Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • This is Goliath, the krill.

    こちらはゴライアス、オキアミです。

  • Don't get too attached.

    あまり執着しないようにしましょう。

  • Today this 1 centimeter crustacean

    今日はこの1センチの甲殻類

  • will share the same fate as 40 million of his closest friends:

    彼の親しい友人の4000万人と同じ運命をたどることになるだろう。

  • a life sentence in the belly of the largest blue whale in the world.

    世界最大のシロナガスクジラのお腹の中で終身刑。

  • Let's call her Leviatha.

    彼女をレヴィアータと呼ぼう

  • Leviatha weighs something like 150 metric tons,

    レヴィアータの重さは150メートルトンくらいかな?

  • and she's the largest animal in the world.

    そして彼女は世界最大の動物です。

  • But she's not even close to being the largest organism by weight,

    しかし、彼女は体重では最大の生物にも程がある。

  • which is estimated to equal about 40 Leviatha's.

    これはレヴィアータの約40個分に相当すると推定されます。

  • So where is this behemoth?

    で、このベヒーモスはどこにいるの?

  • Here, in Utah.

    ここ ユタ州で

  • Sorry, that's too close.

    ごめん、近すぎた。

  • Here.

    これを

  • This is Pando, whose name means “I spread out.”

    これは "私が広げた "という意味のパンドーです。

  • Pando, a quaking aspen, has roughly 47,000 genetically identical clone trunks.

    震えるアスペンのパンドは、約47,000の遺伝的に同一のクローン幹を持っています。

  • Those all grow from one enormous root system,

    それらはすべて1つの巨大な根系から成長します。

  • which is why scientists consider Pando a single organism.

    科学者がパンドを単一の生物と考える理由です。

  • Pando is the clear winner of world's largest organism by weight

    パンドーは、世界最大の重量を持つ生物の明確な勝者です。

  • an incredible 6 million kilograms.

    驚異の600万キロ。

  • So how did Pando get to be so huge?

    で、なんでパンドーはここまで巨大化したの?

  • Pando is not an unusual aspen from a genetic standpoint.

    パンドは遺伝子的には珍しいアスペンではありません。

  • Rather, Pando's size boils down to three main factors:

    というよりも、パンドーの大きさは大きく分けて3つの要素に集約されます。

  • its age, its location, and aspens' remarkable evolutionary adaptation

    その年齢、その場所、そしてアスペンの驚くべき進化適応

  • of self-cloning.

    自己クローニングの

  • So first, Pando is incredibly expansive because it's incredibly old.

    だからまず、パンドゥは信じられないほど古いから、信じられないほど拡張性があるんだよ。

  • How old exactly?

    正確には何歳?

  • No one knows.

    誰も知らない

  • Dendrochronologist estimates range from 80,000 to 1 million years.

    デンドロクロニストの推定値は8万年から100万年。

  • The problem is, there's no simple way to gauge Pando's age.

    問題は、パンドーの年齢を簡単に測る方法がないことだ。

  • Counting the rings of a single trunk will only account for up to 200 years or so,

    一本の幹の輪を数えても、200年くらいまでしか説明がつかない。

  • as Pando is in a constant cycle of growth, death, and renewal.

    パンドが成長と死と再生のサイクルを繰り返しているように

  • On average, each individual tree lives 130 years,

    一本一本の木の寿命は平均して130年です。

  • before falling and being replaced by new ones.

    落下して新しいものと入れ替わる前に

  • Second: location.

    2つ目:場所。

  • During the last ice age, which ended about 12,000 years ago,

    約1万2000年前に終わった最後の氷河期の間に

  • glaciers covered much of the North American climate

    氷河は北アメリカの気候の大部分を覆っていた

  • friendly to aspens.

    アスペンに優しい

  • So if there were other comparably sized clonal colonies,

    他にも比較可能な大きさのクローンのコロニーがあったとしたら

  • they may have perished then.

    その時には死んでいたかもしれない

  • Meanwhile, Pando's corner of Utah remained glacier-free.

    一方、ユタ州のパンドの一角は氷河のない状態が続いていました。

  • The soil there is rich in nutrients that Pando continuously replenishes;

    そこにある土には、パンドが継続的に補給する栄養素が豊富に含まれています。

  • as it drops leaves and trunks,

    葉や幹を落としながら

  • the nutrients return to nourish new generations of clones.

    新しい世代のクローンに栄養を与えるために栄養素が戻ってきます。

  • Which brings us to the third cause of Pando's size: cloning.

    パンドの大きさの第三の原因は クローンです

  • Aspens are capable of both sexual reproduction

    アスペンは有性生殖の両方を行うことができます。

  • which produces a new organism

    新しい組織を生み出す

  • and asexual reproductionwhich creates a clone.

    クローンを作る無性生殖。

  • They tend to reproduce sexually when conditions are unfavorable

    条件が悪いときに性交渉をして繁殖する傾向があります。

  • and the best strategy for survival is to move elsewhere.

