Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • - I wanna help out England.

    - イギリスを助けたい

  • I didn't bust my nuff (chuckles),

    ナフはしていません(苦笑)。

  • I didn't bust my nut enough in England.

    イギリスでは十分にはしゃいでいなかった。

  • Oh, I still didn't do enough.

    あ、まだ足りなかった。

  • - Stephenson was like, "Well, you know,

    - ステファンソンは「まぁね。

  • "there is other stuff you can do."

    "他にもできることがある"

  • So Dahl was hired into a dark propaganda section,

    ダールは闇のプロパガンダ部門に 雇われたんだな

  • referred to as the BSC,

    BSCと呼ばれています。

  • which stands for the British Security Council.

    英国安全保障会議の略である。

  • (dramatic instrumental music)

    劇曲

  • Hello, today we're gonna talk about Edgar Allen Poe

    こんにちは 今日はエドガー・アレン・ポーの話をします

  • and his rivalry with Rufus Griswold,

    と、ルーファス・グリスウォルドとのライバル関係。

  • one of America's first pieces of (beep).

    アメリカ初の一枚(ビープ)

  • (haunting instrumental music)

    (心に響く器楽曲)

  • Okay, this is the 1800s and no one has any money.

    さて、これは1800年代の話ですが、誰もお金を持っていません。

  • Like people are like sweeping the streets

    人は道を掃除しているようなものだ

  • and maybe you'd find like a crust of bacon and you'd eat it.

    ベーコンの皮みたいなのを見つけて食べるんじゃないかな?

  • Edgar Allen Poe, he's one of the great American poets,

    エドガー・アレン・ポーは、アメリカの偉大な詩人の一人です。

  • completely disrespected by everyone

    万人に見下された

  • he ever came in contact with.

    彼が接触したことがある

  • He was always broke,

    彼はいつも無一文だった。

  • and he came into contact with a fellow by the name

    と言う名の男と知り合いになって

  • of Rufus Griswold.

    ルーファス・グリスウォルドの

  • So Griswold says to Poe, "Hey, I'm making this book

    そこでグリスウォルドはポーに「おい、この本を作っているんだ」と言う。

  • "called 'The Poets and Poetry of America'

    "アメリカの詩人と詩 "と呼ばれる

  • "so give me some of your poems and if I like 'em,

    "君の詩をいくつか教えてくれ 気に入ったらね

  • "I'll put 'em in."

    "私が入れます"

  • He knows if he puts him in the book,

    本の中に入れれば知っている。

  • then Edgar Allen Poe will be likely to write a nice review.

    そうすれば、エドガー・アレン・ポーは素敵なレビューを書く可能性が高いでしょう。

  • So Poe's like, "Okay, I'll give you some of my poems.

    だからポーは「よし、私の詩をいくつかあげよう」という感じです。

  • "So here's my poems."

    "これが私の詩です"

  • So books get booket.

    だから、本はブックレットを取得します。

  • The book gets published.

    本が出版される。

  • Poe's, three of Poe's poems are printed.

    ポーの、ポーの詩のうち3編が印刷されています。

  • Griswold has printed 50 poems by one of his friends.

    グリスウォルドは、彼の友人の一人が50編の詩を印刷しています。

  • 50!

    50!

  • Poe's sitting there with the book in front of him,

    ポーは本を目の前にして座っている。

  • flipping through the book, flip, flip, flip, flip, flip.

    本をめくってめくってめくってめくってめくってめくってめくってめくってめくってめくってめくってめくってめくってめくって。

  • "What the (beep)?

    "なんだよ(ビープ音)?

  • "Are you (beep) serious?

    "あなた(ビープ音)は本気なの?

  • "This (beep) sucker hack loser ass (beep)

    "この(ビープ音)吸血鬼ハック敗者のお尻(ビープ音)

  • "has put me in the very back of this book.

    "は、私をこの本の一番奥に入れてくれました。

  • "I have been hornswoggled by (beep)."

    "角笛を鳴らされた"

  • Griswold comes to him.

    グリスウォルドが彼のところに来る。

  • He's like, "Edgar, what do you say that you write

    彼は「エドガー、あなたが書くと何て言うの?

  • "one of your wonderful reviews of my book

    "私の本の素晴らしいレビューの一つ

  • "and I'll give you $100 for it."

    "100ドルやるから"

  • It's basically bribery and Poe's like "Sure, no problem.

    基本的には賄賂で、ポーは「確かに、問題ない。

  • "I'll take your money and write a review of this, this book.

