Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • So what are these things?

    で、これは何なんだ?

  • Ah, prank A scam.

    ああ、イタズラか詐欺か。

  • Bioterrorism.

    バイオテロ。

  • Welcome to watch Mojo.

    ようこそ、モジョを見るために。

  • And today we're counting down our picks for the top 10 creepiest mysteries of 2020.

    そして今日は、2020年の最も不気味なミステリーのトップ10のための私たちのピックをカウントダウンしています。

  • It was a sudden shape that lasted just moments, but it was enough for motion activated cameras to kick in our American 1997.

    それは一瞬だけの突然の形でしたが、モーション・アクティベーション・カメラが私たちアメリカ人の1997年を蹴散らすには十分なものでした。

  • We just passed a guy that shit back.

    糞野郎を追い越してきた

  • If it's some other phenomenon, I think I'm just curious.

    他の現象だとしたら、気になるだけだと思います。

  • Yeah, I'm not worried.

    ええ、心配していません。

  • Just curious for this list.

    このリストには興味津々。

  • We're looking at eerie discoveries, sightings and strange happenings from 2020 that's still have us scratching our heads.

    2020年からの不気味な発見や目撃情報、奇妙なハプニングなど、私たちがまだ頭を悩ませているものを見ています。

  • Which 2020 mystery has you lying awake at night?

    夜も眠れないのはどの2020年ミステリー?

  • Let us know in the comments number 10 Mysterious drone sightings this year kicked off on unsettling note as mysterious drones were spotted in northeastern Colorado and southwestern Nebraska as well a southeastern Wyoming.

    私たちはコメントで知ってみましょう 番号10 謎のドローンの目撃情報 今年は、謎のドローンがコロラド州北東部とネブラスカ州南西部だけでなく、ワイオミング州南東部で発見されたように不穏なノートにキックオフされました。

  • One woman describing the skies above her as Christmas lights.

    頭上の空をクリスマスのイルミネーションと表現する一人の女性。

  • It was odd it honestly, it reminded me of where the world it's really concerning.

    妙に素直に世界のどこが気になるのかを思い出しました。

  • Do they have cameras on them where they're watching us and what we're doing.

    私たちが何をしているのか、監視しているところにカメラがあるのでしょうか。

  • While there had been reports of unidentified drone since late 2019, It was in January 2020 that the story really blew up larger than the average drone.

    2019年後半から未確認ドローンの報告があった一方で、この話が本当に平均的なドローンよりも大きく吹っ飛んだのは2020年1月のことだった。

  • Some claimed they were the size of cars.

    車のサイズだと主張する人もいました。

  • Adding to the creep factor.

    不気味な要素を追加した

  • Reports suggest the drones were flying in grid patterns.

    無人機がグリッドパターンで飛行していたとの報告があります。

  • One witness estimated that he saw up to 30 drones flying at night.

    ある目撃者は、夜間に最大30機のドローンが飛んでいるのを見たと推定している。

  • Some experts speculating that the drones could be flying for private companies conducting, mapping or surveys for things like oil and natural gas.

    ドローンは、石油や天然ガスのようなもののためのマッピングや調査を行っている民間企業のために飛んでいる可能性があると推測している専門家もいます。

  • Other theories suggest they're part of practice runs for the kind of drone shows put on its sporting events or theme parks.

    他の説では、スポーツイベントやテーマパークでドローンショーを行うための練習の一環であることを示唆している。

  • While many of these sightings were given reasonable explanations, ah, lot of them are still unidentified.

    これらの目撃情報の多くは 合理的な説明がなされていますが、その多くは 未確認のままです。

  • Reports seemed to die down after January, although it remains unclear who was operating these drones and what purpose they served on at this point.

    この時点では、誰がどのような目的で無人機を運用していたのかは不明だが、1月以降は報告が途絶えているようだ。

  • While the drones may be mysterious, they don't appear malicious.

    無人機は謎に包まれているが、悪意があるようには見えない。

  • Number nine Cosmic objects swallowed by Black Hole It might sound like something you'd read in a comic book, but this story is all science and no fiction.

