Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Obviously they did enough to keep him there.

    明らかに彼をそこに留めるのに十分なことをしてくれた。

  • And, you know, I think it's great that he, uh, he stand there.

    そして、彼が、あそこに立っているのは、素晴らしいことだと思います。

  • He's committed to that franchise and, you know, that's what it's all about.

    彼はフランチャイズにコミットしていて、それが全てだ。

  • So, um, but I don't think, um, my situation, his situation.

    だから、えーと、でも、私は、えーと、私の状況、彼の状況を考えていません。

  • We have no similarities, and it's just it's totally different.

    似ているところもないし、全然違うんですよ。

  • All right, let's welcome in NBA champion Kendrick Perkins.

    それでは、NBAチャンピオンのケンドリック・パーキンスをお迎えしましょう。

  • Perk.

    パーク

  • Always good to see you.

    いつもお会いできて嬉しいです。

  • I will get to you in just a moment, sir.

    すぐにご案内します

  • Right?

    だろ?

  • He does.

    彼はそうしています。

  • It looks like a young pup.

    若い子犬のようです。

  • I like that he's protecting himself.

    自分の身を守っているところがいいですね。

  • Taking things seriously.

    物事に真剣に取り組むこと。

  • Stephen A.

    スティーブン・A・・・

  • What do you think LeBron's really saying here in terms of Yannis contract that the situations were different?

    ここでレブロンはヤニスとの契約について、状況が違っていたと本音で言っているのでしょうか?

  • And it's not just about basketball?

    しかもバスケだけじゃないの?

  • I mean, I think you have to remember, Um, there was a lot of stuff going on in Cleveland before LeBron departed.

    つまり、覚えておいて欲しいんだが、レブロンが出発する前に、クリーブランドでは、色々なことが起こっていたんだ。

  • Uh, there were teammates who betrayed him.

    彼を裏切ったチームメイトがいました。

  • There were people who were chirping and talking behind his back all the time.

    ずっと後ろでチャラチャラしながら話している人がいました。

  • He didn't feel like he had a true brotherhood on because of that, that had a lot to do with why he left.

    そのせいで真の兄弟愛が感じられなかったのが、彼が去った理由に大きく関係しています。

  • Obviously, the one would anticipate he was going to leave anyway because being in his hometown, having never departed from that area, being born and raised in Akron, Ohio, playing in Cleveland, he might have wanted, you know, new horizons and experience, different things.

    明らかに、彼の故郷であり、その地域を離れたことがなく、オハイオ州のアクロンで生まれ育ち、クリーブランドでプレーしていたので、彼は、新しい地平線や経験を求めていたかもしれない、違うことを。

  • But it was certainly made easier for him because of some of that chirping that was taken place and it was witnessed.

    しかし、それは確かに彼のために簡単にされていた、それが行われたとそれが目撃されたその鳴き声のいくつかのために。

  • It was evidenced.

    それは証明されていた。

  • But once he arrived in Miami, if you recall, it wasn't just because he was a pariah.

    しかし、彼がマイアミに到着した時、思い起こせば、それは彼が偏見者だったからだけではなかった。

  • And what have you because of how he had departed Cleveland and sort of ravaged the local economy and everything else because he was that significant to them.

    彼がクリーブランドを去って 地元経済を破壊したのは... 彼らにとって重要な存在だったからだ

  • You saw people crying in the streets and different things like that.

    街頭で泣いている人とか、そういうのを見たんですよね。

  • But when he got to Miami, Dwyane Wade didn't leave his side.

    しかし、マイアミに着いても、ドウィアン・ウェイドは彼のそばを離れなかった。

  • He did every press conference.

    記者会見のたびに

  • Kendrick Perkins.

    ケンドリック・パーキンス

  • You remember this?

    これを覚えていますか?

  • You know he did every press conference with Dwyane Wade.

    ドウィアン・ウェイドと記者会見してたのよ

  • Uh, Dwyane Wade was by his side all the time because there was this need for our brotherhood and Dwyane Wade.

    ドウィアン・ウェイドは、いつも彼の側にいた兄弟愛とドウィアン・ウェイドの必要性があったからだ

  • Being a big brother to him really, really had to go about the business of showing him that he was that he had somebody by his side that had his back on at all times that he never had to worry about compromising that level of loyalty, that LeBron was lacking at that particular moment in time.

    彼の兄であることは、本当に、本当に、彼は彼が彼の側に誰かがいて、常に彼の背中を持っていたことを彼に示すためのビジネスについては、彼は決して妥協を心配する必要はありませんでした、そのレベルの忠誠心、レブロンがその特定の時点で欠けていたこと。

  • And that was the difference.

    そして、それが違いました。

  • When you look at ya honest Milwaukee thes guys love him.