    "お金をもらってこの本のレビューを書こう

  • "No problem.

    "問題ありません。

  • "No (beep) problem, Rufus."

    "問題ないよ ルーファス"

  • (laughing) So, so he, so he writes the review.

    (笑) そうそう、彼は、そうそう、レビューを書いています。

  • Now Griswold has been telling his friends, you know,

    今、グリスウォルドは友人に話していた。

  • "Poe's gonna write this great review of my (beep)."

    "ポーは私の素晴らしいレビューを書くだろう(ピッ)"

  • Then when he reads the review that he paid for, like,

    そして、お金を払って買ったレビューを読んだ時には

  • "No one should read this.

    "誰も読んではいけない

  • "None of these poets are gonna be remembered except for me.

    "私以外の詩人は誰一人として記憶に残らない

  • "It's a waste of time to even look at this thing.

    "こんなものを見るのももったいない "と思います。

  • "All this is crap, Edgar Allan Poe."

    "全てがくだらない エドガー・アラン・ポー"

  • He's like, "Really?

    彼「ほんとに?

  • "I gave you money to write a (beep) review of a book

    "本のレビューを書くためにお金をあげた(ピッ)

  • "of poetry that I put you in, you ass (beep).

    "私が入れた詩の中では、あなたは、お尻(ピッ)。

  • "Game on."

    "ゲーム・オン"

  • So Poe starts hearing that Griswold is now like

    だからポーはグリスウォルドが今のようなものだと聞き始めた

  • is talking (beep) about him.

    が彼のことを話しています(ビープ音)。

  • So he goes on a tour of America.

    それで彼はアメリカに視察に行く。

  • I mean like, "Hey, what's up guys?

    っていうか、「みんな、どうしたの?

  • "You guys know about Rufus Griswold, right?

    "ルーファス・グリスウォルドのことは知ってるよね?

  • "The guy who wrote this (beep) book of poetry

    "この(ビープ音)詩集を書いた人

  • "where he only put three of my poems in.

    "彼は私の詩を3つしか入れなかった

  • "You know about this guy, he's like a hack,

    "ハッカー "みたいな奴を知ってるんだよね。

  • "just like a stereotypical, basic bull (beep) ass (beep).

    "ステレオタイプの基本的なブル(ピッ)ケツ(ピッ)"と同じように

  • "He has no talent at all.

    "彼には全く才能がない

  • "And if you give Griswold a hand job

    "グリスウォルドに手コキをしたら

  • "he'll put 20 poems in his (beep) book.

    "彼は20の詩を本に入れるだろう

  • "He is a vile holographic piece of (beep).

    "下劣なホログラムの塊 "だ(ビープ音)。

  • "Holograms don't even exist yet,

    "ホログラム "はまだ存在していません。

  • "and I'm calling him a (beep) hologram."

    "そして私は彼を(ビープ音)ホログラムと呼んでいる"

  • Very important note, the anthology,

    非常に重要なメモ、アンソロジー。

  • despite Poe talking all this (beep) is massively successful.

    ポーの話にもかかわらず、このすべての(ビープ)は大成功しています。

  • Poe goes to his job at this magazine

    ポーはこの雑誌の仕事に行く

  • and seated at his desk is Rufus (beep) Griswold.

    彼の机に座っているのは ルーファス・グリスウォルドだ

  • He's like, "Oh, I'm sorry.

    彼「あ、ごめんね。

  • "While you were gone, I got your job.

    "あなたがいない間に、私はあなたの仕事を得ました。

  • "And I'm getting paid more than you got paid.

    "俺はお前の給料以上の給料をもらっている

  • "So I win.

    "だから私の勝ち

  • "Goodnight."

    "おやすみなさい"

  • So Poe's like, "What the (beep)?"

    だからポーは "何だよ?"って感じだ

  • He's like, "What the (beep)?"

    彼は "何だよ(ビープ音)?"と言っています

  • His worst enemy has taken his job and he's (beep).

    彼の最悪の敵が仕事を奪ってしまい、彼は(ピッ)となってしまいました。

  • He's (beep).

    彼は(ビープ音)。

  • He goes on drinking binges.

    酒を飲みまくっている。

  • He's a drunk, he's a drunk.

    酔っぱらいなんだよ、酔っぱらいなんだよ。

  • He's a lunatic.

    彼は狂人だ

  • He's like wandering the streets.

