Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Transcriber: Ivana Korom Reviewer: Camille Martínez

    転記者:イヴァナ・コロム レビュアー。カミーユ・マルティネス

  • (Music: "La Vie en Rose")

    (音楽:「ラ・ヴィ・アン・ローズ」)

  • Cecily: Ah, well, I feel rather frightened.

    セシリー:あ、そうですか、なんだか怖いですね。

  • I'm so afraid he will look just like everyone else.

    みんなと同じような顔をしているのではないかと心配になります。

  • (Algernon sniffs)

    (アルジャーノンが鼻を鳴らす)

  • C: He does.

    C:彼はそうです。

  • Algernon: You are my little cousin Cecily, I'm sure.

    アルジャーノンあなたは私のいとこのセシリーですね。

  • C: You are under some grave mistake.

    C:あなたは何か重大な間違いを犯しています。

  • I'm not little.

    私はちっちゃくない

  • In fact, I do believe I'm actually more than usually tall for my age.

    実際、私は年齢の割には普通よりも背が高いと思っています。

  • But I am your cousin Cecily,

    でも、私はあなたのいとこのセシリーです。

  • and you, I see, are also here helping Jo Michael Rezes

    ジョー・マイケル・リーゼスを助けに来てくれたんですね。

  • with their TEDx talk.

    とTEDxのトークで語っています。

  • And you are my cousin Ernest, my wicked cousin Ernest.

    そして、あなたは私のいとこのアーネスト、私の邪悪ないとこのアーネスト。

  • A: Oh! Well, I'm not really wicked at all, cousin Cecily.

    A:おぉ!?まあ、いとこのセシリーさん、私は全然邪悪じゃないんだけどね。

  • You mustn't think that I am wicked.

    私が邪悪だと思ってはいけません。

  • C: Well, I hope you haven't been leading a double life,

    C:まあ、二重生活を送っていないことを祈るよ。

  • pretending to be good and being really wicked all the time.

    善人のふりをして、本当に悪いことばかりしている。

  • That would be hypocrisy.

    それは偽善だろう。

  • A: Well, of course, I have been rather reckless.

    A:まあ、もちろん、かなり無茶をしてきました。

  • C: I am glad to hear it.

    C:よかったですね。

  • A: But the world is good enough for me, cousin Cecily.

    A:でも、世界は私のために十分なんだよ、いとこのセシリー。

  • C: Yes, but are you good enough for it?

    C:そうなんだけど、それに見合うだけの実力はあるの?

  • A: I'm afraid I am not that.

    A:私はそうではないと思います。

  • That's why I want you to reform me.

    だからこそ、私を改革してほしい。

  • C: Well, I'm afraid I have no time this afternoon.

    C: そうですね、午後は時間がありません。

  • The TED talk and all.

    TEDの話とか

  • (Laughter)

    (笑)

  • A: Well, would you mind my reforming myself this afternoon?

    A: えーと、今日の午後に改心してもよろしいでしょうか?

  • C: Oh, that's rather quixotic of you,

    C: ああ、それはあなたの気まぐれなところですね。

  • but I think you should try.

    が、やってみるといいと思います。

  • A: Good. I feel better already.

    A: 良かったです。もう気分が良くなりました。

  • C: You're looking a little worse.

    C:ちょっと顔色が悪くなってきましたね。

  • A: Well, might I have that pink rose?

    A:えっと、そのピンクのバラをもらってもいいですか?

  • C: Why?

    C:なぜですか?

  • A: Because you are like a pink rose, cousin Cecily.

    A:あなたはピンクの薔薇のような存在だからね、いとこのセシリー。

  • C: Well, I don't think it could be right for you

    C:そうですね、あなたには合わないかもしれませんね。

  • to talk to me like that.

    そんな風に話しかけてくるなんて

  • A: You are the prettiest girl I ever saw.

    A: あなたは今まで見た中で一番可愛い子だわ。

  • C: But -- well, I -- I --

    C: でも...その、私は...

  • A: And, and ahem --

    A: そして、エヘン...

  • C: All good looks are a snare and --

    C: 見た目の良さはすべてスネアと--。

  • A: Well, it's a snare that every sensible man

    A: まあ、良識ある人なら誰でもやってしまう罠ですね。

  • would like to be caught in, and ...

    とらわれてみたい

  • Jo Michael Rezes: (Sighs)

    ジョー・マイケル・リーズ(ため息)

  • I'm so sorry, I um --

    申し訳ありません、私は...

  • I didn't finish rehearsing.

