Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Once upon a time, there was an old bamboo cutter.

    昔々、あるところに竹取爺さんがいました。

  • When he was gathering bamboo in the mountains one day, he came across a bamboo stalk that was shining very brightly.

    ある日お爺さんが山で竹を集めていると、とても明るく輝いている1本の竹を見つけました。

  • Wondering what it was, the old man cut the bamboo, and found a cute little girl inside.

    何だろうと不思議に思いながらお爺さんは竹を切ったところ、中に小さくて可愛らしい女の子が入っていました。

  • He thought it must have been a gift from the gods, and decided to take the little girl home.

    きっと神様からの贈り物に違いないと思ったお爺さんは、その女の子を家に連れて帰りました。

  • He showed the girl to the old woman, and she instantly fell in love with her.

    お婆さんにその女の子を見せると、あっという間にお婆さんはその女の子のことを大好きになってしまいました。

  • They named her Princess Kaguya.

    2人はその女の子をかぐや姫と名付けました。

  • They raised her with tender loving care, and she became a very beautiful lady.

    2人に大切に育てられた女の子は、とても美しい女性に成長しました。

  • Rumors about Princess Kaguya's beauty spread throughout the country, and soon, five great young men came to ask her for her hand in marriage.

    かぐや姫の美しさは国中に広まっていき、ほどなくして5人の若き男たちがやってきて結婚してくれるよう頼みました。

  • Princess Kaguya just wanted to live a quiet life, so she came up with an idea.

    かぐや姫は静かに暮らしたいと思っていたので、ある考えを思いつきました。

  • She said, "I will marry the one who can find what I want."

    「私は、私の欲しいものを見つけてくれる方と結婚します」と言ったのです。

  • Things she asked for were very difficult to find:

    この時に彼女が頼んだものは、見つけるものが大変な物ばかりでした。

  • a stone pot of Buddha,

    仏の御石の鉢

  • a cowry shell from the nest of a swallow,

    燕の子安貝

  • leather clothes made from the skins of the legendary mice,

    火鼠の皮衣

  • a branch from a jewel tree,

    蓬莱の玉の枝

  • and the five-colored jewels from the dragon neck.

    そして、龍の首の5色の珠です。

  • No man could find these things, and they all gave up.

    男たちは誰もこれを見つけることができず、全員あきらめてしまいました。

  • As the day of the full moon approached, Princess Kaguya started crying as she looked at the moon.

    満月の日が近づくにつれて、かぐや姫は月を見上げて泣き始めました。

  • "Why are you crying?" asked the old man and woman.

    「どうして泣いているんだい?」とお爺さんとお婆さんが尋ねると、

  • "I am not of this land. I am from the moon.

    「私はこの世の人間ではないのです。月から来ました。

  • Escorts from the moon will come and take me back on the night of the full moon in August.

    8月の満月の夜に、月の使者がやってきて私を月へと連れて帰るのです。

  • I must return where I am from," said Princess Kaguya, and told the old man and woman that she would miss them very much.

    私は故郷へ帰らなくてはいけません」とかぐや姫は言い、と離れるのが寂しいと伝えました。

  • The old man and woman decided to protect Princess Kaguya from the moon escorts by placing warriors around the house.

    お爺さんとお婆さんは月の使者からかぐや姫を守ろうと決めて、家の周りに兵士を配置しました。

  • However, the warriors couldn't move when they saw the escorts from the moon.

    しかし、月の使者が現れた時、兵士たちは身動きが取れませんでした。

  • Due to a blinding light, the warriors could not drive them away.

    眼が眩むほどの明るさのため、兵士たちは使者たちを追い返すことができなかったのです。

  • Princess Kaguya thanked the old couple and returned to the moon.

    かぐや姫はお爺さんとお婆さんに感謝をして、月へと帰っていきました。

Once upon a time, there was an old bamboo cutter.

昔々、あるところに竹取爺さんがいました。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 さん 女の子 兵士 満月 結婚 2人

【童話で英語】かぐや姫

  • 1446 99
    Minnie に公開 2021 年 02 月 28 日
動画の中の単語