Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • let him have it.

    彼に持たせてあげて

  • There's one gift.

    プレゼントは1つ。

  • Welcome to watch Mojo.

    ようこそ、モジョを見るために。

  • And today we're counting down our picks for the top 10 most terrifying weapons in history.

    そして今日は歴史上最も恐ろしい武器のトップ10のためのピックをカウントダウンしています。

  • More water, The more fire good boom!

    より多くの水、より多くの火の良いブーム!

  • This'll ist.

    これがそうだ

  • We're focusing on firsts of their kind that brought toe war new terrors.

    私たちは、つま先戦争の新たな恐怖をもたらした彼らの種類の最初のものに焦点を当てています。

  • We're excluding manned weapons platforms, which warrant a separate list.

    我々は有人兵器プラットフォームを除外しているので、別のリストが必要です。

  • Although the appearance of the first tanks thundering across no man's land definitely must have been terrifying.

    最初の戦車が雷を鳴らして人里離れた土地を横切った時の姿は、確かに恐ろしかったに違いない。

  • Do you beg to differ on any of our picks?

    私たちが選んだもののどれかに 異論があるのか?

  • Cry havoc in the comments.

    コメントで大混乱を叫べ

  • Number 10 Plague bombs For people in the Middle Ages, the black death was a mysterious as it was terrifying.

    第10位 疫病爆弾 中世の人々にとって、黒死病は恐ろしいほどに神秘的なものだった。

  • It swept through towns and cities like an invisible hand, leaving millions dead.

    見えない手のように町や都市を席巻し、何百万人もの死者を出した。

  • Imagine the horror when, in 13 47 during the siege of Cafa in Crimea, warriors of the Mongol golden horde catapulted the corpses of plague victims from their own ranks over the walls.

    13 47年、クリミアのカファ包囲の間、モンゴルの黄金の大群の戦士たちが、自分たちの隊列から壁の上にペストの犠牲者の死体をカタパルトしたときの恐怖を想像してみてください。

  • According toa 1/14 century account, the attack filled the city with quote mountains of dead.

    1/14世紀のアカウントによると、攻撃は死者の引用の山で街を満たしています。

  • It was one of the earliest instances of biological warfare and may have introduced the plague into Europe.

    生物学的な戦争の初期の例の一つであり、ヨーロッパにペストを持ち込んだ可能性があります。

  • Centuries later, During World War Two, the Japanese would also weaponized the disease, dropping ceramic pots that contained plagued carrying fleas in China.

    数世紀後、第二次世界大戦の間に、日本はまた、中国でノミを運ぶノミを運ぶ疫病が含まれているセラミックポットを落として、病気を兵器化するだろう。

  • Number nine.

    9番だ

  • The Gatling gun.

    ガトリング砲だ

  • Ironically, American inventor Richard Gatling created the forerunner of the modern machine gun to reduce wartime casualties.

    皮肉なことに、アメリカの発明家リチャード・ガトリングは、戦時中の犠牲者を減らすために、現代の機関銃の前身を作った。

  • The Gatling gun could fire 100 even 200 rounds across the battlefield in the time it took an enemy.

    ガトリング砲は敵がかかった時間に100発でも200発を戦場全体に発射することができました。

  • Soldiers standing in the line of fire charges muzzle loading rifle and fire one 100 to 1 advantage in shots down range, he theorized.

    ライフルを装填する銃口の火の列に立っている兵士は、射程の下にショットで1つの100から1つの利点を発射し、彼は理論を立てた。

  • The Gatling gun would quote, supersede the necessity of large armies, diminishing quote.

    ガトリング銃は、大規模な軍隊の必要性に取って代わる、引用符を減少させるだろう。

  • Exposure to battle.

    戦闘に晒される。

  • Designed in 18 61 it was a crank operated, multi barrel weapon that fired 200 rounds per minute, which increased to 3000.

    18 61で設計されたそれは3000に増加した毎分200ラウンドを発射したクランク操作、マルチバレル兵器だった。

  • Once Gatling hooked it up to an electric motor, it was an unprecedented rate of fire.

    ガトリングが電動モーターに引っ掛けた途端、前代未聞の猛威を振るった。

  • Ah, whirlwind of bullets that odd, terrified and mowed down combatants.

    ああ、銃弾の旋風......その奇妙な、恐怖と刈り倒した戦闘員。

  • Its success paved the way for the recoil operated maxim gun and ever lighter, more portable machine guns that soon became standard weapons of war number eight landmines.

    その成功は、リコイル操作のマキシマムガンと、これまで以上に軽量で携帯性の高い機関銃への道を開き、すぐに戦争番号8地雷の標準的な武器となった。

  • Land mines have been called quote uniquely savage in the history of modern conventional warfare, designed to blow apart a leg or riddle bodies with metal fragments.