    第9位 ブラックホールに飲み込まれた宇宙の物体 漫画で読むような話に聞こえるかもしれませんが、この話は全て科学であり、フィクションではありません。

  • About 790 million light years from our planet, an unidentified cosmic object merged with a black hole of 23 solar masses.

    地球から約7億9千万光年の距離にある未確認の宇宙物体が、23個の太陽質量のブラックホールと合体した。

  • This resulted in a gravitational wave signal known as G W 1908 14, which made it all the way to Earth on August 14th, 2019.

    これにより、2019年8月14日にG W 1908 14として知られる重力波信号が地球に到達しました。

  • By June 2020 astronomers still had yet to determine what the mysterious object Waas, although it was reportedly about 2.6 solar masses.

    2020年6月までに天文学者たちは、約2.6太陽質量と報告されているものの、謎の物体Waasが何であるかをまだ決定していませんでした。

  • Nothing escapes a black hole, not even light.

    ブラックホールからは何も逃れられないし、光も逃れられない。

  • Everything that gets sucked into a black hole gets sucked into a singularity where the laws of physics completely break down.

    ブラックホールに吸い込まれたものはすべて、物理学の法則が完全に崩壊する特異点に吸い込まれます。

  • Theories have ranged from the heaviest of neutron stars to the lightest of black holes.

    中性子星の中で最も重いものから、ブラックホールの中で最も軽いものまで、様々な説があります。

  • Quote.

    引用します。

  • Either way, it breaks a record, said Vicki Calogero of Northwestern University.

    いずれにしても記録を更新すると、ノースウェスタン大学のヴィッキー・カロジェロ氏は言う。

  • Calogero also stated quote, We haven't seen with confidence anything like this before.

    カロゲロはまた、引用して、我々は自信を持ってこのような何かを見たことがないと述べています。

  • Number eight Groaning Noise in Southwest Anchorage in February 2020 a mysterious, groaning sound made its way from midtown toe West Anchorage, waking up to the noise at around five in the morning.

    2020年2月に南西アンカレッジで8番目のうなり声の騒音が謎のうなり声でミッドタウンからウェストアンカレッジまでやってきて、朝の5時頃にその騒音で目が覚めました。

  • Some residents only heard it once.

    一度だけ聞いただけの住民もいる。

  • Others claim that the sound repeated for a few hours and only got louder.

    他の人は、数時間繰り返して音が大きくなっただけだと主張しています。

  • Although this wasn't the first time the noise had been detected in this area, reports were especially high this time the noise has been compared to quote a foghorn, a submarine scraping the bottom of a pool and a big backhoe that was giving birth.

    この地域でノイズが検出されたのは今回が初めてではありませんでしたが、レポートは、今回のノイズは、フォグホーン、プールの底を擦る潜水艦、出産していた大きなバックホーを引用するために比較されている特に高いものでした。

  • Yet nobody can determine for sure where it emanated from.

    しかし、どこから出てきたのかは誰にもわからない。

  • Maybe it was a snowplow.

    除雪機だったのかもしれません。

  • Maybe it was construction.

    工事だったのかもしれません。

  • Or maybe it was trumpets in the sky.

    それとも空のトランペットだったのかな。

  • As some have said.

    何人かが言っているように

  • If it's some other phenomenon, I think I'm just curious.

    他の現象だとしたら、気になるだけだと思います。

  • Yeah, I'm not worried.

    ええ、心配していません。

  • Just curious.

    ただの好奇心だ

  • Number seven, the L A jetpack flyer we've all dreamed about soaring through the sky and a jetpack.

    7位 誰もが夢見たL Aのジェットパックフライヤーで空を舞って

  • And technology may finally be catching up with movies like The Rocketeer.

    そして、「The Rocketeer」のような映画に技術がついに追いついてきたのかもしれません。

  • How do I Look like a hood ornament way?

    フードの飾りのように見える方法は?

