Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • - Hi, I'm Deepika Padukone, I'm an actor,

    - こんにちは、俳優のDeepika Padukoneです。

  • producer, and philanthropist.

    プロデューサー、慈善家。

  • I'll be opening up my little black book

    私の小さな黒い本を開くことになります

  • and bringing you into my world.

    あなたを私の世界に連れてきて

  • (upbeat music)

    (アップビートな曲)

  • Subscribe to the Bazaar channel so you don't

    バザーチャンネルを購読して、あなたがしないように

  • miss an episode.

    エピソードを見逃す

  • (bass music)

    (低音)

  • So another very important part of my little black book

    私の小さな黒い本のもう一つの重要な部分は

  • is skin, hair, and everything to do with feeling

    は肌も髪も気持ちもすべて

  • and looking beautiful and glamorous.

    と、美しく華やかな表情をしています。

  • I feel like we all grow and we all evolve

    みんな成長して進化していくような気がします

  • and sometimes things that you don't like,

    とか、たまに嫌なことを言われることがあります。

  • you kind of embrace them.

    あなたはそれらを受け入れるようなものです。

  • For example, I didn't ever like

    例えば、私は今まで好きではなかった

  • a center parting slick hair, and now we do it all the time.

    センターパートのスリックヘアで、今はいつもやっています。

  • There was a time when I didn't like doing anything

    何をするにも好きではなかった時期がありました

  • under the eye, and now I love sort of,

    目の下に、そして今、私はある種のことが好きです。

  • you know, just that little definition

    あのね、ちょっとした定義

  • under the eye with mascara.

    マスカラで目の下に

  • I'm sure in this entire process, there have been

    この一連の流れの中で、きっと

  • tons of looks that I would look back at and be like

    思わず見惚れてしまうような顔の多さ

  • what was I thinking?

    何を考えていたのか

  • I can't think of one, I can actually think of one.

    一つも思いつかない、実際に思いつく。

  • If there's one thing that I've really consciously

    本当に意識していることがあるとすれば

  • tried to stay away from is to learn to do my own

    自分のことは自分でやるということを学ぶために、遠ざかってみました。

  • hair and makeup, I really would leave that,

    ヘアメイク、本当に残しておきます。

  • my styling included, I really would leave that

    私のスタイリングも含めて、私は本当にそれを残すだろう

  • to the professionals.

    プロの方へ。

  • - I'm Sandhya Shekar, I've been working with Deepika

    - ディピカと一緒に仕事をしてきたサンディヤ・シェカールです。

  • for over a little two and a half years now.

    2年半以上前から

  • - I've been working with her for about 10 years.

    - 彼女とは10年ほど前から一緒に仕事をしています。

  • The event was in Macau and we were at an after party

    マカオでのイベントだったので、二次会で

  • and I was having a little dance and Deepika comes up

    と私は少しダンスをしていたとDeepikaが出てきた。

  • and we had a little dance together and she said you know,

    一緒に踊ったんだけど、彼女が言ったんだよ

  • I've been trying to work with you so many times

    何度も一緒に仕事をしようと思っていたのに

  • but you're always busy, and I said you've got

    でも、あなたはいつも忙しくて、私が言ったのは、あなたが持っていると

  • to book in advance Deepika, I said you've gotta,

    ディープカに事前に予約しておいてくれと言ったんだ。

  • you know if you know your dates in advance,

    事前に日程を知っていればわかることです。

  • just book in advance.

    事前に予約するだけです。

  • That's when it really started happening

    それが本当に始まったのは

  • and we started working together a lot,

    と、よく一緒に仕事をするようになりました。

  • so that's where the bonding really happened,

    そこに絆が生まれたんですね。

  • and not only the professional friendship

    プロの友情だけでなく

  • but also the friendship within that blossomed

    その中に友情の花が咲いたのです。

  • and the trust and the comfort factor and everything

    そして信頼と快適さとすべての要素

  • that goes along with it, so.

    それはそれに付随しているので

  • - I had done about close to eight years

    - 8年近くやっていた

  • in the industry and I remember that I was

    業界の中では、私の記憶では

  • nowhere interested in doing celebrity makeup,

    芸能人のメイクをする気はどこにもない。

  • but I also remember that the only person

    というのも覚えていますが、唯一の

  • that I was keen to work with was Deepika

    一緒に仕事をしたいと思っていたのは、Deepikaです。

  • and one day, I get this call because I've worked

    ある日この電話がかかってきたのは、私が仕事をしてきたからです。

  • with her stylist, Shelina, and I think she

    スタイリストのシェリナさんと一緒に

  • had suggested me and the next thing I know,

    と提案してくれていたのですが、次のことを知りました。

  • I got a call from Deepika's team saying

    Deepikaのチームから電話がありました。

  • that we want you to do her makeup for like

    私たちはあなたに彼女のメイクをしてもらいたいの

  • a small event, and that's how it happened

    些細な出来事でこうなった

  • and it was an instant connection.

