Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • This video is made possible by Brilliant, a problem solving website that teaches you how to think like a scientist.

    この動画は、科学者のような考え方を教えてくれる問題解決サイト「Brilliant」によって実現したものです。

  • Every single day, over 100,000 flights take place up in the skies between cities all across the world.

    毎日10万回以上のフライトが世界中の都市間を飛び交っています。

  • Right now, as you're watching this video, there's probably about 5000 or so planes full of people flying over just the United States alone.

    今、このビデオを見ていると、おそらく5000機くらいの飛行機がアメリカだけで満員になって飛んでいます。

  • Flying by airplane is by far the safest possible way for you to travel anywhere today in the 21st century.

    飛行機での移動は、21世紀の今日、どこへでも移動するための最も安全な方法です。

  • But accidents do still happen.

    それでも事故は起きる。

  • Sometimes, if you're driving your car on the way toe work and you run out of gas, you may just have to pull over and push it or hitchhike over to the nearest gas station.

    時々、通勤途中に車を運転していてガス欠になったら、車を止めて押したり、最寄りのガソリンスタンドまでヒッチハイクしたりしなければならないことがあります。

  • But when you run out of gas on your plane while you're in the middle of flying it, your options are all pretty much equally shit.

    でも飛行機を飛ばしている最中にガス欠になった時には選択肢が全部同じくらいクソになってしまうんですよね。

  • And that's exactly the situation that the crew of Air Canada Flight 143 faced back on July 23rd, 1983 the day before their plane was flown from Toronto to Edmonton and received its routine maintenance checks on the morning of the 23rd the plane was flown from Edmonton over to Montreal, where the old crew got swapped out for our new crew.

    1983年7月23日、エア・カナダ143便の乗務員が直面した状況はまさにその通りでした。彼らの飛行機がトロントからエドモントンに飛ばされる前日の23日の朝、定期的なメンテナンスチェックを受けて

  • That takes part in this story, including captain Robert Pearson with over 15,000 hours of flight experience and First Officer Maurice Contol with over 7000 hours.

    15000時間以上のフライト経験を持つロバート・ピアソン機長や、7000時間以上のフライト経験を持つモーリス・コントール副官など、この物語に参加しています。

  • It's important to note that at the time Canada was in the middle of converting from barbarian imperial units over to the glorious metric system for their aviation industry.

    当時のカナダは、野蛮な帝国単位から航空業界の栄光のメトリックシステムへの変換の途中であったことに注意することが重要です。

  • But Air Canada had so far on, Lee began using the metric system on their brand new 767 planes, which, of course, Air Canada Flight 1 43 was one of every other plane.

    しかし、エアカナダはこれまでのところ、リーはもちろん、エアカナダフライト1 43は他のすべての飛行機の1つであった彼らのブランドの新しい767飛行機でメートル法を使用し始めた。

  • Besides the 7 67 in the Air Canada fleet were still using imperial units, and this caused a bit of confusion on the part of the refueling team who were instructed toe load up the plane with 22,300 kg of fuel.

    また、エアカナダの767型機はまだ帝国単位を使用していたため、22,300kgの燃料を飛行機に積み込むように指示された給油チームの側には少しの混乱が生じました。

  • Unfortunately, they filled up the plane with £22,300 of fuel instead, which was only about half of the fuel that they needed to reach Edmonton.

    残念なことに、彼らは飛行機の代わりに22,300ポンドの燃料を充填したが、それはエドモントンに到達するために必要な燃料の約半分に過ぎなかった。

  • The flight crew approved the fuel without noticing the air took off and didn't even think about it until they were 41,000 ft high up in the air and an alarm went off, signaling that they're left.

    乗務員は空気が離陸したことに気づかずに燃料を承認し、上空41,000フィートの高さまで何も考えずに、警報が鳴り、残されたことを合図にしていた。

  • Engine had quit working.

    エンジンが動かなくなってしまった。

  • They were only about halfway through their trip to Edmonton, and with only one engine working, they decided to divert to nearby Winnipeg for an emergency landing.

    彼らはエドモントンへの旅の半分ほどしか進んでおらず、エンジンが1基しか動かないため、緊急着陸のために近くのウィニペグに迂回することにしました。

  • Unfortunately for them, though, quickly after the left engine went out, the right engine followed suit and died as well.

