Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • The earliest known divorce laws were written

    離婚に関する法律が書かれたのは

  • on clay tablets in ancient Mesopotamia around 2000 BCE.

    紀元前2000年頃の古代メソポタミアの粘土板に書かれた

  • Formally or informally, human societies across place and time

    形式的にも非形式的にも、場所と時間を超えた人間社会

  • have made rules to bind and dissolve couples.

    カップルを縛って解散させるためのルールを作った。

  • Inca couples, for example, started with a trial partnership,

    インカのカップルは、例えば、試験的なパートナーシップから始まりました。

  • during which a man could send his partner home.

    その間、男はパートナーを家に送ることができました。

  • But once a marriage was formalized, there was no getting out of it.

    しかし、一度正式に結婚が成立してしまえば、そこからは抜け出せない。

  • Among the Inuit peoples, divorce was discouraged,

    イヌイットの人々の間では、離婚は奨励されていました。

  • but either spouse could demand one.

    しかし、どちらかの配偶者が要求することができます。

  • or they could exchange partners with a different couple

    または別のカップルとパートナーを交換することができます。

  • as long as all four people agreed.

    4人全員が同意している限り

  • The stakes of who can obtain a divorce, and why, have always been high.

    誰が離婚できるのか、なぜ離婚できるのか、というステークスは常に高い。

  • Divorce is a battlefield for some of society's most urgent issues,

    離婚は社会の中でも特に切迫した問題の戦場です。

  • including the roles of church and state, individual rights, and women's rights.

    教会と国家の役割、個人の権利、女性の権利など。

  • Religious authorities have often regulated marriage and divorce.

    宗教上の権威は、結婚や離婚を規制することが多かった。

  • Muslims in Africa, the Middle East, and Asia began using the Quran's rules

    アフリカ、中東、アジアのイスラム教徒がコーランのルールを使い始めた

  • in the 7th century AD

    西暦7世紀に

  • generally, a husband can divorce his wife without cause or agreement,

    一般的に、夫は原因や合意がなくても妻と離婚することができます。

  • while a wife must secure her husband's agreement to divorce him.

    妻が夫との離婚の合意を確保しなければならないのに対し、妻は夫との離婚の合意を確保しなければならない。

  • In Europe, Christian churches controlled divorce from the 11th century on,

    ヨーロッパでは11世紀以降、キリスト教会が離婚を管理していました。

  • with the Catholic Church banning it entirely

    カトリック教会はそれを全面的に禁止している

  • and Protestant churches allowing it in restricted circumstances,

    とプロテスタント教会が制限された状況で許可しています。

  • particularly adultery.

    特に不倫の場合。

  • In the late 18th century, a series of changes took place

    18世紀後半には、一連の変化が起こりました。

  • that would eventually shape divorce laws around the world.

    それが最終的には世界中の離婚法を形成することになります。

  • Following centuries of religious conflict,

    何世紀にもわたる宗教的対立を経て

  • Europeans pushed for state governance separate from religious control.

    ヨーロッパ人は、宗教的な支配とは別に国家統治を推し進めた。

  • Secular courts gradually took over education, welfare, health, marriage

    世俗的な裁判所は、教育、福祉、健康、結婚などを徐々に掌握していきました。

  • and divorce.

    と離婚することになります。

  • The French Revolution ushered in the first of the new divorce laws,

    フランス革命は、新しい離婚法の第一号をもたらした。

  • allowing men and women to divorce for a number of grounds,

    いくつかの理由で男女の離婚を認めています。

  • including adultery, violence, and desertion, or simply mutual consent.

    不倫、暴力、遺棄、または単に相互の同意を含む。

  • Though progress was uneven, overall this sort of legislation spread in Europe,

    進展は不均衡ではあったが、全体的にはこの種の法律が欧州で普及した。

  • North America and some European colonies in the 19th century.

    19世紀の北米とヨーロッパの一部の植民地。

  • Still, women's access to divorce often remained restricted compared to men.

    それでも、女性の離婚へのアクセスは、男性に比べて制限されたままであることが多い。

  • Adultery was considered more serious for women

    姦通は女性にとってより深刻なものと考えられていました。

  • a man could divorce his wife for adultery alone,

    男は不倫だけで妻と離婚できる。

  • while a woman would need evidence of adultery,

    女性は不倫の証拠が必要なのに対して

  • plus an additional offense to divorce her husband.

