Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • A common concept associated with networking is the Elevator Pitch, which many people imagine as a single, brief, high-stakes opportunity to sell themselves or their idea.

    人脈作りに関して共通して思い浮かべることと言えば、エレベーター・ピッチでしょう。多くの人は、それを自分や自分のアイディアを売り込むための、これっきり、イチかバチかの束の間の機会だと思っています。

  • This creates pressure that can result in canned, inauthentic conversations.

    それがプレッシャーとなって、月並みで、微妙なやり取りになってしまうことも。

  • But people don't do interviews or make job offers in elevators.

    でも、面接や仕事の依頼がエレベーターで行われるわけではありません。

  • So instead of thinking of these brief networking interactions as opportunities to sell yourself, why not reframe them as Elevator Conversations?

    それなら、そういう人脈作りのための束の間のやり取りが自分を売り込むためのチャンスだと考えるのではなく、それをエレベーター・カンバセーションに置き換えてみてはどうでしょう?

  • An Elevator Conversation is an opportunity to tell your story and make a connection.

    エレベーター・カンバセーションは、自分のことを話して、繋がりを持つためのきっかけです。

  • It's a chance to engage organically, generate enough interest to be remembered, and plan to move the relationship forward through a phone call, email, interview, or longer conversation later.

    自然な流れで会話し、自分のことを覚えてもらえるくらいの興味を生み出すチャンスであり、電話やeメール、面接、あるいはその後じっくり話すことで、繋がりを深めるためのプランなんです。

  • To be able to communicate clearly, it's helpful to reflect on a few questions before entering into a conversation:

    意思の疎通を明確に行うために役立つのは、話をする前に質問をいくつか頭に思い浮かべておくこと。

  • First, ask yourself, who will you be speaking with?

    まず、自分に聞いてみます。これから話す人はどんな人?

  • Is it a specific person?

    具体的に誰かは分かってる?

  • Also consider, how might you be able to contribute to different projects, teams, and organizations?

    また、様々なプロジェクト、チーム、組織に、自分がどれくらい貢献できるだろうかと考えてみてください。

  • Then reflect on what unique experiences have you had?

    それから、他の人がしたことのないような経験とは何か、思い起こしておきましょう。

  • These could be personal or professional.

    私生活でのことでも、仕事でのことでも構いません。

  • As you learn the interests and needs of a new person, you'll be able to connect the relevant parts of their experiences with your own.

    これから会う相手が関心を持っていること、必要としていることを調べたら、自分の経験と関係がある部分を結び付けることができるでしょう。

  • An elevator conversation might go something like this:

    エレベーター・カンバセーションは、こんなふうに進めることができます:

  • First, introduce yourself:

    まずは、自己紹介:

  • "Hi, I'm an intern at Y-Triple-I."

    「どうも。僕は Y-Triple-I (ワイ-トリプル-アイ)でインターンをしている者です。」

  • "Hi, I'm MB McGee.

    「やぁ、私は MB・マクギーと言います。」

  • "I oversee hydroelectric projects at HydroLarge Engineering."

    「僕、HydroLarge Engineering (ハイドロラージ・エンジニアリング)の水力発電事業の監督をしているんです。」

  • Next, a good Elevator Conversation makes a connection to them or their organization.

    続いて、上手なエレベーター・カンバセーションでは、相手や、相手の所属先に話題をつなげていきます。

  • You might continue with something like,

    次のように会話を続けてみると良いでしょう。

  • something like, "It's nice to meet you - I've read about the conservation work that HydroLarge Engineering Company is doing!"

    「お会いできて嬉しいです。HydroLarge Engineering 社が手掛けている保全事業について読んだことがあります!」

  • "Really? I'm glad you've heard about our work!"

    「本当かい?きみが我々の事業のことを知っているなんて嬉しいよ!」

  • Then build on the connection:

    そこで、そのつながりから話を進めていきます:

  • "I was especially interested because I've been helping our customers understand their energy use, and I started thinking about how your technology might help our customers too."

    「僕、特に興味があったんです。僕たちのお客様にエネルギー消費について理解してもらうためのサポートをしていたんで。それで、御社の技術が僕たちのお客様のためにもなるんじゃないかって考え始めてたんですよ。」

  • "That's interesting, I hadn't thought about that possibility.."

    「それは面白いね。そんな可能性があるなんて思ってなかったよ…。」

  • An effective Elevator Conversation should conclude with a call to action.

    効果的なエレベーター・カンバセーションは、CTA (=行動喚起)で締めくくられます。

  • You could end with something like, "I'd love to have a longer conversation about it - could I follow up with you by phone or email?"

    次のように締めくくることができます。「その件について、もっとお話がしたいのですが。電話か eメールかで、改めて連絡させていただいてよろしいですか?」

  • And you'll be surprised how often you'll hear a response like, "Sure, I'd be happy to chat more. Here's my information."

    多くの場合、次のような返事をもらうので、実践した人はきっと驚きますよ。「もちろん。私も、もっと話ができたら嬉しいよ。私の連絡先だ。」

  • By reflecting on your own skills and accomplishments, listening and engaging with curiosity, and looking for shared experiences and interests, you can make a good connection in a short amount of time.

    自分のスキルや実績を思い浮かべること、相手の関心ごとに耳を傾け、それと向き合うこと、そして共通の体験や興味を探すこと、これらをすることで、短時間で良好な関係を構築することができるんです。

  • Rather than pitching yourself or your ideas, an elevator conversation is an opportunity to connect with another person, and move the relationship forward.

    自分や、自分のアイディアを売り込むのとは違い、エレベーター・カンバセーションは、他の人とうまく関係を作り、その関係を深めていくための良いきっかけなのです。

A common concept associated with networking is the Elevator Pitch, which many people imagine as a single, brief, high-stakes opportunity to sell themselves or their idea.

人脈作りに関して共通して思い浮かべることと言えば、エレベーター・ピッチでしょう。多くの人は、それを自分や自分のアイディアを売り込むための、これっきり、イチかバチかの束の間の機会だと思っています。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 エレベーター eメール アイディア 売り 相手 事業

【ビジネス英会話】自分のキャリアは自分で決める!評価アップにつながる上司との会話術

  • 984 60
    13 に公開 2021 年 02 月 18 日
動画の中の単語