Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • - [Narrator] And President Lincoln is like,

    - リンカーン大統領はこんな感じです。

  • "Clara Barton, you did such a good job

    "クララ・バートン、あなたはそのような良い仕事をしました。

  • "at the Battle of Antietam.

    "アンティータムの戦いで

  • "You need to be the head of the Oss, Office, Offices,

    "オッス"、"オフィス"、"オフィス "のトップになってください。

  • "the Ossif, the Office."

    "オシフ、オフィス"

  • Lincoln is drunk.

    リンカーンは酔っている。

  • (majestic music)

    荘厳

  • - Hello, I'm Rich Fulcher, and today I'm going

    - こんにちは、リッチ・フルチャーです。

  • to introduce Abraham Lincoln, the lawyer.

    弁護士のエイブラハム・リンカーンを紹介します。

  • You know, this device called the reaper in the 19th century.

    この装置は19世紀に死神と呼ばれていた

  • People were like, (mimics saw grinding)

    人々は、(鋸挽きの真似をして)のようなものでした。

  • and then McCormick invented an automatic reaper.

    そしてマコーミックは自動刈り取り機を発明した。

  • People were like,

    みんながそうだった。

  • "this is crazy.

    "これはおかしい

  • "I can't believe this."

    "信じられない"

  • John Manny said,

    ジョン・マニーは言った。

  • "I invented the automatic reaper,"

    "自動死神を発明したのは私だ"

  • and then that meant there was a big LOO-SOUGHT, lawsuit.

    そして、それは大規模なLOO-SOUGHTの訴訟があったことを意味しています。

  • "I invented the reaper, you mother (bleep)."

    "俺が死神を発明したんだよ、この母ちゃん(ピッピッピッ)"

  • "I invented the reaper, you mother (bleep),"

    "俺が死神を発明したんだよ、お前の母ちゃん(ピッピッ)"

  • and Manny gets some Philadelphia lawyers called Harding

    マニーはハーディングと呼ばれるフィラデルフィアの弁護士を取得します。

  • and Stanton and Watson, and some other people.

    スタントンとワトソンと他の人たちと

  • These guys are like,

    こいつらはまるで

  • "we've got to do this with a local guy,"

    "地元の男と一緒にやるんだ"

  • but they didn't know anybody, and so they hired this guy.

    誰も知り合いがいなかったので、この男を雇った。

  • Lincoln was this lawyer, man.

    リンカーンはこの弁護士だった

  • He was like a lawyer.

    彼は弁護士のようでした。

  • Lincoln answered the door.

    リンカーンはドアに答えた。

  • Stanton went,

    スタントンは行ってしまった。

  • "he's like some sort of nerd.

    "彼はある種のオタクのようだ

  • "Lincoln's like a nerd, and I mean,

    "リンカーンはオタクみたいなもんだよ。

  • "it's not even like a funny sitcom or anything,"

    "面白いシチュエーションコメディでもなんでもない"

  • and then this guy Watson looks at him and says,

    と、ワトソンという男が彼を見て言った。

  • "oh, (bleep), he doesn't even have, like, a Watson,

    "ああ、(ピピッ)、彼はワトソンのようなものを持っていない。

  • "or he doesn't have a Walter.

    "または彼はウォルターを持っていない

  • "He doesn't have a vest."

    "彼はベストを持っていない"

  • "Whoa, what's that all about?

    "彡(゚)(゚)「うわぁ、それは一体何なんだ?

  • "What are you doin'?"

    "何をしてるんだ?"

  • Lincoln was like viewed as persona non grata.

    リンカーンは、ペルソナ・ノン・グラータとして見られるようなものだった。

  • The case changed to Cincinnati.

    事件はシンシナティに変更されました。

  • Stanton and Harding go,

    スタントンとハーディングが行く

  • "we don't need Lincoln anymore,"

    "もうリンカーンは必要ない"

  • but Lincoln didn't even know about any of this (bleep),

    が、リンカーンはこのことを全く知らなかった(ピッ)。

  • but he would just keep researching and researching.

    と言っても、彼はただ調べたり調べたりしているだけだった。

  • Oh yeah, buh buh buh buh.

    そうそう、ブヒブヒブヒブヒ。

  • I've been just going along with my own fun,

    自分の楽しみに付き合ってきました。

  • and he would write, he would be like,

    と書くと、彼はまるで

  • "am I involved in this case or what?"

