Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • Hi I’m John Green, this is CrashCourse Literature and today were going to talk about the

    こんにちは、ジョン・グリーンです。これはクラッシュコース文学です。

  • greatest Dane of all, Scooby-Doo. No, it’s Hamlet.

    最高のデーン、スクービー・ドゥーだよいいえ、それはハムレットです。

  • So Hamlet is either a 16h or 17th century play, were not positive. The Tragedy of

    つまりハムレットは16世紀か17世紀の戯曲なのか 肯定はしていませんの悲劇は

  • Hamlet, Prince of Denmark was written by William Shakespeare sometime between 1599 and 1602

    デンマーク王子ハムレット』は、ウィリアム・シェイクスピアが1599年から1602年の間に書いた作品です。

  • and it’s considered by many to be Shakespeare’s best work, even better than Timon of Athens

    アテネのティモンよりも優れたシェイクスピアの最高傑作と言われています。

  • or Cymbeline. Mr. Green, Mr. Green, I know Hamlet’s like

    またはシンベリン。グリーンさん、グリーンさん、ハムレットは

  • super famous and important and everything, but isn’t it basically just like a super

    超有名で重要なこともあるけど、基本的には超有名なだけじゃないの?

  • long play about a guy who never makes up his mind?

    決めない男の長丁場?

  • Well, Me From The Past, some argue that Hamlet doesn’t have trouble making up his mind

    "過去から来た私は" "ハムレットは決心がつかないとの意見もある

  • so much as he has trouble executing his vision. More specifically, executing his uncle.

    彼のビジョンを実行するのに苦労しているようにより具体的には 叔父を実行することです

  • Then again, Me From The Past, many of us would argue that Hamlet does struggle to make decisions,

    繰り返すが、「過去からの私」では、ハムレットは決断を下すのに苦労していると主張する人が多い。

  • but the decisions he has to make are quite difficult. I mean this is a play about justice

    しかし、彼がしなければならない決断は非常に難しいものです。これは正義の劇なんです

  • and revenge and your conscience, and your place in the social order, and once again

    そして復讐と自分の良心と社会秩序の中での自分の立ち位置をもう一度

  • deeply uncomfortable feelings about mothers. Intro

    母親への深い違和感イントロ

  • So, Shakespeare based Hamlet on a medieval Scandinavian tale chronicled by everyone’s

    シェイクスピアがハムレットをベースにしたのは、中世のスカンジナビアの物語で、誰もが知っている物語です。

  • favorite Danish historian Saxo Grammaticus, pictured here, depending on your world view

    好きなデンマークの歴史家、サクソ・グラマティカス。

  • as either Santa Claus or God. But shakespeare probably knew the tale from

    サンタクロースか神のどちらかとしてしかし、シェイクスピアはおそらくこの物語を

  • contemporary plays rather than like actual Danish history because up to that point had

    現代劇ではなく、実際のデンマークの歴史のようなものではなく、その時点までに持っていたので

  • been mostly about Vikings and pastries. Actually, that’s still mostly what it is.

    バイキングとお菓子の話が中心だった実際には今でもそのほとんどがそうです

  • So Saxo tells the story of Prince Amleth, a kid who he sees his uncle murder his father.

    そこでサクソは、叔父が父親を殺害する姿を見た子供、アムレウス王子の話をします。

  • And then young Amleth bides his time and pretends to be crazy in order to lull his uncle into

    そして、若きアムレスは時間をかけて狂ったふりをして、叔父を小康状態にするために

  • a false sense of security. And then, as soon as he’s grown up, Amleth slaughters his

    という偽りの安心感。そして、大人になった途端、アムレスは彼を惨殺します。

  • uncle with his father’s sword. Amleth by the way, 80% of the way to being

    父の剣を持ったおじさんちなみにアムレスは8割が

  • Pig Latin for Hamlet. Anyway, it’s interesting to know that background

    豚のラテン語でハムレットとにかく、その背景を知ることができて面白い

  • because it makes you think about the changes that Shakespeare makes to that story which

    なぜなら、シェイクスピアがその物語に加える変化について考えさせられるからです。

  • indicates something about what’s really important to Shakespeare.

