Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • On September 27 explosions shook Nagorno-Karabakh.

    9月27日、爆発がナゴルノ・カラバフを震撼させた。

  • It's a mountainous region between Armenia and Azerbaijan.

    アルメニアとアゼルバイジャンの間にある山岳地帯です。

  • And the center of a relentless dispute between these countries; Nagorno-Karabakh is internationally

    ナゴルノ・カラバフは国際的に見ても、これらの国の間で激しい紛争の中心となっています。

  • recognized as part of Azerbaijan, but was occupied by Armenia in a war almost 30 years

    アゼルバイジャンの一部として認識されていたが、約30年前の戦争でアルメニアに占領された。

  • ago. Both country's armies have been dug in along

    前に両国の軍隊は、それに沿って掘られた

  • this line ever since. Fighting occasionally broke out but usually

    それ以来、この路線はずっと続いています。たまに喧嘩が勃発することもありましたが、通常は

  • died down.

    沈静化しました。

  • This time was different. Fierce fighting erupted in September 2020

    今回は違った。2020年9月に猛烈な戦闘が勃発

  • and quickly became a full-scale war. Both sides were accused of bombing civilian

    と、あっという間に本格的な戦争になった。双方は民間人を爆撃して非難されました

  • areas in the region.

    地域の地域。

  • Thousands of people died, including 100 civilians. Then, in a sudden and dramatic turn in this

    民間人100人を含む数千人が死亡しました。そして、突然の劇的な展開の中で、この

  • decades old conflict, Armenia surrendered.

    数十年前の紛争、アルメニアは降伏しました。

  • A ceasefire was signed on November 9 and Azerbaijan declared victory.

    11月9日に停戦が調印され、アゼルバイジャンは勝利を宣言した。

  • So what sparked this war?

    で、何が戦争の火付け役になったの?

  • And what does the ceasefire mean for this fiercely contested place?

    停戦はこの激戦区にとって何を意味するのでしょうか?

  • Nagorno-Karabakh is in the Caucuses, between Europe and Asia.

    ナゴルノ・カラバフはヨーロッパとアジアの間のコーカスにある。

  • Historically, its population has been mostly ethnic Armenian with a substantial Azeri minority.

    歴史的には、人口のほとんどがアルメニア人であり、アゼリ人は少数派である。

  • It's dotted with medieval Armenian churches, has always had this strong Armenian population.

    中世のアルメニア教会が点在していて、昔からアルメニア人の人口が多い。

  • And to complicate things, in the 18th century, a kind of very big, important Azerbaijani

    事態を複雑にしているのは、18世紀に、アゼルバイジャンでは、ある種の非常に大きな、重要な

  • town, the citadel of Shusha, was founded right in the middle of this territory.

    この領地のちょうど真ん中にシューシャの城塞が建っていました。

  • So this was a region that was incredibly important both to Armenians and to Azerbaijanis.

    この地域は、アルメニア人にとっても、アゼルバイジャン人にとっても、非常に重要な地域だったのです。

  • But for most of the 19th century, it was ruled by the Russian Empire.

    しかし、19世紀のほとんどの間、ロシア帝国に支配されていました。

  • After the Empire fell, in 1918, ethnic Armenians and Azeris formed new countries: Armenia and

    帝国崩壊後、1918年にアルメニア人とアゼル人の民族が新たな国を形成した。アルメニアと

  • Azerbaijan. And they immediately fought over this region.

    アゼルバイジャンそして、彼らはすぐにこの地域を巡って戦った。

  • But just three years later, Russian Soviets conquered the entire Caucuses.

    しかし、わずか3年後、ロシア・ソビエトはコーカス全体を制圧した。

  • The soviets eventually made Armenia and Azerbaijanrepublicswithin the Soviet Union and

    やがてソビエト連邦は、アルメニアとアゼルバイジャンをソビエト連邦内の「共和国」とした。

  • drew new borders. And they made Nagorno-Karabakh a semi-autonomous

    新たな国境を描きましたナゴルノ・カラバフを半自治区にしました

  • region in the Azerbaijani Republic, despite its majority-Armenian population.

    アゼルバイジャン共和国の中でも、アルメニア人が多数を占める地域である。

  • Ethnic Armenians there frequently asked to join the Armenian Republic, but were denied.