    "私はこの事件に関わっているのか?"

  • Finally, he found out that the case had been moved

    ついに、事件が動いたことを知った。

  • to Cincinnati and he was like,

    シンシナティに行ったら、彼はこうだった。

  • "(bleep), I've got to go to Cincinnati."

    "シンシナティに行かないと"

  • So he went.

    それで彼は行ってしまった。

  • Lincoln went up to the hotel where all the lawyers were

    リンカーンは、すべての弁護士がいるホテルに行きました。

  • and Stanton saw Lincoln cominy, coming up.

    スタントンはリンカーンが近づいてくるのを見た。

  • Stanton went to Harding,

    スタントンはハーディングのところに行った

  • "Oh my God, this guy is a lanky, gawky, awkward,

    "あーあ、こいつはランキーでゴリゴリで不器用だな。

  • "ape legged, ape armed man.

    "猿の足を持った猿の武装男

  • "This guy's weird.

    "こいつ気持ち悪い

  • "This guy's like an ape.

    "こいつは猿みたいだな

  • "He's got ape arms.

    "猿の腕を持っている

  • "He's got like ape awkward arms.

    "彼は猿のような不器用な腕を持っている。

  • "This guy is like an ape awkward guy.

    "こいつは猿のような不器用な奴だな。

  • "This guy is an ape ah, awkwards.

    "彡(゚)(゚)「こいつは猿だな......あぁ.........気まずい

  • "He's like an ape man.

    "猿人 "のような人です。

  • "This guy is like an ape awkward man."

    "こいつは猿のような不器用な男だ"

  • Lincoln stayed for the whole case.

    リンカーンは事件の全容を把握していた。

  • They just go on without even acknowledging Lincoln.

    リンカーンのことを認めずに延々と続けているだけです。

  • The legal arguments that were made and the structure,

    行われた法律上の主張とその構造。

  • "oh my God, this is the way to do it.

    "ああ、これでいいのかな?

  • "Like, oh (bleep),"

    "ああ(ピッピッ)"みたいな感じで

  • it was just like, a myriad of wonderment.

    それはまるで、無数の不思議のようなものでした。

  • I'm, um, um, um, um, um, um, um, um, um, Lincoln!

  • Manny won and everything was great.

    マニーが勝ったし、全てが素晴らしかった。

  • So Lincoln goes back to Chicago, like,

    リンカーンはシカゴに戻った

  • "I know what I need to do now.

    "今、何をすべきかは分かっている。

  • "I'm going to study my ass off and get things going.

    "お尻の勉強をして物事を進めようと思っています。

  • "I'm going to get my (bleep) in gear.

  • "I'm going to be Mr. (bleep) House,"

    "ミスターハウスになります"

  • and five years later, he becomes the President.

    で、5年後には大統領になっています。

  • Here's the thing, because Stanton was part of the firm

    スタントンが会社の一部だったからだ

  • that said, we're like, not into you.

    そうは言っても、私たちはあなたのことが好きではない。

  • Lincoln said, I'm going to get Edwin Stanton

    リンカーンは言った エドウィン・スタントンを捕まえると

  • to become secretary of war.

    軍の長官になるために

  • How cool is that?

    どんだけかっこいいんだよ

  • When Lincoln dies, he says,

    リンカーンが死ぬと

  • "now he belongs to the ages,"

    "今や彼は時代に属している"

  • and Lincoln goes,

    とリンカーンが行く。

  • "(bleep), that's great."

  • - [Derek] What's the biggest lesson

    - 最大の教訓は何か

  • to learn in this story?

    この物語の中で学ぶべきことは?

  • - My balls are big.

    - 私のタマは大きい。

  • - Hello.

    - こんにちは。

  • Today we are going to talk about the Baltimore Plot.

    今日は「ボルチモアの陰謀」についてお話します。

  • November, 1860, Abraham Lincoln is elected

    1860年11月 エイブラハム・リンカーン当選

  • as the 16th president of the United States of America.

    第16代アメリカ合衆国大統領として

  • He was like, these states in the South, they don't want me

    南部の州は私を必要としていないようだ

  • to be president and they want to secede and stuff.

    大統領になったのに、脱北したいとか。

  • So I'm going to take a whistle-stop tour to D.C.

