Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • If it's not video games, music, movies or television, it's books.

    ゲーム、音楽、映画、テレビ以外なら本。

  • Welcome to watch model dot com, and today we're counting down our picks for the top 10 books that inspired horrific real life crimes.

    時計モデルドットコムへようこそ、そして今日、私たちは私たちの選択をカウントダウンしているトップ10の本のための私たちのピックは、恐ろしい現実の生活犯罪を触発した。

  • Two women were missing and presumed dead at his hands.

    二人の女性が行方不明で、彼の手で死んだと推定されています。

  • A third had barely escaped with her life after her kidnapping and rape.

    三人目は誘拐とレイプの末、辛うじて命を取り留めて逃げていた。

  • For this list, we're looking at various books.

    このリストのために、いろいろな本を見ています。

  • Both fiction and nonfiction alike that have inspired or directly caused acts of violence will only be including books themselves.

    暴力行為に触発されたり、直接的な原因となったりした小説もノンフィクションも、本そのものを含むだけである。

  • So violence inspired by a books movie adaptation will not be included.

    だから、本の映画化に触発された暴力は含まれません。

  • But I didn't want raged to be one of those accelerants, so I pulled the book number 10 Mine Kampf, Adolf Hitler.

    しかし、私は激昂するのが嫌だったので、10冊目のマインカンプフ、アドルフ・ヒトラーを引っ張り出してきました。

  • This one seems pretty obvious, doesn't it?

    これはかなり当たり前のように思えますよね?

  • Mine Come Translated to my Struggle is Adolf Hitler's autobiography, in which he details his descent into anti Semitism and the superiority of the Aryan race, all while planting the seeds of his genocide.

    私の闘争に翻訳されたものは、アドルフ・ヒトラーの自伝であり、反ユダヤ主義に陥り、アーリア人の優越感に浸りながら、大量虐殺の種を蒔いたことが詳細に書かれています。

  • The book was an enormous success in 19 thirties Germany, and it continues to be printed in the United States through educational publisher Houghton Mifflin Harcourt.

    この本は1930年代のドイツで大成功を収め、教育出版社ホートン・ミフリン・ハーコートを通じてアメリカで印刷され続けています。

  • Obviously, this work and the themes and beliefs there in have caused a lot of hardship in the world.

    明らかに、この作品とそこにあるテーマや信念は、世界に多くの苦難をもたらした。

  • Thes air, The philosophies that resulted in the Holocaust and many extremists remain inspired by Hitler's ideologies.

    Thes air、ホロコーストをもたらした哲学、そして多くの過激派は、今でもヒトラーのイデオロギーに触発されています。

  • To this day, Number nine.

    今日まで、9番。

  • The Anarchist Cookbook, William Powell The Anarchist Cookbook was author William Powell's malicious contribution to the counterculture movement.

    アナーキスト・クックブック、ウィリアム・パウエル アナーキスト・クックブックは、著者ウィリアム・パウエルのカウンターカルチャー運動への悪意ある貢献である。

  • The book contains, among other things, instructions on how to make homemade explosives and LSD, however inaccurate they are and was meant as a protest against America's involvement in Vietnam.

    この本には、自作の爆薬やLSDの作り方などが書かれているが、それがどんなに不正確であっても、アメリカのベトナムへの関与に抗議するためのものであった。

  • While both Powell himself and riel anarchists have denounced the book, it's nevertheless been linked to many infamous crimes, including the Oklahoma City bombing, the Columbine massacre and the 77 bombings in London.

    パウエル自身もリエル・アナキストもこの本を糾弾しているが、それにもかかわらず、オクラホマシティ爆破事件、コロンバイン大虐殺、ロンドンでの77回の爆破事件など、多くの悪名高い犯罪にリンクしている。

  • While the book is obviously not the sole reason for those atrocities, officials still believe that it played a role to varying degrees of significance.

    この本が残虐行為の唯一の理由ではないことは明らかだが、当局者は、それが様々な程度の意義を持つ役割を果たしたと考えている。

  • Number eight.

    8番だ

  • The Satanic Verses.

    悪魔の詩。

  • Salman Rushdie.

    サルマン・ラシュディ

  • The Satanic Verses is a novel by British Indian author Salman Rushdie that was inspired by the life of Mohammed.

    悪魔の詩』は、イギリスのインド人作家サルマン・ラシュディの小説で、モハメッドの生涯をモチーフにしています。

  • The book was immediately lambasted by various Muslims who accused it of blasphemy, and it resulted in a slew of violence.

