Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • I watched what had been marvelous, cooperative, wonderful, thoughtful Children turn into nasty, vicious, discriminating little third graders.

    私は、素晴らしい、協力的で、素晴らしい、思慮深い子供たちが、意地悪で、悪質で、差別的な小さな3年生に変わるのを見ました。

  • Welcome to watch Mojo.

    ようこそ、モジョを見るために。

  • And today we're counting down our picks for the top 10 controversial science experiments.

    そして今日は、物議を醸した科学実験のトップ10をカウントダウンしています。

  • Oh, experimental.

    ああ、実験的だな。

  • That's all company out of this'll Case was called a medical triumph, but in truth, the case was a failure.

    それは、このllのすべての会社です ケースは医療の勝利と呼ばれていましたが、実際には失敗でした。

  • I'm alone and lost in the mall for this list.

    このリストのために一人でモールに迷い込んでいます。

  • We're looking at experiments that generated debate as a result of their methodologies, results or the risks involved to participants.

    私たちは、方法論や結果、参加者へのリスクを考慮した結果、議論を生み出した実験を見ています。

  • In other words, they must have provoked actual argument rather than universal.

    つまり、普遍的なものではなく、実際の議論を挑発したに違いない。

  • Condemnation will be excluding reviews of other studies that didn't involve new experiments.

    非難は、新しい実験を伴わない他の研究のレビューを除外することになるだろう。

  • What's the craziest scientific experiment you've ever heard off?

    今までに聞いた中で一番狂った科学実験は何だ?

  • Tell us in the comments below Number 10 Little Albert, conducted by famed behaviorist John B.

    下のコメントで教えてください 10番リトル・アルバート、有名な行動学者ジョン・B.によって行われた。

  • Watson and his graduate student Rosalie Rayner, this experiment is controversial due to its methodology and ethical shortcomings.

    ワトソンと大学院生のロザリー・レイナー、この実験はその方法論と倫理的な欠点で物議を醸している。

  • Watson wanted to use classical conditioning to give an 11 month old child a phobia of rats and other furry objects.

    ワトソンは古典的条件付けを用いて、生後11ヶ月の子供にネズミや他の毛皮のあるものに対する恐怖心を与えようとしました。

  • They let the child referred to his Albert play with a rat, then whacked a metal bar with a hammer behind him.

    彼らは、子供が彼のアルバートがラットと遊んで、彼の後ろにハンマーで金属棒を叩いたと呼ばれるようにしました。

  • The loud noise reportedly instilled in the child of fear of furry objects.

    大きな音は、毛皮のオブジェクトの恐怖の子供に植え付けられたと報告されています。

  • In general, it was a landmark experiment in behaviorism, a school of thought that dominated psychology for decades.

    一般的には、数十年にわたって心理学を支配してきた思想の一派である行動主義の画期的な実験であった。

  • However, looking back reviewers have criticized the experiment for using Onley a single subject, and it's dubious ethical standards.

    しかし、振り返ってみると、レビュアーからは「オンリーを一人の被験者に使った実験は倫理観が怪しい」と批判されています。

  • Heck, they made the kid afraid of bunny rabbits.

    子供にウサギを怖がらせたんだ

  • And Santa Claus we have established that way will try to make it what we so Children, you'll be looking forward to your presence.

    そして、我々はその方法を確立しているサンタクロースは、我々はそう子供たちは、あなたがあなたの存在を楽しみにしているでしょう、それを作るためにしようとします。

  • We'll try very high number nine, The Large Hadron Collider experiments.

    非常に高い9番、大型ハドロン衝突型加速器の実験をしてみます。

  • They're scaring a child, and then there's ripping, Ah, hole in the fabric of space time.

    子供を怖がらせているのかと思ったら、裂け目があって、ああ、時空間の布に穴が開いている。

  • Fortunately, the Large Hadron Collider, completed in 2000 and eight, hasn't actually done the latter, but there were fears it would, making its construction controversial indeed, especially among the public.

    幸いなことに、2000年と8年に完成した大型ハドロン衝突型加速器は、実際には後者を行っていないが、その建設は、特に国民の間で、確かに物議を醸し出して、それをするだろうと懸念されていた。

  • Located near Geneva, Switzerland, this gigantic particle collider smashes atoms together to plumb the secrets of the universe, designed and built by thousands of engineers, scientists and mathematicians from across our tiny planet with the goal of helping other scientists learn about things have incredibly small size by smashing them together.