    通りをさまよっているような人です。

  • (sweeping instrumental music)

    (掃き溜めの器楽)

  • Right around that time, his wife dies

    ちょうどその頃、彼の妻は死んだ。

  • and Poe goes insane and starts taking laudanum,

    ポーは正気を失って ラウダナムを飲み始める

  • which is this like downer

    これは何かというと

  • but it makes you high as a (beep) kite.

    しかし、それはあなたを(ビープ)凧のように高くします。

  • And that's it, man.

    そして、それだけだよ。

  • Poe continues to spiral down into an (beep) oblivion.

    ポーは忘却の彼方にスパイラルダウンし続けています(ビープ音)。

  • They find him laying in a gutter in Baltimore.

    ボルチモアの側溝に横たわっているのを発見した。

  • They take him to a hospital where he dies.

    病院に連れて行かれて死んでしまう。

  • So Poe's dead.

    だからポーは死んだ

  • Griswold wanted Poe to seem like a monster

    グリスウォルドはポーが怪物のように見えるようにしたかった

  • so (beep) Griswold proceeds to write

    グリスウォルドが書き始めたのは

  • the scathing biographies of Edgar Allan Poe.

    エドガー・アラン・ポーの痛烈な伝記。

  • "He was a drunk.

    "彼は酔っ払いだった

  • "He was always in debt.

    "彼はいつも借金をしていた。

  • "He sucked.

    "彼は最悪だった

  • "He was awful.

    "彼はひどかった。

  • "Forget about him, forget about him!"

    "彼のことは忘れて、彼のことは忘れて!"

  • (bird cawing)

    鳴き声

  • But everyone in America read this and they're like,

    でもアメリカのみんながこれを読んで

  • "Wait, what?

    "待って、何?

  • "Drunk crazy guy who wrote about ravens?

    "カラスのことを書いた酔っ払いキチガイ?

  • "Where can I get his book?

    "彼の本はどこで手に入るの?

  • "That sounds awesome."

    "それは素晴らしい響きだ"

  • It ended up making Edgar Allan Poe 50,000 times more famous,

    結局エドガー・アラン・ポーを5万倍の知名度にしてしまった。

  • and he's considered to be one of the great writers

    彼は偉大な作家の一人とされています

  • of our time.

    私たちの時代の

  • Later in his life, Griswold comes down with tuberculosis

    後年、グリスウォルドは結核に罹患する。

  • and dies alone with a picture of Edgar Allan Poe

    ポーの絵を持って一人で死ぬ

  • on the wall watching him like,

    壁の上で彼を見ていた

  • "Look at you, man.

    "お前を見てみろ

  • "where are you now?

    "今どこにいるの?

  • "Look at Griswold, all you people out there.

    "グリスウォルドを見てみろ、そこにいるお前ら全員だ

  • "I don't care what you do.

    "何をしてもいい "と思っています。

  • "What'd you do?

    "何をしたの?

  • "Guess what?

    "何だと思う?

  • "No one's gonna remember it.

    "誰も覚えていない

  • "You're, you're silly attempt to disguise a (beep)

    "あなたは、あなたは、あなたは愚かな試みを偽装しようとしています(ピッ)

  • "history show in like people getting drunk, it's failure.

    "歴史ショー "は人々が酔っぱらっているようなもので、それは失敗です。

  • "No one cares.

    "誰も気にしない

  • "No one's buying it, man.

    "誰も買わない "のかよ。

  • "Forget it, we're all getting sucked into the void."

    "忘れろ、俺たちは皆、虚空に吸い込まれていくんだ"

  • Ugh. (thuds)

    うっ。(どよめき)

  • (Derek laughing)

    (デレクの笑い声)

  • (dramatic instrumental music)

    劇曲

  • - Uh, my name is Lucius Dillon.

    - 私はルシアス・ディロンです

  • Today, we're gonna talk about Roald Dahl (spits),

    今日はロアルド・ダールの話をします(唾)。

  • his life as a British spy.

    イギリスのスパイとしての生活

  • World War II, Roald Dahl was a fighter pilot for the RAF,

    第二次世界大戦中、ロアルド・ダールはRAFの戦闘機パイロットだった。

  • the Royal Air Force, and he loved fighting them Nazis.

    英国空軍に所属していて ナチスと戦うのが好きでした

  • And he's like, "Ah, this is great."

    彼は "ああ、これは素晴らしい "って

  • And so he had to go and fly to a base in the desert.

    それで彼は砂漠の基地に行かなければならなかった。

  • He ran out of gas, hit the ground at 75 miles an hour,

    彼はガス欠で、時速75マイルで地面に衝突した。

  • cracked his skull.

