of-fact tone,

    下の子は、一番落ち着いていて、はっきりしていて、問題のない口調で

  • turned to another child and said,

    と別の子に向き直って言った。

  • "You know you were lying. You know that's not what happened.

    "あなたは嘘をついていたことを知っています。そんなことはないと知っているはずだ。

  • It's time to come clean and tell everyone the truth."

    白状して真実を話す時が来ました。"

  • The entire group stopped.

    グループ全体が止まってしまった。

  • They could not argue with him; they could not dispute him.

    彼らは彼と議論することができず,議論することもできなかった。

  • His manner of delivery was so real

    届け方がリアルだった

  • and so honest.

    と、とても正直な気持ちになりました。

  • And I remember feeling really proud of him in that moment,

    そして、その時に彼を誇りに思ったのを覚えています。

  • because he had the courage and the confidence to speak up.

    なぜなら、彼には勇気と自信があったからです。

  • And that moment started getting me thinking.

    その瞬間から考えさせられました。

  • Why as a society have we created this fear to speak up,

    なぜ社会として、このような恐怖を生み出してしまったのか。

  • especially in a group of our peers or our coworkers?

    特に仲間や同僚のグループでは?

  • Wouldn't it be amazing if you could tell your boss

    あなたが上司に言ってくれたら すごいと思いませんか?

  • that that project deadline she put out there

    彼女が出したプロジェクトの期限が

  • is completely unreasonable?

    は全く理不尽なのでしょうか?

  • And what about being able to tell a coworker

    そして、同僚に伝えることができるというのはどうでしょうか。

  • that they're being really difficult?

    彼らは本当に難しいことをしているのか?

  • Now I know some of you are lucky enough to be able to work in places

    今では、あなた方の中には、幸運にも仕事ができる場所があることを知っています。

  • that value that kind of openness and honesty,

    そのような素直さや誠実さを大切にしているのが

  • however in my work as a leadership and organizational coach,

    しかし、私はリーダーシップと組織のコーチとしての仕事をしています。

  • I have to tell you that is not the norm.

    それが当たり前ではないと言わざるを得ません。

  • I've observed hundreds of scenarios

    何百ものシナリオを観察してきた

  • and coached multiple people through situations

    複数の人に状況に応じたコーチングをしています。

  • where they are afraid to speak up,

    彼らが発言するのを恐れているところ

  • they're afraid to have those honest conversations out in the open,

    彼らは正直な会話をするのを恐れている

  • especially when they're needed the most.

    特に最も必要とされている時には

  • And you probably know what I'm talking about:

    そして、あなたは私が何を言っているか知っているでしょう。

  • you're in meeting, somebody pitches an idea,

    打ち合わせ中に誰かがアイデアを投げる

  • not everyone agrees,

    誰もが同意するわけではありません。

  • but no one says a word.

    でも誰も何も言わない

  • And then about two seconds later,

    そして、その2秒後くらいに

  • somebody picks up their cell phone

    ケータイを取る

  • and begins sending a text message to somebody else in the same meeting,

    と、同じ会議中の誰かにテキストメッセージを送り始める。

  • telling them how stupid the idea is.

    くだらない考えを伝える

  • And let's not forget the proverbial watercooler conversations.

    ウォータークーラーの会話も忘れずに。

  • As soon as the meeting over,

    会議が終わるとすぐに

  • they rush over to a peer or a group of coworkers

    駆け寄る

  • probably near a watercooler

    ウォータークーラーの近くかな

  • and offer all kinds of opinions about that meeting.

    と、その会議について様々な意見を述べています。

  • But the problem is that it's after the meeting

    しかし、問題は会議の後であること

  • instead of during it.

    その間ではなく

  • So I'm on a mission.

    だから私には使命がある

  • I want to stop the passive-aggressive texting

    受動的なメールをやめたい

  • and start bringing the watercooler conversations front and center.

    そして、ウォータークーラーの会話を前面と中心に持ってくるようにしてください。

  • I believe when we can start to have these types of conversations,

    こういう会話ができるようになってきたら、と思っています。

  • it will change the dynamics of how we all work together.

    みんなで協力して仕事をする方法の力学を変えることになります。

  • We'll become more productive,

    より生産的になっていきます。

  • less fearful and even happier at work.

    恐怖心が減り、仕事がさらに楽しくなりました。

  • Now, I often get asked:

    さて、よく聞かれるのが

  • how do you muster up the courage to have those kinds of conversations,

    どうやって勇気を出して 会話をするんだ?

  • especially if you're not in a leadership position,

    特に指導者の立場でない場合は。

  • or you work in a place that does not value that kind of openness and honesty?