    スイスのジュネーブの近くに位置し、この巨大な粒子衝突型加速器は、設計されており、他の科学者が物事について学ぶのを助けることを目標に、私たちの小さな惑星全体からのエンジニア、科学者、数学者の何千人もの人々によって構築された宇宙の秘密を探るために一緒に原子を粉砕することによって、信じられないほど小さなサイズを持っています。

  • However, before it was activated, many worried that it would create stable, microscopic black holes Tatar type.

    しかし、活性化する前は、安定した微細なブラックホールのタタール型を作るのではないかと心配する声が多かった。

  • I have enjoyed our time together, but I've got a very bright future ahead of you.

    楽しく過ごさせていただきましたが、とても明るい未来が待っています。

  • Similar concerns had surrounded New York's Relativistic Heavy Ion Collider before its activation in the year 2000.

    ニューヨークの相対論的重イオン衝突型加速器は、2000年の起動前にも同様の懸念があった。

  • Fortunately, safety reviews have concluded that any such black holes would evaporate or fly off into space.

    幸いなことに、安全性のレビューでは、そのようなブラックホールはすべて蒸発するか、宇宙空間に飛び去ってしまうと結論づけられています。

  • They also noted that high energy collisions occur naturally without catastrophic consequences.

    また、高エネルギーの衝突は壊滅的な結果を招くことなく自然に起こることも指摘しています。

  • Uh, well, so far, so good.

    ええと、まあ、ここまでは順調です。

  • Number eight, The Darrelle Ben pre Cognition study in 2011 respected psychologist Daryl Ben announced some rather bold findings in the EPA's Journal of Personality and Social Psychology.

    第8位、2011年のダレルベン前認知研究 尊敬される心理学者ダレルベンは、EPAのパーソナリティと社会心理学のジャーナルでいくつかのかなり大胆な調査結果を発表しました。

  • He reported that people could recall certain words better when they were given time to repeat them.

    彼は、ある単語を繰り返す時間を与えられたときに、人々は特定の単語をよりよく思い出すことができると報告した。

  • The twist.

    ひねりがある。

  • He claimed this worked even when they were only allowed to practice the words after testing.

    テスト後に単語の練習だけをさせられても、これは効果があったと主張しています。

  • This amounted to a scientific argument for pre cognition or extrasensory perception.

    これは、事前認知や超感覚的知覚についての科学的な議論に達した。

  • The results could be seen as challenging how the human brain perceives time.

    この結果は、人間の脳の時間の捉え方に挑戦していると見ることができます。

  • Needless to say, the study created an uproar.

    この研究が騒動を巻き起こしたのは言うまでもありません。

  • Similar experiments were unable to replicate them's results.

    似たような実験は、それらの結果を再現することができませんでした。

  • It also sparked debate in the scientific community over the pier view process, accepted methodologies and experimental psychology and difficulties in publishing replications and non significant results.

    また、ピアビューのプロセス、受け入れられている方法論、実験心理学、複製や有意でない結果の公表の難しさなどについて、科学界での議論を巻き起こしました。

  • Number seven Loftus is lost in the mall study.

    7番のロフタスはモールの勉強で迷子になっています。

  • I'm alone and lost in the mall.

    私は一人でモールに迷い込んでいます。

  • Memory is a fickle thing.

    記憶とは気まぐれなものです。

  • Over time, our recollection of specific events can change or just fade altogether.

    時間が経つと、特定の出来事の記憶が変化したり、完全に薄れたりすることがあります。

  • Well, that's the thing.

    まあ、それはそれとして。

  • I have this condition, a condition.

    私にはこの条件、条件があります。

  • It's my memory.

    それは私の記憶です。

  • Amnesia?

    記憶喪失?

  • No, no, no, no.

    いやいやいや、そんなことはありません。

  • It's different from that.

    それとは違うんですよ。

  • I have no short term memory.

    短期記憶がない。

  • I know who I am.

    自分が何者か知っている

  • I know all about myself.

    自分のことは全て知っています。

  • I just since my injury, I can't make new memories.

    怪我をしてから、新しい思い出が作れなくなってしまいました。

  • Everything fades.

    すべてが衰退していく。

  • But have you ever had a memory that wasn't actually your own?

    でも、実は自分のものではない記憶があったことはありませんか?