    アルメニア人は頻繁にアルメニア共和国への加入を求めたが、拒否された。

  • This was the Soviet Union. There was no democracy. There was no dialog. The kind of problem festered

    これがソビエト連邦だった。民主主義はありませんでした。対話はありませんでした。問題の種類は化膿していました

  • for all those years. Still, there weren't signs of war until the

    その間ずっとまで戦争の兆しはありませんでした。

  • Soviet Union began to loosen its grip. In the late 1980s, the Soviet Union announced

    ソ連が握力を緩め始めた。1980年代後半、ソ連は

  • a new policy, called glasnost, that gave its people more political freedoms.

    グラスノスチと呼ばれる新しい政策で、国民に政治的自由を与えた。

  • But it had unintended consequences.

    しかし、それは意図しない結果をもたらした。

  • Glasnost has given people freedom not only to create but to hate.

    グラスノスチは、人々に創造するだけでなく、憎む自由を与えた。

  • Ancient feuds erupting such as the one between Azerbaijan and Armenia."

    "アゼルバイジャンとアルメニアの間のような古代の確執が噴出している。"

  • In 1988, ethnic Armenians in Nagorno-Karabakh passed a referendum to leave the Azerbaijan

    1988年、ナゴルノ・カラバフのアルメニア人は、アゼルバイジャンからの離脱を求める国民投票を可決した。

  • Republic, reviving the conflict. In Armenia, people rallied for unification.

    共和国、紛争を再燃させた。アルメニアでは、人々は統一のために結集しました。

  • While in Azerbaijan, people responded with counter-protests.

    アゼルバイジャンでは、人々は反対運動で対応した。

  • Violence soon erupted in Nagorno-Karabakh. As the Soviet Union fell apart, Armenia and

    ナゴルノ・カラバフではすぐに暴力が勃発しました。ソ連が崩壊し、アルメニアと

  • Azerbaijan declared independence, escalating the conflict into a war.

    アゼルバイジャンは独立を宣言し、紛争を戦争へとエスカレートさせた。

  • About 20,000 people died. And over 1 million were forced to flee their homes in the region.

    約2万人が死亡しました。そして100万人以上が避難を余儀なくされました。

  • Fighting raged for 3 more years, until Armenia finally won.

    アルメニアがついに勝利するまで、戦いはさらに3年間続きました。

  • In 1994, both sides signed a ceasefire agreement, freezing the conflict.

    1994年、双方は停戦協定に署名し、紛争を凍結した。

  • Armenia occupied several pieces of Azerbaijan. As well as Nagorno-Karabakh, which was still

    アルメニアはアゼルバイジャンのいくつかの部分を占領した。ナゴルノ・カラバフと同様に、まだ

  • legally recognized as part of Azerbaijan even though it had declared itself an autonomous

    アゼルバイジャンの一部として法的に認められていたが、自治宣言をしていた。

  • region at the start of the war. This occupation displaced hundreds of thousands

    地域を占領していた。この占領は何十万人もの人々を追放しました

  • of azeris from their homes. The deal was brokered by Russia, who was a

    アゼル人を家から追い出しましたこの取引を仲介したのはロシアであり

  • formal ally to Armenia but also had a good relationship with Azerbaijan.

    アルメニアとは正式な同盟関係にあったが、アゼルバイジャンとも良好な関係にあった。

  • Russia's role has always been a bit ambiguous here.

    ロシアの役割はいつもここでは曖昧になっている。

  • Because although they are the main mediator, they've had their own agenda, which is to

    なぜなら、彼らが主な調停者であるにもかかわらず、自分たちのアジェンダを持っていたからです。

  • keep their influence in the region and if possible, get Russian troops back on the ground.

    地域での影響力を維持し、可能であれば、ロシア軍を地上に戻すことです。

  • While Russia was not able to send troops as part of the deal in 1994, it did end up leading

    ロシアは1994年の取引の一部として軍隊を派遣することができなかったが、最終的には主導権を握ることになった。

  • a new international group, with France and the US to try and find a permanent solution

    フランスと米国との新しい国際的なグループは、しようとし、恒久的な解決策を見つけるために

  • to the conflict.

    紛争に

  • But Armenia and Azerbaijan refused to settle. Instead, Armenia renamed formerly Azeri towns

    しかし、アルメニアとアゼルバイジャンは和解を拒否した。代わりに、アルメニアはかつてのアゼリの町の名前を

  • and repopulated them with ethnic Armenians.

    アルメニア人の民族と再繁殖させた。

  • While its leaders called for it to be officially unified with Armenia.

