Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • We have all kinds of illusions that are set up for us in childhood.

    私たちには、子どもの時に作られた、様々な幻想があります。

  • Like Santa, he makes no sense.

    サンタのように…理にかないませんよね。

  • We tell children that, once a year, a fat old man breaks into our home, eats our snacks and leaves us gifts.

    私たちは子どもたちに言います―年に一度、太ったおじいさんが家に侵入してきて、おやつを食べて、プレゼントを置いていってくれると。

  • And that we should be excited about that.

    それを楽しみにするべきだ、と。

  • We should be so excited, we can't sleep.

    すごくワクワクして、眠れないと。

  • We should be so excited, we should plan our behavior for an entire year around this burglar who travels with forest rats.

    すごくワクワクするから、この森のネズミたちと旅をする泥棒に遭わせて、1年中の行動を計画しないといけないんだと。

  • I can't imagine trying to sell this concept to an adult.

    この概念を大人に分からせるなんて、想像できません。

  • - I don't even have a chimney. - You don't need one. He'll, like, find a way to get in there.

    煙突もないのに。いらないわ。サンタは、中にい入る方法を見つけるから。

  • - I don't know. My alarm system is pretty advanced. - You don't want to set it, though, because he's gonna bring you a gift.

    どうかしら。うちの警報システムは、かなり高度よ。警報はセットしない方が良いわね。プレゼントを持ってきてくれるんだから。

  • - Like, what kind of gift?

    どんなプレゼント?

  • - You write a letter, you send it to the North Pole. - He lives in the North Pole! Why, it's so cold?

    手紙を書いて、北極に送るの。北極に住んでるの!なんで?すごく寒いのに。

  • - And if you're nice, then he gives it to you. - Oh, are the men told to be nice? What constitutes as nice?

    良い子にしてれば、プレゼントをくれるわ。良い子にしてろって言われるの?良い子って、どういうこと?

  • - Well, listening to authority figures.

    権威のある人の言うことを聞くってこと。

  • - Like, blindly? Without question?

    盲目的に?疑問を抱かずに?

  • - Well, yeah. - That sounds fascist.

    そうよ。ファシストみたいね。

  • - No, it's not fascist. - And I think it also sounds like a stalking situation.

    ファシストじゃないわ。それに、ストーカーみたいな感じにも聞こえるし。

  • I mean, why would I let some guy watch me all year round and bring me a gift?

    何で、1年中、ある男に私を見張らせて、プレゼントを持って来てもらうの?

  • I have a job, I could just buy myself one.

    私には仕事があるし、自分でプレゼントを買うわ。

  • Why would I let some strange man break into my house and leave me a mini fridge for my beauty products, when I can just get it delivered?

    知らない男に家に侵入させて、美容製品用のミニ冷蔵庫を置いていってもらうなんで、どうしてする?自分で、配達してもらえば済むのに。

  • - You also leave out cookies and stuff for him to eat.

    彼に食べてもらうように、クッキーなんかも置いておくのよ。

  • But I think the most harming belief that we perpetuate in childhood is, drum roll kids, romantic relationships.

    でも、子どもの時に永久的に抱いてしまう、一番害のある考えは…子どもたち、ドラムロールよ…恋愛関係だと思います。

  • We spoon-feed fantasies about what they're supposed to look like, feel like, what they mean, how they're supposed to complete us in every single way.

    恋愛がどのようなものか、どんな感情になるのか、どんな意味を持つのか、私たちをどのように完全な状態にするものか、あらゆる形で、空想を手取り足取り教えます。

  • Movies, books, music. They all advocate this highly romanticized idea of love without any mention of compromise, communication, rupture and repair, feeling bored sometimes, how it's natural to be attracted to other people.

    映画、本、音楽。全て、すごく理想化した愛を推進して、妥協、コミュニケーション、決裂、修復や、時に退屈になること、他の人に魅力を感じても普通だということを伝えません。

  • The ebb and flow of a relationship as you're both growing.

    2人が成長していく中で、恋愛関係における満ち引きがあることも伝えません。

  • Not to mention nontraditional relationship dynamics like polyamory and queer relationships.

    ポリアモリーやクィアといった、非伝統的な関係については、言わずもがなです。

  • And lately, I have started to wonder, does this same shattering of illusions applied to friendships?

    最近では、こうも考え始めました―これと同じ、ショッキングな幻想が、友情にも当てはまるのでしょうか?

  • We're told friends are forever, friends are chosen family, friends stick by you through thick and thin.

    友達は永遠のもの、友達は選ばれたもの、良いときも悪いときも、友達はそばにいてくれる、と言われます。

  • Even one of our misunderstood sayings, "Blood is thicker than water," actually means, "Blood of the covenant" is thicker than "the water of the womb," insinuating that some friendships are stronger than familial ones.