    は、シェイクスピアにとって本当に大切なものについて何かを示しています。

  • For instance, Hamlet isn’t unable to kill his uncle because he’s young. And he doesn’t

    例えば、ハムレットは若いから叔父を殺せないわけではありません。そして、彼は

  • actually see his uncle murder his father. So basically, Shakespeare was introducing

    実際に叔父が父親を殺害するのを見ていますシェイクスピアは基本的に

  • ambiguity into the story which is kind of Shakespeare’s specialty.

    シェイクスピアの得意分野である曖昧さを物語に落とし込んでいます。

  • So Hamlet is Shakespeare’s most popular play, in fact, it’s perhaps the only one

    だからハムレットはシェイクスピアで最も人気のある戯曲なのです。

  • to have been consistently performed since it debuted. It’s also, very long.

    をデビュー以来一貫して演奏してきました。それもまた、非常に長いです。

  • Like when Kenneth Branagh attempted to film every line the movie lasted more than four

    ケネス・ブラナーがすべてのセリフを撮影しようとしたときのように、映画は4時間以上も続いた。

  • hours. Some theatrical productions have gone on as long as six.

    時間。6時間も続く演劇作品もあります。

  • The general consensus is that Shakespeare wrote the play so long to satisfy himself,

    一般的なコンセンサスは、シェイクスピアは自分を満足させるために、これだけ長い時間をかけて戯曲を書いたということです。

  • and he knew that theatre troupes would just like make it shorter any way they wanted.

    劇団が好きなように短くしたいと思っていることを知っていました。

  • But it’s also possible that he thought that by keeping the audience at the theater for

    しかし、観客を劇場に留めておくことで

  • longer, would help him to sell more mutton pies at the concession stand. We have to remember

    彼がもっと長い間、売店でマトンパイを 売るのに役立つだろう。覚えておかなければならないのは

  • that art is also commerce. But this whole link thing brings us to the

    芸術は商業でもあるしかし、この全体的なつながりが私たちを

  • fact that there are actually three different versions of Hamlet. There are two quartos,

    ハムレットには3つのバージョンがあるという事実。二つのクオートがあります

  • one from 1603 and another from 1604, and then the Folio edition from 1623

    1603年版、1604年版、1623年版のフォリオ版

  • The second quarto and the folio are somewhat similar, although the first was probably based

    第二クオートとフォリオは多少似ていますが、第一クオートはおそらくこれに基づいています。

  • on Shakespeare’s notes and the second based on seeing the play in performance.

    シェイクスピアのノートに基づいたものと、公演中の演劇を見たことに基づいたものがあります。

  • But the first quarto is known as thebad quarto,” and not in the sense that it’s

    しかし、最初のクオルトは「悪いクオルト」として知られており、その意味ではなく

  • evil, but in the sense that it’s kind of terrible.

    悪だが、ある意味ではひどいものだ。

  • Historians believe that an actor probably transcribed the first quarto his memory and

    歴史家は、俳優がおそらく彼の記憶と最初のクオートを転写したと考えています。

  • that that actor probably only played really small parts. Like Marcellus.

    その俳優は おそらく本当に小さな役しか演じていないマーセラスみたいにね

  • You know Marcellus, fromPulp Fiction”, he’s played by Ving Rhames. What? There’s

    「パルプフィクション」に出てくるマーセラスは ヴィング・レイムズが演じてるね何だって?そこに

  • a Marcellus in Hamlet? Basically, the scenes he was onstage for he

    ハムレットのマーセラス?基本的に彼が舞台に立っていたシーンは

  • remembered pretty well, but the other ones not so much. He was probably that actor who’s

    よく覚えていましたが、他の人はあまり覚えていませんでした。彼はたぶん、あの俳優さんの

  • always mouthing other peopleslines. For example, here’s the bad quarto’s “To

    いつも他人のセリフを口にしています例えば、ここでは、悪いクオートの「へ

  • be or not to bespeech: “To be, or not to be, that's the point,/ To Die, to sleepe,

    であるかどうか」のスピーチ。"To be, or not to be, that's the point, / To Die, to sleepe.

  • is that all?” that’s just fantastic. But sometimes the divergences are interesting.

