Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • A terrible problem that afflicts many of us is that we are almost permanently anxious,

    私たちの多くを苦しめている恐ろしい問題は、私たちはほぼ永久に不安を抱えているということです。

  • self-critical, self-hating and afflicted by a sense that we don't deserve to exist.

    自己批判、自己嫌悪、自分は存在する価値がないという感覚に悩まされています。

  • We are definitely not good enough. Ever.

    私たちは絶対に十分ではありません。絶対に

  • Psychology points us to a part of the mind termed our conscience, a faculty that

    心理学は、私たちの良心と呼ばれる心の一部に私たちを指摘しています。

  • keeps an eye on how well we are doing in relation to duty, to the demands of the world and to

    義務との関係で、世間の要求との関係で、また、次のような関係で、私たちがどれだけうまくやっているかを監視します。

  • the regulation of our desires and appetites. Our conscience monitors how much effort we

    私たちの欲望や食欲を調節するものです私たちの良心は、私たちがどれだけの努力をしているかを監視しています。

  • are putting into our work, our ratio of relaxed rest to anxious labour. It's our conscience

    私たちは仕事に力を入れていますリラックスした休息と不安な労働の比率ですそれは私たちの良心です

  • that tells us when we've probably done enough gaming, dating or eating.

    ゲームやデート、食事を十分にしたかどうかを教えてくれます。

  • However useful this function may sound, for many of us, our conscience has grown very

    この機能は便利に聞こえるかもしれませんが、私たちの多くにとって、私たちの良心は非常に大きくなっています。

  • unbalanced. Rather than occasionally gently nudging us towards virtue, it is permanently

    アンバランス。時折優しく私たちを美徳の方へと導くのではなく、永久に

  • screaming, denigrating and attacking us for perceived failings: it tells us that nothing

    落ち度があると思って叫んだり、誹謗中傷したり、攻撃したりして、何もないことを教えてくれる

  • we do is ever good enough, that we have no right to take a holiday let alone an afternoon

    ろくなことをしたことがないので、午後はおろか休暇を取る権利もない

  • off, that we have no business relaxing or enjoying ourselves - and that the worst is

    閑散としていて、リラックスしたり楽しんだりすることができないということ、そして、最悪の場合は

  • coming to us because of our sinful nature. Anxiety and self-contempt are our default

    私たちの罪深い性質のために、私たちのところにやってきます。不安と自己軽蔑が私たちのデフォルトです

  • states.

    の状態になっています。

  • It was Freud's simple but brilliant insight that our conscience is formed out

    それは、私たちの良心が形成されているというフロイトのシンプルだが輝かしい洞察力でした。

  • of the residue of the voices of our parents, in particular (usually) of our fathers. Freud

    両親、特に(通常は)父親の声の残留物のフロイト

  • called the conscience the 'superego', and proposed that this faculty continues to

    は、良心を「超自我」と呼び、この学部が継続することを提案した。

  • speak within our minds as our father figures once spoke to us.

    私たちの心の中に語りかけてくるのは、かつて父なる人物が私たちに語りかけたように、私たちの心の中に語りかけてくる。

  • For the lucky ones among us, we had reasonable father figures and therefore our consciences

    私たちの中で幸運な人たちは、私たちは合理的な父親の姿を持っていたので、私たちの良心を持っていました。

  • are broadly benign. If we fail today, we can try again next time. If we're unpopular,

    は大まかには良性です。今日失敗しても次回に再挑戦すればいいのですもし不人気だったら

  • we can be valuable anyway. We deserve a rest. Sex is allowed. Treats are part of life. We

    私たちは、とにかく価値ある存在になれるのです。私たちは休むに値するのですセックスは許されています。ご馳走は人生の一部です私たちは

  • can do nothing for a while. We're OK as we are. But for others among us, our conscience rehearses the worst lines of punitive parental

    しばらくは何もできません。今のままでいいのですしかし、私たちの中の他の人たちにとっては、私たちの良心は、懲罰的な親の最悪のセリフをリハーサルしています。

  • archetypes. When things go wrong, we swiftly conclude that it might be better if we killed

    アーキタイプ。物事がうまくいかない時、私たちはすぐに結論を出します。

  • ourselves.

    私たち自身のことです。

  • One of the steps we can take towards greater mental health is to realise, properly realise,

    より大きなメンタルヘルスに向けて私たちができることの一つは、適切に実現することです。

  • that this drama is going on inside us. It sounds strange to say, given the significance,

    このドラマが私たちの中で 起こっていることを意味合いを考えれば 変な言い方に聞こえますが

  • but usually, we have no clue; the self-criticism has become too familiar to be noticeable,

    しかし、普段は何の手がかりもなく、自己批判が目立ちすぎるほど身近なものになってしまっています。

  • it's just how things are and who we are. We can't draw a distinction between the

    それは物事がどのようなものであるか、私たちがどのような存在であるかということに過ぎません。の区別をつけることはできません。

  • fierce inner critic and any other part of us.