    夫と離婚するための追加の罪もある

  • Sometimes this double standard was written into law;

    このダブルスタンダードが法律に書かれていたこともあります。

  • other times, the courts enforced the laws unequally.

    他の時には、裁判所が不平等に法律を執行した。

  • Domestic violence by a man against his wife was not widely considered

    男の妻に対する家庭内暴力は、広くは考えられていませんでした。

  • grounds for divorce until the 20th century.

    20世紀までの離婚理由

  • And though new laws expanded the reasons a couple could divorce,

    そして、新法は夫婦が離婚できる理由を拡大したとはいえ

  • they also retained the fundamental ideology of their religious predecessors:

    彼らはまた、宗教的な先人たちの基本的なイデオロギーを保持していました。

  • that a couple could only split if one person wronged the other in specific ways.

    と言うのは、ある人が他の人を悪くした場合にしか別れられないと言うことでした。

  • This state of affairs really overstayed its welcome.

    この状態は本当に歓迎されているのを長引かせてしまった。

  • Well into the 20th century, couples in the U.S.

    20世紀に入っても、アメリカではカップルは

  • resorted to hiring actors to jump into bed with one spouse,

    俳優を雇って一人の配偶者とベッドに飛び込むことに頼った。

  • fully clothed, and take photos as evidence of cheating.

    完全に服を着て、浮気の証拠として写真を撮る。

  • Finally, in the 1960s and 70s,

    最後に、1960年代、70年代になって

  • many countries and states adopted no-fault divorce laws,

    多くの国や州が無過失離婚法を採用しています。

  • where someone could divorce their spouse without proving harm,

    危害を加えずに離婚できる場所

  • and importantly, without the other's consent.

    そして重要なのは、相手の同意なしに

  • The transition from cultural and religious rules

    文化的・宗教的なルールからの移行

  • to state sanctioned ones has always been messy and incomplete

    国家が認可したものへの移行は、常に混乱した不完全なものであった。

  • people have often ignored their governments' laws

    鳩の巣

  • in favor of other conventions.

    他の大会を支持しています。

  • Even today, the Catholic Church doesn't recognize divorces granted by law.

    現在でも、カトリック教会は法律で認められた離婚を認めていません。

  • In some places, like parts of India,

    インドの一部のような場所では

  • Western-style divorce laws have been seen as a colonial influence

    洋式離婚法は植民地時代の影響と見られてきた

  • and communities practice divorce according to other religious rules.

    と共同体は、他の宗教的なルールに従って離婚を実践しています。

  • In others, though the law may allow for equal access to divorce,

    他の地域では、法律で平等に離婚が認められていても

  • bias in the legal system, cultural stigma, or community pressures

    法制度の偏り、文化的汚名、地域社会の圧力

  • can make it far more difficult for certain people, almost always women.

    特定の人々、ほとんどの場合女性にとっては、それがはるかに困難になることができます。

  • And even in the places where women aren't disadvantaged by law or otherwise,

    法律とかで女性が不利益を被っていない場所でも

  • social and economic conditions often make divorce more difficult for women.

    社会的・経済的条件が女性の離婚を難しくしていることが多い。

  • In the United States, for example,

    例えばアメリカでは

  • women experience economic loss far more than men after divorce.

    女性は離婚後、男性よりもはるかに多くの経済的損失を経験します。

  • At its best, modern no-fault divorce allows people to leave marriages

    最良の場合、現代の無過失離婚は、人々が結婚を残すことを可能にします。

  • that make them unhappy.

    彼らを不幸にする

  • But dissolving a marriage is almost never as simple

    しかし、結婚を解消することは、ほとんどの場合、簡単ではありません。

  • as sending two people their separate ways.

    二人を別々の道に送るように

  • What divorcing partners owe each other,

    離婚したパートナーがお互いに負っているもの

  • and how they manage aspects of a once shared life

    そして、一度共有した生活の側面をどのように管理しているのか。

  • remain emotionally and philosophically complex issues.

    感情的かつ哲学的に複雑な問題を抱えたままである。

The earliest known divorce laws were written

離婚に関する法律が書かれたのは

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TED-Ed 離婚 宗教 世紀 法律 教会

離婚の簡単な歴史 - ロッド・フィリップス (A brief history of divorce - Rod Phillips)

  • 12 0
    林宜悉 に公開 2021 年 01 月 28 日
動画の中の単語