    というと、「それだけですか」と言われてしまいますが、それはそれで幻想的です。でもたまには発散が面白いですよね。

  • In one version Hamlet wishes that histoo solid fleshwould melt, in another, he

    あるバージョンでは、ハムレットは自分の「固すぎる肉」が溶けることを望んでいるが、別のバージョンでは、彼は

  • talks about histoo sallied fleshwhich might mean assailed flesh or might mean sullied

    穢れた肉を意味する場合もあれば、穢れた肉を意味する場合もあります。

  • flesh. Anyway, in all the versions, the plot is the

    生身の人間になっている。とにかく、どのバージョンでもプロットは

  • same: Hamlet is a grad student who returns home to Elsinore when his father dies and

    同:ハムレットは、父親が死んでエルシノアに帰ってきた大学院生である。

  • then his mother Gertrude suddenly marries his uncle Claudius. Claudius takes over as

    その後、母ガートルードが突然、叔父クラウディウスと結婚します。クラウディウスは

  • king even though technically Hamlet should inherit the throne.

    厳密にはハムレットが王位を継承すべきであるにもかかわらず、王様。

  • So a grieving Hamlet deals with this as any grad student would by wearing black, listening

    悲しみに暮れるハムレットは、他の大学院生と同じように、黒の服を着て、話を聞くことで、この問題に対処します。

  • to sad music, and making long speeches about how he wishes his flesh would melt. Which

    悲しい音楽に合わせて、自分の肉が溶けてくれればいいのに、と長々と話していました。どっちの

  • spoiler: It eventually will. But then, his father’s ghost appears to

    ネタバレです。最終的にはそうなります。しかし、その時、父親の亡霊が現れて

  • him and begs Hamlet to revenge his murder by that aforementioned uncle Claudius. Hamlet

    とハムレットに懇願し、前述の叔父クラウディウスに殺害されたことを復讐するように懇願します。ハムレット

  • isn’t sure about this. So he pretends to be insane, you know as you do. That buys him

    これには確信が持てないだから彼は狂ったふりをしていますあなたが知っているようにそれで彼は

  • some time. He then hires a troupe of players to put on a show that will make Claudius to

    ある程度の時間をかけて彼はその後、クラウディウスを作るショーに置くために選手の一座を雇う。

  • reveal his guilt, Claudius is indeed overwhelmed with emotion,

    罪悪感を露わにするクラウディウスは、さすがに感情に圧倒される。

  • flees the play, Gertrude summons Hamlet to her bedchamber where they have a weirdly intimate

    ガートルードはハムレットを彼女の寝室に召喚し、そこで二人は奇妙なほど親密な関係を築いた。

  • discussion, until Hamlet hears a noise and in a rare decisive moment stabs the curtain.

    ハムレットが物音を聞き、稀に見る決定的な瞬間にカーテンを突き刺すまで、議論は続きます。

  • Oh, but it’s not my uncle, it’s Polonius.

    あ、でもおじさんじゃなくてポロニウスだよ。

  • Polonius, who was never brief despite saying that, “brevity is the soul of wit.”

    ポロニウスは「簡潔さこそがウィットの魂」と言ったにもかかわらず、決して簡潔ではありませんでした。

  • And then also famously said, “to thine own self be trueand you know, proceeded to

    そしてまた、有名なことに、「自分自身が真実であること」と言って、あなたが知っているように、次のように進みました。

  • not be terribly true to himself. So Gertrude decides that Hamlet should get

    自分自身にひどく忠実ではありません。ガートルードはハムレットが

  • out of town for a while and he sails away and there’s a writ of death and storms and

    暫くの間町を離れて出航すると死と嵐との手紙が出てくる

  • pirates, and then Hamlet returns only to find that Polonius’s daughter Ophelia has committed

    そして、ハムレットはポロニウスの娘オフィーリアが海賊を犯したことを発見するためだけに戻ってきます。

  • suicide and that her brother Laertes is kind of mad at Hamlet.

    自殺したこと、弟のラエルテスがハムレットに怒っていること。

  • So Claudius schedules a fencing match between Laertes and Hamlet, poisoning Laertes’s

    そこでクラウディウスはラエルテスとハムレットのフェンシングの試合を予定し、ラエルテスを毒殺します。

  • sword and Hamlet’s wine. Hamlet is stabbed, but manages to wound Laertes

    剣とハムレットのワインハムレットは刺されましたが、ラエルテスを傷つけることに成功しました。

  • while Gertrude downs the fatal wine. And then, once everyone is dead or dying Hamlet decides

    ガートルードが致命的なワインを 飲んでいる間にそして、皆が死ぬか死んだ後、ハムレットは決心する

  • that, now, is finally a good time to stab Claudius.