    頭蓋骨にヒビが入った

  • He had to drag himself out of the plane

    彼は自分を飛行機から引きずり出さなければならなかった

  • before the gas tanks exploded.

    ガスタンクが爆発する前に

  • (dramatic instrumental music)

    劇曲

  • So he pretty much was like invalided out

    だから、彼は、ほとんどのように 招かれざるを得ないようにしていました。

  • of the Royal Air Force.

    英国空軍の

  • But then a famous author, C.S. Forester,

    そんな中、有名な作家のC.S.フォレスター。

  • went to interview him about his crash.

    事故のことを聞きに行った

  • Dahl was like, "Okay, you know what?

    ダールは「いいよ。

  • "My mind's a little spotty.

    "私の心は、少しスポット的になっています。

  • "Let me just, let me just write down some notes for you."

    "君のためにメモを書かせてくれ"

  • Forester's like, "Okay, send them to me later."

    フォレスターは「わかった、後で送ってくれ」と言っている。

  • So Dahl sat down to kinda write it

    ダールはそれを書いていた

  • and his mind was kinda muddled

    頭の中がごちゃごちゃしていて

  • because he went through a crash,

    事故を経験したからだ

  • but he wrote like a really good story.

    が、本当にいい話のように書いてくれました。

  • Send it to Forester and Forester wrote back, he's like,

    フォレスターに送って、フォレスターが返事を書いてくれた。

  • "Okay look, you're supposed to give me notes,

    "彡(゚)(゚)「......わかったよ......ノートを渡してくれないか?

  • "not write a full (beep) story.

    "フル(ビープ)な話を書かない

  • "This, this is great.

    "これは、これは素晴らしい。

  • "This is amazing.

    "これはすごい。

  • "I, I'm not changing a word.

    "私は、私は、言葉を変えていません。

  • "I'm sending this straight to the Saturday Evening Post."

    "サタデー・イブニング・ポストに直送します"

  • So that got sent and was actually really popular

    それが送られてきて、実際に人気がありました。

  • and he realized like, "Okay, I can tear a pretty good yard,

    彼は気付いたんだ "よし、私はかなり良い庭を破ることができる "と。

  • "or I don't know if that's the right term, but (laughs)

    "という言葉が正しいかどうかはわかりませんが(笑

  • "I can, I can write a pretty good story."

    "私はできる、私はかなり良い記事を書くことができる"

  • (spits) See, you gotta tickle it.

    (唾を吐く)ほら、くすぐったいんだよ。

  • You gotta know... (laughs).

    知っておかないと・・・。とか言ってました(笑)。

  • - Just keep going.

    - 続けるんだ

  • - Uh, yeah, he was the talk of the town.

    - ああ、そうだな、彼は町で話題になっていた。

  • And so he was invited to a lot of these parties.

    それで、彼はたくさんのパーティーに招待された。

  • He met up with a really cool guy called Bill Stephenson,

    彼はビル・スティーブンソンというカッコいい男に会った。

  • and Bill Stephenson's just like,

    とビル・ステファンソンが似ている

  • "Hey, what's going on with you?"

    "おい、どうしたんだ?"

  • And Dahl is just like, "I wanna help out England."

    ダールは "イギリスを助けたい "と

  • "I didn't bust my nuff (chuckles),

    "ナフ "はしていません(苦笑)。

  • "I didn't bust my nut enough in England.

    "イギリスでは十分にナットを叩いていなかった

  • "Oh, I still didn't do enough."

    "あー、まだ足りなかった"

  • Stephenson was like,

    ステファンソンは

  • "Well, you know, there is other stuff you can do."

    "他にもできることがある"

  • So Dahl was hired into a dark propaganda section

    ダールは闇のプロパガンダ部門に 雇われていたのか

  • referred to as the BSC,

    BSCと呼ばれています。

  • which stands for the British Security Council.

    英国安全保障会議の略である。

  • A lot of other people were hired.

    他にもたくさんの人が採用されました。

  • Noel Coward, who was a famous playwright and actor,

    有名な劇作家であり、俳優でもあったノエル・カワード。

  • and also Ian Fleming, who some people might know

    そして、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、イアン・フレミングも

  • as James mother (beep) Bond.

    ジェームズ・マザー(ビープ)・ボンド役

  • Stephenson was like,

    ステファンソンは

  • "Let's put you into some good political parties

    "いい政党に入れよう

  • "and meet everyone you (beep) can

    "そして、あなたは誰にでも会うことができます(ビープ音)。

  • "and report everything back to us."

