Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Baldurson of All Father Odin and Queen Frigg,

    バルドゥール...父オーディンとフリッグ女王の息子

  • husband of Nanna the Peaceful, and God of truth and light

    平和なナンナの夫であり、真理と光の神である。

  • was the gentlest and most beloved being in all of Asgard.

    アスガルドの中で最も優しく、最も愛された存在だった。

  • In his great hall of Breidablik,

    ブレイダブリクの大広間で。

  • Baldur's soothing presence eased his subject's woes.

    バルダーの存在は、被験者の悩みを和らげてくれた。

  • But lately, he was plagued by troubles of his own.

    しかし最近、彼は自分の悩みに悩まされていた。

  • Every night, Baldur had gruesome visions foretelling his own imminent death.

    毎晩、バルドゥアは自分の死を予感させる恐ろしいビジョンを見ていた。

  • Determined to protect her son from these grim prophecies,

    これらの厳しい予言から彼女の息子を守ることを決意しました。

  • Queen Frigg travelled across the nine realms,

    フリッグ女王は9つの領域を旅した

  • begging all living things not to harm Baldur.

    全ての生物にバルドゥアを傷つけないようにと懇願している

  • Her grace moved each being she encountered.

    彼女の優しさは、彼女が遭遇したすべての存在に感動を与えた。

  • Every animal and element, every plague and plant, every blade and bug

    あらゆる動物と元素、あらゆる疫病と植物、あらゆる刃と虫

  • gladly gave their word.

    喜んで彼らの言葉を与えた。

  • Frigg returned to Breidablik, and threw a great feast to celebrate.

    フリッグはブレイダブリクに戻り、お祝いに大宴会を開きました。

  • Wine flowed freely, and soon the gods took turns testing Baldur's immunity.

    ワインは自由に流れ、すぐに神々は交代でバルドゥールの免疫力を試した。

  • Lurking in the corner, Loki rolled his eyes.

    隅っこに潜んでいたロキは目を丸くした。

  • The trickster god had never cared for Baldur the Bright,

    トリックスターの神は、ブライトのバルドゥールを気にしたことがなかった。

  • and found his new gift profoundly irritating.

    と、彼の新しい贈り物に深く苛立ちを覚えました。

  • Surely there was a flaw in Frigg's plan.

    フリッグの計画には 欠陥があったはずだ

  • Taking the form of an old woman,

    老婆の形をした

  • Loki crept to Frigg's side and feigned confusion.

    ロキはフリッグのそばに忍び寄り、混乱を装った。

  • Why were the gods attacking sweet Baldur, whom they all loved so dearly?

    なぜ神々は皆が愛したバルドゥアを 襲ったのでしょうか?

  • Frigg told her of the oaths, but the old woman pressed on.

    フリッグは誓いの言葉を彼女に伝えたが、老婆はそれを強要した。

  • Surely you didn't receive a vow from everything, she asked.

    確かにあなたはすべてのものから誓いを受け取っていない、と彼女は尋ねた。

  • Frigg shrugged.

    フリッグは肩をすくめた。

  • The only being she hadn't visited was mistletoe.

    彼女が訪れたことのない存在はヤドリギだけだった。

  • After all, what god could fear a trifling weed?

    些細な雑草を恐れる神がいるだろうか?

  • At this, Loki dashed outside to find a sprig of mistletoe.

    その時、ロキは外に飛び出してヤドリギの木を見つけました。

  • When he returned, the festivities had grown even rowdier.

    彼が戻ってくると、お祭りはさらに盛り上がっていました。

  • But not every god was enjoying the party.

    しかし、すべての神がパーティーを楽しんでいたわけではありません。

  • Baldur's brother Hodur, who was blind and weapon-less, sat dejected.

    バルドゥールの弟ホドゥールは、目が見えず武器も持たず、意気消沈して座っていた。

  • Seeing his opportunity,

    彼のチャンスを見て

  • the trickster slyly offered Hodur a chance to participate.

    トリックスターはこっそりとホドゥールに参加の機会を与えた。

  • Loki armed him with mistletoe, guided his aim towards his brother,

    ロキはヤドリギで武装し、兄の方に狙いを定めた。

  • and told Hodur to hurl with all his might.

    と言って、ホドゥールに渾身の力を込めて投げるように言った。

  • The mistletoe pierced Baldur's chest with deadly force.

    ヤドリギは致命的な力でバルダーの胸を貫いた。

  • The god's light quickly flickered out, and despair swept over the crowd.

    神の光は瞬く間に明滅し、絶望が群衆を席巻した。

  • Within moments, the impact of Baldur's death could be felt

    バルドゥールの死の衝撃は一瞬にして伝わってきた

  • across the nine realms.