    と言うことは、今はようやくクラウディウスを刺すのに適した時期になってきたということだ。

  • Basically, all the Danes die. Except Horatio of course because you need someone to say,

    基本的には全てのデンマーク人が死ぬホレイショ以外はね

  • Good night sweet prince: And flights of angels sing thee to thy rest!”

    "おやすみなさい王子様 天使たちがあなたの休息のために歌います"

  • What kind of place is this Denmark where people have stunningly un-Danish names like Claudius

    このデンマークはどんな場所なんだろう? クラウディウスのようなデンマーク人ではない名前を持つ人々がいる場所

  • and Polonius. Well, let’s go to the Thought Bubble.

    とポロニウス。さて、思考バブルに行きましょう。

  • So, throughout the play, Claudius is building up an army to take on Norway and Denmark is

    そのため、劇中ではクラウディウスはノルウェーに対抗するために軍隊を増強しており、デンマークは

  • caught in a strange limbo between war and not war. As often happens, the specter of

    戦争とそうでない戦争の間の奇妙な迷宮に挟まれている。よくあることですが

  • external enemies leads the ruling powers to search for enemies within, and we see a lot

    外敵は内部の敵を探すために支配者をリードし、我々は多くを参照してください。

  • of examples of Elsinore as a surveillance society. Like, Hamlet’s not wrong when he

    監視社会としてのエルシノアの例を挙げてみました。例えば ハムレットは間違っていない

  • tells Rosencrantz and GuildensternDenmark’s a prison.”

    ローゼンクランツとギルデンスターンに "デンマークは刑務所だ "と言う

  • The characters are closely watching each other; I mean Gertrude and Claudius are watching

    ガートルードとクラウディウスが見ているという意味です。

  • Hamlet, so is Polonius, though he’s awfully bad at it. Hamlet’s schoolmates, Rosencrantz

    ハムレットもそうだが、ポロニウスは下手くそだが。ハムレットの学友、ローゼンクランツ

  • and Guildenstern are watching him closely as Claudius is encouraging them to spy while

    クラウディウスが二人にスパイするように勧めている間、クラウディウスとギルデンスターンは彼をじっと見ています。

  • they throw back Danish grog and talk about girls. Ophelia is watching Hamlet, too, but

    デンマークの酒を飲みながら 女の子の話をしているオフィーリアもハムレットを見ていますが

  • Hamlet isn’t watching her, because he’s too busy staring at Claudius, trying to figure

    ハムレットは彼女を見ていない クラウディウスを見つめるのに忙しいからだ

  • out if he really did murder his father and of course Hamlet also spends a lot of time

    本当に父親を殺したのかどうかを調べたり、もちろんハムレットも時間をかけて

  • watching himself and then reciting anguished soliloquies about it.

    自分を見て、それを苦し紛れに独り言を言っていた。

  • Personally, in the end, I’m more struck my Hamlet’s narcissism than by his indecisiveness.

    個人的には、最終的には優柔不断さよりもハムレットのナルシシズムに心を打たれました。

  • Note12_Watching_Hamlet.jpg Anyway, all of this is probably less a criticism

    Note12_Watching_Hamlet.jpg いずれにしても、これはすべて批判というよりは、おそらく

  • of Denmark, which is a perfectly nice place full of herring sandwiches and competitive

    ニシンのサンドウィッチと競争力のあるデンマークの

  • handball, than it is a commentary on Elizabethan England, a place notorious for spying and

    ハンドボールではなく、エリザベス朝のイングランドを解説しています。

  • also the place where Shakespeare actually lived. There were all sorts of anti-royal,

    シェイクスピアが実際に住んでいた場所でもあります。様々な反王族がいましたが

  • anti-Catholic conspiracies going and Elizabeth I ran a whole network of spies to help discover

    反カトリックの陰謀が進行していて、エリザベス1世は、その発見を助けるためにスパイのネットワーク全体を運営していました。

  • themsort of like M in James Bond, but with more tiaras. Even Christopher Marlowe, Shakespeare’s

    ジェームズ・ボンドのMのようなものですが、ティアラの数が多いです。シェイクスピアのクリストファー・マーロウでさえも

  • rival and one of the most badass playwright’s ever, was a spy. So the court of Elsinore

    ライバルであり 史上最も悪質な劇作家の一人である 彼はスパイだったそれでエルシノアの宮廷は

  • can be read as a commentary on Shakespeare’s own environment, in which being tried and

    は、シェイクスピア自身の環境についての解説として読むことができます。

  • beheaded for secret treason was kind of a national pastime.