  • In late August 2 pilots reported that they saw quote a guy in a jetpack roughly 3000 ft above Los Angeles International Airport our American way, then another jetpack, citing moments later from a Southwest pilot a way About six weeks later, in October, another jetpack sighting was reported in Southern California.

    8月下旬には2人のパイロットが、彼らはロサンゼルス国際空港の上にジェットパックの男を引用して見たことを報告したことを報告しています約6週間後の10月には、別のジェットパックの目撃情報は、南カリフォルニアで報告されました。

  • It's unknown if this was the same jetpack flyers before.

    以前のジェットパックフライヤーと同じだったかどうかは不明です。

  • In any case, the mysterious jetpack operator made it up to 6000 ft on this flight.

    いずれにしても、謎のジェットパックのオペレーターは、このフライトで6000フィートまで到達させた。

  • Authorities air taking the jetpack incidents seriously, warning it can be as dangerous as a drone flying near passenger planes.

    当局は、ジェットパック事件を真剣に受け止め、旅客機の近くを飛行するドローンと同じくらい危険であることを警告しています。

  • The FBI has been investigating this mystery, although the identity of this guy in a jetpack remains up in the air.

    FBIはこの謎を調査していますが、ジェットパックを着た男の身元は不明のままです。

  • Our money is on Tony Stark.

    トニー・スタークに賭ける

  • No, this'll isn't a game you do not see in civilian equipment into my active war zone.

    いや、これは私のアクティブな戦場に民間装備では見られないゲームではないだろう。

  • You understand that it's not a piece of equipment, it's a shoot.

    装備品じゃなくてシュートだと理解してるんだな。

  • It's May number six seeds everywhere.

    どこもかしこも五月六日の種ですね。

  • So what are these things?

    で、これは何なんだ?

  • Ah, prank A scam?

    ああ、イタズラか詐欺か?

  • Bioterrorism.

    バイオテロ。

  • Tell us if this sounds familiar.

    聞き覚えがあれば教えてください。

  • You go outside your house, look in your mailbox or down in your driveway, and there's a package of seeds just sitting there.

    家の外に出て、郵便受けや私道を覗いてみると、そこには種の入った荷物が鎮座しています。

  • You're not alone.

    あなたは一人じゃない

  • These unsolicited seeds have been randomly popping up at homes in the U.

    この迷惑な種がアメリカの家庭で無造作に飛び出してきたんだ

  • S, Canada and Ireland.

    S、カナダ、アイルランド。

  • As of late, the Department of Agriculture Food and the Marine has advised against planting these seeds.

    最近になって、農業食糧海洋省は、これらの種子を植えることを勧めています。

  • If you find yourself on the receiving end of suspicious seeds, don't handle them.

    怪しい種を受けていることに気がついたら、扱わないようにしましょう。

  • Don't dispose of or compost them and, most importantly, don't plant them.

    処分したり、堆肥にしたりしないこと、そして何よりも大切なことは、植え付けないことです。

  • Meanwhile, the United States Department of Agriculture and Canadian Food Inspection Agency chalk this up to a quote brushing scam.

    一方、米国農務省とカナダ食品検査局は、これをブラッシング詐欺の引用と決めつけている。

  • The USDA also noted that the packages have been addressed from China Post.

    また、米農務省は、荷物の宛先が中国郵政からだと指摘している。

  • But a rep from China's Foreign Ministry claims that these labels were forgeries.

    しかし、中国外務省の担当者は、これらのラベルは偽造であると主張しています。

  • The fear is they may grow into some sort of invasive species.

    恐れられているのは、彼らがある種の侵略種に成長する可能性があるということです。

  • They're not trying to trace the origins of all the packages.

    彼らは全てのパッケージの起源を辿ろうとしているわけではありません。

  • At this point, we wouldn't be surprised if pod people were behind this mystery.

    この時点では、この謎の背後にポッドの人々がいても驚かないだろう。

  • Miles, Where do they come from?

    マイルズ、どこから来たんだ?

  • I don't know if there are seeds or seedpods.