    9つの領域を横断して

  • But from the weeping masses, Hermod the Brave stepped forward.

    しかし、泣いている大衆の中から、勇者エルモドが前に出てきた。

  • The warrior god believed that with the help of Odin's mighty steed,

    武神は、オーディンの強大なステアの助けを借りて、そう信じていました。

  • there was no plane he could not reach.

    彼が到達できない飛行機はなかった

  • He would travel to halls of Hel herself, and bring Baldur home.

    彼はヘルの広間を旅してバルドゥアを家に連れて帰るだろう

  • The god rode for nine days and nine nights,

    神は九日九晩乗り続けた。

  • past halls of corpses and over paths paved with bone.

    死体のホールを通り過ぎて骨で舗装された道を通り抜けて

  • When he finally reached the Queen of the Underworld,

    ついに冥界の女王にたどり着いたとき。

  • Hermod begged her to return Baldur to his family.

    エルモドは、バルドゥールを家族の元に返してほしいと懇願した。

  • Hel considered taking pity, but she wanted to know the extent of the gods' mourning.

    ヘルは同情することを考えたが、彼女は神々の喪の程度を知りたかった。

  • She agreed to relinquish Baldur's soul

    彼女はバルドゥアの魂を手放すことに同意した

  • if Hermod could prove that every living thing wept at Baldur's death.

    もしヘルモッドがバルドゥールの死で 全ての生物が泣いていたと証明できたら...

  • Hermod shot back to the land of the living.

    エルモドは生者の地に向かって撃ち返した。

  • He met with every creature that Frigg visited earlier

    彼は以前フリッグが訪れた全ての生物に会っていた

  • all of which cried for Baldur and begged for his return.

    その全てがバルドゥールを求めて泣き叫び、彼の帰還を懇願した。

  • Meanwhile, Loki watched Hermod's mission with disdain.

    一方、ロキはエルモッドの任務を軽蔑の目で見ていた。

  • He would not let his work be so easily undone,

    彼は自分の仕事を簡単には終わらせないだろう。

  • but if he interfered too boldly it might reveal his hand in Baldur's murder.

    しかし、彼があまりにも大胆に干渉すれば、バルドゥアの殺害に手を貸したことが明らかになるかもしれません。

  • Disguising himself as a ferocious giant, he hid himself at Hermod's final stop.

    獰猛な巨人に変装して、エルモッドの最後の停留所に身を隠した。

  • When the warrior came,

    戦士が来た時

  • the howling wind and craggy rocks each declared their love for Baldur.

    吠える風とごつごつした岩がそれぞれバルドゥールへの愛を宣言した

  • But the giant within spewed only contempt for the deceased.

    しかし、中の巨人は死者への軽蔑だけを噴出した。

  • No matter how much Hermod begged, she would not shed a single tear.

    エルモドがどんなに懇願しても、彼女は一粒の涙も流さなかった。

  • With his last hope dashed, the god began to mourn Baldur a second time.

    彼の最後の希望が打ち砕かれたとき、神は二度目のバルドゥールを嘆き始めた。

  • But an echo from the cave rang out above his sobs.

    しかし、洞窟からの反響が彼の嗚咽の上に鳴り響いた。

  • Loki's twisted cackle was well-known to every Asgardian,

    ロキのひねくれた笑い声はアスガルド人なら誰もが知っていることだった。

  • and Hermod realized he'd been tricked.

    とエルモッドは騙されたことに気づいた。

  • As he leapt to accost the trickster,

    彼はトリックスターを告発するために跳躍した。

  • Loki took the form of a salmon and wriggled into the waterfall.

    ロキは鮭の形をして滝の中に蠢いた。

  • His escape was guaranteed, until Thor arrived at the scene.

    ソーが現場に到着するまで、彼の逃亡は保証されていた。

  • Dragging Loki back to the cave, the gods bound him with a poisonous serpent.

    ロキを洞窟に引きずり戻し、神々は彼を毒蛇で縛った。

  • Here, Loki would remain chained until the end of days

    ここではロキは鎖に繋がれたままの状態が続きます。

  • the serpent dripping venom on his brow as punishment

    眉に毒を垂れる蛇

  • for dousing Asgard's brightest light.

    アスガルドの最も明るい光を浴びるために

Baldurson of All Father Odin and Queen Frigg,

バルドゥール...父オーディンとフリッグ女王の息子

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 ロキ 神々 女王 生物 存在 誓い

ロキの神話と致命的なヤドリギ - イゼルト・ガレスピー (The myth of Loki and the deadly mistletoe - Iseult Gillespie)

  • 5 0
    林宜悉 に公開 2020 年 12 月 01 日
動画の中の単語