    秘密裏に反逆罪で斬首されるのは、一種の国民的娯楽だった。

  • Thanks, Thought Bubble. So Hamlet is a play about watching and being watched. Something

    ありがとう 思考の泡さんハムレットは見ていることと見られていることの戯曲なんですね。何か

  • that were all pretty familiar with these days, but it’s also a play about doubling

    最近ではすっかりお馴染みになってきましたが、これも二重化の遊びです。

  • and mirroring. This is a common Shakespearian thing but it

    とミラーリングしています。これはシェイクスピアではよくあることですが、それは

  • gets to some really core questions about being a person.

    人であることについてのいくつかの本当に核心的な質問に到達します。

  • Like are people really capable of change, can they become different people over time,

    人々は本当に変化することができるように、彼らは時間をかけて別の人になることができます。

  • and when you look in the mirror are you seeing the person that is actually you? Are you the

    鏡を見たとき、あなたは実際の自分を見ていますか?あなたは

  • person you imagine yourself to be? So, there are at least two Hamlets in this

    あなたは自分自身を想像していますか?ということは、この中には少なくとも2つのハムレットがあります。

  • play, right, there is the old dead King Hamlet who goes around haunting the Elsinore battlements

    エルシノアの城壁に悩まされている 死んだハムレット王がいる

  • and our hero who is supposed to avenge that old Hamlet .

    そして、ハムレットの仇を討つことになっている我々のヒーロー...

  • But the living Hamlet is also split into two people: the one who wants to kill Claudius

    しかし、生きているハムレットもまた、クラウディウスを殺そうとする者と、二人に分かれてしまいます。

  • and the one who’s like, “You know maybe not. Maybe I should just be a grad student.”

    そして、「あなたはそうではないかもしれない知っています。"大学院生になるべきかもしれない"

  • And some critics argue that the Hamlet who returns home from the pirate adventure is

    そして、海賊の冒険から帰ってくるハムレットは

  • yet another person, because he is a very different guy from the one who left.

    まだ別人、出て行った人とは大違いだから。

  • And you can even see Ophelia as a kind of extreme, subversive double for Hamlet, like

    オフィーリアはハムレットの極端で破壊的な替え玉のようなものだと考えることもできます。

  • what Hamlet might be like if he were robbed of all power and agency.

    ハムレットが全ての力と権限を奪われたらどうなるか

  • And then obviously when the actors perform their play The Murder of Gonzago, theyre

    そして明らかに役者が「ゴンザゴの殺人」を演じる時には

  • mirroring all the recent events in Elsinore. But it’s not a regular mirror right. It’s

    エルシノアでの最近の出来事を 全て映し出していますでも普通の鏡じゃないわねそれは

  • kind of a funhouse mirror. But ultimately, it’s not just…. oh no!

    ファンハウスの鏡のようなしかし、究極的には......うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

  • My desk is moving! That must mean it’s time for the open letter!

    机が動いた!ということは、公開書簡の時間だ!

  • An open letter to Simba. Hey there Simba, let’s take a look at the 1990s adaptation

    シンバへのオープンレターやあシンバ、1990年代の映画化を見てみよう。

  • of Hamlet that DIDN’T star Mel Gibson. The one starring you - The Lion King.

    ハムレットのメル・ギブソン主演ではないライオン・キングを主演にしたもの

  • Simba? Hamlet Mufasa? Recently murdered king.

    シンバ?ハムレット・ムファサ?最近殺された王様

  • Scar? Claudius Mufasa in the sky and smoke? Oviously, Ghost.

    スカー?空と煙のクラウディウス・ムファサ?うららかに、ゴースト

  • Nala? Ophelia The Elephant Graveyard? England. Or maybe

    ナラ?オフィーリア「象の墓場」?イギリスだそれとも

  • the actual graveyard with the last poor Yorick whom I knew well.

    私がよく知っている最後のかわいそうなヨーリックと一緒に、実際の墓場。

  • The point is: YOU MUST NEVER GO THERE, SIMBA. Sorry, I don’t have a good James Earl Jones.