    リハーサルが終わらなかった。

  • Um, well it's not because I can't walk in heels,

    ヒールを履いて歩けないからじゃないの

  • I'm actually really good at that,

    実は得意なんです。

  • and I can prove it to you, too, but I really am sorry.

    と証明することもできますが、本当に申し訳ありませんでした。

  • Hold on.

    待ってくれ

  • Uh, um.

    えーと、えーと。

  • No matter.

    だろうな。

  • No matter.

    だろうな。

  • Right.

    そうだな

  • Right, introductions.

    そうですね、自己紹介ですね。

  • It's a TEDx talk. Right.

    TEDxの講演だそうなんだ

  • Hi, there! (Laughs) Um.

    こんにちは、そこの!笑)うーん。

  • My name is Jo Michael Rezes,

    私の名前はジョー・マイケル・リーズ。

  • and I'm a PhD student here in theater and performance studies.

    私はここで演劇とパフォーマンス研究の博士課程の学生です。

  • And I specialize in the study of queer identities

    私の専門はクィア・アイデンティティの研究です

  • as they maneuver and affect the perceptions of time

    彼らは時間の知覚に影響を与え、操作しながら

  • in the performance of camp.

    キャンプのパフォーマンスで

  • You know camp?

    キャンプって知ってる?

  • Sincerity in irony's clothing?

    アイロニーの衣をまとった真摯さ?

  • Making the kitsch feel like home?

    キッチュを自宅のように感じさせる?

  • No?

    駄目なのか?

  • The Met Gala theme from 2019

    2019年からのメットガラのテーマ

  • that was thoroughly misunderstood by over 95 percent of its attendees?

    95%以上の参加者に徹底的に誤解されていましたか?

  • (Laughter)

    (笑)

  • No? OK, anyway.

    駄目なの?わかったわ

  • I'm also an actor-director and theater educator at large

    俳優・演出家、演劇教育者としても大活躍しています

  • in the greater Boston area.

    より大きなボストン地域で。

  • Oh, and where are my manners?

    あ、それと私のマナーは?

  • The friends I brought with me today are Algernon and Cecily

    今日連れてきた友達は、アルジャーノンとセシリー。

  • from Oscar Wilde's famously well-known play,

    オスカー・ワイルドの有名な戯曲から

  • "The Importance of Being Earnest."

    "真面目であることの重要性"

  • And they'll be back, don't worry.

    彼らは戻ってくるから心配するな

  • I've only scared them off a bit.

    ちょっと怖がらせてしまっただけです。

  • And let's be honest,

    そして、素直になろう。

  • it wouldn't be a TEDx talk

    TEDxトークにはならない

  • without things wrapping up nicely at the end, would it?

    最後にきれいにまとまらなくてもいいんじゃないかな?

  • (Laughter)

    (笑)

  • You know, I hope that wasn't too awful, though.

    あんまり酷くなかったらいいんだけどね

  • It was awkward, I know, to watch me fail.

    私が失敗するのを見るのは 気まずかったわ

  • To fail at what, exactly, though?

    何のために失敗するんだ?

  • To play a man and a woman at the same time?

    男と女を同時に演じること?

  • I mean, to play a man and a woman when I'm actually neither?

    男と女の役を演じるってことか?

  • Why does it feel so awkward when we see someone fail at gender,

    ジェンダーで失敗した人を見ると、なんでこんなに気まずい思いをするんだろう。

  • and why do we care?

    なぜ気にするのか?

  • I mean, obviously, me screwing this up was done on purpose.

    明らかに私がこれを台無しにしたのは わざとやったことだが

  • Obviously, I had this all perfectly memorized

    明らかに私はこれを完璧に覚えていた

  • and rehearsed for today, right?

    と今日のためにリハーサルしたんですよね。

  • Right?

    だろ?

  • (Laughter)

    (笑)

  • Well, I'm here today to talk about gender performativity

    さて、今日はジェンダーパフォーマティヴの話をしに来ました。

  • and the ways in which I've used my acting classroom

    と、私の演技教室の活用法をご紹介しました。

  • as a space to disrupt the finality of gender performance,

    を、ジェンダー・パフォーマンスの有限性を破壊するための空間として。

  • to open up a looser space for thinking about gender identity

    性同一性について考えるために、よりゆるやかな空間を開くために

  • through supportive failure,

    支援的な失敗を経て

  • generous mistakes and honest communication.