    誤解されていることわざ、"Blood is thicker than water"(血は水よりも濃い)は、実は「盟約した血」は「子宮の水」よりも濃い、つまり、友情の中には家族の絆よりも強いものある、ということをほのめかしています。

  • And I used to think that something was wrong with me when it came to friends.

    友達に関しては、自分に何か問題があるんだと思っていました。

  • You know, I grew up as a military brat and move every few years.

    軍隊の子どもとして育ったので数年ごとに引っ越しました。

  • So I got really good at making friends quickly.

    だから、すぐに友達を作るのが上手かったんです。

  • But I've been in LA for, like, a decade now, and keeping friends is just a whole other sports ball game.

    でも、今はロサンゼルスに10年ほどいますが、友達を維持するのは、全く別のことみたいです。

  • You know, I've had best friends that last maybe two to three years and then you either drift apart, or you have a falling out.

    2, 3年続く親友がいて、疎遠になるか、仲違いしてしまうかなんです。

  • Or because it's LA, they threatened to sue you, and you have to lawyer up and prove they have no legal basis to claim ownership over an intellectual property of yours, or a photo of you or some other idiocy because people here are full of delusions of grandeur with no work ethic to match it.

    ロサンゼルスだから、人に「訴えてやる」と脅迫されて、弁護士を雇って、相手にはあなたの知的財産や、写真や、他の馬鹿げたものを所有する法的根拠などない、ということを証明しないといけない。ここの人たちは、幻想だけは立派で、それに見合った労働倫理を持っていないからです。

  • Like, dude, we all read "The Little Red Hen."

    「赤いめんどり」の本、読んだことがあるでしょう。

  • If you don't do any of the baking or contribute any ingredients, you don't get to eat the cake.

    焼かなければ、材料を提供しなければ、ケーキは食べられないのです。

  • I made the cake. I 'm gonna eat the cake that I made.

    私がケーキを作ったんだから、作ったケーキは私が食べる。

  • I'd give you a piece if you bothered helping me with the cake in any way, shape or form instead of turning me away when I asked you for baking soda.

    重曹を取ってって頼んだ時に断るんじゃなくて、どんな方法、形でも、ケーキ作りを手伝ってくれたのなら1切れあげるけれど。

  • This basic principle was taught to us when we were five, and it's one of the only childhood lessons that isn't an illusion to be broken.

    この基本的な原理は、私たちが5歳の時に教わったことです。子どもの時に教わったことで、壊れる幻想なんかじゃないものなんて、これくらいですよね。

  • Like really, Suzy, you don't believe in the simple message of the "The Little Red Hen," but you believe in the Tooth Fairy?

    ねえ、スージー。「赤いめんどり」のシンプルなメッセージは信じずに、歯の妖精は信じるの?

  • You think someone's gonna give you $5 to $20 for this useless chunk of calcium and minerals, and collagen that your body has just shed?

    役にも立たないカルシウムやミネラル、体から出されたコラーゲンの塊に、誰かが$5や$20を払うと思うの?

  • No wonder you've so much entitlement, Suzy.

    スージー、どおりで、あなたにはそんなにも権利があるのね。

  • You believe you deserve to be compensated for doing absolutely nothing other than existing.

    存在する以外に何もせず、それだけで補償を受けられると信じているのね。

  • And I've been thinking, is this normal?

    私は考えています。これは普通なんでしょうか?

  • You know, the cycle of friendships turning over every few years versus being actual "BFF Forevers".

    数年後とに友情のサイクルが変わるのと、本当の「一生親友」の違いって?

  • You know, am I just horrible at it?

    私が下手なだけなんでしょうか?

  • Or are friendships actually like romantic relationships where you meet someone, you spend several years getting to know them, and you simultaneously evaluate your compatibility and platonic companionship.

    それとも、友情は恋愛関係のようなもので、誰かに会って、数年かけて相手のことを知って、同時に相性やプラトニックな交際関係について、評価するのでしょうか?

  • I think best friends forever is a childhood lie.

    一生の親友なんて、子どもの時の嘘だと思います。

  • And all of this came about because, surprise, surprise, a friend breakup.

    これは全て、実は、友達との決裂があったからなんです。

  • And my therapist has kind of assured me that the process of friendships, of relationships of being a human being Interacting with other human beings is the process of figuring out what does and does not work for us.

    私のセラピストは、確信を持ってこう言っていました―友情や、別の人間との交流関係というのは、何が上手くいき、何が上手くいかないかを解明するプロセスなのだと。

  • It takes time to find our people.

    合う人を見つけるのには、時間がかかります。

  • And as we grow into adulthood, we realize our tribe is probably gonna be pretty small.

    大人になるにつれ、自分の仲間はすごく小さいものになるだろう、と気づきます。

  • Now she gave me three questions you can ask yourself when you're evaluating who is a real friend.

