Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Whoa!

    うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!

  • Did you see this column today?

    今日はこのコラムをご覧になりましたか?

  • Did you see the column that Tim MacMahon has up on ESPN dot com Today, it is jam packed with unnamed members and former members of the Houston Rockets organization, which paints an extraordinary picture of the culture that allow James Harden to basically run that franchise.

    ティム・マクマホンがESPNドットコムにアップしているコラムを見ましたか?今日は、無名のメンバーとヒューストン・ロケッツ組織の元メンバーが詰め込まれていて、ジェームズ・ハーデンが基本的にそのフランチャイズを実行することができる文化の異常な絵を描いています。

  • And there are a few of the compelling quotes that were pulled out here by my news desk.

    そして、私のニュースデスクがここで引っ張り出してきた説得力のある名言がいくつかあります。

  • And so I will just read them to you.

    と、いうことで、ただ読み聞かせをします。

  • You've got to read the whole thing, because if you care about this stuff, it all, it's fascinating.

    全部読まないといけないんだよね、こんなの気にしてたら全部魅力的だから。

  • And I remember when LeBron was in Cleveland, everyone's perspective was, well, LeBron just made all the decisions LeBron had all total say in personnel and travel and whatever else it waas.

    レブロンがクリーブランドにいた時のことを覚えていますが、みんなの目線は、レブロンがすべての決定をしていて、レブロンは人事や旅行、その他何でも、すべての発言権を持っていました。

  • And I don't have any way of telling you independently whether that was true or not.

    それが本当かどうかを独立して言えるわけでもないしね。

  • But that certainly was one off the topics that people would bring up.

    しかし、それは確かに人々が持ち出すであろう話題から外れたものでした。

  • And then when he went to Miami, Pat Riley wasn't having any of that in this column.

    彼がマイアミに行った時 パット・ライリーは このコラムには何も書かなかった

  • Here are a few of the quotes from again unnamed members and former members of the Rockets organization about James Harden.

    ここでは、ジェームズ・ハーデンについて、再び無名のメンバーとロケッツ組織の元メンバーからの名言をいくつか紹介します。

  • Quote.

    引用します。

  • Whatever James wants goes quote.

    ジェームズが望むものは何でも引用する。

  • He's never heard No before.

    彼は今までNoを聞いたことがない。

  • Quote from a former Rockets assistant coach.

    元ロケッツのアシスタントコーチの言葉を引用。

  • We know who.

    誰だか分かってる

  • The boss of the organization Waas.

    組織ワアスのボス。

  • That's just part of what the deal was.

    それは取引の一部に過ぎない。

  • When you go to Houston, the players coaches, GM owner all No, I don't blame James.

    ヒューストンに行けば、選手、コーチ、GMオーナー全員が、いや、ジェームズを責めることはありません。

  • I blame the organization.

    組織のせいにしている。

  • It's not his fault.

    彼のせいじゃない

  • He did what they allowed him to do.

    彼は彼らが許可したことをした

  • End quote.

    引用終了。

  • I have so many thoughts on this.

    いろんな思いがあります。

  • One of them is as follows.

    そのうちの一つが以下のようなものです。

  • They have now reached that really weird place because James Harden is accustomed to getting whatever he wants from the Rockets.

    彼らは今、ジェームズ・ハーデンは彼がロケッツから望むものは何でも得ることに慣れているので、本当に奇妙な場所に達しています。

  • But what he wants now is to be traded away.

    しかし、彼が今望んでいるのは下取りされることだ。

  • He wants to go to Brooklyn, play with his old body k d.

    ブルックリンに行って、昔の体で遊びたいと言っています。

  • He wants to go to Philly, play for Doc Rivers alongside Joel Embiid and Ben Simmons, although someone's gonna have to get traded back to Houston if these deals are going to get made.

    彼はフィリーに行って、ジョエル・エンビードやベン・シモンズと並んでドク・リバーズのためにプレーしたいと思っているが、もしこれらの取引が行われるなら、誰かがヒューストンにトレードされなければならないだろう。

  • But let's put that to the side for a moment.

    でも、それはちょっと脇に置いておきましょう。

  • What he wants but has no leverage to create to force the issue is to be traded and to be traded where he wants to go.