    この本はすぐに様々なイスラム教徒から冒涜だと非難され、その結果、多くの暴力事件が発生しました。

  • The supreme leader of Iran issued a call for the deaths of rusty and those associated with the novel and the novels Japanese translator was subsequently killed in a stabbing.

    イランの最高指導者は、サビの死と小説に関連した人々の死を求める呼びかけを発し、小説の日本語訳者はその後、刺殺事件で死亡した。

  • Thean Tal Yin, translator in Norwegian publisher, also became the subjects of assassination attempts.

    ノルウェーの出版社で翻訳者のテアン・タルインも暗殺未遂の対象となった。

  • It may have even resulted in the Sivas massacre.

    シヴァスの大虐殺にまで発展したのかもしれない。

  • Ah, hotel fire that killed 35 people as the novels Turkish Translator was in attendance.

    ああ、小説のトルコ語翻訳者が出席していたように35人を殺したホテルの火事。

  • Number seven.

    7番だ

  • Jack Shepherd, William Harrison Ainsworth Jack Shepard was a novel by William Harrison Ainsworth.

    ジャック・シェパード、ウィリアム・ハリソン・アインズワース Jack Shepardは、ウィリアム・ハリソン・アインズワースの小説である。

  • Originally published in serialized form in the literary magazine Bentley's Miscellany, it chronicled the adventures and crimes of real life Thief and burglar Jack Shepherd.

    元々は文学雑誌『Bentley's Miscellany』に連載されていたもので、実在の泥棒・強盗ジャック・シェパードの冒険と犯罪を描いたものです。

  • The novel was an immense success, even outselling Oliver Twist Lisa.

    この小説はオリバー・ツイスト・リサの売り上げを上回る大ヒットを記録した。

  • I want some more, but it was also highly controversial due to its supposed glorification of crime.

    もう少し欲しいところですが、犯罪を賛美していると思われていたこともあり、物議を醸していました。

  • Lord Chamberlain even band plays with Jack Shepherd in the title to prevent youthful imitators.

    ロード・チェンバレンはバンドでも、タイトルにあるジャック・シェパードと一緒に演奏することで、若年性の模倣を防ぐことができます。

  • His controversy was further heightened upon the murder of Parliament's Lord William Russell.

    彼の論争は、議会のウィリアム・ラッセル卿が殺害されたことでさらに高まった。

  • His valet, Francois Colglazier, had slit his throat in his sleep, and he's written in his confession that Jack Shepherd had inspired him to murder Russell.

    付き人のフランソワ・コルグレイザーは寝ている間に喉を切り裂かれていて、ジャック・シェパードに触発されてラッセルを殺したと告白に書いている。

  • Number six.

    6番だ

  • The Turner Diaries.

    ターナー・ダイアリー

  • William Luther Pierce.

    ウィリアム・ルーサー・ピアース

  • The Turner Diaries is undeniably one of the most controversial pieces of literature in modern history.

    ターナー・ダイアリーズ』は紛れもなく近代史の中で最も物議を醸した文学作品の一つである。

  • The novel was written by white supremacist William Luther Pierce under a pseudonym, and it depicts a revolution that ends in a race war and the subsequent extermination of people of color, among others.

    白人至上主義者のウィリアム・ルーサー・ピアースがペンネームで書いた小説で、人種戦争で終わる革命と、その後の有色人種の絶滅などを描いています。

  • You know how the war gets started.

    どうやって戦争が始まるのか

  • The hero drives a truck bomb into a federal building.

    主人公は、連邦政府の建物にトラック爆弾を運転しています。

  • Timothy McVeigh was reenacting that scene from The Turner Diaries.

    ティモシー・マクベイが「ターナー・ダイアリーズ」のあのシーンを再現していました。

  • He was carrying a book with him when he was arrested.

    逮捕された時に本を持ち歩いていたそうです。

  • The Anti Defamation League has said that quote.

    名誉毀損防止連盟が引用しています。

  • Many extremists have cited it as the inspiration behind their terrorist activity, and that certainly seems to be the case.

    多くの過激派は、テロ活動の背後にあるインスピレーションとしてそれを引用していますが、確かにそのように見えます。

  • Numerous violent acts have been attributed to the Turner Diaries, including the orders Murder of Three People and Attempted provocation of a Race War, the Oklahoma City bombing and Neo Nazi David Copeland's London Bombing Spree.