    しかし、彼らにとっては不幸なことに、左エンジンが停止した後すぐに、右エンジンもそれに追随して死亡した。

  • This was, of course, because their plane had run out of fuel 41,000 ft high up in the sky.

    これはもちろん、彼らの飛行機が空高く41,000フィートの燃料を使い果たしていたからだ。

  • And with the loss of power to the engines came a loss in electricity for the entire plane, which shut off most of the instrument panels inside of the pilot's cockpit.

    そして、エンジンへの電力供給が途絶えたことで、機体全体の電力が失われ、パイロットの操縦室内の計器盤のほとんどが停止しました。

  • Captain Pearson and First Officer Contol.

    ピアソン大尉とコントル副官

  • We're now responsible for somehow getting all 61 of their passengers and crew on board to safety without any fuel and with only very basic instruments, and they knew that they didn't have much time.

    私たちは今、どうにかして61人の乗客と乗務員全員を燃料なしで、ごく基本的な計器だけで安全に乗せる責任があり、彼らは時間がないことを知っていました。

  • The first thing they did was to frantically searched through their on board emergency checklist for the section about flying a plane with both engines out.

    彼らが最初にしたことは、両エンジンが出ている飛行機を飛ばすことについてのセクションを、必死になって機内の緊急チェックリストを検索したことでした。

  • But they quickly discovered that that section just didn't exist.

    しかし、彼らはすぐにそのセクションが存在しないことを発見しました。

  • This situation had never been covered before in their flight simulator training and Air Canada.

    この状況は、彼らのフライトシミュレータの訓練とエアカナダでは、これまでカバーされたことがありませんでした。

  • Corporate had just assumed that an incident like this would never happen, so nobody was really prepared for it.

    コーポレートは、このような事件は絶対に起こらないと思い込んでいたので、誰もが本当にそれに備えていませんでした。

  • Luckily for everybody on board, Captain Pearson also just happened to be an experienced glider pilot and decided to do the Onley logical thing.

    幸いにもピアソン機長は経験豊富なグライダーパイロットであり、オンリーの論理的な行動をとることにしました。

  • Glide the plane down to a super serious emergency landing somewhere.

    どこかに超深刻な不時着をするために飛行機を滑らせる。

  • Unfortunately for everybody on board, neither of the pilots had access to a vertical speed indicator, which indicates the rate at which the aircraft is descending.

    残念なことに、パイロットのどちらも垂直速度計にアクセスすることができませんでした。

  • This meant that the pilots didn't know with certainty how long they could continue gliding for before the plane inevitably smashed into the ground.

    つまり、パイロットは、飛行機が必然的に地面に衝突する前に、どのくらいの時間滑空を続けることができるかを確信を持って知ることができなかったのです。

  • Captain Pearson made his best guess as to what the optimal gliding speed for the plane waas around 250 MPH.

    ピアソン機長は、飛行機の最適な滑空速度が250MPH前後であることを最善の推測をした。

  • At first, Officer contol began frantically calculating if they could still reach their intended emergency landing spot at Winnipeg, using the mechanical backup instruments on board to figure out their altitude and measuring that against the distance traveled that they were traveling, provided by air traffic control and he figured out that they had dropped 5000 ft in altitude in Onley 10 nautical miles of gliding, which meant that Winnipeg was too far away.

    最初は、コントル巡査がウィニペグへの緊急着陸地点にまだ到達できるかどうかを必死に計算し始め、機内の機械的なバックアップ機器を使って高度を計算し、航空管制から提供された移動距離と比較してそれを測定しました。

  • Thinking quickly, Comptel suggested that they land at an old, decommissioned Royal Canadian Air Force base at Gimli, where he used to serve as a pilot.

    咄嗟に考えたコンプテルは、彼がパイロットを務めていたギムリの古い退役したカナダ空軍基地への着陸を提案した。

  • Captain Pearson and air traffic control all agreed on the plan, but unknown toe, all of them the former Air Force base had since been converted into a race track, and at the time of their crisis, a race was in the middle of being hosted there.

    キャプテン・ピアソンと航空管制官は、計画に同意したが、知らないつま先、それらのすべては、旧空軍基地は、以来、レーストラックに変換されていた、彼らの危機の時点で、レースはそこにホストされている途中であった。

  • And part of the decommissioned runway was being used as a drag strip as they were getting close to the old runway that's now a drag strip.