    正直なミルウォーキーを見ていると、彼らは彼を愛している。

  • Uh, they wear it on their sleeve.

    あー、彼らは袖に着ている。

  • They don't just marvel at his greatness as an athlete and a player, but they marvel at him as a person.

    選手として、選手としての彼の偉大さに驚嘆するだけでなく、人としての彼にも驚嘆します。

  • They love Yanis on and they wanted him there, and he feels like it's a family.

    彼らはヤニをオンで愛していて、そこに彼を求めていて、彼は家族のように感じています。

  • It's his home.

    彼の家だ

  • LeBron did not feel that way about Cleveland.

    レブロンはクリーブランドのことをそんな風には感じていなかった。

  • So when he says it was a completely different between him and Yonas, he's not really just talking about basketball.

    だから、彼とヨナスの間では全く別物だったと言っても、本当はバスケの話だけではないんですよ。

  • He's talking about things on the outside as well.

    外面のことも話している。

  • That's what I took from it.

    それが私の取った行動です。

  • Yeah, that that's interesting, Um, and you know, good background about what was happening at the time.

    ええ、それは興味深いですね、当時何が起こっていたのか、良い背景があると思います。

  • Let me tell you what I heard LeBron saying.

    レブロンが言っていたことを教えてあげよう。

  • Not not obviously dismissing.

    明らかに解雇ではない。

  • That's what that what's underneath it or the relationships.

    その下にあるものや人間関係がそうなんです。

  • But I remember at the time in Cleveland, when LeBron was pushing them, too, make the team better to give him a realistic shot.

    しかし、当時のクリーブランドではレブロンも彼らをプッシュしていたのを覚えていますが、彼に現実的なショットを与えるためにチームをより良いものにしてあげてください。

  • I'm forgetting who it was there was a trade that people wanted for Amar E.

    誰だったか忘れたけど、アマル・Eを欲しがっていた人たちのトレードがありました。

  • Stoudemire, remember?

    スタウドマイヤーを覚えているか?

  • And the Cavs?

    キャブスは?

  • We're gonna have to give up some stuff that they didn't want to give up.

    譲れなかったものを譲らないといけないんだよね

  • I remember thinking Amar E.

    アマールEと思ったのを覚えています。

  • Stoudemire Time was a scoring machine and LeBron wasn't playing with any other All Stars.

    スタウデミアタイムはスコアリングマシーンだったし、レブロンは他のオールスターと一緒にプレイしていなかった。

  • And it's not like Stoudemire was an M v P.

    スタウデミアがM v Pだったのとは違うし

  • He was just, you know, he's an all star and I remember thinking they won't give up what for?

    彼はオールスターだし、何のためにあきらめないんだろうと思ったのを覚えています。

  • An All Star for LeBron.

    レブロンにとってのオールスター。

  • He like Michael Jordan.

    マイケル・ジョーダンが好きなんだ

  • Whatever you want to say about him, it took him.

    何と言おうと、彼を連れて行ってしまった。

  • They took a while, but they eventually put a team around him and you could see it building right, the right coach and Scottie Pippen and Grant.

    彼らはしばらくかかったが、最終的には彼の周りにチームを配置し、あなたはそれが右、適切なコーチとスコッティ・ピッペンとグラントを構築するのを見ることができました。

  • And it was building.

    そして、それは構築されていました。

  • LeBron was sitting there waiting, like you guys aren't getting this done.

    レブロンはそこに座って待っていた お前らがやってくれないように

  • Understand?

    分かったか?

  • Magic Johnson's born into a league with Kareem Abdul Jabbar, good for him, and Kobe Bryant gets Shaquille O Neal good for him, and at least they built around doing What are you doing for me?

    マジック・ジョンソンはカレーム・アブドゥル・ジャバーのいるリーグに生まれた 彼には良いことだ コービー・ブライアントはシャキール・オ・ニールを得た 彼には良いことだ 少なくとも彼らは私のために何をしているのか?

  • So LeBron took matters into his own hands, from which he was vilified, and he said, Okay, if they're not gonna build a team around me.

    だからレブロンは自分の手に問題を持ち込んだ、そこから彼は中傷された、そして彼は言った、もし彼らが私の周りにチームを作るつもりがないのであれば、彼は言った。

  • I'll go build a team, right?

    チームを作ってくるよね?

  • I think that's what that's what I heard him saying.

    と言っていたのを聞いたことがあるのですが、そうなのでしょうか。

  • Yanis is in a situation where, whether they're trying the best way or not, they are trying.

    ヤニは、最善の方法であろうとなかろうと、努力している状況です。

  • They are bringing him in help.

    彼らは彼を助けに連れてきています。

  • Whether it's enough help or not, we will see.

    それが十分な助けになるかどうかは別にして、様子を見ることにします。

  • But they're trying to build and keep him and LeBron's like they weren't doing that for me.

