Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Hello. This is 6 Minute English from BBC Learning English. I'm Neil.

    こんにちは。BBCラーニングイングリッシュの 6分間英語です私はニールです

  • And I'm Rob.

    私はロブです

  • It's great that you're here to keep me companyto spend time

    私と一緒にいてくれるのは素晴らしいことです。

  • with me so I don't get lonelybecause loneliness is the subject

    孤独にならないように、私と一緒に - 孤独がテーマなので

  • of this programme.

    このプログラムの

  • It's good to be here, Neil.

    来て良かったよ ニール

  • I think many of us have experienced loneliness at some point.

    多くの人が一度は孤独を経験したことがあると思います。

  • Maybe you've felt lonely because all your friends have gone out for

    もしかしたら、友達がみんな出かけてしまって寂しい思いをしているのかもしれません。

  • dinner without you, or maybe you've felt lonely

    あなたがいないと夕食が食べられないとか、寂しい思いをしたとか

  • just because you don't fit in somewhere.

    どこかになじめないからといって

  • Yes, that's when we sometimes use the expression 'to

    そうですね、そういう時こそ「to」という表現を使うことがあります。

  • feel lonely in a crowd'.

    人ごみの中で寂しい思いをする

  • Well, we'll be exploring if this is a new idea or something humans

    まあ、これが新しい考えなのか、人間が何かしているのかを探っていくことになります。

  • have always experienced, and along the way we'll be teaching

    がいつも経験してきたことを、その道のりで教えていきます。

  • you some new vocabulary.

    新しいボキャブラリーが出てきたな

  • But now I'm here to keep you company,

    でも今はあなたと一緒にいるためにここにいます。

  • how about a question for me?

    聞きたいことがあるんだけど

  • Of course! Well, one possibly lonely man is Mauro Morandi.

    もちろんだ!孤独な男といえば、マウロ・モランディだ。

  • He's lived alone on Budelli Island in Italy

    イタリアのブデッリ島で一人暮らしをしています

  • for many years, but how many years exactly?

    何年も前からですが、正確には何年ですか?

  • Is it: a) 6 years, b) 31 years, or

    それは:a)6年、b)31年、または

  • c) 44 years?

    c) 44歳?

  • Umm 44 years would be tough, as would 31, so I'll go for 6 years.

    うーん、44年は31年と同じように厳しいだろうから、6年で行くよ。

  • OK, Rob, we'll find out later if that's right.

    そうか、ロブ、それが正しいかどうかは後になってから調べよう。

  • Now, I'm sure we all want to be alone from time to time, to escape

    今、私たちは誰もが、時々一人になりたいと思っていると思います。

  • the demands of our colleagues or the pressures of real life,

    同僚の要求や現実の生活でのプレッシャー。

  • but would we really want to be totally alone?

    でも、本当に完全に一人になりたいのかな?

  • Well, I certainly wouldn't.

    まあ、確かに私はしません。

  • And research has found that prolonged social isolation is bad for us,

    社会的孤立を長引かせるのは良くないという研究結果が出ています。

  • particularly mentally.

    特に精神的に。

  • It's an interesting topic, and one that the BBC Radio 4 programme

    興味深いトピックであり、BBCラジオ4のプログラムの一つである

  • Thinking Aloud has been exploring.

    Thinking Aloudは探求してきました。

  • Its guest, Fay Bound Alberti, Reader in History at the University

    ゲストのフェイ・バウンド・アルベルティさんは、大学の歴史学のリーダーです。

  • of York, explained how loneliness is a relatively

    of Yorkは、孤独が比較的

  • new emotional state.

    新しい感情の状態。

  • A state is a condition at a particular time.

    状態とは、特定の時点での状態のことです。

  • Let's hear what she had to say about references

    参考文献についての彼女の意見を聞いてみよう

  • to loneliness in literature.

    を文学の中の孤独に

  • Well novels are fascinating, because there's a difference

    小説は魅力的だよ違いがあるからね

  • between novels in the 18th Century, when they first came into being,

    小説と小説の間には、初めて小説が生まれた18世紀には

  • and novels in the 19th Century - in the 18th Century something

    と19世紀の小説-18世紀の何かに

  • like Robinson Crusoe, there's not a single reference to loneliness.