    ターナー・ダイアリーには、「3人の殺人」「人種戦争の挑発」「オクラホマシティの爆破」「ネオナチのデイビッド・コープランドのロンドン爆破事件」など、数多くの暴力的行為が記されています。

  • Number five.

    5番だ

  • The collector John Fowles.

    コレクターのジョン・ファウルズ

  • The Collector is a horror novel about a lonely man who kidnaps a woman named Miranda and keeps her in Hiss Cellar, where she eventually grows sick and dies.

    コレクター』は、孤独な男がミランダという女性を誘拐してヒス地下室に監禁し、やがて病気になって死んでいくというホラー小説です。

  • It's certainly a troubling tale, but it's no less twisted than a myriad of other horror novels and stories.

    確かに困った話ではあるが、他のホラー小説や物語と比べてもひねくれていることには変わりはない。

  • However, for whatever reason, this specific novel spoke to a large amount of serial killers who claimed that the collector was relatable and inspirational.

    しかし、どんな理由であれ、この特定の小説は、コレクターが関連性があり、インスピレーションを与えてくれたと主張する大量の連続殺人者に話しかけた。

  • The infamous Leonard Lake adored the novel and named his kidnapping and sex slave operation after Miranda, serial killer, kidnapper and rapist Christopher Wilder also reportedly had a copy of the book when he was killed by the police.

    悪名高いレナード・レイクはこの小説を崇拝し、誘拐と性奴隷の作戦をミランダにちなんで名付けた。

  • Number four.

    4番だ

  • The Secret Agent.

    シークレット・エージェント

  • A Simple Tale Joseph Conrad Joseph Conrad's The Secret Agent certainly has a colorful history story.

    A Simple Tale ジョセフ・コンラッド Joseph Conrad ジョセフ・コンラッドの『ザ・シークレット・エージェント』は確かに色鮮やかな歴史の物語を持っています。

  • Details.

    詳細です。

  • Secret agent Adolf Ver locks work in espionage within anarchist organizations because of its links to revolutionary ideology.

    秘密工作員アドルフ・ヴェルは、革命的イデオロギーとの関連性から、無政府主義組織内でのスパイ活動に従事していた。

  • It was scrutinized by the media immediately after September 11th, but that isn't why it's on this list.

    9月11日の直後にマスコミにスクープされましたが、それがこのリストにある理由ではありません。

  • The secret agent was an enormous influence on the Unabomber as he strongly identified with the character of the professor, an anarchist who carries explosives and wishes to exterminate the week members of society.

    爆発物を持ち歩き、社会の一週間のメンバーを絶滅させたいと願う無政府主義者である教授のキャラクターに強く共感したため、秘密工作員はユナボンバーに多大な影響を与えました。

  • The professor reportedly served as a major influence on the Unabomber's bombings.

    教授はユナボマーの爆撃に大きな影響を与えたと報告されています。

  • Ted Kaczynski later revealed to the FBI that he was a huge fan of Conrad's novel.

    テッド・カジンスキーは後にFBIにコンラッドの小説の大ファンであることを明かしている。

  • Number three.

    3番です。

  • The foundation.

    財団です。

  • Siri's Isaac Asimov Thes air novels written by Isaac Azimov about a mathematician who sets up the titular foundation to rebuild society once it collapses.

    一度崩壊した社会を立て直すために、君主の財団を立ち上げる数学者を描いた、シリのアイザック・アジモフ著の空気小説。

  • It's actually much more complicated than that, but we'd be here all day if we described it in detail.

    実際はもっと複雑なのですが、詳しく説明すると一日中ここにいることになります。

  • Unfortunately, the novels influenced the Japanese cult omission Rikio, the cult behind the Tokyo sarin attack of 1995 that killed 12 and injured over 4000 alms.

    残念ながら、この小説は、12人が死亡し4000人以上が負傷した1995年の東京サリン事件の背後にある日本のカルト教団「脱力王」に影響を与えています。

  • Chief scientist Hideo Murai admitted that the cult was using the Siri's concept as a blueprint for their doomsday prophecies.

    主席科学者の村井秀夫氏は、カルト教団がSiriのコンセプトを破滅の予言の青写真として使用していたことを認めた。

  • They would cause the end of the world, and the surviving members of Home Shinrikyo would then rebuild civilization.

    彼らは世界の終焉を引き起こし、ホーム真理教の生き残ったメンバーは、その後、文明を再構築するでしょう。

  • Number two Rage Stephen King Rage was written by Stephen King under the pseudonym Richard Bachman, and it follows the story of Charlie Decker, a troubled high school senior who commits a school shooting.