    地雷は、金属片を持つ足やなぞなぞの体をバラバラに吹き飛ばすように設計された、現代の通常の戦争の歴史の中で、一意に野蛮な引用と呼ばれています。

  • Landmines mostly name and kill civilians during peacetime.

    地雷はほとんどが平時の民間人を名指しで殺します。

  • The Song Dynasty used them against invading Mongols in the 13th century, but they were first used on a wide scale against tanks in World War One, with anti personnel mines soon following.

    宋王朝は13世紀に侵入してきたモンゴル人に対して使用したが、第一次世界大戦で初めて戦車に対して大々的に使用され、その後すぐに対人地雷が使用された。

  • Suddenly, even the ground with suspect and every step could be ones last.

    突然、容疑者のいる地面でさえも、一歩一歩が最後の一歩になるかもしれません。

  • Their use in subsequent wars has left over 110 million mines remaining in the ground.

    その後の戦争で使用され、1億1千万個以上の地雷が残っています。

  • Today.

    今日は

  • In a single year, as many as 8000 people are killed or seriously injured, many of them Children.

    1年間に8000人もの人が殺されたり、重傷を負ったりしていますが、その多くは子どもたちです。

  • That's almost one person killed or injured every hour of every day.

    それは毎日毎時間、ほぼ一人の死傷者が出ていることになります。

  • Number seven Mustard gas?

    7番 マスタードガス?

  • Yeah, On July 12th, 1917, waves of brownish yellow gas rolled over the Allied troops at Ipra, Belgium.

    1917年7月12日、茶色がかった黄色のガスの波がベルギーのイプラで連合軍を覆った。

  • It was the first use of mustard gas on the battlefield.

    戦場で初めてマスタードガスを使用したのが始まりです。

  • Soldiers at Ipra had already faced chlorine gas as well as phosgene, which was colorless and more lethal.

    イプラの兵士たちはすでに塩素ガスに加え、無色でより致死性の高いホスゲンにも直面していた。

  • But mustard gas loomed larger in the public mind, perhaps due to its appearance and gruesome effects.

    しかし、マスタードガスは、その外観と陰惨な効果のためか、一般の人々の心の中でより大きくなりました。

  • Rising up like ghosts from exploded artillery shells.

    爆発した砲弾から幽霊のように立ち上がる。

  • The corrosive clouds blistered skin, blinded victims and caused internal and external bleeding its use was one of the first steps down the dark road of modern chemical warfare, which saw the development of much deadlier chemical agents in the inter war years.

    腐食性の雲は、皮膚に水ぶくれを生じさせ、犠牲者を盲目にし、内外に出血させました。

  • Number six Agent Orange The use of deadly chemicals in armed conflicts didn't stop with the war to end all wars or even World War two.

    6番 エージェント・オレンジ 武力紛争における致死性化学物質の使用は、すべての戦争を終わらせるための戦争や第二次世界大戦でさえも止まりませんでした。

  • Originally known as Operation Haiti's, the U.

    元々はハイチ作戦として知られていたU.

  • S s Operation Ranch Hand aimed to annihilate forest cover and food crops used by the Viet Cong in the Vietnam War.

    ベトナム戦争でベトコンが使用していた森林被覆と食用作物の全滅を目的とした「ランチハンド作戦」。

  • Some 20 million gallons were sprayed on Southeast Asian jungles, fields and other targets over a nine year period from 1960 to 1971.

    1960年から1971年までの9年間に、東南アジアのジャングルや畑などに約2,000万ガロンが散布された。

  • Haiti's was a better name.

    ハイチの方がいい名前だった

  • The clouds of oily white mist that drifted down from the skies left the land dead and barren.

    空から漂ってきた油のような白い霧の雲は、土地を枯れ果てた不毛の地にしてしまった。

  • The countryside was doused in 20 million gallons of defoliants and herbicides, most notoriously Agent Orange, which left the toxic chemical dioxin lingering in soil and water sources.

    田舎は2000万ガロンもの枯葉剤や除草剤に覆われ、最も悪名高い「エージェント・オレンジ」と呼ばれる有害化学物質ダイオキシンが土壌や水源に残留していた。

  • It was later linked to cancer and crippling birth defects.

    後に癌や先天性欠損症との関連性が指摘されています。

  • Number five killer drones because they never know when they're going to strike, so they just hear them buzzing all the time.

    5番のキラードローンはいつ攻撃されるかわからないからいつもブザーが鳴ってるのが聞こえてるだけ

  • It keeps them up at night, and it drives them crazy.

