Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Princess Savitri of the Madra Kingdom was as benevolent, brilliant, and bright

    マドラ王国のサヴィトリ姫は、慈悲深く、聡明で聡明でした。

  • as the Sun God she was named for.

    彼女が名付けた太陽神として

  • Her grace was known throughout the land,

    彼女の優しさは国中に知られていました。

  • and many powerful princes and wealthy merchants flocked to her family's palace

    皇族の宮殿には多くの王侯貴族や商人が押し寄せた

  • to seek her hand in marriage.

    結婚に手を差し伸べようとした

  • But upon witnessing her blinding splendor in person,

    しかし、彼女のまばゆい輝きを目の当たりにすると

  • the men lost their nerve.

    男たちは神経を失った

  • Unimpressed with these suitors,

    この求婚者たちには感心しない

  • the princess determined to find a husband herself.

    自分で夫を見つけようと決意したお姫様。

  • Mounting her golden chariot, she travelled through rolling deserts,

    黄金の戦車に乗り、なだらかな砂漠を旅した。

  • glittering cities and snow-capped mountains

    きらびやかな都市と雪山

  • rejecting many men along the way.

    途中で多くの男性を拒絶する

  • Eventually, Savitri ventured deep into the jungle,

    やがてサヴィトリはジャングルの奥深くへと足を踏み入れた。

  • where she met a young man chopping wood.

    そこで彼女は薪割りをしている若者と出会った。

  • His name was Satyavan, and like her, he loved the tranquil forest

    彼の名前はサティヴァンで、彼女と同じように、彼はのどかな森を愛していた。

  • but the princess saw he was not at peace.

    しかし、王女は彼が平和ではないことを見ていました。

  • After talking for hours, Satyavan told her of his plight.

    何時間も話した後、サティヴァンは自分の窮状を彼女に話した。

  • His parents had once been wealthy rulers,

    彼の両親はかつて裕福な支配者だった。

  • until his father was blinded and overthrown in a violent coup.

    暴力的なクーデターで父親が失明して倒されるまでは。

  • Now Satyavan worked tirelessly to support their meager new life.

    今、サティヴァンは彼らのささやかな新生活を支えるために、たゆまぬ努力を続けていた。

  • His determination and devotion moved the princess.

    彼の決意と献身がお姫様を動かした。

  • As they gazed into each other's eyes, she knew she'd finally found an equal.

    互いの目を見つめ合った時、彼女はついに対等な相手を見つけたと思った。

  • Savitri rushed home to tell her father the good news,

    サヴィトリは父親に朗報を伝えるために急いで家に帰った。

  • only to find him conversing with Narada

    ナラダと会話しているところを見つけて

  • a traveling sage and wisest messenger of the Gods.

    旅の賢者であり、神々の最も賢い使者。

  • At first her father was thrilled to learn of Satyavan,

    最初、彼女の父親はサティヴァンのことを知って興奮していた。

  • but Narada revealed a tragic prophecy: her betrothed had only a year to live.

    しかし、ナラダは悲劇的な予言を明らかにした:彼女の婚約者は余命1年しかなかった。

  • Savitri's blood ran cold.

    サヴィトリの血は冷たくなった。

  • She'd waited so long to find her partnerwas she already doomed to lose him?

    彼女はパートナーを見つけるために長い間待っていた...彼を失う運命だったのだろうか?

  • The princess would not accept these terms.

    王女はこれらの条件を受け入れないだろう。

  • She swore before Narada, her family,

    彼女は家族であるナラダの前で誓った。

  • and Savitr himself that she would never marry another.

    とサヴィトル自身は、彼女は他の人と結婚することはありませんでした。

  • Satyavan was her one true love, and their fates were entwined forever.

    サタヴァンは彼女の唯一の真実の愛であり、二人の運命は永遠に絡み合っていた。

  • Moved by her powerful words,

    彼女の力強い言葉に感動しました。

  • the sage told the princess to follow an ancient spiritual regimen.

    賢者は、古代の精神的な養生法に従うように王女に言った。

  • With regular prayer, periods of fasting,

    定期的な祈りと断食の期間

  • and preparation of special herbs and plants,

    と特別なハーブや植物の準備。

  • she might be able to prolong Satyavan's life.

    彼女はサティアヴァンの寿命を延ばすことができるかもしれない

  • After a simple wedding, the couple returned to the jungle to live

    シンプルな結婚式の後、夫婦はジャングルに戻って生活していました。

  • in keeping with the sage's instructions.

    賢者の指示に沿って

  • This modest existence was a far cry from her lavish upbringing,

    このささやかな存在は、彼女の贅沢な育ちとはかけ離れたものだった。

  • but they were happy in each other's company.