    それとも、そのようなオープンで正直な気持ちを大切にしない職場で働いているのか?

  • And for me, it comes down to a combination of four things:

    そして、私にとっては、4つのことの組み合わせが重要なのです。

  • confidence, intent,

    自信、意思。

  • delivery

    娩出

  • and always striving to seek a solution.

    と、常に解決策を求めて努力しています。

  • So let me break those down for you.

    では、それらを分解してみましょう。

  • The first one is confidence.

    1つ目は自信です。

  • And I know -- easier said than done.

    言うは易し、行うは難し。

  • However, I have a little trick that I hope will help you.

    しかし、少しでもお役に立てればと、ちょっとしたコツがあります。

  • The next time you're in a meeting and you want to speak up

    次回は会議中に発言したい時に

  • but you're feeling a little nervous or anxious,

    と言っても、ちょっとした不安や緊張を感じているのではないでしょうか。

  • I would recommend you use what I call "the Captain Obvious strategy."

    私が「明らかなキャプテン戦略」と呼んでいるものを使うことをお勧めします。

  • It goes something like this:

    こんな感じです。

  • "Call me Captain Obvious,

    "明らかなキャプテンと呼んでくれ

  • but isn't that solution not really going to address our problem?"

    "でもその解決策では問題は解決しないのではないか?"

  • By saying "Captain Obvious" out loud,

    大声で「明らかにキャプテン」と言うことで

  • it basically adds a little humor to the moment,

    基本的にはちょっとしたユーモアを加えてくれます。

  • but it also does a check of the room

    が、部屋のチェックもしてくれます。

  • to see if anybody else is hearing, seeing or feeling the same things.

    同じことを聞いたり、見たり、感じたりしている人がいないか確認してみましょう。

  • And by having that confidence to speak up,

    そして、その自信を持って発言することで

  • you then open the door to allow others to have that same confidence.

    あなたは、他の人が同じ自信を持つことができるようにドアを開きます。

  • Now you don't always have to say Captain Obvious out loud.

    これで、いつも大声でキャプテンオブラートと言う必要はなくなりました。

  • You can say it quietly in your head right before you speak up,

    発言する直前に頭の中で静かに言ってみてください。

  • kind of like you're mentally pumping yourself up before a big game.

    大事な試合の前に自分を奮い立たせているようなものだ

  • Regardless of how you use this strategy,

    この戦略の使い方に関わらず

  • confidence is the first step in all of this.

    自信を持つことが全ての第一歩です。

  • So let's move on to intent.

    では、意図に移りましょう。

  • Intent is about having a purpose and a reason to speak up.

    意図とは、目的と理由を持って発言することです。

  • Intent is about knowing and understanding that by me speaking up,

    意図とは、私が発言することで、それを知り、理解することです。

  • I either want to work through a problem or address a situation.

    私は問題を解決したいのか、状況に対処したいのか、どちらかです。

  • For example, when someone is being really difficult in a meeting

    例えば、会議の中で誰かが本当に気難しいことをしているときには

  • and I call them out on it,

    と、私は彼らを呼び出しています。

  • my intent is not to embarrass them.

    私の意図は、彼らを困らせることではありません。

  • My intent is to make them aware

    私の意図は、彼らに気づかせることです。

  • that their behavior is putting a strain on the group.

    彼らの行動がグループに負担をかけていると

  • For my son, his intent was that the truth be heard.

    息子のために、彼の意図は真実を聞くことでした。

  • He wasn't just calling the other child a liar out of spite.

    相手の子を嘘つき呼ばわりしてただけじゃなくて

  • Well ...

    そうか...

  • at least I don't think he was.

    少なくとも私はそうではなかったと思います。

  • He was only 10 at the time, so I could be wrong.

    当時まだ10歳だったので、間違っているかもしれません。

  • However, his underlying intent was that the truth be heard

    しかし、彼の根本的な意図は、真実を聞くことでした。

  • so that we'd get to a resolution.

    決議に至るように

  • I feel when you go in with a positive intent,

    積極的な意思を持って入っていくと感じます。

  • it's much more likely that your message will be received with an open mind.

    その方が、あなたのメッセージが素直に受け取れる可能性が高くなります。

  • Alright, let's move onto the third step, which is delivery.

    よし、第三段階に移ろう 配達だ

  • Delivery is about how you frame the actual message.

    配信とは、実際のメッセージをどのようにフレーム化するかということです。

  • Delivery needs to be factual,

    配信は事実に基づいたものである必要があります。

  • real -- and when I say real,

    本物の...本物と言ったら...