  • You'll probably answer no, at least not that you know of.

    少なくともあなたが知っている限りでは「いいえ」と答えるでしょう。

  • In the mid nineties, a team led by American cognitive psychologist Elizabeth Loftus set out to prove just how easy it is to implant a childhood memory in someone oven event they never experienced.

    90年代半ば、アメリカの認知心理学者エリザベス・ロフタスが率いるチームは、彼らが経験したことのないオーブンの出来事を誰かに幼少期の記憶を移植することがいかに簡単であるかを証明することに着手した。

  • The false memory they chose was being lost in a mall.

    彼らが選んだ偽りの記憶は、モールで迷子になっていた。

  • They were lost for an extended period of time that they were frightened.

    彼らは怯えている間、長い間迷子になっていた。

  • They were crying on.

    彼らは泣き続けていた。

  • They were ultimately rescued by an elderly person and then brought back together with their family.

    最終的には高齢者に助けられ、家族と一緒に連れ戻されました。

  • The findings were considered groundbreaking casting an unprecedented level of doubt on the human memory.

    この発見は、人間の記憶に前例のないレベルの疑いを投げかける画期的なものと考えられていました。

  • Adding to the controversy, It was also used to discredit recovered memories repressed in survivors of abuse and other traumatic experiences.

    さらに、虐待やその他のトラウマ体験の生存者に抑圧された回復した記憶の信用を失墜させるためにも使用されました。

  • Through suggestion, we're finding that maybe as many as a quarter of our subjects will develop a complete or or a partial memory of this experience that never really happened to them.

    提案をすることで、被験者の4分の1もの人が、実際には起こらなかったこの経験の完全な、または部分的な記憶を身につけることがわかってきました。

  • Number six Limits challenge to free will and you can't mess with free will.

    ナンバー6 自由意志への限界挑戦、自由意志に手を出すことはできません。

  • Uh huh.

    ええと、ハァッ。

  • Can I ask why?

    理由を聞いてもいいですか?

  • Yes, you can best beauty of it.

    はい、あなたはそれの最高の美しさをすることができます。

  • The concept of free will is one that's been debated as long as anyone can remember.

    自由意志の概念は、誰もが覚えている限り議論されてきたものです。

  • In the 19 eighties, however, it seemed as if neuroscientist Benjamin Lim had finally delivered a definitive answer limits landmark experiment, studied the human brain and found that it registered activity before test subjects made a conscious choice.

    19 80 年代には、神経科学者ベンジャミン ・ リム最終的に決定的な答えの制限画期的な実験を提供していたかのように見えた、しかし、それは人間の脳を研究し、被験者が意識的な選択をした前に、それが登録されている活動を発見しました。

  • All I have to do is watch the spinning dot and click a button whenever I feel like it, then report to the scientist.

    回転するドットを見て、気が向いた時にボタンをクリックして、科学者に報告するだけです。

  • At what time I felt the urge to click from this.

    何時の間にか、ここからクリックしたくなる衝動に駆られました。

  • It was suggested that our choices are unconscious and thus not truly our own.

    それは、私たちの選択は無意識のものであり、したがって、真に私たち自身のものではないことが示唆された。

  • This would be a controversial conclusion, even with ironclad methodology.

    これは鉄壁の方法論でも議論の余地のある結論だろう。

  • In other words, his experiments seemed to show that the conscious decision didn't cause the movement.

    つまり、彼の実験では、意識的な判断が運動の原因にならないことを示していたようです。

  • The brain activity bringing about movement started before the individual willed anything toe happen.

    運動をもたらす脳の活動は、個人が何かつま先が起こることを望む前から始まっています。

  • Since then, however, limits experiment has had both supporters and detractors, with critics arguing over how to interpret the brain activity that preceded action.

    しかし、それ以来、限界実験には支持者と批判者の両方があり、批判者は行動に先行する脳活動をどのように解釈するかをめぐって議論しています。

  • Number five.

    5番だ

  • The elderly related words provoke slow walking experiment.

    高齢者関連ワードがスローウォーキング実験を挑発する

  • Mhm.

    Mhm.

  • The idea of social prime ing seems to make intuitive sense.

    社会的なプライムングの考え方は、直感的に理解できるようです。

  • Que someone to think about something.

    誰かが何かを考えるために

  • For example, a professor.