    寛大なミスと誠実なコミュニケーション

  • We all, actors or otherwise,

    俳優であろうとなかろうと、私たちはみんな

  • can play with gender in our everyday lives.

    は、私たちの日常生活の中でジェンダーと戯れることができます。

  • And I call this "gender rehearsativity."

    私はこれを "ジェンダー・リハーサティヴ "と呼んでいます

  • Now, before all of the queer theorists and women's studies degree holders

    さて、クィア理論家や女性学の学位を持っている人たちの前に

  • and Judith Butler fanatics in the audience

    とジュディス・バトラー狂信者を客席に

  • start to tear the half-and-half, hyperbinary costume off of my body,

    ハーフ&ハーフのハイパーバイナリーコスチュームを引き剥がし始める。

  • let me first explain where popular culture

    まず、大衆文化がどこにあるのかを説明します。

  • has already begun to misunderstand gender performativity,

    はすでにジェンダーのパフォーマティヴィティを誤解し始めている。

  • before I move into the rehearsativity I hold so dear.

    私が大切にしているリハーサルに移る前に

  • Now, as an educator

    現在、教育者として

  • and as a youngish 20-something-year-old trans person,

    と、若々しい20代のトランスの人として。

  • I'm constantly hearing from my 20-something-year-old students,

    20代の学生さんの声が絶えません。

  • friends and colleagues

    朋友

  • that gender is "over" --

    ジェンダーが「終わった」ということ--。

  • that gender is so fluid and carefree

    悠々自適

  • and that society, film and television are so inclusive of transgender people,

    そして、社会、映画、テレビがトランスジェンダーの人たちをとても包括的に受け入れていること。

  • that it's basically over.

    基本的には終わっていると

  • Now, I don't ascribe to the binary, as a nonbinary person myself.

    私も非バイナリーの人間として バイナリーを主張していません

  • But gender definitely isn't over.

    しかし、ジェンダーは間違いなく終わっていない。

  • Or, at least I don't think it is.

    というか、少なくとも私はそうは思いません。

  • And maybe, just maybe, gender is always beginning.

    そして、もしかしたら、もしかしたら、ジェンダーは常に始まっているのかもしれません。

  • This last semester,

    この前の学期。

  • at roughly 10:23am,

    午前10時23分頃

  • two of my acting students,

    私の演技の生徒の二人。

  • while embodying delicious caricatures of fraternity brothers --

    友愛兄弟のおいしい風刺画を体現しながら--。

  • forgive me, I don't remember his or his name --

    許してくれ 名前も彼の名前も覚えていない

  • well, they rounded up the class,

    まあ、クラスを切り上げてくれました。

  • and these two women in snapbacks and baggy clothing

    と、スナップバックとバギーの服を着た二人の女性が

  • slacked their mouths to reveal lax jaws and lax bro mentalities.

    口を緩めて、ゆるいアゴとゆるいブロウのメンタリティを露わにした。

  • And, astounding as it was to watch,

    そして、見ていて驚くべきことに

  • these women fluctuated between irony and satire,

    彼女たちは皮肉と風刺の間で揺れ動いていた。

  • the uncanny and the ruthlessly so, pain and joy, until ultimately

    不気味なことも、冷酷なことも、痛みも喜びも、最終的には

  • they failed to be the men they were choosing to embody.

    彼らは体現するために選んだ男であることに失敗した。

  • They simply stopped talking.

    彼らは単に話をしなくなっただけです。

  • Silence.

    沈黙。

  • A lull hit the class,

    小康状態がクラスを襲う。

  • and time seemed to be sucked clean out of the room.

    と時間がきれいに吸い取られていくようでした。

  • And in this moment of loud stillness,

    そして、この大きな静寂の中で

  • one of the women,

    女性の一人。

  • still using her frat bro voice though fully out of character,

    相変わらずの声の使い方だが、完全に性格が悪い

  • said, nearly in a whisper,

    と、ほぼ小声で言った。

  • (In frat bro voice) "Gender is a social construct."

    "ジェンダーは社会の構成要素だ"

  • (Laughter)

    (笑)

  • I'll admit: I laughed along with my students that morning,

    認めよう:あの朝は生徒と一緒に笑った。

  • partially at the comedic timing that my student had in her delivery

    私の生徒さんのお笑いのタイミングもあって

  • but also at the fact that society has turned gender performativity

    社会がジェンダーのパフォーマティヴ性を変えてしまったことにも注目。

  • into gender as social construct.

