Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • - "Hey, guys.

    - "やあ、みんな。

  • "I murdered James Callender." (laughs)

    "ジェームズ・キャレンダーを殺した"(笑)

  • - I'm peeing myself.

    - おしっこをしています。

  • (men laughing)

    (男たちの笑い声)

  • (dramatic instrumental music)

    劇曲

  • - Hello, my name's David Wain.

    - こんにちは デビッド・ウェインです

  • I have a dirty martini,

    汚いマティーニを持っています。

  • and today we're gonna talk about Alan Freed

    今日はアラン・フリードの話をしましょう

  • and the birth of rock and roll,

    とロックンロールの誕生を

  • which is a great story about fun, race, and music.

    楽しさとレースと音楽の話で盛り上がっています。

  • (upbeat instrumental music)

    (アップビートなインストルメンタルミュージック)

  • Alan Freed is a DJ on WAKR in Akron, Ohio,

    Alan Freedはオハイオ州アクロンのWAKRでDJをしています。

  • and he's like, you know, "Hey, I'm playing regular music."

    とか言って、"おい、普通の音楽をやってるんだぞ "みたいな。

  • He was playing jazz and pop and pre-rock and roll music.

    ジャズやポップス、ロックやロール前の音楽を演奏していた。

  • Meanwhile, there was this guy named Leo Mintz.

    その間に レオ・ミンツという男がいた

  • Leo Mintz is record store owner in Cleveland, Ohio,

    レオ・ミンツはオハイオ州クリーブランドでレコード店を経営している。

  • and Leo Mintz was seeing that these white kids

    レオ・ミンツは白人の子供たちを見ていた

  • are having a good time and they're dancing.

    が楽しそうに踊っています。

  • But at the time, it wasn't accepted for white people

    しかし、当時は白人には受け入れられなかった

  • to buy Black music, or what they called race music,

    を購入するために、ブラックミュージック、つまり人種音楽と呼ばれるものを購入します。

  • and he became aware of this DJ Alan Freed.

    と、このDJアラン・フリードを意識するようになりました。

  • And he's like, "Come over to Cleveland

    "クリーブランドに来てくれ "と

  • "and you can go on the air on WJW,

    "WJW "で放送されてもいいよ

  • "which is a big radio station, a white radio station,

    "白人ラジオ局 "という大きなラジオ局です。

  • "but I'm gonna get you to play

    "でも、私はあなたに遊んでもらうつもりよ

  • "these rhythm and blues records that I'm trying to sell."

    "リズムとブルースのレコードを 売ろうとしている"

  • And Alan Freed said, "Thank you, I'll do it."

    そして、アラン・フリードは「ありがとう、俺がやる」と言った。

  • It was a time when racial boundaries

    人種の境界線があった時代

  • were just slowly being ben, bended, but nobody knew (laughs)

    は、ゆっくりとベン、ベンドされていただけで、誰も知らなかった(笑

  • - [Host] Nobody knew.

    - 誰も知らなかった

  • - Nobody knew. Nobody knew.

    - 誰も知らない誰も知らなかった

  • Leo Mintz would come over to the radio station

    レオ・ミンツがラジオ局に来るだろう

  • and he's like you know,

    と言って、彼はあなたが知っているようなものです。

  • "What are we going to call this thing?

    "これを何と呼ぶのか?

  • "'Cause if we call it rhythm and blues

    "リズム&ブルースと呼ぶなら

  • "then, then the white audience won't accept it

    "それでは白人には受け入れられない

  • "because that's, that's a race music term."

    "それは人種音楽の用語だから"

  • And they were like,

    とか言っていました。

  • "Well, you know, we're rocking and rolling."

    "俺たちは揺れて転がっている"

  • "(beep) Great."

    "(ビープ音)素晴らしい"

  • He's like, "Great, that's what it is.

    ほむら「いいね、そういうことだよ。

  • "It's rock and roll." (belching)

    "ロックンロールだ"(息を呑む)

  • And he creates this whole persona.

    そして、彼は全体のペルソナを作ります。

  • He's like, "Hey, how y'all doing today?

    彼は「ねえ、今日はどうしてる?

  • "This is Alan Freed, king of the moondoggers.

    "こちらはアラン・フリード ムーンドッグの王様

  • "The Moondog Show, Northeast Ohio, Cleveland, Ohio.

    "The Moondog Show, Northeast Ohio, Cleveland, Ohio.

  • "Home of the Cleveland Browns, Art Modell."

    "クリーブランド・ブラウンズの本拠地 アート・モデル"

  • Okay, so now, and that's good.

    よし、今は、それでいい。

  • Cheers, once again. - Rock and roll.

    乾杯、もう一度。- ロックンロール

  • - And here we are.

    - そして、ここに来ました。

  • This is number two. - Number two.

    これは2番だ- 2番だ

  • - So then he's like,

    - それで彼は

  • "Okay, what do we do to like up the ante here?"

    "よし、どうすればいいかな?"

  • And so Alan Freed's like, "Let's make a big (beep) show."