    と言っていましたが、二人はお互いに喜んでいました。

  • A year passed, and the fated day arrived.

    一年が過ぎ、運命の日がやってきた。

  • On their first anniversary, the sun grew horribly hot,

    一周年を迎え、太陽は恐ろしく暑くなった。

  • and Satyavan's brow began to burn,

    とサティアヴァンの眉毛が燃え始めた。

  • Savitri barely had time to drag him into the shade,

    サヴィトリはかろうじて彼を日陰に引きずり込む時間があった。

  • before he grew still and cold.

    彼が静まり返って冷たくなる前に

  • Through her tears, the princess saw an immense figure on the horizon.

    涙を流しながら、姫は地平線上に巨大な姿を見た。

  • This was Yamraj, the God of Death,

    これが死神ヤムラジでした。

  • come to escort Satyavan's soul to the afterlife.

    サティアヴァンの魂を死後の世界に護衛しに来たんだ

  • But Savitri was not giving up yet.

    しかし、サヴィトリはまだ諦めていなかった。

  • She followed the god for hours in the beating sun.

    彼女は灼熱の太陽の下、何時間も神の後を追った。

  • Yamraj thundered at the princess to leave him in peace.

    ヤムラジは、安らかに別れを告げようと姫に向かって雷を鳴らした。

  • But even as her feet bled and throat burned, Savitri would not turn back.

    しかし、足が血まみれになり、喉が焼けても、サヴィトリは引き返そうとはしなかった。

  • Eventually, Yamraj paused.

    やがて、ヤムラジは一時停止した。

  • He would grant her one wish as reward for her persistence,

    彼は彼女の粘り強さに報いるために、彼女の願いを一つだけ叶えようとします。

  • but she couldn't ask for her husband's life.

    しかし、彼女は夫の命を求めることはできませんでした。

  • Without hesitating, Savitri asked the God to restore her father in-law's sight.

    サヴィトリは迷うことなく、義理の父の視力を回復させてほしいと神様にお願いしました。

  • The wish was granted, and Yamraj rode on.

    願いが叶い、ヤムラジが乗り込んできた。

  • But still Savitri's footsteps echoed behind him.

    それでもサヴィトリの足音が彼の背後に響いた。

  • Exasperated, the God granted her a second wish.

    憤慨した神は、彼女に二度目の願いを託した。

  • This time, she asked for Satyavan's kingdom to be restored.

    今回、彼女はサティアヴァンの王国の復活を求めた。

  • Again the wish was granted,

    またしても願いが叶った。

  • and Yamraj began his descent into his subterranean kingdom.

    そして、ヤムラジは地下王国への降下を始めた。

  • But when he glanced back,

    しかし、ちらっと振り返ると

  • he was astounded to see the bedraggled princess stumbling along.

    彼は寝ぼけた姫がよろけながら歩いているのを見て愕然とした。

  • He'd never seen such devotion to the dead,

    彼は死者への献身を見たことがなかった。

  • and he honored her dedication with one final wish.

    そして、彼は最後の願いを込めて彼女の献身を称えました。

  • Savitri wished to be the mother of many children.

    サヴィトリは多くの子供たちの母親になりたいと願っていました。

  • The God agreed, and waved to dismiss her.

    神は同意し、手を振って彼女を解任した。

  • But the princess only repeated the vow she'd made one year earlier:

    しかし、王女は一年前にした誓いを繰り返すだけだった。

  • her fate was forever entwined with Satyavan.

    彼女の運命は永遠にサティアヴァンと絡み合っていた。

  • How could she bear many children, if Yamraj would not return her husband?

    ヤムラジが彼女の夫を返さない場合、どのように彼女は多くの子供を産むことができましたか?

  • Hearing this clever question the god relented, knowing he'd been beaten.

    この巧妙な質問を聞いた神は、自分がやられていることを知っていた。

  • With Yamraj's blessing and respect, Satyavan was returned to Savitri,

    ヤムラジの祝福と尊敬を受けて、サティヴァンはサヴィトリの元に戻された。

  • and the two walked back to the land of the living,

    と、二人は生ける大地へと歩いて帰っていった。

  • united in a love that not even death could destroy.

    死でも破壊できない愛で結ばれていた

Princess Savitri of the Madra Kingdom was as benevolent, brilliant, and bright

マドラ王国のサヴィトリ姫は、慈悲深く、聡明で聡明でした。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 TED-Ed 王女 願い 運命 父親 太陽

サヴィトリとサティアヴァン死から逃げ出した王女の伝説 - イソー・ガレスピー (Savitri and Satyavan: The legend of the princess who outwitted Death - Iseult Gillespie)

  • 6 0
    林宜悉 に公開 2021 年 01 月 12 日
動画の中の単語