    ロビンソン・クルーソーのように、孤独についての言及は一つもありません。

  • By the 19th Century novels are full of lonely people and that reflects

    19世紀の小説は孤独な人が多く、それが反映されています。

  • those kinds of social changes.

    そのような社会の変化に対応するために

  • Give me some examples. What may count as examples?

    いくつか例を挙げてみましょう。何が例として挙げられるでしょうか?

  • Well, I suppose I'm thinking about if you compare something like

    のようなものを比較したらどうかと思うんですが

  • Wuthering Heights where you have this desperate desire on the part

    あなたがこの絶望的な欲望を持っているWutheringハイツ

  • of the heroine to find love which is bundled up to in this sense of the

    の意味で束縛された愛を見つけるためにヒロインの

  • self not being complete without another, or Tess of the d'Ubervilles.

    他の人がいないと完全ではない自己、あるいは「ウバーヴィルのテス」。

  • And so Victorian fiction in particular tends to be full of woman

    特にヴィクトリア朝の小説は女性が多い傾向にあります。

  • who are in search of the significant other

    重要な相手を探している人

  • and needing to find happiness and an absence of loneliness

    寂しさと幸せを求めて

  • in the domestic.

    国内では。

  • It's interesting that Fay mentions the story of Robinson Crusoe

    フェイがロビンソン・クルーソーの話に言及しているのは面白いですね。

  • about a man living on a desert island

    無人島に住む男の話

  • does not mention the word loneliness.

    は「孤独」という言葉には触れていません。

  • But because of a shift in how people behaved and thought in the

    での人々の行動や考え方の変化があったために

  • 19th centurycalled social changeloneliness became

    19世紀-社会の変化と呼ばれる-孤独は、孤独になった

  • an emotion that was written about in stories.

    物語に書かれていた感情

  • Ah, but loneliness tended to be something affecting women.

    ああ、でも孤独は女性に影響を与える傾向がありました。

  • They were searching for happiness by finding a 'significant other' –

    彼らは「大切な人」を見つけることで幸せを探していました。

  • a partner, usually a man, who they wanted to marry.

    結婚したいと思っていた相手(通常は男性)。

  • How things have changed!

    何がどう変わったのか!

  • Yes, now Fay also went on to talk about how some

    はい、今フェイはまた、いくつかの方法について話しました

  • female authors, like Virginia Woolf, looked for solitudethat's

    ヴァージニア・ウールフのような女性作家は、孤独を求めていました。

  • being alonebecause that helped them be creative.

    一人でいることが、彼らの創造性を高めていたからです。

  • Even today, being alone gives us headspace and time to think,

    現代でも、一人でいることで頭の中に余裕が生まれ、考える時間が生まれます。

  • as long as it doesn't last forever. Anyway, as we mentioned,

    長続きしない限りはとにかく、前述したように

  • we've probably all been lonely at some point, and Fay

    誰もが孤独を感じたことがあるだろうし フェイは

  • Bound Alberti told the Thinking Aloud programme that

    バウンド・アルベルティは、Thinking Aloudプログラムで次のように語っています。

  • loneliness can take many forms.

    孤独には様々な形があります。

  • Absolutely, I think that loneliness is something that affects

    絶対に、孤独は影響するものだと思います。

  • all people but at different times in their lives. I would describe in

    すべての人が、それぞれの人生の中で異なるタイミングでで説明します

  • terms of pinch pointsthere are times when we change [when

    ピンチポイントという点では、私たちが変更することがあります。

  • we become] when we get married, we become mothers, we get

    私たちは結婚して、母親になって、私たちは

  • divorced, anything that changes our life might put us under

    離婚して生活が変わると、何をしても下敷きになるかもしれない

  • temporary loneliness. When it's a problem is

    一時的な寂しさ問題があるときは

  • when it becomes chronic.