  • I mean no sugarcoating what you're trying to say --

    あなたの言いたいことを 隠そうとしているわけではなく...

  • and it must always take the receiver's feelings into account.

    そして、それは常に受け手の気持ちを考慮に入れなければなりません。

  • Let me give an example.

    例を挙げてみます。

  • Let's say you're working on a team

    あなたがチームで仕事をしているとしましょう

  • and you know there's an individual who just isn't pulling their weight.

    自分の体重を維持できていない人がいることを知っているでしょう。

  • Everyone knows it because you talk about this individual almost every day

    ほぼ毎日この個人の話をしているので、誰もが知っています。

  • at the watercooler,

    ウォータークーラーで

  • but nobody wants to bring it up in the larger group setting.

    しかし、誰も大きなグループの設定でそれを持ち出そうとはしません。

  • Then after several weeks of grumbling and some serious loss in productivity,

    それから数週間の不平不満と、生産性の低下が深刻になってきました。

  • you finally decide we need to have a conversation as a larger group.

    最終的にはもっと大きなグループとして会話をする必要があると決めたんだ

  • So let me show you how the delivery should look.

    ということで、納品の様子をご紹介します。

  • "Hey team, we have not met any of our commitments

    "チームの皆さん、我々は約束を果たしていません

  • over the past several weeks."

    "この数週間で"

  • Simple, direct, no sugarcoating situation.

    シンプルでダイレクト、糖質抜きの状況。

  • And then you would continue:

    そして、あなたは続けるでしょう。

  • "Hey team member, we've looked at the data

    "チームメンバー、データを見てきました

  • and we've realized that you have not been able to meet your commitments

    あなたが約束を果たせていないことがわかりました

  • over the past three sprints."

    "過去3回のスプリントで"

  • Factual. We have the data to show these are our concerns

    事実だ我々の懸念事項であることを示すデータがあります

  • and why we're having this conversation.

    なぜこの会話をしているのか

  • And now this is where we really want

    そして今、私たちが本当に欲しいのはここです。

  • to take the receiver's feelings into account.

    受け手の気持ちを汲み取るために

  • "We're concerned that you do not have everything that you need

    "必要なものがすべて揃っていないことを心配しています

  • and that we need to do something better to support you."

    "あなたをサポートするために 何か良いことをしなければならないと"

  • Empathetic, caring,

    共感性、思いやり。

  • and in my experience, it almost always works.

    そして私の経験では、ほとんどの場合、それはうまくいきます。

  • When we're able to have these types of conversations out in the open,

    こういう会話ができるようになったら

  • it creates the environment where the team feels more confident to speak up.

    チームが自信を持って発言できる環境を作ります。

  • And in my past experience, some of these teams have become

    そして、私の過去の経験では、これらのチームのいくつかは

  • some of the highest-performing teams in the company,

    社内でもトップクラスの成績を収めているチームがあります。

  • just by being able to have those types of conversations.

    そういう会話ができるようになっただけでも

  • Imagine that.

    想像してみてください。

  • Now let's move on to the last piece of this,

    では、最後のピースに移りましょう。

  • which is always entering a conversation

    入り浸っている

  • with a mindset of wanting to seek a solution.

    解決策を求めたいという気持ちを持って

  • And for me, that's the piece that I see that is missing the most.

    私にとっては、それが一番欠けている部分だと思っています。

  • How many of you have been in a meeting and you work through a problem,

    何人の人が打ち合わせをして、問題を解決したことがあるのか。

  • but you realize you've spent the entire meeting hashing through the problem,

    でも問題を解決するのに会議中ずっと費やしていたことに気づくのね

  • and then you get to end of it

    とか言って終わりにして

  • and you need to schedule another meeting just to work through solutions?

    解決策を練るために別の会議の予定を立てる必要があるのか?

  • Yep, probably happens more than we'd like to admit.

    そうだな、おそらく我々が認めたいと思うよりも多くのことが起きているのだろう。

  • Let's say you're on a project,

    あなたがプロジェクトに参加しているとしましょう。

  • and you know it's a problem,

    と問題があることを知っているはずです。

  • you've been slogging through it with no end in sight.

    終わりの見えない中でゴロゴロしていたんですね。

  • So you call somebody into the room that's a little bit closer to the work,

    だから、少し作業に近い部屋に誰かを呼ぶんですね。

  • hoping that you can understand what the problems really are

    何が問題なのかを理解してもらいたくて

  • and work through a solution.

    と解決策を考えます。

  • But they come into the room and this is what they say:

    しかし、部屋に入ってくるとこんなことを言っています。