    ナンバー2レイジ スティーブンキング レイジは、スティーブンキングによってペンネームリチャード-バックマンの下に書かれており、それは学校の銃撃をコミットする問題を抱えた高校の上級生、チャーリー-デッカーの物語を追っています。

  • You can imagine this story has seemingly influenced many school shooters throughout the years, including Geoffrey Cocks, Scott Pennington and Michael Carneal, all of whom had connections to the novel.

    あなたは、この物語は、ジェフリー-コックス、スコット-ペニントンとマイケル-カーニール、小説への接続を持っていたすべての人を含めて、長年にわたって多くの学校の狙撃手に影響を与えているように見える想像することができます。

  • The Michael Carneal shooting resulted in King asking for the novel to be taken out of print, a request that his publisher granted standalone copies of Rager no longer available, and the story was eventually removed from the collected edition of the Bachmann books in the UK I felt that it was apart off.

    マイケル-カーニールの撮影は、キングがプリントアウトされるように小説を求める結果、彼の出版社はもはや利用できないレイガーのスタンドアロンのコピーを付与したことを要求し、物語は最終的に私はそれがオフに離れていたと感じた英国のバッハマンの本の収集版から削除されました。

  • That became a part of a fantasy scenario with these people, and I didn't want it to happen with anybody else.

    それがこの人たちとの妄想シナリオの一部になってしまって、他の誰とも一緒になって欲しくないと思ったんです。

  • Before we continue, be sure to subscribe to our channel and ring the bell to get notified about our latest videos.

    続ける前に、私たちのチャンネルを購読して、私たちの最新のビデオの通知を受けるためにベルを鳴らしてください。

  • You have the option to be notified for occasional videos or all of them.

    たまにある動画の通知を受けるか、全ての動画の通知を受けるかを選択できます。

  • If you're on your phone, make sure you go into your settings and switch on notifications.

    スマホの場合は、設定に入って通知をオンにすることを確認してください。

  • Number one.

    1番です。

  • The Catcher in the Rye J.

    ライ麦畑のキャッチャー J.

  • D.

    D.

  • Salinger J.

    サリンジャーJ.

  • D.

    D.

  • Salinger's The Catcher in the Rye is an American classic, and protagonist Holden Caulfield has since become a symbol for teenage rebellion.

    サリンジャーの『ライ麦畑でつかまえて』はアメリカの名作で、主人公のホールデン・コーフィールドはその後、10代の反抗期の象徴となっています。

  • However, it's also been associated with far darker and more malevolent crimes.

    しかし、それはまた、はるかに暗い、より悪質な犯罪と関連付けられています。

  • I sort of closed one eye like I was taking aim at it.

    狙いを定めるように片目を閉じた。

  • This is a people shooting head.

    これは頭を撃つピープルです。

  • I shoot people in this head.

    この頭の中で人を撃つ。

  • The novel has been linked to many famous shootings, including the assassination attempt on Ronald Reagan.

    この小説は、ロナルド・レーガン暗殺未遂事件をはじめ、数々の有名な銃撃事件と結びついています。

  • But perhaps the most famous death linked to the novel is that of John Lennon.

    しかし、おそらくこの小説にリンクされている最も有名な死は、ジョン・レノンの死である。

  • Lennon's murderer was arrested with the novel in his possession and had written a note within that read quote to Holden Caulfield from Holden Caufield and wrote underneath that This is my statement.

    レノンの殺人犯は、彼の所持している小説で逮捕され、その中にホールデン・コーフィールドからホールデン・コーフィールドへの引用を読み、その下に書いたメモを書いていました。 これは私の発言です。

  • Do you agree with our picks?

    私たちのピックに同意しますか?

  • Check out this other recent clip from Watch Mojo and be sure to subscribe and ring the bell to be notified about our latest videos.

    Watch Mojoからこの他の最近のクリップをチェックして、私たちの最新のビデオについて通知されるように購読し、ベルを鳴らすことを確認してください。

If it's not video games, music, movies or television, it's books.

ゲーム、音楽、映画、テレビ以外なら本。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 WatchMojo 小説 ウィリアム 事件 シェパード ターナー

凄惨な現実の犯罪にインスピレーションを与えた本トップ10 (Top 10 Books That Inspired Horrific Real Life Crimes)

  • 2 0
    林宜悉 に公開 2021 年 01 月 04 日
動画の中の単語