Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Earth. November 14, 1969.

    地球1969年11月14日

  • Three astronauts, with spacesuits, food, water, and a battery of scientific and communications

    3人の宇宙飛行士、宇宙服、食料、水、科学と通信のバッテリーを持っています。

  • equipment, prepared to fly to the moon.

    月に飛ぶ準備をしていた

  • Thousands gathered at the Kennedy Space Center in Florida, including President and Mrs. Richard

    フロリダのケネディ宇宙センターには、リチャード大統領夫妻を含む数千人が集まった。

  • Nixon, to witness the historic launch.

    ニクソンは、歴史的な打ち上げを目撃するために。

  • It was raining that day, but that was no cause for delay. The ship that would carry them

    その日は雨が降っていましたが、それは遅れる理由にはなりませんでした。彼らを運ぶ船は

  • into space was designed to launch in any weather.

    宇宙へはどんな天候でも打ち上げられるように設計されていました。

  • But how would it respond to a powerful electrical storm now gathering above the launch pad?

    しかし、今、発射台の上に集まっている強力な電気嵐にどう対応するのでしょうか?

  • That was just the beginning of the incredible journey of Apollo 12.

    それは、アポロ12号の信じられないような旅の始まりに過ぎませんでした。

  • With three astronauts fastened into their seats, the countdown proceeded.

    3人の宇宙飛行士が席に着き、カウントダウンが始まりました。

  • Astronaut and Mission Commander Pete Conrad would say later: “The flight was extremely

    宇宙飛行士であり、ミッションコマンダーでもあるピート・コンラッドは、後にこう言います。"このフライトは非常に素晴らしいものでした。

  • normal, for the first 36 seconds.”

    "最初の36秒間は通常通り"

  • The five engines of the Saturn 5’s huge first stage were designed to burn through

    サターン5の巨大な第1段の5つのエンジンは燃え尽きるように設計されていた

  • 5 million pounds of liquid oxygen in just two and a half minutes, and to send the spacecraft

    500万ポンドの液体酸素をわずか2分半で、そして宇宙船を送るために

  • up 67 kilometers above the Atlantic Ocean.

    大西洋の上空67キロまで。

  • When it reached an altitude of 2000 meters, something unexpected happened.

    標高20000メートルに達したとき、予想外のことが起こった。

  • Racing through the stormy environment, the rocket generated a lightning bolt that traveled

    荒天の中を駆け抜け、ロケットは稲妻を発生させ

  • down its highly conductive exhaust trail.

    その導電性の高い排気経路を下っていきます。

  • Another bolt hit 16 seconds later.

    16秒後にもう一つの稲妻がヒットした。

  • All of the spacecraft’s circuit breakers shut off. The tracking system was lost.

    宇宙船の全てのサーキットブレーカーが停止した。追跡システムは失われた

  • A young flight controller in Houston, Texas instructed astronaut Alan Bean on how to turn

    テキサス州ヒューストンの若い飛行管制官が、宇宙飛行士アラン・ビーンに回転の仕方を指導した

  • on an auxiliary power system. The mission was back on track.

    補助電源システムで任務は再開された。

  • Once in Earth orbit, all systems appeared to check out, and flight control officials

    地球軌道上では、すべてのシステムがチェックアウトされているように見え、飛行管制官は

  • gave the crew the green light to leave Earth.

    乗組員に地球を離れる許可を与えた

  • The astronauts were not told of concern that the lighting strikes had damaged the pyrotechnic

    宇宙飛行士には、落雷の影響で火工品が破損したという懸念は伝えられていませんでした。

  • system used to deploy the parachutes that would ease them back through the Earth’s

    パラシュートシステム

  • atmosphere.

    雰囲気を醸し出しています。

  • If that system failed, the astronauts would not return alive.

    もしそのシステムが故障したら、宇宙飛行士は生きて帰ってこれません。

  • This mission would have its share of perils, not unlike those faced by a long line of past

    この任務には、過去の長い歴史の中で直面したものとは違って、危険が伴うだろう。

  • explorers, whose courage and restless spirit propelled them into the unknown.

