Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Erikson's Theory of Psycho-social Development

    心理社会的発達についてのエリクソンの理論は、

  • identifies eight stages in which a healthy individual

    健康な個人が誕生から死ぬまでに経験し、

  • should pass through from birth to death.

    乗り越えるべき8段階を同定しました。

  • At each stages we encounter different needs,

    各段階で、さまざまなニーズが生じ、

  • ask new questions and meet people

    新たな質問が生まれ、私たちの行動や

  • who influence our behaviour and learning.

    学習に影響を与える人に出会います。

  • Stage 1 "Basic Trust vs. Mistrust"

    1)基本的な信頼vs不信

  • #Infancy (1-2 years)

    乳児期(1-2歳)

  • As infants we ask ourselves if we can trust the world

    幼児は、自分たちが世界を信頼できるか

  • and we wonder if it's safe.

    世界は安全か疑問に思います。

  • We learn that if we can trust someone now,

    私たちが今誰かを信頼できているのなら

  • we can also trust others in the future.

    将来においても他者を信頼できることを学びます

  • If we experience fear,

    また、私たちが恐怖を経験するなら

  • we develop doubt and mistrust.

    疑いと不信を抱くようになります

  • The key to our development is our mother.

    私たちが発達する上で鍵となるのは、母です

  • Stage 2 "Autonomy vs. Shame & Doubt"

    2)自律性vs恥と疑惑

  • #Early childhood (2-4 years)

    幼児初期(2-4歳)

  • In our early childhood,

    幼児初期には、

  • we experience ourselves and discover our body.

    自分の感覚と、身体や運動を理解します

  • We ask: is it okay to be me?

    「私が私であることはよいことなのか」

  • If we are allowed to discover ourselves,

    自分自身についてあれこれ調べることが

  • then we develop self-confidence.

    許されている場合、自信を深めます。

  • If we are not, we can develop shame and self-doubt.

    それが許されていない場合は、 恥と自己不信が生じます

  • Both parents now play a major role.

    この段階では、両親が共に、 大きな役割を果たします。

  • Stage 3 "Initiative vs. Guilt"

    3)積極性vs罪悪感

  • #Preschool Age (4-5 years)

    幼児期(4-5歳)

  • In preschool, we take initiative, try out new things,

    幼稚園では、私たちが積極的に、 新しいことを試します。

  • and learn basic principles like how round things roll.

    それにより、例えば、丸いものがどのように 転がるかのような、基本原則を学びます。

  • We ask: Is it okay for me to do what I do?

    「私がしていることは、私にとってよいことなのか」

  • If we are encouraged, we can follow our interests.

    自分たちの興味を追求することが 応援されている場合、それができます

  • If we are held back or told that what we do is silly,

    もし、私たちが止められたり、 やっていることをバカにされたりするなら、

  • we can develop guilt.

    罪悪感が大きくなります。

  • We are now learning from the entire family.

    この段階では、私たちは、家族全体から学んでいます。

  • Stage 4 "Industry vs. Inferiority"

    4)勤勉性vs劣等感

  • #School Age (5-12 years)

    児童期(5-12歳)

  • Now we discover our own interests

    この段階で、私たちは自分自身が興味あることを見つけ

  • and realize that we are different from others.

    自分たちが他の人とは異なることを実感します。

  • We want to show that we can do things right.

    自分が正しいことができると 示そうとします

  • We ask if we can make it in this world?

    「正しいことをこの世界で成し遂げられるか」

  • If we receive recognition from our teachers

    もし、教師や仲間からの承認を受けられたなら

  • or peers we become industrious,

    私たちは勤勉に

  • which is another word for hard-working.

    すなわち一生懸命になります。

  • If we get too much negative feedback,

    否定的な反応をいっぱい受けると

  • we start to feel inferior and lose motivation.

    劣等感を感じ始め、やる気を失います。

  • Our neighbors and schools now influence us the most.

    この段階では、隣人や学校から 最も大きな影響を受けます。

  • Stage 5 "Identity vs. Role Confusion"

    5)アイデンティティvs役割の混乱

  • #Adolescence (13–19 years)

    青年期(13-19歳)

  • During adolescence we learn that we have different social roles.

    青年期の間、私たちはさまざまな 社会的役割を持っていることを学びます。

  • We are friends, students, children and citizens.

    私たちは、友人、学生、子どもたちや市民です。

  • Many experience an identity crises.

    多くは、アイデンティティの危機を経験します。

  • If our parents now allow us to go out and explore,

    私たちが外に出て探索することを両親が許すならば、

  • we can find identity.

    アイデンティティを見つけることができます。

  • If they push us to conform to their views,

    しかし、彼らが自分の意見に従うよう強いた場合、

  • we can face role confusion and feel lost.