    と、生き残りのための最良の戦略は、他の場所に移動することです。

  • Trees aren't particularly mobile, but their seeds are.

    木は特に機動力があるわけではありませんが、種はあります。

  • Like the rest of us, sexual reproduction is how Pando came into the world

    他の人と同じように、性生殖はパンドーがどうやって世界に入ってきたか

  • in the first place all those tens or hundreds of thousands of years ago.

    そもそも何万年も何十万年も前の話なのに

  • The wind or a pollinator carried pollen from the flower of one of its parents

    風や受粉者が親の花から花粉を運ぶ

  • to the other, where a sperm cell fertilized an egg.

    精子細胞が卵子を受精させたところを、もう一方に。

  • That flower produced fruit, which split open,

    その花が実を結び、それが裂けた。

  • releasing hundreds of tiny, light seeds.

    何百もの小さな軽い種を放出します。

  • The wind carried one to a wet spot of land in what is now Utah,

    風は、現在のユタ州の湿地に人を運んだ。

  • where it took root and germinated into Pando's first stem.

    根を張り、パンドゥの最初の茎に発芽したところ。

  • A couple of years later, Pando grew mature enough to reproduce asexually.

    数年後、パンドは無性生殖ができるほどに成長した。

  • Asexual reproduction, or cloning,

    無性生殖、つまりクローニング。

  • tends to happen when the environment is favorable to growth.

    成長に有利な環境にある場合に起こりがちです。

  • Aspens have long roots that burrow through the soil.

    アスペンは長い根が土の中に埋まっています。

  • These can sprout shoots that grow up into new trunks.

    これらは、新しい幹に成長する芽を出すことができます。

  • And while Pando grew and spread out, so did our ancestors.

    パンドが成長して広がっていく中で、私たちの先祖もそうでした。

  • As Hunter-gatherers who made cave paintings, survived an ice age,

    氷河期を生き抜いた洞窟画を描く狩猟採集民として。

  • found their way to North America, built civilizations in Egypt and Mesopotamia,

    北米への道を見つけ、エジプトとメソポタミアに文明を築いた。

  • fought wars, domesticated animals, fought wars, formed nations,

    戦争をした、家畜化した、戦争をした、国家を形成した。

  • built machines,

    作られた機械。

  • and invented the internet, and always newer ways to fight wars.

    とインターネットを発明し、戦争と戦うために常に新しい方法を開発しました。

  • Pando has survived many millennia of changing climates and encroaching ice.

    パンドは、何千年にもわたる気候の変化と氷の侵食に耐えてきました。

  • But it may not survive us.

    しかし、それは私たちが生き残れないかもしれません。

  • New stems are growing to maturity much more slowly than they need to

    新しい茎は必要以上にゆっくりと成長しています。

  • in order to replace the trunks that fall.

    落ちてくる幹を交換するために

  • Scientists have identified two main reasons for this.

    科学者たちは、主に2つの理由を特定しています。

  • The first is that we've deprived Pando of fire.

    1つ目はパンドーから火を奪ったこと。

  • When a fire clears a patch of forest, Aspen roots survive,

    火事で森の一帯がきれいになると、アスペンの根が生き残ります。

  • and send shoots bursting up out of the ground by the tens of thousands.

    と何万本もの新芽が地面から飛び出してきます。

  • And secondly, grazers like herds of cattle and mule deer

    第二に、牛やミュールジカの群れのような放牧民がいる。

  • whose natural predators we've hunted to the point of local elimination

    私たちが地元で抹殺するところまで 狩りをしてきた自然の捕食者たちは...

  • are eating Pando's fresh growth.

    パンドの生育を食べている

  • If we lose the world's largest organism, we'll lose a scientific treasure trove.

    世界最大の生物を失ったら、科学の宝庫を失うことになる。

  • Because Pando's trunks are genetically identical,

    パンドのトランクスは遺伝的に同じだからな

  • they can serve as a controlled setting for studies

    研究のための制御された環境として機能することができます

  • on everything from the tree microbiome

    樹木マイクロバイオームから

  • to the influence of climate on tree growth rates.

    気候が樹木の成長率に与える影響を調べた。

  • The good news is, we have a chance to save Pando,

    いいニュースはパンドーを救うチャンスがあるということだ。

  • by reducing livestock grazing in the area

    地域の家畜の放牧を減らすことで

  • and further protecting the vulnerable young saplings.

    と、脆弱な若苗木をさらに保護します。

  • And the time to act is today.

    そして、行動を起こすべき時は今日です。

  • Because as with so many other marvels of our natural world,

    他の多くの自然界の驚異と同じように

  • once they're gone it will be a very, very long time before they return.

    彼らがいなくなったら......戻ってくるまでには、とても長い時間がかかるだろう。

This is Goliath, the krill.

こちらはゴライアス、オキアミです。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 生殖 クローン 成長 氷河 生物 ユタ

世界最大の生物 - アレックス・ローゼンタール (The world’s largest organism - Alex Rosenthal)

  • 2 0
    林宜悉 に公開 2020 年 12 月 07 日
動画の中の単語