    と、一瞬で繋がってしまいました。

  • She was extremely warm, she was exactly

    彼女は非常に暖かく、まさに

  • the same person that you know, I had seen her off

    あなたの知っている同一人物、私は彼女を見送ったことがありました。

  • and when I met her personally, that was

    そして、彼女と直接会ったとき、それは

  • instant connection for the two of us.

    二人のための即席の接続。

  • (calm music)

    (静けさの音楽)

  • - I feel like I went through a phase when clean,

    - 綺麗になった時に、ある局面を経験したような気がします。

  • beautiful skin, focus on the lashes

    美肌、まつ毛に注目

  • and a bright, red mouth, it's almost like

    と真っ赤な口元で、ほとんど

  • if anyone else did a red mouth, it was like

    他の人が赤い口をしていたら

  • that's Deepika's look.

    これがディープカの顔

  • I don't like too much foundation, I don't like caking

    ファンデーションが多すぎるのも嫌だし、ケーキを作るのも嫌だし

  • too much or layering too much.

    を重ねすぎたり、重ねすぎたりしています。

  • I like my freckles to show through or any discoloration

    私は私のそばかすを介して表示するか、または任意の変色が好きです。

  • that I might have on my skin.

    私の肌の上にあるかもしれない

  • I really don't mind all of those things coming through,

    そういうのは本当に全部スルーでいいんだよ。

  • because when it's cakey, I don't know,

    だって、カクカクしていると、わからなくなるんだもん。

  • I get really conscious of that.

    意識してしまうんですよね。

  • I just feel like I wanna see my skin.

    自分の肌が見たいだけのような気がします。

  • - I think Deepika's signature look would be

    - ディープカのシグネチャールックは

  • the no makeup look, I don't have to put like more than

    ノーメイクルックは、私はより多くのように置く必要はありません。

  • two drops of foundation on her.

    ファンデーションを2滴垂らして

  • Natural warm tones is her go-to colors.

    ナチュラルな暖色系が彼女のお気に入り。

  • In terms of blush, we generally stick to, you know,

    チークに関しては、一般的には、あのね。

  • palettes like these which are more warmer

    このような温かみのあるパレット

  • which is more closer to her skin tone.

    彼女の肌色に近い方がいいですよね。

  • She's excellent at doing her own brows.

    彼女は自分の眉毛を描くのが得意です。

  • It's been two and a half years and I've never

    2年半経ちましたが、一度も

  • done her eyebrows ever, that's because I trust her

    眉毛を整えたことはないが、それは彼女を信頼しているからだ

  • the way she does it, so she does her own brows

    眉毛の形をしているので、自分で眉毛を描く

  • for everyone out there who doesn't know.

    知らない人のために

  • - I remember the very first movie that I did, Om Shanti Om.

    - 最初にやった映画、Om Shanti Omを覚えています。

  • Shantipriya, the character that I played

    私が演じたキャラクターのシャンティプリヤ

  • is a yesteryear heroine and to help me look

    往年のヒロインであり、私を助けるために

  • like a yesteryear heroine, the eyeliner was the focus,

    往年のヒロインのように、アイライナーに注目していました。

  • and the eyeliner that we used in that movie

    と、その映画で使用したアイライナーが

  • became extremely popular after that,

    その後、非常に人気が出てきました。

  • every makeup artist that I worked with,

    一緒に仕事をしたすべてのメイクアップアーティスト

  • brides would go up to them during their wedding day

    嫁には嫁が来る

  • and say they wanted the Shantipriya eyeliner,

    とシャンティプリヤのアイライナーが欲しかったと言っています。

  • that's the name of my character, or the Deepika eyeliner.

    それは私のキャラクターの名前か、ディープカのアイライナーの名前だ。

  • It was the signature sort of winged liner

    翼のあるライナーが特徴的でした。

  • that I did for many, many years.

    私が何年も何年もやっていたこと

  • - With film, it's very different, I mean it's quite

    - 映画の場合は、全く違うんですよ。

  • restrictive hair-wise in a sense because obviously

    髪の毛に制限があるのは明らかだからです。

  • the actress is playing a character.