    種があるのか、種ポッドがあるのかはわかりません。

  • He must grow someplace on a plant.

    彼は植物のどこかに生えているに違いない。

  • Probably somebody or something wants this duplication to take place.

    おそらく誰か何かがこの複製を望んでいるのでしょう。

  • Number five.

    5番だ

  • Where in the world was Kim Jong?

    金正恩はどこにいたのか?

  • Un?

    ウン?

  • People go missing every day, but for a North Korean dictator, toe vanished from the limelight for almost three weeks.

    人は毎日のように行方不明になるが、北朝鮮の独裁者にとって、トウは3週間近く脚光を浴びていなかった。

  • Well, it's unusual, to say the least.

    控えめに言っても異常だな

  • That's what happened with Kim Jong Un in April.

    それが4月の金正恩の件です。

  • However, this'll isn't the first time he's dropped from public view, disappearing for six weeks in 2014 and re emerging with a cane after apparently recovering from ankle surgery.

    しかし、これは彼がパブリックビューからドロップされた最初の時間ではありません、2014年に6週間姿を消し、明らかに足首の手術から回復した後、杖を持って再浮上しています。

  • People first suspected something was wrong when Kim wasn't present to celebrate the birthday of his late grandfather, Kim Il Sung.

    亡くなった祖父の金日成氏の誕生日を祝うために金氏が出席していなかった時、人々は最初に何かがおかしいのではないかと疑った。

  • In his absence from the public, many called Kim's health into question especially since the Covad 19 pandemic was now in full swing.

    特にコバード19のパンデミックが本格化してからは、彼が公の場にいないことで、多くの人がキムの健康に疑問の声を上げていた。

  • Western intelligence in North Korea is so bad that we have no way to verify or to deny these rumors.

    北朝鮮の欧米の情報があまりにも酷いので、これらの噂を検証することも否定することもできません。

  • But we have no idea we can't Onley wait until the North Koreans themselves tell us whether Kim is alive or dead.

    しかし、北朝鮮人自身が金の生死を語るまで、オンリーでは待てないという考えはない。

  • There's still no concrete evidence, however, confirming that Kim had the virus or that he was even unwell.

    しかし、キム氏がウイルスを持っていたことや、体調不良であったことすら確認されていないという具体的な証拠はまだありません。

  • Satellite images later showed Kim Jong Un's train near his private resort on the country's east coast that did not prove or disprove Kim was there or even alive Onley.

    衛星画像は後に金正恩の列車が国の東海岸のプライベートリゾートの近くにあることを示したが、金正恩がそこにいたことを証明するものでも反証するものでもなく、オンリーが生きていたことさえも証明するものでもなかった。

  • Adding to the mystery, Kim eventually resurfaced for a ribbon cutting ceremony in May, but no explanation was given as to where the supreme leader had been for almost 20 days.

    さらに謎が深まったのは、5月に行われたテープカットのために金正恩氏が姿を現したことだ。

  • Number four Life on Venus Many have speculated about life on Mars, but life on Venus sounds especially far fetched.

    4位 金星での生命 多くの人が火星での生命について推測してきましたが、金星での生命の話は、特に遠回しに聞こえます。

  • Like it's the hottest planet in our solar system.

    太陽系で一番暑い惑星だとか

  • With a surface temperature that can reach more than 800 degrees Fahrenheit, Venus says what we call a runaway greenhouse effect.

    華氏800度以上に達することができる表面温度で、金星は、我々が温室効果の暴走と呼んでいるものを言う。

  • Its atmosphere is 100 times the mass of Earth's and mostly carbon dioxide.

    その大気は地球の100倍の質量を持ち、ほとんどが二酸化炭素です。

  • This trap so much heat that the service of Venus reaches a temperature hot enough to melt lead and with the pressure that would crush most submarines.

    このトラップは、金星のサービスは、鉛を溶かすために、ほとんどの潜水艦を押しつぶすだろう圧力で十分に熱い温度に達するので、多くの熱。

  • Then again, sometimes life finds a way.