    社会構成としてのジェンダーに

  • Now, listen to this:

    さて、これを聞いてください。

  • I think that this idea has come from renowned queer studies scholar

    この考えは、クィア研究の著名な学者から出てきたものだと思います。

  • Judith Butler,

    ジュディス・バトラー

  • whose seminal work in the performativity of gender

    ジェンダーのパフォーマティヴ性をテーマにした作品を発表している

  • has gone on to be a staple

    定番となっている

  • in undergraduate classrooms at liberal arts institutions.

    リベラルアーツ教育機関の学部の教室で

  • Now, this SparkNotes version of Butler's work

    さて、このSparkNotes版バトラーの作品は

  • is found in the idea that gender exists in repeated words and actions.

    は、繰り返される言動の中にジェンダーが存在するという考え方に見出されます。

  • And these performatives create and are created

    そして、これらのパフォーマティブが創造され

  • by the bodies of real human beings.

    本物の人間の身体によって

  • Now, listen to this:

    さて、これを聞いてください。

  • "Moreover, in a 1988 essay,

    "さらに、1988年のエッセイでは

  • Butler claims that gender is an act which has been rehearsed.

    バトラーは、ジェンダーはリハーサルされた行為であると主張する。

  • In this way,

    このようにして

  • gender through repetition becomes a recognizable script,

    繰り返しによるジェンダーが認識可能なスクリプトになる。

  • which requires actors to reproduce it."

    それを再現するために役者を必要とする"

  • Huh.

    はぁ。

  • Much like my attempt at "The Importance of Being Earnest."

    "真面目であることの重要性 "の 私の試みに似ている

  • Ooh, I mean -- look at my costume.

    私の衣装を見てください

  • (In a deep voice) Why does this half make me feel manly, masculine, suave,

    深い声で)なぜこの半分は、私は男らしい、男らしい、勇敢に感じるようになります。

  • (In a high voice) and this half makes me feel girly, fabulous and feminine?

    高い声で)とこの半分は、私は女の子らしい、素晴らしいと女性的な感じになりますか?

  • I mean, some of us even forget that gender is there,

    ジェンダーがあることすら忘れている人もいますしね。

  • because it is so well-rehearsed into our bodies.

    なぜなら、それが私たちの体によく染み込んでいるからです。

  • But there's always an ideal of gender that we can never quite achieve.

    でも、決して実現できないジェンダーの理想が必ずあるんです。

  • But it's up to us to play with it.

    でも、それで遊ぶかどうかは私たち次第。

  • Now, I've played with gender throughout my own career as an actor,

    今、私は俳優としてのキャリアを通して、ジェンダーと戯れてきました。

  • and in one semester as an undergraduate student,

    と学部生としての1セメスターで。

  • I was cast in two roles simultaneously:

    二役同時にキャスティングされました。

  • Brad Majors in "The Rocky Horror Show,"

    ロッキー・ホラー・ショー」に出演したブラッド・メイジャー

  • and Charlotte Ivanovna in "The Cherry Orchard."

    "桜の園 "のシャルロット・イヴァノフナと

  • One man, one woman and one me.

    一人の男と一人の女と一人の俺。

  • I would go from one rehearsal,

    1回のリハーサルから行くことになります。

  • playing the manly, aggressive Brad,

    男らしくて攻撃的なブラッドを演じて

  • only to be pulled, moments later, into a wig

    ヅラの中に引っ張られる

  • and delicately blended eyeliner as Charlotte, a German governess.

    ドイツの家庭教師シャルロット役で、繊細にブレンドされたアイライナーを使用しています。

  • The constant push and pull of these identities

    これらのアイデンティティの絶え間ないプッシュとプル

  • was not only invaluable to my work as an actor,

    俳優としての仕事をする上で貴重なものであるだけでなく、私にとっても貴重なものでした。

  • attempting to span the spectrum of gender in my work,

    私の作品の中でジェンダーのスペクトルにまたがる試みをしています。

  • but it also revealed to me

    が、それは私にも明らかにしてくれました

  • that my own queer identities

    私自身のクィアなアイデンティティが

  • are deeply indebted to embodying the extremes of gender.

    は、ジェンダーの両極端を体現していることに深く感謝しています。

  • These characters held important facets of my identities,

    これらのキャラクターは、私のアイデンティティの重要な側面を持っていました。

  • of my body,

    私の体の

  • my daily pain,

    私の日々の痛み。

  • of my social interactions, of my memories,

    私の社会的な交流や記憶の

  • and rehearsing these characters allowed me to explore those identities,

    そして、これらのキャラクターをリハーサルすることで、私はこれらのアイデンティティを探求することができました。

  • which has opened up my need as an acting teacher

    演技の先生としての必要性が開けてきました。

  • to show the importance of playing with gender in rehearsal.