    彼が欲しがっていても、その問題を強制的に作り出すレバレッジがないものは、取引されるべきであり、彼が行きたいところで取引されるべきである。

  • But I will remind you this is not like Anthony Davis in his last year in New Orleans or going back to Dwight Howard in his last year in Orlando or Carmelo Anthony is last year in Denver.

    しかし、私はあなたにこれはニューオーリンズで彼の最後の年にアンソニー ・ デイビスのようなものではないことを思い出させるだろうし、オーランドで彼の最後の年にドワイト ・ ハワードに戻るか、またはカーメロ ・ アンソニーはデンバーでの最後の年です。

  • Harden has multiple years left on his deal.

    ハーデンの契約には複数年が残されている。

  • If he wants to be paid $40 million to play basketball this season, there's only one place he can do it unless they agree.

    もし彼が今シーズンのバスケのために4000万ドルを支払われたいのであれば、彼らが同意しない限り、彼がそれをすることができる場所は1つしかない。

  • And that's Houston.

    それがヒューストンだ

  • So what winds up happening?

    結局何が起きたんだ?

  • I told you on the show last week the Rockets have already traded him.

    先週の番組で言ったが、ロケッツはすでに彼をトレードしている。

  • They just don't know it yet.

    彼らはまだそれを知らないだけです。

  • Harden can and will make it impossible for them to keep him.

    ハーデンは彼を維持することができますし、彼らが彼を維持することは不可能になるでしょう。

  • So, to me it is a foregone conclusion.

    だから、私にとっては当然の結論です。

  • He will be traded now.

    彼は今すぐトレードされるでしょう。

  • Will he be traded where he wants to go?

    彼の行きたいところにトレードされるのでしょうか?

  • That's an entirely separate proposition.

    それは全く別の話だ

  • If I'm the Rockets, I'm getting the best deal I can possibly get wherever that might be.

    俺がロケッツなら、どこであろうと最高の取引をしている。

  • They certainly don't know Harden anything beyond that.

    彼らは確かにハーデンのことを何も知らない。

  • That's the way the situation goes now.

    今の状況はそんな感じです。

  • Places that he might send signals to, that he's not having any interest in playing or any interest in resigning.

    彼が信号を送るかもしれない場所 彼はプレイすることに興味がないし 辞任することにも興味がない

  • They probably won't give up much for him, so that situation will weed itself out on its own to some degree, but the Rockets should, and I ultimately, I believe, will trade him wherever they can get the best compensation.

    彼らはおそらく彼のために多くを与えることはありませんので、その状況は自分自身でいくつかの程度に淘汰されますが、ロケッツが必要であり、私は最終的には、私は信じて、彼らは最高の報酬を得ることができる場所はどこでも彼を取引します。

  • So that's the first part.

    それが最初の部分なんですね。

  • The second part is that it is another reminder to me that the really great organizations find a way to work with their all time great players.

    第二部は、本当に素晴らしい組織が、常に偉大な選手たちと一緒に仕事をする方法を見つけていることを改めて思い知らされたということです。

  • But do not just bend to their every whim.

    しかし、彼らの気まぐれに屈してはいけません。

  • You know who did that great was the late, great Jerry Krause, the much maligned Jerry Krause.

    あなたはその偉大なことをした人は、偉大なジェリー・クラウス、多くの悪名高いジェリー・クラウスだった知っています。

  • Jerry Krause, who everyone stood in line to make look terrible during last summer's sensational documentary films.

    昨年の夏のセンセーショナルなドキュメンタリー映画の中で、誰もがひどい目に遭わせるために並んでいたジェリー・クラウス。

  • Last Dance and I Told you Then it made me sad.

    ラストダンスと私はあなたに言った それから私は悲しくなった。

  • And what really made me sad was that Jerry Krause his family didn't get to celebrate with him when he went into the Hall of Fame because Jerry Krause deserved to live to see that day.

    そして、私が本当に悲しくなったのは、ジェリー・クラウスが殿堂入りしたときに、彼の家族が彼と一緒に祝ってくれなかったことです。

  • They put him in posthumously.

    死後に入れられた

  • They made him wait much too long.

    彼らは彼を長く待たせた

  • He absolutely belongs in that Hall of Fame alongside Michael and Scottie and Phil, because he had Justus much to do with them, winning all those championships and one of the reasons they all hated Jerry Krause.

    彼は絶対にマイケルやスコッティ、フィルと並んで殿堂入りを果たしている。

  • Make no mistake about it was that he didn't do that.