    時には人生は道を見つけることもある

  • In September, scientists discovered phosgene, a toxic gas in Venus's atmosphere.

    9月、科学者たちは金星の大気中に有毒ガスのホスゲンを発見した。

  • Here is what Foss Fine looks like.

    フォスファインはこんな感じです。

  • This is a computer generated image, usually on Earth.

    これはコンピュータで生成された画像で、通常は地球上にあります。

  • This gas is associated, as we've just been hearing, with microbes living in oxygen poor environments like swamps or in the guts of animals on earth.

    このガスは、今聞いたように、沼地のような酸素の乏しい環境や、地球上の動物の内臓に生息する微生物に関連しています。

  • Phosgene is produced from microbial life.

    ホスゲンは微生物の生命体から生成されます。

  • While some believe that this could be evidence of either past or present life on Venus, subsequent studies have cast doubt on the idea.

    これは金星の過去または現在の生活の証拠ではないかと考える人もいるが、その後の研究ではその考えに疑問が投げかけられている。

  • Venus, the scientists tried to find another explanation for the fast, but had to rule all of them out.

    金星、科学者たちは、高速のための別の説明を見つけようとしましたが、それらのすべてを除外しなければなりませんでした。

  • Not a single process we looked at could produce frosting in high enough quantities to explain our team's findings of fostering in the Venus atmosphere.

    私たちが調べたプロセスでは、金星大気圏での育成に関する私たちのチームの発見を説明するのに十分な量のフロスティングを生産することはできませんでした。

  • In October, it was reported that re analyses of available data have failed to find traces of phosgene.

    10月には、利用可能なデータの再解析でホスゲンの痕跡が見つからなかったことが報告された。

  • For now, we'll just have to keep watching the stars and the clouds.

    とりあえず、星と雲を見続けるしかない。

  • Number three, The Missing star.

    3番 ミッシングスター

  • There are countless stars scattered throughout space, but some shine brighter than others.

    宇宙空間には無数の星が散らばっていますが、中には他の星よりも輝いているものもあります。

  • One in a dwarf galaxy roughly 75 million light years away has been on our radar for almost 20 years.

    約7500万光年先の矮小銀河の一つが、20年近く前からレーダーに映っています。

  • This star stands out with a luminous blue glow and shines even brighter than our solar system's sun.

    この星は青く輝く輝きを放ち、太陽系の太陽よりもさらに明るく輝いています。

  • Then one day it was just gone.

    そしてある日、それは忽然と消えてしまった。

  • First reported in 2020 astronomers are still pondering where this blue giant went.

    2020年に初めて報告されたこの青い巨人がどこに行ったのか、天文学者たちはまだ熟考しています。

  • Maybe it collapsed into a black hole, but that would usually result in a vibrant supernova.

    ブラックホールに崩壊したのかもしれませんが、普通は鮮やかな超新星になるでしょう。

  • If this was the case, it would be a first, according to Andrew Allen of Trinity College Dublin.

    もしそうだとしたら、トリニティ・カレッジ・ダブリンのアンドリュー・アレン氏によれば、初めてのことだという。

  • Other theories suggests the star lost.

    他の説では、星が失われたことを示唆しています。

  • Some of its mass or dust is obscuring the view.

    その質量や塵の一部が視界を遮っています。

  • Or maybe Galactus got to it.

    あるいは、ギャラクタスにやられたのかもしれない。

  • But in all of space, I stand alone.

    しかし、すべての空間で、私は一人で立っています。

  • All right, Galactus that be all.

    よし、ギャラクタス......それが全てだ

  • Kendall Number two Radio Signal from Space.

    ケンドール ナンバー2 宇宙からの無線信号

  • In 2007, the first fast radio burst, or FRB, was reported.

    2007年には、最初の高速電波バースト(FRB)が報告されました。

  • Another first occurred in 2019, when scientists managed to trace an FRB back to its original galaxy.

    もう一つの最初の出来事は、2019年に科学者たちがFRBを元の銀河にまでさかのぼって追跡することに成功したときに起きました。

  • They used to be a one off there just be this burst and then you'd never see it again.