    その指導者たちはアルメニアとの正式な統一を求めていました。

  • Meanwhile, Azerbaijan planned a comeback. From 2008 to 2019, it spent $24 billion on

    一方、アゼルバイジャンはカムバックを計画した。2008年から2019年までに240億ドルを投じて

  • its military. Six times more than Armenia.

    その軍事力アルメニアの6倍。

  • All the while reiterating its claim to Nagorno-Karabakh. On the ground, both countries maintained a

    ナゴルノ・カラバフの領有権を主張しています。地上では、両国は

  • On the ground, both countries maintained a military presence along the front lines. Where skirmishes broke out occasionally.

    地上では両国は前線に沿って軍事的存在感を維持していた。小競り合いは時折発生したが

  • In 2016, they fought a war that lasted 4 days.

    2016年は4日間に及ぶ戦争を戦った。

  • So people called this a frozen conflict. But it was in no way a frozen conflict. It was

    だから人々はこれを凍りついた紛争と呼んでいましたしかし それは決して凍りついた紛争ではありませんでしたそれは

  • a smoldering conflict. And it reignited when another country suddenly

    燻っていた紛争ですそして、他の国が突如として

  • intervened.

    介入した。

  • In the past few years, Turkey

    ここ数年、トルコ

  • Turkey has increasingly intervened in conflicts around the region, in order to

    トルコは、この地域の紛争にますます介入しています。

  • tilt the outcomes in its favor. By sending troops into the Syrian civil war,

    結果を自分たちに有利に傾けることができます。シリア内戦に軍隊を送ることで

  • it captured a swath of territory along its border in 2019.

    2019年には国境に沿って 領土を獲得しました

  • And in 2020, its troops have turned the tide of the Libyan civil war in favor of the government,

    そして2020年、その軍隊はリビア内戦の流れを政府に有利にした。

  • who is helping Turkey claim valuable natural gas deposits in the Mediterranean.

    トルコが地中海の貴重な天然ガス埋蔵量を主張するのを支援している人物です。

  • These are also ways for Turkey to push back against its major rival, Russia, who is also

    これらは、トルコが主要なライバルであるロシアに反撃するための方法でもあります。

  • fighting in both conflicts. So in July 2020, when skirmishes broke out

    双方の葛藤の中での戦闘だから2020年7月に小競り合いが勃発した時

  • in Nagorno-Karabakh, Turkey saw an opportunity and threw its support behind Azerbaijan, whose

    トルコは、ナゴルノ・カラバフのナゴルノ・カラバフに好機を見出し、アゼルバイジャンを支援した。

  • majority Azeri-population is a Turkic ethnic group.

    大多数のアゼリ人は、トルコ系民族である。

  • Azerbaijan is probably the closest country there is to Turkey. The two languages are

    アゼルバイジャンはトルコに一番近い国でしょう。2つの言語は

  • extremely close. There was even talk of, you know, one nation and two states.

    極めて接近していました一つの国と二つの州の話もありました

  • And they also, I guess, wanted to kind of on a crude level, have a thumb in the eye

    そして、彼らはまた、私が思うに、粗野なレベルで、親指を目の中に入れたいと思っていました。

  • for Russia. In August, the two held joint military exercises

    ロシアのために8月には、両国は合同軍事演習を実施しました。

  • in Azerbaijan. And Turkey's supply of weapons to Azerbaijan

    アゼルバイジャンにトルコのアゼルバイジャンへの武器供給も

  • dramatically surged.

    劇的に急上昇しました。

  • Which included advanced drones. I think this conflict has been planned for

    高度な無人機も含まれていたこの対立は計画されたものだと思います

  • many months jointly in Ankara and in Baku. And so with Turkey's support, Azerbaijan

    アンカラとバクーで 何ヶ月も共同で活動しましたトルコの支援を得て、アゼルバイジャンは

  • launched its attack. In just over a week, Azerbaijani soldiers

    が攻撃を開始しました。たった一週間で、アゼルバイジャンの兵士たちは

  • had pushed at least 20 kilometers into Armenian-held territory.

    アルメニア人の領土に 少なくとも20キロ押し込んだ

  • A few weeks later, they advanced further into Nagorno-Karabakh, and also got close to the

    数週間後、彼らはナゴルノ・カラバフにさらに進出し、さらに接近した。

  • Armenian border.

