Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Whenever I hear that a new health product claims to reduce inflammation, some red flags go up in my brain.

    新しい健康食品が炎症を抑えるという話を聞くたびに、脳裏には赤信号が点滅します。

  • It's one of those words that's gotten more popular in health marketing in the last few decades, and people are willing to pay real money to do something about it.

    ここ数十年の健康マーケティングで流行した言葉の一つで、人々は実費を払ってでも何とかしたいと思うものなのです。

  • But inflammation is a normal biological process that our bodies use to keep us safe.

    しかし、炎症は体が安全を保つために使っている、正常な生物学的プロセスなのです。

  • We don't want to get rid of all inflammation.

    すべての炎症をなくしたいわけではありません。

  • So today we're going to dig into the inflammatory response and come away understanding why those health claims need a little bit more nuance attached to them.

    そこで今日は、炎症反応について掘り下げ、なぜ健康強調表示にはもう少しニュアンスが必要なのかを理解することにしましょう。

  • Inflammation itself is an immune response to some kind of problem in the body.

    炎症そのものは、体内の何らかの問題に対する免疫反応です。

  • That response might be acute, which means it comes and goes quickly, or chronic, it stays around longer.

    その反応は、すぐに消えてしまう急性のものと、長く続く慢性のものとがあります。

  • It could be triggered by any kind of infectious or non-infectious problem in the body, anything from bacteria and a dirty cut, to frostbite, to a splinter.

    細菌や汚れた切り傷、凍傷、破片など、体内のあらゆる種類の感染性または非感染性の問題が引き金となる可能性があるのです。

  • Regardless of what initiates it though, the response is similar.

    しかし、何がきっかけであれ、反応は同じようなものです。

  • From just living and being a human, you're probably familiar with the five signs of inflammation firsthand: heat, redness, swelling, pain and loss of function.

    ただ生きているだけで、人間である以上、熱、赤み、腫れ、痛み、機能低下の5つの炎症のサインを身をもって知っていることでしょう。

  • And they range from mildly annoying to seriously debilitating, but they actually serve a specific role in protecting you from further harm and kicking off the healing process

    このような症状は、軽いものから深刻なものまでさまざまですが、実は、さらなる危害から身を守り、治癒のプロセスを開始させるという特定の役割を担っているのです。

  • Contrary to what some may think, the increased heat is not there to try to bake the infectious agent.

    しかし、熱を加えることで感染者を焼こうとするのではありません。

  • It's there because the blood vessels around the inflamed body part expanded, bringing more blood to that area.

    それは、炎症を起こしている体の部位の周りの血管が拡張し、その部位に多くの血液が運ばれてくるからです。

  • That's also why the area gets more red.

    そのため、その部分がより赤くなるのも特徴です。

  • You are passing more red blood cells through the inflamed tissue, just like how your cheeks get warm and red when you blush.

    赤ら顔になると頬が暖かくなって赤くなるのと同じように、炎症を起こした組織に赤血球を多く通過させるのです。

  • Our blood is warm, and with more blood flow, we feel more heat.

    人間の血液は温かく、血流が多くなれば、より熱を感じるようになります。

  • Along with more blood, the vessels that transport that blood expand and become more permeable, which fills that area with fluid and shows up externally as swelling.

    血液が増えると、その血液を運ぶ血管が拡張して透過性が高くなり、その部分に水分が充満して外見上、むくみとして現れます。

  • Pain comes from the stimulation of pain receptors from the initial injury, or from the inflammatory response itself.

    痛みは、最初の傷からくる痛覚受容体の刺激や、炎症反応そのものからくるものです。

  • Finally, the loss of function could come from either increased swelling, which reduces mobility, or from healthy tissue being replaced with less flexible scar tissue over time.

    最後に、機能低下は、腫れが大きくなって可動性が低下することと、健康な組織が時間の経過とともに柔軟性の低い瘢痕組織に置き換わることのどちらかが原因である可能性があります。

  • And that's only what we see from the outside.

    それも、外から見ているだけのものです。

  • Our immune systems orchestrate all these different chemical messengers called cytokines. "Cyto" for cell, "kine" for movement.

    免疫システムは、サイトカインと呼ばれる様々な化学伝達物質の指揮をとっています。Cytoは細胞、kineは動きを意味します。

  • They're chemicals that get cells to move to the inflamed area.

    炎症を起こしている部分に細胞を移動させる化学物質です。

  • You may have heard about cytokines in the context of a cytokine storm before, when these messenger molecules recruit more immune cells, which release more cytokines, which recruit more immune cells...

    以前、サイトカインストームの文脈でサイトカインについて聞いたことがあるかもしれません。これらのメッセンジャー分子がより多くの免疫細胞をリクルートし、その免疫細胞がより多くのサイトカインを放出し、さらに免疫細胞をリクルートするというものです。

  • And you get this feedback loop that can cause sepsis or death.

    このフィードバック・ループが敗血症や死亡の原因となるのです。

  • And during the normal acute inflammatory response, they're recruiting mostly white blood cells to the area to attack any pathogens.

    通常の急性炎症反応の際には、病原体があればそれを攻撃するために、主に白血球をその部位に動員しています。

  • And all of this is a thing so that your body can stomp out whatever trying to hurt it, whether it's a bacterial infection or a sprained ankle.

    これらはすべて、細菌感染や足首の捻挫など、体を傷つけようとするものを踏みつぶすためにあるのです。

  • But sometimes this process takes a little bit longer.