    ということで、D.C.へのホイッスルストップツアーに参加することにしました。

  • and I'm gonna wave at people.

    と人に手を振る。

  • Meanwhile, Allan Pinkerton was hired

    一方、アラン・ピンカートンは

  • to be Lincoln's private security force.

    リンカーンの私設警備隊として

  • Pinkerton runs the Pinkerton National Detective Agency.

    ピンカートンは、ピンカートン全国探偵事務所を運営しています。

  • Pinkerton starts finding out, oh, (bleep),

    ピンカートンは、ああ、(ピッピッ)を見つけ始める。

  • there's all these threats against Abraham Lincoln.

    リンカーンを脅迫しているのよ

  • Pinkerton puts together his like, dream team.

    ピンカートンは 夢のチームを結成した

  • He's got Harry Davies, this brilliant guy

    ハリー・デイヴィスという優秀な男がいる

  • who speaks several languages and Kate Warren,

    複数の言語を話すケイト・ウォーレンと

  • the first female detective in the history

    史上初の女刑事

  • of the United States.

    アメリカの

  • Pinkerton's like, everybody wants to (bleep) kill Lincoln.

    ピンカートンはみんな リンカーンを殺したがってる

  • So they go undercover in Baltimore at the Barnum Hotel,

    ボルチモアのバーナムホテルに 潜入してたのね

  • pretended to be Southern,

    南部人のふりをして

  • like how do you do, sir, and getting intel like,

    どうやって情報を得ているんですか?

  • what is your political affiliation if I may ask?

    あなたの政治的な所属は?

  • I'm not trying to press you, but I am a lady of the South

    押し付けるつもりはありませんが、私は南のお嬢様です。

  • and I need to know that I'm fraternizing

    友愛していることを知る必要がある

  • with people I can trust.

    信頼できる人たちと

  • All right, I'm actually leaning.

    分かったよ、実は傾いてるんだ。

  • - [Derek] Are you okay?

    - 大丈夫か?

  • - I started to lean.

    - 傾き始めました。

  • - [Derek] That's okay.

    - いいんだよ

  • - No, it's all right.

    - いや、大丈夫だよ。

  • It's just, where, where do I?

    それは、どこで、どこに行けばいいの?

  • So they discovered this guy. Cipriano Ferrandini.

    それで彼らはこの男を発見したチプリアーノ・フェランディーニ

  • He's a beady-eyed Corsican barber

    ビーズ目のコルシカ人理容師

  • who wanted to kill Lincoln.

    リンカーンを殺そうとした

  • Ferrandini, he gathers together all of these Southern rebels

    フェランディーニは南部の反逆者を集めている

  • into this hideout.

    この隠れ家に

  • Davies gets in on the Ferrandini meeting and Ferrandini,

    デイヴィスはフェランディーニとの出会いとフェランディーニに乗り込む。

  • he's holding up a scimitar and he says, moth!

    彼は銃を構えて言ったんだ、蛾だ!

  • And he was like,

    と、彼は言っていました。

  • "in this hat or bowl or bucket or whatever,

    "この帽子かボウルかバケツか何かで

  • "there is a card I'm going to burp,

    "げっぷをするカードがある

  • "excuse me, with a red dot on it,

    "赤い点がついていて失礼します

  • "and whoever gets the red dot,

    "赤い点を取った人は誰でもいい

  • "you're going to kill Lincoln."

    "リンカーンを殺すつもりか?"

  • Davies is like,

    デイヴィスは

  • "oh (bleep) neat.

    "ああ(ピッピッピッピッピッピッピッピッピッピッピッピッピッピッ

  • "Now we really have a problem,"

    "これで本当に問題が起きた"

  • to himself quietly because he's undercover.

    潜入捜査だからこそ、静かに自分に言い聞かせています。

  • Lincoln lands in Harrisburg, Pennsylvania.

    リンカーンがペンシルバニア州ハリスバーグに上陸。

  • Pinkerton goes to him and says,

    ピンカートンは彼のところに行って言う。

  • "we gotta get you the (bleep) out of here

    "ここから出て行くぞ

  • "a day before they're going to kill you."

    "殺される一日前に"

  • So he took off his little pop tart hat or whatever that was.

    それで彼はポップタルトの帽子か何かを脱いだ。

  • What was it called?

