Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • In the spring of 1947, six Scandinavian explorers noticed a strange phenomenon

    1947年の春、6人のスカンジナビア人探検家が奇妙な現象に気づきました。

  • while crossing the Pacific Ocean.

    太平洋を横断しながら

  • Somehow, small squid known to live deep beneath the waves

    どういうわけか、波の下の奥深くに住んでいることで知られている小さなイカが

  • kept appearing on the roof of their boat.

    船の屋根の上に現れ続けた。

  • The crew was mystified

    乗組員たちは、謎に包まれていた...

  • until they saw the squids soaring above the sea for roughly 50 meters.

    彼らは、約50メートルにわたって海の上を上昇するイカを見るまで。

  • On land, people could barely believe the explorers.

    陸上では、人々はかろうじて探検家を信じることができた。

  • It seemed impossible that sea creatures without wings or bones could fly at all,

    翼も骨もない海の生き物が全く飛べるはずがないと思われた。

  • let alone travel half the length of a football field.

    フットボール場の半分の長さを移動することはできません。

  • But over the next several decades, more reports began to surface.

    しかし、それから数十年の間に、より多くの報告が表面化し始めました。

  • Sailors described airborne squid keeping pace with motor boats.

    船員たちは、モーターボートと歩調を合わせているイカの姿を描いていました。

  • Researchers reported captive squid escaping their tanks overnight.

    研究者は、捕獲したイカが一晩で水槽から脱出したと報告しています。

  • And as cameras became widespread, seafarers finally began capturing proof

    そして、カメラが普及したことで、ついに船員が証拠を撮影し始めた。

  • of these high-flying cephalopods.

    これらの高空飛行する頭足類の

  • But how and why do these marine creatures take to the sky?

    しかし、これらの海の生き物は、どのようにして、そしてなぜ空に向かっていくのでしょうか?

  • While only a few squid species have been recorded taking flight,

    数種のイカが飛翔することが記録されていますが、そのうちの数種だけが飛翔しています。

  • most squid are alike in the way they traverse the ocean.

    ほとんどのイカは海を縦断する方法が似ています。

  • The outside of a squid's body is a massive tube of muscle called the mantle.

    イカの体の外側には外套膜と呼ばれる巨大な筋肉の筒があります。

  • Water enters that tube through small openings around the squid's head.

    イカの頭の周りの小さな穴から水がその管に入る。

  • Then, muscles clamp these openings shut,

    そして、筋肉はこれらの開口部を閉じている。

  • and the squid forcefully pumps the water through the base of their body.

    と、イカは体の付け根から強制的に水を汲み上げます。

  • In practice, this makes the mantle a miniature jetpack,

    実際には、これによりマントルはミニチュアジェットパックになります。

  • propelling squid through the water at 10 kilometers per hour.

    時速10キロでイカを水中に推進します。

  • This process is also how squid breathe.

    このプロセスは、イカの呼吸法でもあります。

  • Squid gills rest inside the mantle,

    イカのエラは外套膜の中で休んでいます。

  • and siphon oxygen from the water being pushed past them.

    と酸素をサイフォンで吸い取ります。

  • With gills full of air and a mantle full of water,

    エラいっぱいの空気と水いっぱいのマントで

  • squid can outpace predators and pursue their prey.

    イカは捕食者を出し抜き、獲物を追いかけることができる。

  • Or, in the case of some species, they can smash through the ocean's surface,

    ある種の種族の場合は、海面を粉砕することができます。

  • and attempt an epic flight.

    と壮大な飛行を試みる。

  • Without the resistance of water,

    水の抵抗がなければ

  • a squid's acceleration is the same as a car going

    いかのかそくは車のかそくと同じ

  • from zero to 100 kilometers per hour in just over a second.

    ゼロから時速100キロまで、わずか1秒強で。

  • At speeds of 40 kilometers per hour, squid quickly generate aerodynamic lift.

    時速40キロのスピードで、イカはすぐに空気力学的な揚力を発生させます。

  • But to stay in the air they'll need something like wings.