    でも、彼らは彼とレブロンを構築して維持しようとしているし、レブロンは私のためにやっていなかったようなものだ。

  • Well, Stephen A.

    スティーブン・A・・・

  • Max, I feel like both of you guys came up with some great points, but this is what I think LeBron James was saying when LeBron James was drafted by the Cleveland Cavaliers, they handed him the keys to the Mercedes Benz and he had to just drive the organization, meaning he had to teach himself how the uh how do you know how toe how toe park?

    マックス、君たち二人とも素晴らしい点を挙げてくれたと思うが、これはレブロン・ジェームズがクリーブランド・キャバリアーズにドラフトされた時に、レブロン・ジェームズが言っていたことだと思うが、彼らは彼にベンツの鍵を渡して、彼はただ組織を動かしていた。

  • He had to teach himself how toe get on the highway and use his blinkers.

    彼は高速道路に乗ってウインカーを使う方法を独学で教えなければなりませんでした。

  • When the Bucks drafted Yanis, Yanis got the opportunity to go to drivers head.

    バックスがヤニスをドラフトしたとき、ヤニスはドライバーズヘッドに行く機会を得た。

  • He got the chance to learn how to use the windshield wipers and the left signal and learn how toe you know he's on his break.

    ワイパーの使い方や左信号の使い方、休憩中に知っているつま先の使い方を学ぶ機会を得たそうです。

  • When he was coming up on the stop sign.

    彼がストップサインで近づいてきた時に

  • So with that being said is one word that comes to mind.

    だから、それを言われていると、心に浮かぶのは一つの言葉です。

  • Expectations, expectations LeBron James expectations were greater than probably any other player in NBA history.

    期待、期待 レブロン・ジェイムスの期待は、おそらくNBA史上、他のどの選手よりも大きかった。

  • Yanni's didn't have the same expectations as LeBron James.

    ヤンニはレブロン・ジェームズと同じように期待していなかった。

  • So when you look at LeBron situation and when he chose to go to Miami, he went there for one reason.

    だからレブロンの状況を見て、彼がマイアミに行くことを選んだ時、彼はある理由でそこに行ったんだ。

  • One reason alone.

    理由は一つだけ。

  • And that was to try to win championships.

    そして、それは優勝を目指すことでした。

  • Because LeBron knew that if he didn't win championships early in his career, despite all the individual accolades that he would achieve that he would be considered a failure.

    レブロンは、彼は彼が失敗とみなされることを達成するすべての個々 の称賛にもかかわらず、彼は彼のキャリアの早い段階で選手権を獲得していない場合は、知っていたので。

  • And so he knew that he had to put himself in the best position possible toe win, the championship or too early or at that stage of his career.

    そうして彼は、つま先の勝利、選手権、あるいは早すぎる、あるいはその段階でのベストポジションに自分を置かなければならないことを知っていた。

  • Yon is, on the other hand, is not having that much pressure that much expectations you're talking about a guy that went that was drafted number 15.

    ヨンは、他の一方で、その多くの圧力を持っていないことですその多くの期待は、ドラフト番号15に行った男の話をしている。

  • Ah, guy that was had timeto to grow and develop, uh, turned out to be a awesome player.

    ああ、成長と発展に時間がかかっていた奴は、あー、すごい選手になってしまった。

  • LeBron James was drafted number one, called the Chosen one since Day one.

    レブロン・ジェームズはドラフト1位で、初日からチョーセンと呼ばれていた。

  • He stepped foot into the door.

    彼はドアに足を踏み入れた。

  • The expectations were high on him toe win and not just winning regular seasons and win 60 plus games, but to deliver championships.

    レギュラーシーズンを勝ち抜いて60勝以上を挙げるだけでなく、優勝を届けたいという期待が彼には大きかった。

  • And when I hear LeBron say those words about the situation was different, that's what I took from it.

    そして、レブロンのあの言葉を聞いて、状況が違っていたということを受け止めました。

  • It is different because of the expectations.

    期待されているので違います。

  • Thanks for watching ESPN on YouTube for live streaming sports and premium content.

    スポーツとプレミアムコンテンツのライブストリーミングをYouTubeでESPNをご覧いただきありがとうございます。

  • Subscribe to ESPN plus.

    ESPN plusに登録する。

Obviously they did enough to keep him there.

明らかに彼をそこに留めるのに十分なことをしてくれた。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 レブロン クリーブランド ドウィアン ウェイド 期待 選手

スティーブン・A.がレブロンに「ジャイアニスの契約状況には関係ない」と言っていたことについて|ファースト・テイク (Stephen A. on LeBron saying he can't relate to Giannis' contract situation | First Take)

  • 1 0
    林宜悉 に公開 2020 年 12 月 19 日
動画の中の単語