    それは何と呼ばれていたのでしょうか?

  • A papa, popeye, popeye, it was called a, his hat,

    パパ、ポパイ、ポパイ、ポパイと呼ばれていた、彼の帽子。

  • it was a stovepipe!

    ストーブパイプだった!

  • Lincoln says,

    リンカーンは言う。

  • "sorry, stovepipe.

    "ごめんね、ストーブパイプ。

  • "I've gotta be incognito.

    "隠語 "にしないと。

  • "I'll see you soon."

    "すぐに会おう"

  • They sneak him out to the train.

    こっそり電車に連れて行かれた

  • People can see him, but they don't know it's him

    人は彼を見ることができても、それが彼だとは知らない

  • because he's wearing a beanie and a shawl.

    ビーニーとショールを着ているからだ。

  • Kate Warren is like,

    ケイト・ウォーレンは

  • "I need to get my invalid brother into the train."

    "無効な弟を電車に乗せる必要がある"

  • They get on the train.

    彼らは電車に乗る。

  • (mimics train churning)

    (電車の揺れを模したもの)

  • Lincoln is on a train into D.C. to become the president.

    リンカーンは大統領になるためにD.C.に向かう列車に乗っています。

  • So Pinkerton had to get Lincoln through Baltimore early

    ピンカートンはリンカーンを ボルチモアまで送った

  • to get to D.C. without being killed, because there

    殺されずにワシントンに行くためには

  • are assassins in Baltimore waiting for Lincoln

    ボルチモアの暗殺者はリンカーンを待っている

  • to show up at like noon.

    正午のような時間に現れる

  • They get to President Station, Baltimore, Maryland

    メリーランド州ボルチモアの プレジデント駅に到着しました

  • at 3:30 in the morning, and the conductor was like,

    朝の3時半に車掌さんが

  • "we have to stop because there's a sound ordinance."

    "健全な条例があるから 止めなければならない"

  • Pinkerton's like,

    ピンカートンが好きなんだ

  • "what the (bleep) is a (bleep) sound ordinance?

    "何が(ピピッ)と音のする条例なんだ?

  • "What the (bleep) am I going to do?

    "私は何を(ピッ)としているのだろうか?

  • "Okay, I'll tell you what we'll do.

    "よし、これからやることを教えよう。

  • "We'll get some (bleep) horses."

    "馬を捕まえよう"

  • So they hook up this train car to horses

    この車両を馬に繋いで

  • and drag the train car on the tracks through Baltimore.

    ボルチモアを通って線路の上で電車の車両を引きずっていく。

  • They get to Camden Street Station where they're supposed

    カムデン・ストリート駅に到着したのは

  • to pick up the Washington-bound train.

    ワシントン行きの列車を拾うために

  • No train, train's late.

    電車がない、電車が遅い。

  • So they sat there.

    それで彼らはそこに座っていた。

  • It's basically assassins everywhere,

    基本的には刺客だらけです。

  • and they could hear people saying,

    と人々の声が聞こえてきました。

  • "this (bleep) Lincoln is a piece of (bleep).

  • "The South will rise."

    "南は立ち上がる"

  • Pinkerton's like,

    ピンカートンが好きなんだ

  • "if these guys find out that we're in here with Lincoln,

    "リンカーンと一緒にここにいるのがバレたら

  • "we're dead, we're all of us dead.

    "俺たちは死んだんだ、俺たちはみんな死んだんだ

  • "You hold onto your panties."

    "パンティにしがみついて"

  • (laughing)

    (笑)

  • No, you're not, all right, okay.

    いや、そんなことはない、わかった、わかった。

  • The Washington bound train finally shows up

    ワシントン行きの列車がついに姿を現す

  • and it's 6:00 a.m., February 23rd.

    で、2月23日の朝6時です。

  • Abraham Lincoln arrives in Washington, D.C.

    エイブラハム・リンカーンがワシントンD.C.に到着。

  • and they successfully averted the assassination attempt,

    暗殺未遂を回避することに成功しました。

  • and the Pinkerton National Detective Agency has existed

    とピンカートン国立探偵事務所が存在しています。

  • for 163 years since that time.

    あれから163年。

  • Moth!

    蛾!

  • Look.

    見ろよ

  • - [Derek] Oh!

    - おう!

  • - Son of a.

    - 息子だ

  • (clapping)

    (拍手)

  • Oh no.