    猛烈な内なる批評家と私たちのあらゆる部分を

  • A crucial first move is therefore to learn to put some distance between ourselves and

    重要な最初の動きは、したがって、自分自身との間にある程度の距離を置くことを学ぶことです。

  • our conscience. We should see our conscience as a character. We should tell ourselves:

    私たちの良心を私たちは自分の良心を 性格として見るべきです私たちは自分自身に言い聞かせるべきです

  • I have a punishing inner critic and it's very unfair to me, it's even trying to kill

    私には罰を与える内なる批評家がいて、それは私にとって非常に不公平で、それは私を殺そうとさえしています。

  • me. It is speaking to me, within me, but it isn't all I am: it's someone I sucked

    私の中のそれは私の中で私に語りかけているが、それは私の全てではなく、私が吸った誰かだ。

  • in from childhood and might learn to expel from my mind in time.

    子供の頃から、そのうち心の中から追い出すことを学ぶかもしれません。

  • We can then start to question the critic. Is it really fair to say that our lives are

    それから私たちは批判者に疑問を持ち始めることができます。私たちの生活は本当に公正なものなのでしょうか?

  • wholly worthless? We've messed up for sure, but do we really deserve no compassion and

    完全に無価値なのか?私たちは確かに台無しにしてきましたが、私たちは本当に同情する価値がないのでしょうか?

  • no forgiveness? Is nothing about us in any way good? Would we ever think of treating

    赦しはないのか?私たちの何も良いことはないのでしょうか?私たちはこれまでに

  • a friend (or even an enemy) the way we're treating ourselves?

    自分たちの扱い方が敵か味方か?

  • We had no choice about who we had to listen to when we were little, but we do now

    子供の頃は誰の話を聞くか選択の余地がなかったが、今では選択の余地がある。

  • have agency. We can retrain our minds, by getting better spotting how they were indoctrinated

    機関を持っている。彼らがどのように教化されたかを見極めることで心を再教育することができます。

  • in the first place. We have picked up some extremely cruel and questionable habits. No

    そもそも非常に残酷で疑問に思う癖を拾ってきました。なくてはならないのは

  • one needs to be hounded by a sense that they are excrement; this feeling has a past and

    糞には糞が付き物

  • it doesn't have to be the future.

    未来じゃなくてもいいのよ

  • To retrain ourselves, we need other people: people who can love us and fill our minds

    自分自身を再教育するためには、他の人が必要です:私たちを愛し、心を満たしてくれる人たちです。

  • with other kinder perspectives. We need to dare to lean on them (not an easy move for

    他の優しい視点を持って私たちはそれらにもたれかかる勇気を持つ必要があります(簡単な動きではありませんが

  • people who feel undeserving in the first place) and ask for their help in taming the nasty

    そもそも不甲斐ないと感じている人たち)に助けを求め、意地悪を飼いならすために

  • sound-track inside. We should stop trying to be brave about the inner attacks we host.

    内部のサウンドトラック。我々が主催する内部攻撃について 勇敢になろうとするのをやめるべきです

  • We might explicitly say to others: 'you are here to help me with my inner critic,

    私たちは他の人に明示的に言うかもしれません: 'あなたは私の内なる批評家と私を助けるためにここにいる。

  • and to give me new perspectives on my self-punishment and despair.' We should at times get incensed

    私に自罰と絶望の新たな視点を与えてくれました。私たちは時として激怒すべきなのです

  • that we have to live with such a critic, and question why our first impulse is so often

    私たちはそのような批判者と一緒に生きなければならないこと、そして、私たちの最初の衝動がなぜそんなに頻繁にあるのかと疑問に思う。

  • to forgive the critic and the parental figure who inspired it and blame ourselves for our

    批判者やそれを触発した親を許し、自分を責めるのは

  • stupidity.

    愚かさ

  • We need to feel sorry for ourselves and annoyed with those who didn't know how to

    を知らなかった人たちに反省したり、迷惑をかけたりする必要があります。

  • show us tenderness. Of course, we occasionally need to upbraid ourselves and try harder;

    優しさを見せるもちろん、時折、自分自身を戒めたり、もっと頑張ろうとすることも必要です。

  • but the real achievement is to know how to remain gently and generously on our own side.

    しかし、本当の成果は、自分たちの側に優しく寛大に留まる方法を知ることです。

A terrible problem that afflicts many of us is that we are almost permanently anxious,

私たちの多くを苦しめている恐ろしい問題は、私たちはほぼ永久に不安を抱えているということです。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 語り 批判 批評 自己 フロイト 自身

ピティレス内なる批判を飼いならす方法 (How to Tame a Pitiless Inner Critic)

  • 34 2
    Summer に公開 2020 年 12 月 16 日
動画の中の単語