    女優さんがキャラクターを演じています。

  • Film work's hard because obviously well myself

    映画の仕事は大変だ

  • being such a perfectionist as well,

    完璧主義者であることも忘れてはいけない

  • I do tend to get a little bit flustered

    私は少し慌ててしまいがちですが

  • because you know, continuity issues,

    継続性の問題があるからだ

  • hair moves all the time.

    髪の毛はいつも動いています。

  • Editorial's my favorite because obviously

    エディトリアルは私のお気に入りです。

  • you can be more creative, and what I love about

    あなたはもっとクリエイティブになれるし、私が好きなのは

  • editorial is that you're creating an image,

    エディトリアルとは、イメージを作っているということです。

  • and you're creating a beautiful image.

    と、綺麗なイメージを作っていますね。

  • - When it comes to deciding a specific look,

    - それは特定の外観を決定することになると。

  • we end up doing a lot of research with the latest

    結局、最新のものを使って色々と調べているうちに

  • runway looks that are out there, a lot of editorial looks

    巷に溢れるランウェイルック、エディトリアルルック

  • that are out there.

    そこにある

  • - It's a team collaboration.

    - チームでの共同作業です。

  • You know, I'll come up with certain ideas

    ある種のアイデアを出すと

  • or the stylist might come up with certain ideas

    とか、スタイリストが思いつくかもしれません。

  • or the makeup artist, we're all a great team,

    あるいはメイクアップアーティストの方も、私たちはみんな素敵なチームです。

  • we work really well together, we trust each other,

    私たちはお互いに信頼し合って仕事をしています。

  • we respect each other.

    お互いを尊重しています。

  • - Once the outfit is ready, I take to her at least

    - 衣装の準備ができたら、私は少なくとも彼女のところに連れて行きます。

  • two or three different looks that I think

    思うに二転三転

  • would work with that particular outfit.

    その特定の服を着て

  • Cannes happens after Met so it's a little chaotic

    カンヌはメットの後に開催されるので、少し混沌としています。

  • because we're pretty much like finishing Met

    メットを仕上げるようなものだから

  • and then running to Cannes.

    そしてカンヌに駆けつける。

  • - Cannes gives us that creative element of yeah,

    - カンヌはクリエイティブな要素を与えてくれます。

  • being fashionable and being creative,

    おしゃれであること、クリエイティブであること

  • but at the same time, it's still gotta look beautiful

    でも同時に美しくなければならない

  • and still gotta work on camera and work on her,

    そして、まだカメラと彼女の仕事をしなければなりません。

  • you know, she's gotta look amazing.

    彼女は素敵な顔をしているに違いない。

  • Really sold the outfit, really just the dress

    本当にドレスだけで、本当に服を売った

  • was like wow, blown away.

    吹き飛ばされるような感じでした。

  • It was pretty spectacular.

    かなり壮観でした。

  • As soon as Sandhya, the makeup artist, and myself

    サンディヤとメイクアップアーティスト、そして私自身が

  • saw the headband, we were like, we love the headband

    ヘッドバンドを見て 私たちはヘッドバンドが好きだと思った

  • and Deepika was like yeah, I'm up for it,

    ディピカは「ええ、私もやるわよ」と言っていました。

  • I love it too, and so she tried it on

    私も大好きなので、彼女が試着してみました。

  • and we're like yeah, this is it.

    私たちは、そうだ、これだ。

  • It was a lot of fun working on Deepika's wedding.

    ディピカの結婚式の仕事はとても楽しかったです。

  • Obviously one of her biggest days in her life

    彼女の人生で最も大きな日の一つであることは明らかです。

  • and such an honor to be a part of that,

    その一部であることを光栄に思います。

  • it was a lot of fun.

    凄く楽しかったです。

  • First of all, Deepika trusts me a lot,

    まず、ディーピカは私をとても信頼しています。

  • obviously we have that kind of a relationship.

    明らかにそういう関係だ

  • So we didn't have to do any trials or anything like that.

    だから試練とかそういうのはなかったんですよ。

  • - But we did have like a small wine and cheese party

    - でも、小さなワインとチーズのパーティーのようなものがありました。

  • at her place where we were just discussing looks.

    ルックスについて話し合っていた彼女の場所で

  • - It's a special day, it's a very special day,

    - 特別な日だから、特別な日なんだよ。

  • so you know, there's photos, there's videoing,

    写真と動画があるからな

  • there's all sorts of stuff, and they're long days,

    いろんなことがあって、長い日が続いています。

  • after events, the partying, the dinners,

    イベントの後のパーティーや食事会で

  • this and that, she's gotta look fantastic.