    以前は一度きりの出来事だったのに......この爆発で二度と見られなくなってしまった。

  • And so that made it even more mysterious.

    そうすると、さらに不思議な感じになりました。

  • Even after all these years, astronomers still don't know what exactly causes these signals, although they may be on the verge of a major breakthrough.

    これだけの年月を経ても、天文学者たちは、これらの信号の原因が何であるのかを正確に把握していません。

  • In February 2020 it was reported that one FRB repeated every 16.35 days, and those were the exciting ones because when they repeat, you can figure out where they are.

    2020年2月には16.35日ごとに1つのFRBが繰り返されていると報道されていましたが、それらは、それらが繰り返されると、それらがどこにあるのかを把握できるので、エキサイティングなものでした。

  • Where they are is half a billion light years away.

    彼らがいる場所は、5億光年先です。

  • One researcher described this discovery as quote an important clue to the nature of this object.

    ある研究者は、この発見を、この物体の性質を知る重要な手がかりになると述べています。

  • Later in the year, astronomers dwindled down the list of possible FRB sources, which includes quote, compact object mergers and Magna tars arising from normal core collapse Supernovae research is ongoing, but until we know where these signals come from, we'll just have to keep listening.

    その年の後半には、天文学者たちは、引用、コンパクトな天体の合併や、通常のコア崩壊から生じるマグナ・ターを含む、FRBの可能性のあるソースのリストを減らしました。 超新星の研究は進行中ですが、これらの信号がどこから来るのかが分かるまで、私たちはただ聞き続けるしかないでしょう。

  • But could it be a message from far away?

    しかし、それは遠くからのメッセージかもしれない?

  • You can't rule it out.

    除外することはできません。

  • I mean, I can categorically Well, then we can keep guessing.

    つまり、私は断言できます。それならば、私たちは推測を続けることができます。

  • And as they've said since the discovery of radio signals, stay tuned before we unveil our topic.

    電波が発見されて以来言われているように、我々の話題を披露する前にご期待ください。

  • Here are some honorable mentions.

    ここでは、いくつかの佳作をご紹介します。

  • Leamer Abduction.

    リーマー誘拐

  • A Limmer went missing and was found the next day, four miles from the zoo seen here in a cage moments after he was captured on a Daily City preschool playground.

    リマーは行方不明になり、次の日に発見されました。彼はデイリーシティの保育園の遊び場で捕獲された後、ケージの中でここで見られる動物園から4マイルの瞬間です。

  • All of the kids were thrilled to see him up close.

    間近で見ることができて、子供たちはみんな感激していました。

  • He was first spotted by one of the kids in front of Chris Lee's car around five PM, apparently eating from a bush shake and boom in West Mobile.

    最初に目撃されたのは、午後5時頃にクリス・リーの車の前にいた子供たちの一人で、どうやらウェスト・モバイルのブッシュシェイクとブームで食事をしていたようです。

  • Whatever caused the sudden shake, it wasn't an earthquake.

    突然の揺れの原因が何であれ、地震ではありませんでした。

  • It was a sudden shape that lasted just moments, but it was enough for motion activated cameras to kick in.

    一瞬だけの突発的な形だったが、モーション・アクティベート・カメラが蹴りを入れるには十分だった。

  • How did murder Hornets get to the US?

    ホネッツの殺人はどうやってアメリカに渡ったのか?

  • Maybe they were accidentally shipped with imported goods, dubbed the Murder Hornet for its powerful sting in the way it decapitates its prey.

    獲物の首を切り落とす姿が強烈なことから、殺人スズメバチと呼ばれています。

  • This is the first time the world's largest hornet has been seen in the U.

    世界最大のスズメバチがアメリカで目撃されたのは今回が初めて。

  • S.

    S.

  • In its native Asia.

    本国のアジアでは

  • Vespa Mandarin AEA is notorious nettle monoliths everywhere on art Collective has claimed credit, but we still like to believe it was aliens damage.