    勘違いしないでください、彼はそれをしていないということでした。

  • There was never you never heard any quote.

    名言を聞いたことがないなんてことはありませんでした。

  • We all know who the boss of the organization was.

    組織のボスが誰だったかはみんな知っている。

  • That's just part of the deal when you go to Houston.

    ヒューストンに行けば、それも取引の一部だ。

  • Michael Jordan wasn't the boss of that organization.

    マイケル・ジョーダンはその組織のボスではなかった。

  • He was not.

    彼はそうではありませんでした。

  • You saw it you saw in the films and all of us who were around it.

    映画の中で見たのか、周りにいた人全員が見たのか。

  • No, it It was a relatively frequent source of friction that what Michael wanted, he didn't always get.

    いや、マイケルが欲しがっていたものが、いつも手に入るとは限らないというのは、比較的頻繁に起こる摩擦の原因だった。

  • Of course, he was the best player in the league in the most famous person in the world.

    もちろん、世界で最も有名な人物の中ではリーグ一の選手だった。

  • I'm not saying that he didn't have any say in what happened, but he didn't just tell them to jump, and they asked how high?

    彼に発言権がなかったとは言わないが、「飛び降りろ」と言っただけではなく、「どのくらいの高さ?

  • That's not the way it waas and you know what?

    それは、それはそれで、あなたは知っていますか?

  • Had it been, they wouldn't have won six championships.

    もしそうだったら、彼らは6回も優勝していなかっただろう。

  • They just wouldn't.

    彼らはそうしない

  • First of all, Michael Jordan wanted to draft every player who ever went to North Carolina wouldn't have worked out that way.

    まず第一に、マイケル・ジョーダンは、これまでノースカロライナに行った選手をすべてドラフトしたかったが、そのような方法ではうまくいかなかっただろう。

  • Jerry Krause made all the right decisions.

    ジェリー・クラウスは正しい判断をしました。

  • He pushed all the right buttons and they won six championships in the six years that Michael Jordan was there to help him.

    彼はすべての正しいボタンを押して、マイケル・ジョーダンが彼を助けるために存在していた6年間で6つのチャンピオンシップを獲得しました。

  • So to me, That is just another indication on so many different levels of the truth of the legendary statement for which Jerry Krause has been unfairly vilified when he said, Players don't win championships, organizations do.

    私にとっては、ジェリー・クラウスが「選手が優勝するのではなく、組織が優勝する」と言った時に不当に中傷された伝説的な発言の真実が、様々なレベルで示されていることに他なりません。

  • And he was right then and he still as right as he ever Waas.

    その時は正しかったし、今も昔と変わらず正しかった。

  • Of course, the players win it, but the organizations have to put them in the right position.

    もちろん選手が勝つのは当然だが、組織は選手を適切な位置に置く必要がある。

  • First and foremost, they have to get the right players, and then the players play in the organizations organized, and that's what they haven't done in Houston.

    何よりもまず選手を集めて、組織化された組織でプレーすることが必要で、それがヒューストンではできていないことなんです。

  • And that may well be part of the reason that they have absolutely no hardware to show for it.

    そして、それは彼らがそれを示すためのハードウェアを全く持っていない理由の一部かもしれません。

  • And now they're going to sleep in the bed that they have made because Harden will dictate whatever happens to him next.

    そして今、彼らは自分たちが作ったベッドで寝ることになりました。 なぜならハーデンが次に彼に何が起きても口述するからです。

  • And if that really is the way it was and this story is extraordinarily detailed, then they deserve whatever is about to happen.

    もしそれが本当にそうで、この話が非常に詳細なものであるならば、彼らはこれから起こることが何であれ、自業自得だ。

  • Thank you for watching ESPN on YouTube for live streaming sports and premium content.

    スポーツとプレミアムコンテンツのライブストリーミングをYouTubeでESPNをご覧いただきありがとうございます。

Whoa!

うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 NBA 組織 ロケッツ ジェリー ハーデン ヒューストン

ジェームズ・ハーデンとロケッツの文化についての "異常 "なESPNの記事に反応|#Greeny (Reacting to the 'extraordinary' ESPN story about James Harden and the Rockets' culture | #Greeny)

  • 4 0
    林宜悉 に公開 2020 年 12 月 27 日
動画の中の単語