    そして、廃止された滑走路の一部がドラッグストリップとして使われていたのは、今はドラッグストリップになっている旧滑走路に近づいていたからです。

  • They used a gravity dropped to force the landing gear down without using any power.

    重力落下を利用して、力を使わずに着地装置を強制的に降ろしていました。

  • It became apparent that they were coming in too high and too fast, but they decided that they had no other choice, and they surged ahead anyway.

    あまりにも高くて速すぎて入ってくることが明らかになったが、他に選択肢がないと判断し、とにかく突進していった。

  • There were a few things that made their landing extremely difficult, though first, without any engines working, their plane was making almost no noise.

    着陸を非常に困難にしたのはいくつかあったが、第一に、エンジンが働かず、飛行機はほとんど音を立てていなかった。

  • And so people on the ground at the racetrack had no warning of their sudden landing.

    そのため、競馬場の地面にいた人たちは、突然の着地に何の前触れもなかったのです。

  • Second, their nose wheel had failed to lock into place during the gravity drop.

    第二に、重力落下中にノーズホイールが所定の位置に固定されなかったことです。

  • And third, the plane had automatically deployed a wind turbine on the side of the plane to provide power for the hydraulic steering system.

    そして、第3に、油圧操舵システムに電力を供給するために、機体の側面に風車を自動的に展開していた。

  • Since the main engines were dead as long as wind was blowing and causing the turbine blades to spin, they had good ability to steer.

    風が吹いてタービンの羽根を回転させている間は主機関が死んでいたので、舵取り能力は良かった。

  • But as they slowed down on their approach, the blades on the turbine span slower, which generated less power, which caused the plane to be increasingly more difficult to steer and control.

    しかし、彼らは彼らのアプローチで減速したように、タービンのスパン上のブレードが遅くなり、より少ない電力を生成し、それは飛行機がますます操縦し、制御することが困難になる原因となった。

  • The slower that they went, but to almost miraculous other things happened that saved them from disaster.

    彼らが行ったことをゆっくりと、しかし、ほとんど奇跡的な他のことが起こって、災害からそれらを救った。

  • First was the nose wheel actually failing toe lock into position As soon as the wheels of the plane touched down on the runway, Captain Pearson braked really hard and the nose wheel collapsed and was forced back up into its well.

    まず、機首の車輪が実際にトーロックに失敗していたのです。

  • That caused the nose of the aircraft to smash into the ground, bounced back up and then finally scrape across the ground.

    そのせいで機体の機首が地面に激突し、跳ね返され、最後には地面を擦り切ってしまった。

  • He added friction of this help to slow the airplane down even Mawr and kept it from veering off into the crowd surrounding the plane on either side.

    彼は飛行機を減速させるためにこのヘルプの摩擦を追加してもMawrを、それはどちらかの側に飛行機を取り巻く群衆にベーリングオフからそれを維持した。

  • Pearson also applied an extra right break, which caused the main landing gear to straddle a guard rail that had been placed in the center of the runway, which created even Mawr Extra drag.

    ピアソンはまた、右の余分なブレークを適用したため、メインランディングギアが滑走路中央に配置されていたガードレールにまたがってしまい、モーアエクストラドラグまで発生してしまった。

  • Finally, Air Canada flight 143 safely came to a complete stop on the ground 17 minutes after they first lost their fuel and had their engines shut down.

    最終的にエアカナダ143便は、燃料を失ってエンジンを停止させてから17分後、無事に地上で完全に停止しました。

  • Nobody on board the plane or on the ground was seriously injured and following an internal investigation by Air Canada captain Pearson was demoted for six months and First Officer Comptel was suspended for two weeks for allowing the whole thing to happen in the first place.

    飛行機の中でも地上でも誰も重傷を負っておらず、エアカナダの内部調査の結果、ピアソン機長は6ヶ月間降格し、コンプテル副官は最初の場所での出来事を許したとして2週間の停職処分を受けました。

  • However, they did successfully appealed their suspensions and they rewarded the first ever diploma for outstanding airmanship by the F A I.

    しかし、彼らは停職処分を不服として上訴することに成功し、F.A.I.からは史上初の優秀なエアマンシップに授与されるディプロマを授与されました。

  • Because of the incident.