    慢性化すると

  • It seems that there are certain times in our lives when we might

    人生の中で、もしかしたら、こんなことがあるかもしれません。

  • feel lonelywhen we break up with a partner or have a baby and

    寂しさを感じる - パートナーと別れたり、赤ちゃんを持っているときに

  • feel isolated, for example. These are moments that Fay

    例えば 孤立していると感じるこれらは フェイが

  • describes as pinch pointstimes in your life where there are

    ピンチポイントとは、人生の中でのピンチの時のことを指します。

  • difficulties and things slow down or change.

    困難や物事の進行が遅くなったり、変化したりする。

  • We could say loneliness at these times is understandable,

    こういう時の寂しさは理解できると言えます。

  • normal and temporary. When it becomes a bigger issue,

    平常時と一時的なそれが大きな問題になると

  • it's what Fay describes as chronicso, long lasting.

    フェイが言うところの 慢性的なもので 長続きします

  • And loneliness isn't always obvious to other people, so it's good

    孤独は他人にバレないこともあるので、いいですね

  • to check in with friends and family to see how they're feeling

    様子を見に行く

  • and to ask if they're OK. Of course, it would be difficult to check

    と聞いて、大丈夫かどうかを確認します。もちろん、確認するのは難しいでしょうが

  • in on Mauro Morandi, who's been living on Budelli Island in Italy

    マウロ・モランディはイタリアのブデッリ島に住んでいます

  • for many years, but how many years exactly?

    何年も前からですが、正確には何年ですか?

  • Ahh well I thought 6 years. Was I right?

    ああ......6年だと思ってたそうだったかな?

  • I'm afraid not. It's actually been 31 years. He told National

    そうではありません実際には31年になります彼はナショナルに

  • Geographic magazine “I'm sort of in prison herebut it's a prison

    ジオグラフィック誌「私はここではなんとなく牢屋の中にいるような...でも牢屋だからね

  • that I chose for myself.” So I'm guessing he's got used to his

    "自分で選んだ"だから、彼は自分で選んだ自分の

  • own company! I certainly couldn't live alone for that long

    自分の会社!確かにそんなに長く一人では生きていけませんでした。

  • I'd been too lonely, I need company Rob.

    私はあまりにも孤独だった 私には仲間が必要だ ロブ

  • Yeah, me too Neil! And loneliness is what we've been discussing

    ああ、俺もだ ニール!そして、孤独は私たちが話し合ってきたことです。

  • in this programme. Here's a recap of some of the vocabulary

    このプログラムではここにいくつかの語彙の要約があります

  • we've mentioned. Firstly, to keep someone company is to spend

    これまで述べてきたようにまず、誰かと付き合うということは

  • time with someone so they don't get lonely.

    孤独にならないように、誰かと一緒の時間を過ごす。

  • Social change is a shift in how people behave and think.

    社会の変化とは、人の行動や考え方の変化です。

  • A significant other is an informal way of describing a partner.

    重要な相手とは、パートナーを表現するための非公式な方法です。

  • Solitude describes being alone.

    孤独は、一人でいることを表しています。

  • When talking about life, pinch points are times where there are

    人生の話をしていると、ピンチというのは、次のような時です。

  • difficulties and things slow down or change. And chronic

    困難や物事の進行が遅くなったり、変化したりします。そして慢性的な

  • describes a health condition that is long lasting.

    は、長続きする健康状態を表します。

  • And that's all we have time for in this programme,

    このプログラムの時間はこれだけです。

  • but remember you can find more useful vocabulary,

    しかし、より多くの有用な語彙を見つけることができることを覚えておいてください。

  • trending topics and help with your language learning here at

    トレンドのトピックや語学学習のお手伝いをします。

  • BBC Learning English. We also have an app that you can

    BBCの英語学習。というアプリもあります。

  • download for free from the app stores and of course we are

    アプリストアから無料でダウンロードして、もちろん私たちは

  • all over social media. Bye for now!

    ソーシャルメディアでさようなら!

  • Bye bye!

    バイバイ!

Hello. This is 6 Minute English from BBC Learning English. I'm Neil.

こんにちは。BBCラーニングイングリッシュの 6分間英語です私はニールです

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 孤独 フェイ 小説 ピンチ 寂し 変化

孤独 - 6分間の英語 (Loneliness - 6 Minute English)

  • 41 6
    林宜悉 に公開 2020 年 11 月 29 日
動画の中の単語