    しかし、空中に留まるためには、翼のようなものが必要だ。

  • Fortunately, our soaring cephalopod has a plan.

    幸いなことに、私たちの高騰する頭足類には計画があります。

  • Squid tentacles are "muscular hydrostats," meaning the tissue can be held firm

    イカの触手は「筋肉性のハイドロスタット」であり、組織をしっかりと保持することができることを意味しています。

  • by muscle tension.

    筋肉の緊張によって

  • Splaying its tentacles in a rigid formation,

    硬直したフォーメーションで触手を広げる。

  • the squid transforms them into flexible wing-like structures

    烏賊は翼のような柔軟な構造に変身する

  • that stabilise its flight.

    その飛行を安定させる

  • At the opposite end of its body, two fins typically used for gentle swimming

    体の反対側の端には、穏やかな泳ぎをするための2つのヒレがあります。

  • find new purpose as a second set of wings.

    第二の翼のセットとして新たな目的を見つける。

  • And by folding these fins down,

    そして、このフィンを折りたたむことで

  • a squid can streamline itself and dip back into the ocean.

    イカは自分を流線型にして、また海に潜ることができます。

  • There have been too few observations

    観測数が少なすぎる

  • to establish what a squid's typical flight trajectory looks like.

    イカの典型的な飛行軌道がどのようなものであるかを確立するために。

  • Based on their flying speed, a 10 centimeter squid

    その飛行速度から、10センチのイカが

  • could hypothetically launch itself six meters above the water.

    仮定的には水面から6メートルの高さに打ち上げられるかもしれません。

  • But from what scientists have seen, flying squid tend to glide low,

    しかし、科学者たちが見てきたところでは、空飛ぶイカは低空飛行する傾向があります。

  • keeping close to the surface.

    表面に密着していること。

  • This trajectory allows squid to cover the most horizontal distance possible

    この軌道は、イカが可能な限り水平距離をカバーすることを可能にします。

  • over a typical several second flight.

    典型的な数秒のフライトで

  • It also makes it easy to dive back into the water for more fuel

    また、より多くの燃料を得るために水の中に潜ることも容易になります。

  • or to make a quick escape from predatory birds.

    または捕食鳥から素早く逃げ出すために。

  • But why do squids fly at all?

    しかし、なぜイカは全く飛ばないのでしょうか?

  • Leading theories suggest that flight is an escape behaviour,

    一流の理論では、飛行は逃避行動であるとされています。

  • as flying squid generally seem to be fleeing a nearby predator or ship.

    飛ぶイカは一般的に近くの捕食者や船から逃げているように見えます。

  • Other researchers think their flight

    他の研究者は、彼らのフライトを考えています。

  • may be an energy-saving migration strategy,

    は省エネ型の移行戦略かもしれません。

  • because it takes less energy to move quickly through the air

    空気中を素早く移動するのはエネルギーが少ないから

  • than through water.

    水を介してよりも。

  • However, it's also possible that learning to fly

    しかし、飛ぶことを学ぶことで

  • may be a vital part of surviving adolescence.

    は思春期を乗り切るためには欠かせないものかもしれません。

  • Young, smaller squid can potentially fly faster and farther

    若くて小さいイカは、より速く、より遠くまで飛べる可能性があります。

  • than their larger relatives.

    よりも大きな親族よりも

  • And since adult squid tend to cannibalize juveniles,

    イカの成魚は幼魚を共食いする傾向があるので

  • soaring above the surf can help ensure these young squid

    波の上に舞い上がることは、これらの若いイカを確実に助けることができます。

  • will live to fly another day.

    また別の日に飛ぶために生きています。

In the spring of 1947, six Scandinavian explorers noticed a strange phenomenon

1947年の春、6人のスカンジナビア人探検家が奇妙な現象に気づきました。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 TED-Ed イカ 飛行 飛ぶ 捕食 時速

これらのイカは飛ぶことができます...いや、本当に - ロバート・シドル (These squids can fly... no, really - Robert Siddall)

  • 5 0
    林宜悉 に公開 2021 年 01 月 11 日
動画の中の単語