    "全てを報告してくれ"

  • He was like, "Okay."

    "わかった "って言ってた

  • So here's Roald (beep) Dahl, tall, handsome mother (beep),

    で、ここでロアルド・ダール(ビープ)、背が高くてハンサムな母親(ビープ)。

  • long-ass face, eloquent-ass tongue,

    長ったらしい顔、エロい舌。

  • but every time when he was at the party,

    しかし、彼がパーティーに参加していた時は毎回

  • like he'd be eavesdropping on newspaper people, politicians,

    新聞社の人間や政治家を盗み聞きしているようなものだ。

  • and then secretly just like scribbling, you know,

    と、ひそかに落書きのようなことをしています。

  • little things on like napkins and reporting it to England.

    ナプキンのような小さなものをつけてイギリスに報告しています。

  • He would also get into finding information

    彼はまた、情報を見つけることに夢中になるだろう

  • through pillow talk.

    ピロートークで

  • He had a list of ladies that he would go through,

    彼が通るであろう女性のリストを持っていました。

  • like Cissy Patterson had her claws

    シシー・パターソンのように爪を持っていた

  • into the Washington Herald Times, and she's like,

    ワシントン・ヘラルド・タイムスの記事を見て 彼女はこう言った

  • "You wanna see the boudoir?"

    "寝室を見たいか?"

  • And he's like, "Yes, please."

    "お願いします "って言ってくれて

  • So he (beep) the (beep) out of her for a while

    だから、彼はしばらくの間、彼女から(ビープ音)を出していた。

  • and got whatever information that he could.

    そして、彼ができる限りの情報を得ました。

  • Then it went to Evalyn McLean.

    エヴァリン・マクレーンのところに行った。

  • She knew every politician in the world

    彼女は世界中の政治家を知っていた

  • so they (beep) a lot.

    だから彼らは(ビープ音)が多いです。

  • So he met Clare Booth Luce.

    それでクレア・ブース・ルースに会ったんだ

  • She was a Congresswoman and they (beep). (laughs)

    彼女は議員になっていて、彼らは(ピッ)としました。(笑)

  • And he got so much information through so much of his dick,

    そして、あんなにたくさんの情報をチンポから得ていたのです。

  • but after a while, and this is an exact quote,

    しかし、しばらくすると、これは正確な引用です。

  • like he called Ambassador Halifax and he's like,

    ハリファックス大使に電話したみたいに

  • "Look, I am (beep) out, okay?

    "ほら、私は(ビープ音)アウトだよ?

  • "This goddamn woman has (beep) me from one end of the room

    "このクソ女は部屋の端から私を(ビープ音)にした

  • "to the other.

    "他の人に

  • "I'm done.

    "私は終わった

  • "I can't do it.

    "私にはできない

  • "I am squirting dust."

    "私は埃をまき散らしている"

  • And Ambassador's like,

    大使もそうだ

  • "Just close your eyes and think of England."

    "目を閉じてイギリスのことを考えて"

  • And Dahl's like, "Great, okay, I guess I will."

    ダールは "いいね、そうしよう "と言ってた

  • - Get your chin-

    - あごを出して

  • - I'm just, no it's-

    - 私はただ...

  • - Your chin off my neck.

    - 私の首から顎を外して

  • - No, that wasn't...

    - いや、それは...

  • My chin wasn't on you at all.

    私のあごはあなたには全く関係ないわ

  • - I feel like we're laying on two muppets.

    - マペット2匹の上に寝そべっているような気がする。

  • - (laughs) Yes. (coughs)

    - (笑) はい。(咳)

  • - Oh Jesus, is this your death scene?

    - 何てこった、これがお前の死のシーンか?

  • If you die on the show, we're (beep).

    番組で死んだら、俺たちは(ビープ音)。

  • (dramatic instrumental music)

    劇曲

  • - Okay, so FDR was in his third term.

    - FDRは3期目だったのね

  • Britain was like, "Okay, he's getting old.

    イギリスは「よし、彼も年をとったな。

  • "We are worried that he's gonna die

    "私たちは彼が死ぬことを心配しています

  • "because he's our biggest supporter right now.

    "今は彼が最大のサポーターだから

  • "You need to let us know everything that's wrong with him."

    "彼に何があったのか全部教えてくれ"

  • And he's like, "Yeah, I'll be right over.

    彼は「うん、すぐ行くよ」と言っていました。