    夜も眠れないし、気が狂いそうになる。

  • Imagine a constant buzz overhead as hunter killer drones search your streets for targets.

    ハンターキラーのドローンがターゲットのためにあなたの通りを検索するように、頭上の一定のバズを想像してみてください。

  • It sounds like dystopian science fiction.

    ディストピアSFみたいだな。

  • But under the Obama administration, the presence of aerial assassins over some villages in northwest Pakistan became commonplace.

    しかし、オバマ政権下では、パキスタン北西部のいくつかの村の上空での空中暗殺者の存在が当たり前になった。

  • Their use has been controversial due to the number of civilian casualties, as well as double tap strikes that have allegedly targeted rescuers.

    彼らの使用は、民間人の犠牲者の数のために論争の的になっているだけでなく、ダブルタップストライキと同様に、主張されている救助者を標的としている。

  • Others have fired on funerals and in December 2013, a wedding convoy in Yemen.

    他の人たちは葬儀に発砲し、2013年12月にはイエメンで結婚式の護衛隊が発砲しました。

  • Nonetheless, unmanned aerial vehicles like the U.

    それにもかかわらず、U.のような無人の空撮車がある。

  • S Predator and Reaper drones have become a quintessential part of modern warfare, ushering in a new era of depersonalized remote war and edging us closer toward evermore automated weapons.

    S プレデターと死神のドローンは、現代の戦争の真髄となっており、非人称化された遠隔戦争の新時代を切り開き、これまで以上に自動化された武器に向かって私たちを近づけている。

  • Number four.

    4番だ

  • The WEAPONS.

    The WEAPONS.

  • In the early hours of June 13th, 1944 Londoners woke to an ominous buzz and a trail of fire in the sky.

    1944年6月13日の早朝、ロンドンの人々は不吉な音と空の火の跡で目を覚ました。

  • It was the first strike in a relentless barrage of the Nazis V one vengeance weapons.

    ナチスVの執拗な弾幕での先制攻撃だった。

  • The first guided cruise missiles in September, as countermeasures slowed the onslaught, the Nazis rolled out the V two liquid fueled ballistic rockets that were almost impossible to intercept as they plummeted from the edge of space at supersonic speed, The Nazis had eliminated the barrier of distance and created the technology behind modern intercontinental ballistic missiles.

    9月に最初の誘導巡航ミサイルを発射したナチスは、その対策で猛攻を遅らせると、V型2発の液体燃料弾道ロケットを繰り出し、超音速で宇宙の端から急降下してきたため、迎撃はほとんど不可能であったが、ナチスは距離の壁をなくし、現代の大陸間弾道ミサイルの技術を生み出した。

  • From now on, death could fall without warning from clear skies anywhere and at any time.

    これからは、いつでもどこでも、晴れた空から、何の前触れもなく死が降ってくるかもしれません。

  • Number three aerial bombs English cities had suffered aerial bombardment before the Second World War.

    第二次世界大戦前にイギリスの都市は空爆を受けていました。

  • During nighttime raids in World War One, the throb of engines overhead preceded the emergence of vast airships from the dark and indiscriminate blasts that reduced homes to rubble.

    第一次世界大戦中の夜間の空襲では、暗闇からの広大な飛行船の出現に先立ち、頭上のエンジン音が鳴り響き、家々が瓦礫と化した無差別の爆風が吹き荒れた。

  • Aerial bombs had first been used by the Austrian Empire against Venice in 18 49 dropped from unmanned balloons and from heavier than air aircraft in the Attallah, Turkish and Balkan wars.

    空中爆弾は、オーストリア帝国が1849年にヴェネツィアに対して初めて使用したもので、アッタラ戦争、トルコ戦争、バルカン戦争では、無人の気球から、また空気よりも重い航空機から投下された。

  • Their use soon became routine and evermore devastating.

    彼らの使用はすぐに日常化し、ますます壊滅的なものとなった。

  • They were famously described by writer Kurt Vonnegut, who witnessed the British American bombing of Dresden.

    彼らは、英米軍のドレスデン爆撃を目撃した作家カート・ヴォネガットによって有名に描写されています。

  • As like the quote, earsplitting crashes of giants heels, they left the city looking quote like the moon rather than earth.

    引用のように、巨人のかかとの耳鳴りクラッシュ、彼らは地球ではなく、月のような引用を見て街を残しました。

  • Number two Greek fire, a mysterious substance that, when ignited, burns bright and hot.

    ナンバー2 ギリシャの火、着火すると明るく熱く燃える不思議な物質。

  • As Arab soldiers watched helplessly from their vessels during their siege of Constantinople in the late seventh century, Byzantine ships spewing fire bore down on their decks.