    事件のせいで

  • They both continue toe work his pilots for the rest of their careers without another major incident taking place, and the 7 67 plane itself continued in service for Air Canada until it was finally retired in 2008.

    二人とも、大きな事件が起こることなく、残りのキャリアのためにパイロットの仕事を続け、767型機は2008年についに引退するまでエア・カナダのために活躍し続けました。

  • Almost 25 years later, the lesson from the whole story is, is that bad math can kill you, but good math afterwards can still save you.

    ほぼ25年後、全体の物語からの教訓は、悪い数学はあなたを殺すことができますが、その後の良い数学はまだあなたを救うことができるということです。

  • Basically, if everybody just knew how to use conversions and math properly beforehand, this entire thing would never have happened in the first place.

    基本的に、誰もが変換と数学の正しい使い方を事前に知っていれば、そもそもこのようなことは起こらなかったでしょう。

  • Unfortunately for them, the Internet and brilliant didn't exist back then to teach them these skills.

    彼らにとって残念なことに、これらのスキルを教えるためのインターネットやブリリアントは当時は存在していませんでした。

  • But luckily for you today, brilliant makes learning math easy and fun.

    しかし、幸運にもあなたのために今日は、鮮やかな数学を簡単かつ楽しく学ぶことができます。

  • If you want to understand more about things like algebra, geometry or calculus that were important in this scenario, the best way to learn and understand is by applying them yourself.

    このシナリオで重要だった代数や幾何学、微積分のようなものをもっと理解したいのであれば、自分で応用するのが一番の勉強法であり、理解するための方法だと思います。

  • And that's exactly what brilliant allows you to do.

    そしてそれはまさにブリリアントが可能にしていることです。

  • If watching my weekly videos isn't enough for you, and you want to learn something new every day, brilliant offers daily problems now that provides a quick view into math, logic, science, engineering or computer science.

    毎週のビデオを見ているだけでは十分ではなく、毎日何か新しいことを学びたいと思っているのであれば、今すぐ数学、論理学、科学、工学、コンピュータサイエンスのクイックビューを提供する毎日の問題を提供しています。

  • You can learn to track time like the ancients did.

    古代人がしたように時間を追うことができるようになります。

  • Learn how to use a solar sail to travel in space without any feel or loads of other things.

    ソーラーセイルを使って宇宙を旅する方法を紹介しています。

  • Each problem provides you with the context and the framework that you need to tackle it so that you learn the concepts by applying them And if you like the problem, there is more like it in the quiz on the left so that you can explore the concept and even greater detail.

    各問題は、あなたがそれらを適用して概念を学ぶように、あなたがそれに取り組むために必要なコンテキストとフレームワークを提供しています。

  • And if you ever get confused and you need more guidance, you could join in on the community discussion.

    そして、あなたが混乱して、より多くの指導が必要な場合は、コミュニティの議論に参加することができます。

  • Every thought provoking challenge will lead you from curiosity to mastery one day at a time.

    すべての思考を刺激する挑戦は、好奇心から一日一日をマスターするためにあなたを導くでしょう。

  • So if you're curious about learning mawr and you want to support real life floor at the same time, go over to brilliant dot org's slash real life floor and sign up for free.

    だから、もしあなたがmawrを学ぶことに興味があって、同時にリアルライフフロアをサポートしたいと思っているなら、brilliant dot orgのslash real life floorに行って、無料でサインアップしてください。

  • And then the 1st 200 people that use the link in the description will get 20% off of their annual subscription to view all the daily problems that air in the archive.

    そして、説明にあるリンクを使用している最初の200人は、アーカイブで放送されているすべての日常的な問題を表示するために、年間購読料の20%オフになります。

This video is made possible by Brilliant, a problem solving website that teaches you how to think like a scientist.

この動画は、科学者のような考え方を教えてくれる問題解決サイト「Brilliant」によって実現したものです。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 飛行 エンジン 燃料 パイロット 数学 電力

飛行機が41,000フィートで燃料を使い果たした。次に何が起きたかというと (An Airplane Ran Out of Fuel at 41,000 Feet. Here's What Happened Next)

  • 3 1
    林宜悉 に公開 2020 年 12 月 15 日
動画の中の単語