    例えば、教授とか。

  • And it could affect their behavior, such as their performance on a general knowledge test.

    そして、一般的な知識テストでの成績など、彼らの行動に影響を与える可能性があります。

  • Space time gravity Finish that for me.

    時空間重力 私のためにそれを終わらせてください。

  • However, what John bars and colleagues claimed to have discovered in 1996 was nonetheless startling When subjects were primed with the stereotype of an elderly person.

    しかし、ジョン・バーらが1996年に発見したと主張していることは、それにもかかわらず、被験者に高齢者のステレオタイプでプライミングしたとき、驚くべきことであった。

  • They reportedly walked more slowly afterwards, as if they themselves had become old.

    その後は、自分たち自身が年をとったかのように、よりゆっくりと歩いたという。

  • Yeah, that's really me, isn't it?

    ええ、本当に私のことですね。

  • It's got to stay calm.

    冷静にならないと

  • This became hugely controversial in 2012, when researchers failed to replicate barges finding and suggested that experimenters had unconsciously biased the results.

    これは、研究者が発見したはしけの複製に失敗し、実験者が無意識のうちに結果を偏らせていたことを示唆したときに、2012年に物議を醸した。

  • Bars reacted with a scathing personal attack and the whole field of social prime ING has since been described as a quote train wreck.

    バーズは、辛辣な個人攻撃に反応し、社会的なプライムINGの全フィールドは、それ以来、引用列車の大破として記述されています。

  • Number four Jane Elliott's Blue Eyes Brown Eyes experiment The day after Martin Luther King Junior's assassination in 1968 school teacher Jane Elliott decided to try an experiment to teach her all white third graders about discrimination.

    ジェーン・エリオットのブルー・アイズ・ブラウン・アイズの実験 1968年にキング牧師が暗殺された翌日、学校の教師ジェーン・エリオットは、白人の3年生に差別について教えるために実験をすることにしました。

  • The Children were divided into a brown eyed and a blue eyed group with the former deemed superior.

    子供たちは茶色い目をしたグループと青い目をしたグループに分かれ、前者が優れていると判断されました。

  • And given certain privileges, the brown eyed people get five extra minutes of recess.

    特定の特権が与えられると茶色い目をした人は5分余分に休むことになる

  • You blue eyed people are not allowed to be on the playground equipment at any time.

    青い目の人はいつでも遊具の上にいてはいけません。

  • Subsequently, the brown eyed Children began talking down to their blue eyed peers, who became shy and performed poorly in tests.

    その後、茶色の目をした子供たちは、恥ずかしがり屋になって、テストで不良を行った彼らの青い目をした仲間に下に話し始めた。

  • After several days, their positions were reversed.

    数日後、両者の立場は逆転した。

  • White people are smarter than brown eyed people.

    白人は茶色い目をした人よりも頭がいい。

  • They they are cleaner than brown eyed people.

    彼らは茶色い目の人よりも清潔感があります。

  • They are more civilized than brown eyed people.

    茶色い目の人たちよりも文明人です。

  • The experiment received considerable backlash, with one letter writer deeming it quote cruel to white Children.

    実験は、それが白人の子供たちに残酷な引用とみなす一通の手紙の作家と、かなりのバックラッシュを受けた。

  • However, it also gave Elliott a national platform as a diversity educator.

    しかし、それはエリオットを多様性教育者として全国的なプラットフォームにしたことにもなります。

  • Today it's largely remembered positively, but its efficacy in fostering lasting racial sensitivity has been questioned, as has the decision to try it out on Children.

    今日では、主に積極的に記憶されていますが、永続的な人種的感受性の育成におけるその効果は、子供たちにそれを試してみることを決定したのと同様に疑問視されています。

  • I watched what had been marvelous, cooperative, wonderful, thoughtful Children turn into nasty, vicious, discriminating little third graders.

    私は、素晴らしい、協力的で、素晴らしい、思慮深い子供たちが、意地悪で、悪質で、差別的な小さな3年生に変わるのを見ました。

  • Number three.

    3番です。

  • David Reimer's involuntary gender reassignment.

    デイビッド・ライマーの非自発的な性転換。

  • This experiment became even more controversial.

    この実験はさらに物議を醸し出した。

  • Overtime David Reimer was born biologically male in 1965.

    オーバータイムのデビッド・ライマーは1965年に生物学的に男性として生まれました。

  • After a botched circumcision, his parents raised him as a female.