    7世紀後半にコンスタンチノープルを包囲していた時、アラブの兵士たちが船から無力に見守っていた時、ビザンチンの船が火を噴き上げて甲板に降り注ぎました。

  • The fire was unearthly, accompanied by thunder and burning even on water.

    その火は、雷を伴い、水の上でも燃えているような地味なものでした。

  • Fire has long been a weapon of war.

    火は昔から戦争の武器だった

  • But Greek fire with something new on in extinguish, a ble and devastating weapon that set ships a light, burnt soldiers alive and has been credited for the long survival of the Byzantine Empire.

    しかし、何か新しいものを持つギリシャの火は、船をセットした光、生きている兵士を燃やし、ビザンチン帝国の長い生存のために信じられている ble および壊滅的な武器を消火します。

  • Its composition, said to have been revealed by an angel, is now lost.

    天使が啓示したとされるその構図は、現在は失われている。

  • It may have been petroleum based similar to napalm, another sticky fire that wreaked appalling horrors on its victims.

    それはナパームに似た石油をベースにしていたかもしれません、犠牲者に恐ろしい恐怖をもたらした別の粘着性のある火です。

  • Finally, the Byzantine fire ships sailed round for battle on, According to the ninth century historian Theo Phonies incinerated the Arab ships on every man aboard.

    最後に、ビザンティンの火の船は、9世紀の歴史家テオ・フォニーによると、アラブの船をすべての人の上に乗せて焼却した。

  • Before we continue, be sure to subscribe to our channel and ring the bell to get notified about our latest videos.

    続ける前に、私たちのチャンネルを購読して、私たちの最新のビデオの通知を受けるためにベルを鳴らしてください。

  • You have the option to be notified for occasional videos or all of them.

    たまにある動画の通知を受けるか、全ての動画の通知を受けるかを選択できます。

  • If you're on your phone, make sure you go into your settings and switch on notifications.

    スマホの場合は、設定に入って通知をオンにすることを確認してください。

  • Number one.

    1番です。

  • The Atomic bomb.

    原爆です。

  • Now I am become death.

    今、私は死人となっている。

  • The Destroyer of Worlds.

    世界の破壊者

  • These were the immortal words of physicist J.

    これは物理学者Jの不滅の言葉でした。

  • Robert Oppenheimer, quoting from the bug of a Geeta after witnessing the awful power of his creation.

    ロバート・オッペンハイマー、彼の創造の凄まじい力を目の当たりにした後、ゲータのバグから引用。

  • The quote was all too apt when Hiroshima was bombed on the morning of August 6 1945 residents saw a bright flash of light before the blast ripped off their skin, boiled their organs and melted their bones.

    この引用は、広島が1945年8月6日の朝に爆撃されたとき、住民は爆風が皮膚をはぎ取り、内臓を沸騰させ、骨を溶かしてしまう前に、明るい光の閃光を見た。

  • Solid matter began to come apart, releasing untold quantities of energy.

    固体物質がバラバラになり始め、数え切れないほどのエネルギーを放出した。

  • Theo Bombing of Hiroshima and then Nagasaki killed an estimated 129,000 to 226,000 people.

    広島・長崎へのテオ爆撃で推定12万9千人から22万6千人の犠牲者を出した。

  • The second bomb was intended for the city of Kokura, but it was too cloudy, so the plane moved on to Nagasaki.

    第二弾は小倉市を狙っていたが、あまりにも曇っていたので、長崎に移動した。

  • Desperately short of fuel.

    必死に燃料が不足している。

  • The crew released the bomb.

    クルーが爆弾を放った。

  • Despite more clouds.

    雲が多いにもかかわらず。

  • For the first time, we suddenly had the power to destroy the world.

    初めて、いきなり世界を滅ぼす力を手に入れた。

  • In the ensuing years, nuclear weapons would become hundreds of times more powerful, fueling Cold War fears.

    その後の数年間で、核兵器は数百倍の威力を持つようになり、冷戦の恐怖を煽ることになる。

  • Do you agree with our picks?

    私たちのピックに同意しますか?

  • Check out this other recent clip from Watch Mojo and be sure to subscribe and ring the bell to be notified about our latest videos.

    Watch Mojoからこの他の最近のクリップをチェックして、私たちの最新のビデオについて通知されるように購読し、ベルを鳴らすことを確認してください。

let him have it.

彼に持たせてあげて

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 戦争 地雷 引用 使用 ガス 武器

歴史上最も恐ろしい武器トップ10 (Top 10 Most Terrifying Weapons In History)

  • 9 0
    林宜悉 に公開 2020 年 12 月 04 日
動画の中の単語