    しかし、このプロセスに少し時間がかかることがあります。

  • Our bodies continue to ship chemical messengers and white blood cells to the site, and if that creeps into the multiple weeklong territory, it's classified as chronic inflammation.

    私たちの体は、化学伝達物質や白血球をその部位に送り続け、それが複数週にわたる領域に忍び込むと、慢性炎症と分類されます。

  • You don't always need an acute inflammatory response to develop chronic inflammation though, like rheumatoid arthritis is an autoimmune disease that causes inflammation of the joints.

    関節リウマチは関節に炎症を起こす自己免疫疾患ですが、慢性炎症を起こすためには、必ずしも急性の炎症反応が必要なわけではありません。

  • There was never one big injury that kicked it off.

    大きな怪我をしたことがきっかけになったわけではありません。

  • Either way, chronic inflammation is where this whole inflammatory response gets more problematic.

    いずれにせよ、慢性炎症は、この炎症反応全体がより問題となるところです。

  • For instance, patients with atherosclerosis, a narrowing of the arteries around the heart that predisposes folks to heart attacks, will have elevated cytokines and inflammatory proteins in their blood.

    例えば、心臓の周りの動脈が狭くなり、心臓発作を起こしやすくなる動脈硬化の患者さんでは、血液中のサイトカインや炎症性タンパク質が上昇します。

  • Because of that, health care providers might look for inflammatory markers in your blood as a way of predicting your risk of heart disease.

    そのため、医療従事者は、心臓病のリスクを予測する方法として、血液中の炎症マーカーを調べることがあります。

  • If your liver experiences too much inflammation, you can permanently damage the hepatocytes, cells that play a big role in metabolism and immune function.

    肝臓に炎症が起きすぎると、代謝や免疫機能に大きな役割を果たす細胞である肝細胞に永久的な損傷を与える可能性があります。

  • Your lungs are in the same camp.

    肺も同じ陣営にいるのです。

  • One of the reasons that cigarette smoking is so lethal is because it causes a constant inflammatory response in the lungs.

    タバコが致命的なのは、肺の中で常に炎症反応が起きているからです。

  • That can narrow and stiffen the tiny airways in your lungs, making it harder for air to pass through.

    そうすると、肺の中の小さな気道が狭くなったり硬くなったりして、空気が通りにくくなります。

  • So in the case of livers and lungs, chronic inflammation literally leads to worse organ function.

    つまり、肝臓や肺の場合、慢性的な炎症は文字通り臓器の機能を悪化させることになるのです。

  • With that in mind, you can see why people would want to reduce inflammation, and certain drugs do that but through different mechanisms.

    そう考えると、なぜ人々が炎症を抑えたいと思うのかがわかります。ある種の薬は、異なるメカニズムで炎症を抑えます。

  • Like if you've gotten injured, you might have taken ibuprofen, a non-steroidal anti-inflammatory drug ,or NSAID, for the pain.

    例えば、怪我をしたとき、痛みのために非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)のイブプロフェンを服用したことがあるかもしれません。

  • It works by inhibiting certain enzymes in your stomach that make compounds called prostaglandins.

    プロスタグランジンと呼ばれる化合物を作る胃の中のある種の酵素を阻害することで効果を発揮します。

  • Those prostaglandins keep the inflammation process going, so by inhibiting the enzyme that makes them, ibuprofen reduces inflammation.

    このプロスタグランジンは炎症を抑える働きがあるので、イブプロフェンはそれを作る酵素を阻害することで、炎症を抑えているのです。

  • Or people with rheumatoid arthritis might take a drug that reduces inflammation by inhibiting one of those chemical messengers called tumor necrosis factor alpha.

    また、関節リウマチの方は、腫瘍壊死因子αという化学伝達物質の一つを阻害することで炎症を抑える薬剤を服用することもあります。

  • Both drugs results in a reduced inflammatory response, but take different paths to get there.

    両薬剤とも炎症反応を抑える効果がありますが、そこに至る道筋は異なります。

  • Knowing all that, we can't say that inflammation is clearly bad or clearly good.

    それを知った上で、炎症が明らかに悪いとも、明らかに良いとも言えません。

  • We need this process in order to survive, but too much for too long can be harmful.

    生きていくためにこのプロセスを必要としていますが、あまりに長い間やりすぎると害になることがあります。

  • Thanks for joining us for season two of Seeker Human!

    シーカーヒューマンのシーズン2にご参加いただきありがとうございます。

  • I had so much fun with season one, and I'm stoked to bring you more videos on this channel.

    シーズン1はとても楽しかったので、このチャンネルでもっと多くのビデオをお届けしたいと思います。

  • Make sure to subscribe to our YouTube channel for more videos like this one, and follow us on all the social media. We're @seeker on everything.

    このようなビデオをもっと見るには、私たちの YouTube チャンネルを登録してね。ソーシャルメディアでのフォローもしてください。@seekerです。

Whenever I hear that a new health product claims to reduce inflammation, some red flags go up in my brain.

新しい健康食品が炎症を抑えるという話を聞くたびに、脳裏には赤信号が点滅します。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

ワンタップで英和辞典検索 単語をクリックすると、意味が表示されます

B2 中上級 日本語 反応 免疫 血液 メッセンジャー 細胞 慢性

【健康】「炎症」はどのように起きて身体の健康を守っているか?

  • 3820 256
    林宜悉 に公開 2022 年 05 月 29 日
動画の中の単語