    割礼を失敗した後、両親に女として育てられた。

  • Under the guidance of psychologist John Money, Money believed that gender identity was learned strongly favoring nurture over nature.

    心理学者ジョン・マネーの指導のもと、マネーは、ジェンダー・アイデンティティは自然よりも育つことを強く支持して学習されると考えていました。

  • He thought that while genes were important as faras gender was concerned, Ah, babies essentially neutral for the first two years of life, he believed.

    彼は、遺伝子はfaras性別が懸念されていたように重要であるが、ああ、赤ちゃんは人生の最初の2年間は本質的に中立であると考えていた、彼は信じていた。

  • During these critical two years, the Babys upbringing, how it is nurture would determine whether it feels masculine or feminine.

    これらの重要な2年間の間に、Babysの育つ、それがどのように育つかは、それが男性的または女性的な感じかどうかを決定するだろう。

  • Since Reimer had a twin brother, it was seen as an ideal case study for decades.

    ライマーには双子の兄弟がいたため、何十年も前から理想的な事例として見られていた。

  • Money's claims influenced doctors performing child sexual reassignments.

    金の主張は、子供の性転換を行う医師に影響を与えた。

  • However, by his early teens, Reimer was actually severely depressed and underwent surgery to reverse his reassignment.

    しかし、10代前半になると、実はライマーはひどく落ち込んでいて、再配置を元に戻す手術を受けました。

  • I tried to fit in E.

    Eに合わせてみました。

  • I tried with the makeup.

    メイクで試してみました。

  • It turned out to be a disaster.

    それが災難になった。

  • I mean, you've got the, you know, the red, the red circles on the cheeks and look like I look like a clown.

    頬に赤い丸がついてピエロみたいに見えるんだよね

  • Basically, when he spoke out decades later, it sparked a huge debate about money's extreme methods and nature versus nurture.

    基本的に、彼が数十年後に発言したとき、それはお金の極端な方法と自然対育成についての大きな議論を巻き起こしました。

  • Sadly, Reimer and his brother later took their own lives.

    悲しいことに、ライマーと弟は後に自ら命を絶った。

  • The experiment has been roundly criticized by both Money's colleagues and intersex activists.

    この実験は、マネーの同僚とインターセックス活動家の両方から丸々と批判されています。

  • Above all, thistles, a cautionary tale things is what can happen when science pursues a beautiful theory with scant regard for the human cost.

    何よりも、アザミは、人間のコストを顧みずに科学が美しい理論を追求したときに起こりうるものであり、教訓的なものである。

  • Number two.

    2番だ

  • Stanley Milgram's Obedience to Authorities Schalk Experiments.

    スタンリー・ミルグラムの「権威への服従」シャルク実験。

  • History is rife with seemingly ordinary people participating in horrific acts because they were just following orders is involved pretty much routinely to explain everything from abuse at Abu Ghraib, corruption in Enron or everyday terrorist atrocities around the world.

    歴史は、彼らはちょうど命令に従っていたので、恐ろしい行為に参加している一見普通の人々がかなり日常的にアブグライブで虐待、エンロンや世界中の日常のテロリストの残虐行為で汚職からすべてを説明するために関与しています。

  • In the early 19 sixties, psychologist Stanley Milgram put together a study in which an authority figure instructed volunteers to deliver increasingly intense electrical shocks to a stranger.

    19 60年代初頭に、心理学者のスタンリー・ミルグラムは、権威者がボランティアに、見知らぬ人にますます強烈な電気ショックを提供するように指示した研究をまとめました。

  • Oh, experimental, that's all.

    ああ、実験的、それだけだ。

  • Get me out of here exactly.

    ここから出してくれ

  • I have trouble my heart starting to bother me.

    心がモヤモヤしてきて困っています。

  • Now get me out of here, please.

    ここから出してくれ

  • My starting the bottom refused to go on.

    私の始動した底辺は続行を拒否しました。

  • Let me.

    見てろ

  • Theological rece ity wasn't riel, but the test subjects, with their fingers on the button, didn't know that and wouldn't you know it?

    神学的受容性はリエルではありませんでしたが、ボタンに指をかけていた被験者はそれを知らず、あなたも知らないのではないでしょうか?

  • Most of them followed orders, even delivering potentially lethal levels of electricity.