    それでアラン・フリードは "大きな(ビープ音の)ショーを作ろう "と言ったんです。

  • (coughing) So then they set up this big show

    (咳き込む) それで彼らはこの大きなショーを準備したんだ

  • at the Cleveland Arena, the Moondog Coronation Ball.

    クリーブランド・アリーナの ムーンドッグ・コロネーション・ボールで

  • It was, you know, considered the first rock and roll concert

    最初のロックンロール・コンサートと考えられていた

  • that there ever was.

    今までにあった中で

  • So 20,000 people come to a venue that could only fit 10,000.

    1万人しか入れない会場に2万人も来るんですね。

  • They're shoving in.

    押し込んでいる。

  • It becomes a (beep) fiasco.

    (ビープ音)の大失態になります。

  • There's riots.

    暴動が起きている。

  • The Cleveland fire department shut the whole thing down.

    消防署が閉鎖したんだ

  • Well, of course the next day it's like roll music is hurting

    まあ、もちろん次の日にはロールミュージックが痛いみたいになってるけど

  • teenagers, making them bad.

    ティーンエイジャーを悪者にして

  • Um, I think when you drink,

    えーと、お酒を飲むときに思うのですが

  • you lose a little bit of vocabulary,

    ボキャブラリーが少なくなる

  • but anyway, that's fine.

    でも、とにかく、それはそれでいいんです。

  • But he went on the air the next day.

    しかし、次の日には放送に出た。

  • "Look, it didn't work out, but we move forward.

    "ほら、うまくいかなかったけど、前に進もう

  • "Are you with me?

    "私と一緒にいるの?

  • "We'll know if by your phone calls, letters."

    "電話や手紙で分かる"

  • And the teenagers were into it

    そして、10代の若者たちはそれに夢中になっていました。

  • and they just came out in throngs.

    と、群衆で出てきました。

  • He was eventually wooed by the big town.

    やがて彼は大きな町に言い寄られた。

  • And I'm talking about Mr. New, Mr. York, and Hello, City.

    そして、ミスター・ニュー、ミスター・ヨーク、ハロー・シティの話をしています。

  • I'm talking about New York City.

    ニューヨークの話をしています。

  • Jesus Christ.

    何てこった

  • He packs up his (beep)

    彼は彼の(ビープ音)をパックアップします。

  • and he goes from Cleveland to New York.

    彼はクリーブランドから ニューヨークに行った

  • And he's like, "Let me tell you about Chuck Berry.

    そして、「チャック・ベリーの話をしようかな。

  • "Let me tell you about Little Richard.

    "リトル・リチャードの話をしよう

  • "Let me tell you about Fats Domino."

    "ドミノ脂肪の話をしよう"

  • And his show is piped to Europe.

    そして、彼のショーはヨーロッパにパイプされています。

  • It has been said it's the first time

    初めてだと言われています。

  • that The Beatles hear rock and roll

    ビートルズがロックンロールを聞くと

  • is on the Alan Freed's radio show.

    は、アラン・フリードのラジオ番組に出演しています。

  • "Hey there, Paul, this is pretty good.

    "やあ、ポール、これはなかなかいいぞ。

  • "Maybe we should do this."

    "これをやるべきかもしれない"

  • Next thing you know, it's like The Beatles.

    次はビートルズみたいな感じで

  • He put together a show in Boston

    彼はボストンでショーを開催した

  • and the kids are getting rowdy

    子供が騒いでいる

  • and the cops in Boston, they're like,

    とボストンの警官が言っていた。

  • "No, this is not okay."

    "いや、これは大丈夫じゃない"

  • So then Alan Freed gets on stage and he's like,

    それでアラン・フリードがステージに上がってきて、彼はこう言った。

  • "Kids, it's gonna be fun.

    "子供たち、楽しそうだね。

  • "We're gonna have a good time.

    "楽しい時間を過ごそう "ということで

  • "We're gonna rock and roll tonight."

    "今夜はロックンロールだ"

  • "Rock and roll, rock and roll, rock and roll."

    "ロックンロール、ロックンロール、ロックンロール"

  • And then they're like, "We're, we're turning the lights on."

    そして、"私たちは、私たちは、私たちは、電気をつけている"

  • Alan Freed makes this offhand remark.

    アラン・フリードは、このように軽率な発言をしています。

  • He's like, "You know, I guess the Boston cops

    彼は「ボストンの警官が

  • "just don't want you guys have any fun."

    "お前らに楽しんで欲しくないだけだ"

  • It becomes a total disaster bad news thing.

    全くの災難悪しき事態になってしまう。

  • It's like almost a riot breaks out

    暴動が起きそうになる

  • and then they have to shut the thing down.

    とか言ってシャットダウンされてしまうのです。

  • Outside the venue that night, there were some stabbings

    その夜、会場の外では刺される事件がありました。

  • and there was some violent (beep) that went down.

    とかいう暴挙がありました(ビープ音)。

  • They accused him of inciting a riot.

    暴動を扇動したと非難された。

  • He had to defend himself and say, "You know, I didn't do it.

    自分はやってない」と自己弁護していました。

  • "I was just having a concert."

