Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • with drugmakers racing to produce coronavirus vaccines, Authorities face a challenge in how to transport them around the world on Mass once they're ready and they'll have to do it while keeping them.

    製薬会社がコロナウイルスワクチンを生産するためにレースをしていると、当局は、彼らが準備ができていると彼らはそれを維持しながらそれをしなければならないだろうとマス上で世界中にそれらを輸送する方法の課題に直面しています。

  • But ultra low temperatures here at a large cold storage warehouse at Amsterdam's Skip All Airport Carolyn workers are getting ready for a surgeon vaccine cargoes next year.

    しかし、アムステルダムのスキップオール空港キャロリンの労働者が来年の外科医のワクチン貨物の準備をしている大規模な冷蔵倉庫でここに超低温。

  • Skip Eliza, major hub for medical products on its already handled some of the vaccines being used in trials.

    スキップイライザ、その上の医療製品のための主要なハブは、すでに試験で使用されているワクチンのいくつかを処理しました。

  • Paul Krom back is program manager of Air France KLM's cold chain program.

    ポール・クロムはエールフランスKLMオランダ航空のコールドチェーンプログラムのプログラムマネージャーを務めています。

  • The bigger containers can carry up to 30,000 doses of the vaccine.

    大きめの容器には、3万回分のワクチンを入れることができます。

  • Well, we know that we're going to have to transport a lot of the vaccine, so we do expect a large increase, UH, there.

    まあ、ワクチンを大量に輸送しなければならないのは分かっているので、大幅な増加を期待しています、UH、そこに。

  • But we have space as you can.

    しかし、私たちはあなたができるようにスペースを持っています。

  • Skip Elice, the second biggest hub for pharmaceutical products in Europe.

    欧州第2位の医薬品のハブであるスキップ・エリス。

  • It's expected to be both a staging ground for vaccines from India, Italy or the United States on the departure point for vaccines made in Europe.

    ヨーロッパ製のワクチンの出発地であるインド、イタリア、アメリカのいずれのワクチンのためのステージンググラウンドになると予想されています。

  • Marcel Count is Air France KLM cargo pricing and capacity director, so the first ones will probably come in December January and from their own new factions will be approved.

    マルセルカウントは、エールフランスKLM貨物価格と容量のディレクターであるので、最初のものはおそらく12月1月に来るだろうし、独自の新しい派閥から承認されます。

  • The additional capacity that is needed for that is something that we're planning for.

    そのために必要とされる追加の容量は、何かを計画しているのです。

  • So we do expect to be able to handle the additional volumes needed for a vaccine transportation.

    そのため、ワクチン輸送に必要な追加量にも対応できると考えています。

  • No vaccine has yet been approved by US or European regulators, but the shot developed by Pfizer and biotech could be ready for rapid production and distribution as early as next month.

    欧米の規制当局が承認したワクチンはまだないが、ファイザーとバイオテックが開発したショットは、早ければ来月にも迅速な生産・流通の準備が整う可能性がある。

  • The Pfizer vaccine will have to be transported at minus 80 C in small cool boxes holding about 5000 doses, which must be kept packed in dry ice until shortly before use.

    ファイザー社のワクチンは、使用直前までドライアイスで梱包しておかなければならず、約5,000回分を入れた小さな箱に入れて、マイナス80度で輸送しなければなりません。

with drugmakers racing to produce coronavirus vaccines, Authorities face a challenge in how to transport them around the world on Mass once they're ready and they'll have to do it while keeping them.

製薬会社がコロナウイルスワクチンを生産するためにレースをしていると、当局は、彼らが準備ができていると彼らはそれを維持しながらそれをしなければならないだろうとマス上で世界中にそれらを輸送する方法の課題に直面しています。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 ワクチン スキップ 貨物 ファイザー フランス 承認

エールフランス-KLM、ワクチンの急増に備える (Air France-KLM gears up for vaccine surge)

  • 1 0
    林宜悉 に公開 2020 年 11 月 29 日
動画の中の単語