    彼らの多くは命令に従っていた 致死レベルの電気を供給することさえあった

  • They were, however, extremely distressed by the ruse raising ethical concerns.

    しかし、彼らは倫理的な問題を提起する策略に非常に悩まされていました。

  • Well, I figured 200 holders were given were quite a bit.

    200人分のホルダーが与えられたのはかなりの量だと思ったよ

  • I wanted to stop, but he kept insisting not to stop.

    やめたいと思ったが、やめないでと言い張っていた。

  • I mean, the felon there is Holland, he said.

    そこの重罪人はオランダなんだって。

  • I don't want to do it.

    やりたくないんだよ。

  • I want I want to get out of here.

    ここから出て行きたい。

  • I want to get out of here.

    ここから出たい

  • Why didn't you stop anyway?

    とにかくなんでやめなかったの?

  • I did stop, but he kept going.

    私は立ち止まったが、彼は進み続けた。

  • Keep going.

    続けて

  • People continue to argue over his methodology and interpretation of the results.

    人々は彼の方法論や結果の解釈を巡って議論を続けている。

  • Today, before we continue, be sure to subscribe to our channel and ring the bell to get notified about our latest videos.

    今日は、私たちが続ける前に、私たちのチャンネルを購読し、私たちの最新のビデオについて通知を受けるためにベルを鳴らすことを確認してください。

  • You have the option to be notified for occasional videos or all of them.

    たまにある動画の通知を受けるか、全ての動画の通知を受けるかを選択できます。

  • If you're on your phone, make sure you go into your settings and switch on notifications.

    スマホの場合は、設定に入って通知をオンにすることを確認してください。

  • Number one Philip Zimbardo Stanford Prison experiment Is power inherently corrupting in the early 19 seventies?

    ナンバーワン フィリップ・ジンバルド スタンフォード刑務所の実験 1970年代初頭の権力は本質的に腐敗しているのか?

  • That's what Dr Philip Zimbardo set out to answer specifically, as it applies to the correctional system.

    フィリップ・ジンバルド博士が 矯正システムに適用されるように 具体的に答えようとしたものです

  • He would convert the basement of the University's psychology department into a subterranean jail.

    彼は大学の心理学部の地下を地下の牢屋に改造するだろう。

  • Student volunteers were divided into the roles of guards and prisoners and were then instructed to play out those roles in a simulated prison.

    学生ボランティアは、警備員と囚人の役割に分かれて、模擬刑務所でその役割を演じるように指示されました。

  • The experiment also aimed to address questions of group identity, power structures and the effects of being dehumanized.

    この実験はまた、集団のアイデンティティ、権力構造、人間性を奪われることの影響などの問題にも取り組むことを目的としていた。

  • It was intended toe last 7 to 14 days, but the plug was pulled after just six, with abuse rampant and multiple prisoners backing out.

    7日から14日の予定だったが、わずか6日後にプラグが抜かれ、虐待が横行し、複数の囚人が手を引いた。

  • What made the experience most depressing for me was the fact that we're continually called upon to act in a way that just it's contrary to what I really feel inside.

    この経験で一番落ち込んだのは、自分の本音に反した行動を求められ続けているということです。

  • It seems like a pretty clear answer to the core question.

    核心に迫る質問に対して、かなり明確な答えが出ているように思えます。

  • No.

    駄目だ

  • Well, there have been claims that the guards were coached to behave a certain way and that the experiment was biased by implied demands.

    まあ、警備員は一定の行動をとるように指導されていたという主張もあるし、暗黙の要求によって実験が偏っていたという主張もある。

  • At this rate, we're going to be here.

    この調子だと、ここまで来てしまう。

  • Oh, goddamn night and I love it.

    ああ、くそ夜と私はそれを愛しています。

  • Do you agree with our picks?

    私たちのピックに同意しますか?

I watched what had been marvelous, cooperative, wonderful, thoughtful Children turn into nasty, vicious, discriminating little third graders.

私は、素晴らしい、協力的で、素晴らしい、思慮深い子供たちが、意地悪で、悪質で、差別的な小さな3年生に変わるのを見ました。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 WatchMojo 実験 記憶 心理 子供 茶色い

物議を醸す実生活科学実験トップ10 (Top 10 Controversial Real Life Science Experiments)

  • 4 0
    林宜悉 に公開 2020 年 12 月 16 日
動画の中の単語