    あれやこれやで、彼女は素敵に見えるはずだ。

  • She's, the hair's gotta last.

    彼女は、髪の毛が長持ちしないといけない。

  • The last thing you want is hair coming out,

    最後に出てくるのは髪の毛です。

  • bothering in her face or this and that and the other,

    彼女の顔が気になったり、あれやこれやと気になったり。

  • so the hair had to be simple, it had to be super chic

    髪の毛はシンプルにして超シックにして

  • and very sturdy so that it held all the,

    と非常に頑丈なので、すべてを保持していました。

  • the jewelry, the Indian jewelry and the dupatta,

    宝石やインドのジュエリー、デュパッタなどの

  • the veil on top and you know, all that stuff

    ベールの上にベールをかぶるとか

  • that went along with it, so there's

    それに伴って、そこには

  • a lot of heaviness there.

    そこそこの重さがある。

  • Also, the back of the bun, you know,

    あと、お饅頭の後ろの方もね。

  • which you couldn't see because of the veil

    ベールに隠れて見えない

  • but there was a lot of beautiful gajra,

    が、綺麗なガジュラがたくさんありました。

  • they're basically rows of jasmine blossoms,

    基本的にはジャスミンの花の列です。

  • so it was all filled in the back with that,

    ということで、それだけで奥まで埋まってしまいました。

  • and it was quite extraordinary.

    と、かなり異常なことを言っていました。

  • She looked spectacular.

    壮観に見えた。

  • A lot of times it was picking up hues and tones

    多くの場合、それは色相と色調を拾っていた

  • from the outfit that she was wearing.

    彼女が着ていた服から

  • She was wearing a lot of these beautiful designer outfits

    彼女は、これらの美しいデザイナーの衣装をたくさん着ていました。

  • from Ser Versace and I think one or two from like

    サー・ヴェルサーチのものと

  • Abu Jani and Sandeep, it was like pushing

    アブジャニとサンデープ、プッシュするような感じでした。

  • my own limits with Indian wear, which I was

    インディアンの服で自分の限界を超えていました。

  • very happy about, I think she was very happy about as well,

    とっても嬉しそうにしていました。

  • so creatively it's been very enriching I must say

    創造的でとても充実していると言わざるを得ません

  • because she's somebody who completely trusts me

    彼女は私を完全に信頼している人だから

  • with what I do and that's something

    私がしていることと、それは何か

  • that we've worked on for the last few years

    数年前から取り組んできた

  • that we've been working together.

    一緒に仕事をしてきたということで

  • - I feel like I really and truly came into my own

    - 本当に本当に自分のものになったような気がします。

  • in 2011, 2012, I was doing this movie called Cocktail

    2011年、2012年に「カクテル」という映画をやっていました。

  • and I played this character called Veronica.

    と、ベロニカというキャラクターを演じてみました。

  • Up until then, I led a life where I was

    それまでは、私は自分が

  • conducting myself in a way that one is expected to

    然るべき行動

  • or speak a certain way or dress a certain way

    喋る

  • and I feel like through that movie

    と、その映画を通して感じました。

  • and through that character, I actually somewhere

    そのキャラクターを通して、私は実際にどこかで

  • started becoming comfortable with myself

    身の程が知れる

  • and I felt like from then on, whether it's anything

    と、その時から感じていました。

  • big or small, any decision or choice that I've made

    大なり小なり

  • in my life, I feel like I've been honest in those choices

    これまでの人生の中で、その選択には正直だったような気がします。

  • and I feel like I feel truly liberated

    と、本当に解放されたような気がします。

  • from that time on, and I feel like it shows

    その時から、それが表れているような気がします。

  • in my characters, in my movies,

    私のキャラクターや映画の中で

  • and in everything else that I do.

    そして、私がすることすべてにおいて

- Hi, I'm Deepika Padukone, I'm an actor,

- こんにちは、俳優のDeepika Padukoneです。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 アイライナー メイク 仕事 眉毛 髪の毛 キャラクター

Deepika Padukone's Guide to Hair, Makeup, and Skincare|リトルブラックブック|Harper's BAZAAR (Deepika Padukone's Guide to Hair, Makeup, and Skincare | Little Black Book | Harper's BAZAAR)

  • 2 0
    Summer に公開 2020 年 12 月 17 日
動画の中の単語