    私のセラピストによると、誰が本当の友達かを査定するうえで、自分に尋ねることのできる質問が3つあります。

  • I'm sorry to make you wait until the end of this video, but your girl's gotta improve her watch time, you know?

    ビデオの最後まで待たせて申し訳ないんですが、総再生時間を改善しなくちゃいけないですからね。

  • One, how does my body respond to this person?

    1. 相手に対して、体はどんな反応をするか?

  • Aside from regular social anxiety, do you feel excitement, love, safe, joy?

    いつもの社交不安はさておき、ワクワクしたり、愛情、安心感、喜びを感じますか?

  • Your central nervous system is gonna tell you so much more than your annoying brain can.

    いらいらするような脳よりも、中枢神経系の方が、ずっと多くのことを伝えてくれます。

  • Two, how much can you be your authentic self?

  • Do you have to filter yourself?

    自分にフィルターをかけないといけませんか?

  • Do you feel like you have to walk on eggshells?

    慎重に振る舞わないといけないような気がしますか?

  • Or do you feel free to showcase who you are at your core?

    それとも、真の自分を自由に見せられますか?

  • And three, if you ask this person for feedback, can they be respectfully and lovingly honest?

    3つ目です。その人にフィードバックを頼んだら、敬意と愛を持って、正直に答えてくれますか?

  • I think this is one of the most important aspects of friendships for me.

    私にとっては、友情において、これが一番重要な側面の1つだと思います。

  • You know, I want someone who can call me on my shit, but I also want them to do it in, like, a loving non-judgemental way 'cause I got a lot of stuff to call out.

    私の悪い部分について指摘してほしいけれど、それを愛を持って、偏見のない形でしてほしいんです。指摘されるべきことが、私にはたくさんあるので。

  • You know, I do want to improve. I want to know what I'm doing wrong 'cause sometimes when you're so caught up in your reality, you don't have any clarity on the situation.

    私はより良くなりたいです。自分がどんな間違ったことをしているのか、知りたいです。自分の現実に捕らわれていると、状況をはっきりと理解できないことがありますから。

  • And most importantly, I want to know when I've hurt someone's feelings so that I can adjust my behavior accordingly.

    そして一番重要なのが、誰かの気持ちを傷つけたのなら、それを知りたいです。自分の行動を変えていけるように。

  • I'm Anna Akana and thank you to the patrons who supported this video.

    私はアナ・アカナです。ビデオをご覧いただき、ありがとうございました。

  • And I'm very excited that I've teamed up with Audible for today's episode.

    今日のエピソードは、オーディブルと提携しているので、すごくワクワクしています。

  • You can visit audible.com/anna or text ANNA to 500-500. With a 30-day free trial, you can get one audiobook credit every month.

    audible.com/annaにアクセスするか、500-500にANNAとメッセージを送って、30日間の無料お試しと、毎月1冊のオーディオブックがもらえます。

  • Good for any title in the entire premium selection of bestsellers, new releases, regardless of price, to keep forever.

    ベストセラー、新発売など、プレミアムなセレクションの中から、値段にかかわらず、永久にあなたのものになります。

  • You also get full access to the Plus catalog and can listen to thousands of included titles.

    それから、プラス・カタログにもアクセスできて、何千ものタイトルを聞くことができます。

  • I just listened to "Text Me When You Get Home: The Evolution and Triumph of Modern Female Friendship" and, wow, I loved this audiobook.

    "Text Me When You Get Home:"The Evolution and Triumph of Modern Female Friendship"(帰ったらメールして―現代女性の友情の進化と勝利)を聞いたんですが、すごく良かったですね。

  • It covered so many interesting points of view when it came specifically to female friendships.

    女性の友情に特化して、たくさんの興味深い視点をカバーしていました。

  • The inherent competitiveness that can sometimes happen.

    内在する競争心が、時に顔を出してしまうこと。

  • The insecurity, the jealousy, the misguided feelings brought on by your internalized misogyny.

    内面的な女性蔑視の気持ちのせいで起きる、不安、嫉妬、見当違いの感情。

  • It was just an enlightening, amazing audiobook.

    啓発的な、素晴らしいオーディオブックでした。

  • You can listen to "Text Me When You Get Home" and more by going to audible.com/anna.

    この"Text Me When You Get Home" や他の本を、audible.com/annaで聞けますよ。

  • or text ANNA to 500-500, bye.

    もしくは、500-500にANNAとメッセージを送ってください。さようなら。

We have all kinds of illusions that are set up for us in childhood.

私たちには、子どもの時に作られた、様々な幻想があります。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 友情 anna 友達 audible 関係 ケーキ

本当の友情とは?「本当の友達」を見分ける3つの特徴

  • 6482 385
    林宜悉 に公開 2021 年 08 月 12 日
動画の中の単語