    私たちは役割の混乱に直面し、 迷子になったような感じを受けます。

  • Key to our learning are our peers and role models.

    この段階において、私たちの学習に重要なことは、 私たちの仲間と ロールモデル(こうありたいと思える姿の他者)です。

  • Stage 6 "Intimacy vs. Isolation"

    6)親密vs孤立

  • #Early Adulthood (20-40 years)

    成人初期(20〜40歳)

  • As young adults we slowly understand who we are

    私たちは若者として、ゆっくりと 我々が誰であるかを理解し、

  • and we start to let go of the relationships

    私たちが収まるべく作られた

  • we had built earlier in order to fit in.

    関係性から離れはじめます。

  • We ask ourselves if we can love?

    私たちは、愛することができるか、自問します。

  • If we can make a long-term commitment,

    もし、長期的に参加できる関係性を築けるのなら

  • we are confident and happy.

    私たちは自信を持ち、幸せになります。

  • If we cannot form intimate relationships,

    もし、親密な関係性を築けないのなら

  • we might end up feeling isolated and lonely.

    孤立した感じや寂しさを感じるでしょう。

  • Our friends and partners are now center to our development.

    この段階において、私たちは、友人やパートナーとともに、発達していきます。

  • Stage 7 "Generativity vs. Stagnation"

    7)生殖性(次の世代に残る価値を生じさせること) vs停滞

  • #Adulthood (40-65)

    成人期(40-65)

  • When we reach our forties we become comfortable,

    四十代になると、私たちは快適になり

  • use our leisure time creatively

    創造的に余暇時間を使い、

  • and maybe begin contributing to society.

    もしかすると社会に貢献し始めます。

  • Our concern is Generativity.

    私たちの関心は生殖性です。

  • If we think that we are able to lead the next generation into this world,

    この世界に次の世代を 導き入れることができると感じられるなら、

  • we are happy.

    私たちは幸福です。

  • If we did not resolve some conflicts earlier,

    以前からの葛藤を解消できないと

  • we can become pessimistic and experience stagnation.

    悲観的になり、停滞を経験します。

  • People at home and at work are now who influence us most.

    この段階において、家にいる人々、職場にいる人々が 大きな影響を与えます。

  • Stage 8 "Ego Integrity vs. Despair"

    8)総合性(自分という個が欠けることのない 全体として一つの存在であるという感覚)vs絶望

  • #Maturity (65-death)

    老年期(65-死)

  • As we grow older we tend to slow down

    私たちは年寄りになっていくにつれ、 ゆっくりとしがちになり、

  • and begin to look back over our lives.

    自分の人生を振り返りはじめます。

  • We ask: how have I done?

    そこで、私たちは疑問に思います。「私は何をなしたのだろう」

  • If we think we did well, we develop feelings of contentment and integrity.

    よくやったと自分で思えるのなら、 満足感と総合性を強めます。

  • If not, we can experience despair and become grumpy and bitter.

    よくやったと思えないのなら、絶望的な気分になり、不機嫌で苦々しい思いをします。

  • Time to compare us with mankind.

    この段階は、自分を人類と比較する段階です。

  • Erik Erikson was a German-American psychologist

    エリク・エリクソンは、ドイツ系アメリカ人の心理学者でした。

  • who together with his wife Joan,

    彼は、妻ジョアンと共に

  • became known for his work on psychosocial development.

    心理社会的発達についての研究で 知られるようになりました。

  • He was influenced by Sigmund and Anna Freud

    彼はジークムント・フロイトと、 その娘アンナ・フロイトの影響を受け

  • and became famous for coining the phrase "Identity crisis."

    「アイデンティティの危機」という新しい語句を 作ったことで有名になりました。

  • Although Erikson lacked even a bachelor's degree,

    エリクソンは学士号を持っていませんでしたが、

  • he served as a professor at Harvard and Yale.

    ハーバードやイェール大学の教授を務めました。

  • This video was made for us by MinuteVideos.com

    以下、宣伝。

  • who were doing everything to make awesome videos affordable.

    見てくれて、ありがとう。

  • So if you want to make your own video,

  • please check out their website.

  • If you tell them you came from Sprouts,

  • they'll give you a 10% discount

  • and they'll donate 50$ for our next video

  • which would really help our channel.

  • If you work in a company, why not use them for internal training.

  • If you're a teacher or school, you can make your own lessons.

  • Just go to MinuteVideos.com

  • and order your video for as little as $600 .

  • Thank you for watching :)

Erikson's Theory of Psycho-social Development

心理社会的発達についてのエリクソンの理論は、

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 段階 幼児 発達 アイデンティティ 信頼 役割

8 Stages of Development by Erik Erikson

  • 10 2
    Ruby Huang に公開 2021 年 01 月 29 日
動画の中の単語