    アルメニアとの国境

  • It wasn't a fair fight. Armenia fought back but was nearly defenseless

    公平な戦いではありませんでした。アルメニアは反撃しましたが、ほとんど無防備でした。

  • against Azerbaijan's deadly drones. Then, on November 8, Azerbaijan won its biggest

    アゼルバイジャンの死の無人機に対抗してそして11月8日、アゼルバイジャンは最大の

  • victory. It captured the historic city of Shusha, just 15 kilometers from the capital,

    勝利。首都からわずか15キロの歴史的な街、シューシャを捕獲しました。

  • Stepanakert.

    ステパナカート

  • That's when Armenia agreed to surrender. The ceasefire agreement that ended the war

    アルメニアが降伏に合意した時のことです。戦争を終わらせた停戦協定は

  • The ceasefire agreement that ended the war

    戦争を終わらせた停戦協定

  • dramatically reshapes who controls Nagorno-Karabakh. Azerbaijan will keep what it captured and

    ナゴルノ・カラバフを支配する者を 劇的に変えますアゼルバイジャンは 捕らえたものを保持し

  • take over this part from Armenia. This part remains under control of ethnic

    アルメニアからこの部分を引き継ぐ。この部分は依然として 民族の支配下にあります

  • Armenians, but they won't be alone. Russia didn't intervene in the war, but

    アルメニア人は一人ではないロシアは戦争に介入しなかったが

  • brokered this deal which calls for 2,000 of its troops to serve there as peacekeepers.

    この取引を仲介したのは、平和維持要員としてそこに奉仕するために2000人の軍隊を要求するというものです。

  • Russia obviously had its ideas about how to end this conflict with Russian peacekeepers.

    ロシアは明らかに、ロシアの平和維持軍との紛争をどうやって終わらせるかについての考えを持っていた。

  • And certainly didn't rush to help Armenia. Turkey also gains a foothold here.

    そして確かにアルメニアへの支援を急ぐことはなかった。トルコもここで足場を固めています

  • The deal calls for the construction of a road here, which would give Turkey access to Azerbaijan.

    協定では、ここに道路を建設し、トルコがアゼルバイジャンにアクセスできるようにすることを求めています。

  • Plus, in agreement with Russia, Turkey will now send its own peacekeeping troops to the

    さらに、ロシアとの合意により、トルコは今、独自の平和維持軍を派遣することになりました。

  • region. So while Azerbaijan is celebrating and Turkey

    の地域では、アゼルバイジャンが祝われ、トルコが祝われている間にだから、アゼルバイジャンが祝っている間、トルコは

  • and Russia won strategic rewards, Armenia is in turmoil.

    とロシアが戦略的報酬を獲得し、アルメニアは混乱に陥っている。

  • After the deal was announced, mobs stormed government buildings in the capital and called

    取引が発表された後、暴徒は首都の政府庁舎を襲撃して

  • for the removal of the Prime Minister. I think, Armenia, is in a huge state of trauma.

    首相の更迭を求めて私が思うに アルメニアは 大きなトラウマを抱えています

  • It's going to take a long time for it to recover from this. And the political crisis, I think,

    これを回復させるには長い時間がかかりそうです。政治的な危機もあると思いますが

  • is going to be ongoing for a long time in Armenia.

    は、アルメニアで長く続いていきそうです。

  • In Nagorno-Karabakh, ethnic Armenians in newly-captured areas may be forced out.

    ナゴルノ・カラバフでは、新たに占領された地域のアルメニア人が追い出される可能性があります。

  • Some have already burned their homes before leaving. While Azeris who fled during the

    すでに家を燃やしてから出発した者もいる。その間に逃げ出したアゼル人が

  • previous war, could make their way back. Ultimately, the agreement does nothing to

    前の戦争では、彼らが戻ってくる可能性があります。結局、協定は何の役にも立ちません

  • end the hostility between the two countries. Until that happens, this conflict

    両国間の敵対関係を終わらせるためにそれが実現するまで、この対立は

  • could have another round again.

    もう一回ラウンドがあるかもしれません。

  • It is much more a deal than it is a peace.

    和平というよりも取引だ。

On September 27 explosions shook Nagorno-Karabakh.

9月27日、爆発がナゴルノ・カラバフを震撼させた。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 アルメニア アゼルバイジャン カラバフ ナゴルノ トルコ ロシア

アルメニアとアゼルバイジャン戦争、解説 (The Armenia and Azerbaijan war, explained)

  • 1 0
    林宜悉 に公開 2020 年 12 月 03 日
動画の中の単語