    "コンサートをしていただけ"

  • But his job, his bosses at WINS were like,

    でも、彼の仕事は、WINSの上司は、そんな感じでした。

  • "No, this is too controversial.

    "いや、これはあまりにも物議を醸している。

  • "You know what?

    "知ってますか?

  • "This guy is, cat's gotta go."

    "こいつは、猫が行かないといけない"

  • He went on the air and he's like, "Look, I'm sorry I'm sad

    放送に出て、「ほら、ごめんね......悲しい..............」と

  • "but I'm going off the air.

    "だが、私は放送を見送る

  • "So thanks for all these years but my era is over."

    "今までありがとうございましたが、私の時代は終わりました。"

  • And then he put on this record "So Long" by Fats Domino.

    そして彼はファッツ・ドミノの "So Long "というレコードを出した。

  • It was really the end of his reign as the guy.

    本当に男としての君臨は終わってしまった。

  • And he left the station,

    そして、彼は駅を出た。

  • and when he goes down to the bottom of the station

    駅の下に降りると

  • all these fans are down there and they're like,

    ファンの人たちが下にいて

  • "Oh my God, you can't leave.

    "あーあ、帰れないよ。

  • "What are we gonna do?

    "どうするの?

  • "What are we gonna do without you?"

    "あなたなしでどうするの?"

  • And he's like, "You know what?

    そして、彼は「あのね?

  • "It's not about me, it's about rock and roll.

    "私のことではなく、ロックンロールのことです。

  • "Rock and roll will always be here.

    "ロックンロールはいつまでもここにある。

  • "Nothing will stop that

    "何もそれを止めることはできない

  • "and so rock and roll will never die."

    "ロックンロールは決して死なない"

  • And rock and roll has gone on.

    そしてロックンロールは続いている。

  • (dramatic instrumental music)

    劇曲

  • - Hello.

    - こんにちは。

  • Today, we're gonna talk about the Scopes Monkey trial.

    今日はスコープスモンキーの裁判についてです。

  • (slurping) The 1925 in Dayton, Tennessee,

    (スラスラと)テネシー州デイトンでの1925年。

  • the economy was tanking.

    景気が落ち込んでいました。

  • George Rappleyea was a lawyer.

    ジョージ・ラプレイヤは弁護士だった。

  • One day, he saw an open letter in the newspaper.

    ある日、彼は新聞に書かれたオープンレターを目にした。

  • "The ACLU, which is a new organization,

    "ACLU "という新しい組織ができました。

  • "offers to represent any teacher that wants to challenge

    "挑戦したい先生の代理を務める

  • "the new Tennessee state law that forbids

    "禁止するテネシー州の新法

  • "the teaching of evolution."

    "進化の教え"

  • This gives George an idea.

    これはジョージにアイデアを与えます。

  • "Hey, if someone locally challenged this law,

    "おい、地元でこの法律に異議を唱える人がいたら

  • "it could become the trial of the century

    "世紀の裁判になるかもしれない

  • "and it could help the economy

    "経済に役立つかもしれない

  • "and our (beep) little town that nobody knows about."

    "そして誰も知らない小さな町"

  • So, they pitched this idea to John Scopes

    このアイデアをジョン・スコープスに提案したんです

  • of the Scopes Monkey trial.

    スコープスモンキー裁判の

  • "Isn't it terrible that there's this law?

    "この法律があるのは酷くないですか?

  • "You're a science teacher."

    "理科の先生だ"

  • "Yeah, I'm a football coach.

    "ええ、私はフットボールのコーチです。

  • "I also took- (laughs)

    "私も撮りました(笑)

  • "I'm a football coach.

    "アメフトのコーチをしています。

  • "I also teach a little science

    "私も少し理科を教えています

  • "and I personally believe in evolution."

    "個人的には進化を信じている"

  • The ACLU, they hire the greatest defense attorney

    ACLUは最高の弁護人を雇っている

  • probably ever, Clarence Darrow.

    クラレンス・ダロウだ

  • "Public schools should teach science and facts,

    "公立学校は理科と事実を教えるべき

  • "that's, that's what I think."

    "それは、それは私が考えていることだ"

  • William Jennings Bryan comes in to fight

    ウィリアム・ジェニングス・ブライアンが参戦

  • for the Tennessee state statute, which he inspired.

    彼が考案したテネシー州の州法のために。

  • "You can't teach evolution.

    "進化 "は教えられない

  • "Yeah, legally you can't teach it."

    "法的には教えられない"

  • On the first day of the Scopes Monkey trial,

    スコープスモンキーのトライアル初日。

  • Williams Jenning Bryan...

    ウィリアムズ ジェニング・ブライアン...

  • Why does that not sound like I'm saying it right?

    なぜそれが正しいことを言っているように聞こえないのでしょうか?

  • Williams Jenning Bryan says to the court,

    ウィリアムズのジェニング・ブライアンは法廷に向かって言う。

  • "If evolution wins, Christianity goes."

    "進化論が勝てば キリスト教は消える"

  • And to that Clarence Darrow argued that,

    そして、それに対してクラレンス・ダローはこう主張した。