    リハーサルでジェンダーと戯れることの重要性を示すために。

  • So when I present to you all

    だから、私が皆さんに紹介するときは

  • (In a high voice) Cecily

    (高い声で) セシリー

  • and (In a deep voice) Algernon,

    と(深い声で)アルジャーノン。

  • there are these parts of these two characters that I respect,

    この二人のキャラのこういうところが尊敬するところです。

  • understand implicitly,

    を暗黙のうちに理解する。

  • oppressions I can relate to, fears I can embody,

    私が共感できる抑圧、私が体現できる恐怖。

  • aggressive tendencies that I try to forget.

    忘れようとする攻撃的な傾向

  • But there are also plenty of characteristics

    しかし、それだけではなく、たくさんの特徴があります。

  • with which I have no personal experience,

    個人的に経験のない

  • nothing I can draw from.

    描けるものは何もない

  • And sometimes in a flurry of rehearsal,

    そして、ときどきバタバタとリハーサル。

  • of reading a script,

    台本を読むことの

  • of creating a character,

    キャラクターを作ることの

  • well ... we make a mistake.

    そうか......間違いを犯してしまったか

  • Algernon's aggressive flirtation towards Cecily

    アルジャーノンのセシリーへの強引なイチャつき

  • doesn't sit well in my body,

    私の体には合わない

  • or Cecily's calm demeanor as written by Oscar Wilde,

    あるいは、オスカー・ワイルドが書いたようなセシリーの冷静な態度。

  • just doesn't sit right,

    違和感がある

  • and I literally trip up.

    文字通りトリップしてしまった

  • Now, this TEDx talk is a performance

    さて、このTEDxトークはパフォーマンス

  • in front of so many people.

    多くの人の前で

  • And it differs quite drastically from my classrooms in that regard.

    その点では、私の教室とは大きく異なります。

  • But there is such a recognizable pressure in our daily lives

    しかし、日常生活の中にはこのような認識のプレッシャーがあります。

  • to perform our gender,

    私たちの性別を演じるために

  • our selves,

    私たち自身のことです。

  • on a stage like this.

    このようなステージで

  • Quite frankly,

    率直に言って

  • failure to pass as a man or a woman effectively

    おんなごっこ

  • is still dangerous for transgender and gender nonconforming people.

    はやはりトランスジェンダーやジェンダー不適合者にとっては危険です。

  • And listen to this:

    そして、これを聞いてください。

  • according to the 2015 US Transgender Survey,

    2015年の米国トランスジェンダー調査によると

  • nearly half of respondents voiced

    半数近くの回答者が

  • that they had been verbally harassed in the past year

    この一年の間に言葉による嫌がらせを受けたことがあるという。

  • because of their gender identity or expression.

    性同一性や表現のために

  • And that number is shown only to increase in communities of color.

    そして、その数字は色のコミュニティでのみ増加していることが示されています。

  • Many of us now claim to view gender on a spectrum -- and that's great --

    私たちの多くは今、スペクトル上の性別を表示するために主張している - そしてそれは素晴らしいことだ - 。

  • including 60 percent of Generation Z individuals

    Z世代の60%を含む

  • who reported to the Pew Research Center in 2019

    2019年にピュー研究センターに報告した方

  • that they believe forms with boxes for "male" or "female"

    男か女かの欄があるフォームを信じているということ

  • should include more gender options.

    は、より多くの性別の選択肢を含めるべきである。

  • But in spite of this,

    しかし、それにもかかわらず

  • there is still latent fear of making gender mistakes

    雌雄を決する

  • in offices, in classrooms,

    オフィスや教室で

  • in the eyes of the government,

    政府の目には

  • in romantic situations,

    恋愛の場面では

  • and for some of us,

    そして何人かの人にとっては

  • even in the mirror when we wake up in the morning.

    朝起きた時に鏡に映っていても

  • But our gender mistakes have the potential for something good.

    しかし、私たちの性別の間違いは、何か良いことが起こる可能性を秘めています。

  • Even in the binary,

    バイナリーでも

  • approaching life on the stage as a man or a woman,

    男として、女として、舞台での生活に迫る

  • we can support each other in experimentation,

    お互いに実験をサポートし合える

  • trips and stumbles,

    つまづいたり、つまずいたり。

  • two-hour-long meditations on

    にじかん