    ポイントはあなたは決してそこに行くべきではありません、SIMBA。申し訳ありませんが、私は良いジェームズ・アール・ジョーンズを持っていません。

  • Best wishes, John Green. So anyway, it’s not just one mirror, but

    幸運を祈るよ、ジョン・グリーンとにかく、一枚の鏡ではなく、

  • many, that reflect Hamlet’s trouble figuring out what kind of a man he is and how he should

    ハムレットがどのような男であるか、どのようにすべきかを考えるのに苦労していることを反映しているものが多いです。

  • act. These mirrors also underscore the perpetual cycle of violence at the heart of the revenge

    の行為。これらの鏡はまた、復讐の中心にある暴力の永続的なサイクルを強調している。

  • tragedy which youll no doubt remember from our talk of ancient Greek stories.

    古代ギリシャの物語の話で覚えているであろう悲劇。

  • There is, literally, always another Hamlet. Like in these tragedies the desire for vengeance

    文字通り、常に別のハムレットが存在します。これらの悲劇のように 復讐への欲望は

  • ultimately corrupts the revenger and he or she has to die, too. Each murder has to be

    最終的には 復讐者を堕落させてしまいます その人も死ななければなりませんそれぞれの殺人は

  • answered for with another murder until we are out of people who can die.

    死ぬことができる人がいなくなるまで、別の殺人のために答えた。

  • A good example of this unending violence is old Hamlet’s ghost, who can’t rest in

    この終わりのない暴力の良い例は、ハムレットの老いぼれで休むことができない幽霊です。

  • this grave until he’s avenged. Now, the critics Andrew Bennett and Nicholas Royle

    彼が復讐されるまでこの墓にいるさて、評論家のアンドリュー・ベネットとニコラス・ロイルは

  • describe ghosts asthe very embodiment of strange repetition or recurrence: it is

    幽霊を「奇妙な反復や反復のまさに具現化である。

  • a revenant, it comes backOkay, but it comes back from where? Like ghosts

    復讐者は戻ってくる" わかった でもどこから戻ってくるの?幽霊のように

  • don’t really fit into Hamlet’s understanding of death. He describes death asThe undiscover’d

    ハムレットの死の理解には合わないわ彼は死を "未発見のもの "と表現しています

  • country, from whose born / No traveller returns.” Except his dad, apparently.

    "誰の国から生まれても旅人は帰らない"父親以外はね

  • In fact, one way to read it is that the ghost’s fate is in some ways aligned with Catholic

    実際、一つの読み方としては、幽霊の運命は、ある意味ではカトリックの

  • purgatory, “confin’d to fast in fires / till the foul crimes done in my days of

    煉獄「火獄に幽閉されて、私の時代に犯した悪行が終わるまで

  • nature / are burnt and purg’d away.” And Hamlet seems to fear something similar, “For

    "自然は焼き尽くされて 浄化されてしまう"そしてハムレットは似たようなことを恐れているようだ。

  • in that sleep of death what dreams may come.” Though it’s also worth nothing that Hamlet

    "死の眠りの中で夢を見るかもしれない"ハムレットは

  • wonders if the ghost really is his father. Hamlet has to ask if the ghost is a “spirit

    ハムレットは幽霊が本当に父親なのかと疑問に思います。ハムレットは、幽霊が「霊」なのかどうかを尋ねなければなりません。

  • of health or goblin damn'd.” Regardless, the ghost makes Hamlet wonder

    "健康かゴブリンか"とにかく 幽霊はハムレットに疑問を抱かせた

  • about the consequences of his actions. I mean here’s Hamlet saying, “Can this ghost

    自分の行動の結果についてハムレットはこう言っています 「この幽霊は

  • (who’s name I remind you is Hamlet) be trusted? Is justice the business of people or God.

    (ハムレットと言えば誰だっけ?)は信頼されるのか?正義は人の仕事なのか、神の仕事なのか。

  • Now obviously there are no easy answers to those questions but earthly justice is clearly

    さて、これらの質問に対する簡単な答えはありませんが、地上の正義は明らかに

  • corrupted—I mean Claudius has usurped the kingdom and there’s evidence that old King

    クラウディウスが王国を簒奪したことを意味していますが、その証拠に老王が

  • Hamlet might not have been the greatest ruler either.

    ハムレットも最高の支配者ではなかったかもしれません。