    ベスパマンダリンAEAは、アートコレクティブが信用を主張しているが、我々はまだそれがエイリアンの被害だったと信じたいと思っていますどこでも悪名高いイラクサのモノリスです。

  • One of the crew members notices the monolith points toward a split in the canyon wall, perhaps suggesting the alignment might have some type of Stonehenge like significance.

    乗組員の一人は、モノリスが峡谷の壁の割れ目を指していることに気付きました。

  • It is just wild who killed Moscow's sausage king with a crossbow in a sauna no less.

    サウナでクロスボウでモスクワのソーセージ王を殺したのはただのワイルドだ。

  • Before we continue, be sure to subscribe to our channel and ring the bell to get notified about our latest videos.

    続ける前に、私たちのチャンネルを購読して、私たちの最新のビデオの通知を受けるためにベルを鳴らしてください。

  • You have the option to be notified for occasional videos or all of them.

    たまにある動画の通知を受けるか、全ての動画の通知を受けるかを選択できます。

  • If you're on your phone, make sure you go into your settings and switch on notifications.

    スマホの場合は、設定に入って通知をオンにすることを確認してください。

  • Number one.

    1番です。

  • The Pentagon confirms UFO sighting.

    ペンタゴンがUFO目撃を確認

  • My God, it's only fitting that the same year that Space six began transporting astronauts into space, the universe would get infinitely more mysterious.

    何てこった スペース6が宇宙飛行士を 宇宙に輸送し始めたのと同じ年に 宇宙は無限に神秘的になるだろう

  • The biggest mystery came out of the United States Department of Defense, which confirmed not just one, not just two, but three UFO sightings.

    最大の謎はアメリカ国防総省から出てきたもので、1つどころか2つどころか3つのUFO目撃情報が確認された。

  • In April 2020 the Pentagon released three Navy videos featuring quote unidentified aerial phenomena.

    2020年4月、国防総省は未確認の空中現象を引用した3つの海軍の動画を公開した。

  • The videos, known as Gimble, Go Fast and Fleer, were filmed between 2004 and 2015.

    ギンブル、ゴーファスト、フレールと呼ばれる動画は、2004年から2015年にかけて撮影されたものです。

  • The Pentagon says that these videos are being released now to quote clear up any misconceptions after they were previously leaked, but that the objects remain unidentified.

    国防総省は、これらのビデオは、彼らが以前にリークされた後、任意の誤解を明確に引用するために今リリースされているが、オブジェクトが未確認のままであることを言う。

  • Granted, this wasn't the first time these videos were exposed to the public as they were published online in late 20 ten's.

    確かに、20代後半にネットで公開されていたため、これらの動画が公開されたのは今回が初めてではありませんでしたが、この動画が公開されたのは、20代後半になってからです。

  • All of these videos have been leaked in the past, but the U.

    これらの動画は全て過去に流出したものですが、U.

  • S government now confirms they are genuine.

    S政府は今、彼らが本物であることを確認しています。

  • Regardless, the fact that the Pentagon has now officially declassified these videos on Lee further piques our interest.

    それにもかかわらず、国防総省は今、公式にリーのビデオを機密扱い解除したという事実は、我々の関心をさらに刺激します。

  • While the secret may be out, we're still no closer to learning the truth.

    秘密が明らかになったとはいえ、真実を知るにはまだ程遠い。

  • Do you agree with our picks?

    私たちのピックに同意しますか?

  • Check out this other recent clip from Watch Mojo and be sure to subscribe and ring the bell to be notified about our latest videos, I think.

    Watch Mojoからこの他の最近のクリップをチェックアウトして、私たちの最新のビデオについて通知されるように購読し、ベルを鳴らすことを確認してください、私は思う。

So what are these things?

で、これは何なんだ?

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 WatchMojo 金星 目撃 ドローン パック 報告

2020年の最も不気味なミステリートップ10 (Top 10 Creepiest Mysteries of 2020)

  • 5 0
    林宜悉 に公開 2020 年 12 月 15 日
動画の中の単語