    いやあ、そんなことはない。

  • Moth!

    蛾!

  • - Hello.

    - こんにちは。

  • I am Tess Lynch and today, we're going to talk

    私はテス・リンチです。今日は、

  • about the Union Balloon Corps.

    ユニオン気球団について

  • So it's a week into the Civil War.

    南北戦争まであと一週間ということですね。

  • Thaddeus Lowe is a balloonist.

    タデウス・ロウは気球師。

  • He's airborne in Hoboken, New Jersey,

    彼はニュージャージーのホーボーケンで空を飛んでいます。

  • and he's like, (bleep) yes, like, ah,

    と言って、彼は、(ピッピッ)と、はい、あー、みたいな感じです。

  • and everything seems great until, oh, boom, winds hit.

    全てが素晴らしいと思われたが風が吹いてきた

  • Thad's like, ah, (bleep) the (bleep) wind, you know?

  • But like the winds, they don't care.

    でも、風のように、気にしない。

  • The winds don't care.

    風は気にしない

  • They're like,

    彼らはまるで...

  • "we're going to have you land where the

    "私たちは、あなたを着陸させるつもりです。

  • "(bleep) we want you to land,"

    "(ピッピッ) 着陸して欲しい"

  • and all of a sudden he finds himself

    と思っていたら、突然

  • blown into South Carolina,

    サウスカロライナ州に吹っ飛んだ。

  • like right in the middle of Confederate territory.

    連合国の領土の真ん中にいるようなものだ

  • Are you serious?

    本気で言ってるのか?

  • So he was like, boom, blown into the hands

    だから、彼は、ブームのように、手の中に吹き込まれました。

  • of a Confederate mob.

    南部連合の暴徒の

  • So they freak and they're like,

    だから、彼らはパニックになって、彼らのようになっている。

  • "whoa, are you a Yankee spy?

    "おっと、お前はヤンキーのスパイか?

  • "What's your deal?"

    "あなたの取引は?"

  • And he's just like, what the (bleep) do I do?

    で、彼は、どうすればいいんだろう?

  • So he has all these papers with him that basically are like,

    それで彼は書類を持っていて基本的にはこんな感じです

  • Thaddeus Lowe, important balloon person,

    タデウス・ロウ、重要な気球の人。

  • and they're like, you know what?

    とか言われて、「あのね」ってなるんです。

  • You seem like a cool dude.

    かっこいい男に見える

  • You can go, and he leaves.

    行っていいよ、と言って彼は去っていく。

  • Okay, one second.

    ちょっと待って

  • (liquor splashing)

    ぴょんぴょん

  • This is the funnest job ever.

    今までで一番楽しい仕事です。

  • Okay, so basically he's just like,

    基本的には彼はこんな感じなんだ

  • I don't think this is working out for me.

    私には合っていないと思います。

  • The wind keep taking me into like,

    風が私を連れて行ってくれる

  • the worst (bleep) neighborhoods.

    最悪(゚Д゚)

  • Like, I'm done with this, but then he gets a call,

    もういいやと思ってたのに電話がかかってきて

  • but not a call because it's back in the day.

    と言っても、元に戻っているので電話ではありません。

  • So he gets a message and it says,

    それで彼はメッセージを受け取り、それにはこう書かれています。

  • hey, you, I've got my eye on you.

    おい、お前、俺はお前に目をつけているんだぞ。

  • Why don't you come on down to Washington?

    なぜワシントンに来ないの?

  • And he's like, who are you?

    そして、彼は、あなたは誰ですか?

  • Okay, I'll go.

    じゃあ、私が行きます。

  • Whatever, like trip to Washington sounds good.

    ワシントンへの旅行もいいけど

  • So he goes down to Washington to this like fancy room.

    それで彼はワシントンに降りてきて、ここのような派手な部屋に行きました。

  • All of a sudden who walks in?

    突然誰が入ってくるのか?

  • It's (bleep) President Lincoln,

    リンカーン大統領だ。

  • and Lowe's like,

    とロウズのような

  • "oh, Holy (bleep), like President Lincoln,

    "ああ、リンカーン大統領のように(゚∀゚)

  • "I didn't know you were like, you know,

    "あなた "のような人だとは知らなかった。

  • "keeping tabs on my balloons and stuff,"

    "私