    探検家たちは、勇気と落ち着きのない精神で未知の世界へと突き進んでいきました。

  • This one, however, was backed by years of technology development, test flights, astronaut

    しかし、これは長年の技術開発、試験飛行、宇宙飛行士の

  • training, and the largest support team back home that any mission ever had.

    トレーニングと、これまでのどのミッションにもない最大のサポートチームが帰ってきました。

  • But hundreds of thousands of kilometers out in space the three astronauts were pretty

    しかし、何十万キロも離れた宇宙空間で 3人の宇宙飛行士は、かなりのものでした。

  • much on their own.

    自分たちで多くのことをしています。

  • What made Apollo 12 unique was the friendship and chemistry of its crew. Conrad, Bean, and

    アポロ12号をユニークなものにしたのは、クルーの友情と相性の良さでした。コンラッド、ビーン、そして

  • Richard Gordon were all Navy men. Working and training together on the Gemini program,

    リチャード・ゴードンは全員海軍の人間だったジェミニ計画で一緒に仕事と訓練をしていた

  • they had gained each other’s respect and trust.

    互いの尊敬と信頼を得ていました。

  • Now, hurtling across more than 400,000 kilometers to the moon, they prepared to fullfill the

    そして今、月まで40万キロ以上の距離を横断して、彼らは満を持して準備をしました。

  • mission’s goals.

    使命の目標。

  • One was to set up a scientific station designed to record seismic, atmospheric, and solar

    一つは、地震、大気、太陽を記録するために設計された科学ステーションを設置することでした。

  • data.

    のデータを使用しています。

  • Another was to visit an unmanned lunar probe called Surveyor III that had landed there

    もう一つは、月面に着陸した「サーベイヤーIII」と呼ばれる無人探査機を訪問することでした。

  • two and a half years before. The idea was to bring back a part to study the effect of

    2年半前にの効果を研究するために、ある部分を持ち帰ることになったのです。

  • the lunar environment.

    月面の環境。

  • A third goal was to improve on the landing of Apollo 11 just 5 months before.

    3つ目の目標は、わずか5ヶ月前のアポロ11号の着陸を改善することでした。

  • Dropping down over a region called the Sea of Tranquility, pilot Neil Armstrong found

    パイロットのニール・アームストロングは、「静寂の海」と呼ばれる地域の上空に落下して発見しました。

  • himself heading straight for a crater full of boulders.

    彼は岩だらけのクレーターに 向かっていました

  • He had to fly over the planned landing site and find a new one.

    彼は着陸予定地の上空を飛んで、新しいものを見つけなければならなかった。

  • Now kilometers beyond the target, the lander, called Eagle, was literally running out of

    目標から何キロも離れたところで、イーグルと名付けられた着陸船は、文字通り、資源が不足していました。

  • gas.

    ガス。

  • With less than 30 seconds of fuel left, Neil Armstrong and Buzz Aldrin finally touched

    燃料が残り30秒を切ったところで、ニール・アームストロングとバズ・オルドリンがついにタッチしました。

  • down on a landscape obscured by dust stirred up by

    埃に埋もれた風景を見下ろして

  • the vehicle’s thrusters.

    車両のスラスター

  • Future astronauts would have to be able to make precision landings at locations dictated

    将来の宇宙飛行士は、指定された場所に正確に着陸できるようにしなければならない。

  • by science. That meant they would have to touch down on landscapes filled with all kinds

    科学によってそれは、彼らがあらゆる種類の風景に 触れなければならないことを意味しています

  • of rocks and craters.

    岩やクレーターの

  • For Apollo 12, the science pointed to a region known as the Ocean of Storms, some 2000 kilometers

    アポロ12号では、科学は嵐の海として知られている地域を指摘しています。

  • from where the Eagle had landed. Here, the landscape is dark from lava that cooled to

    イーグルが着陸した場所からここでは、冷えた溶岩のせいで、景色が暗くなっています。

  • form its flat expanse billions of years ago.

    何十億年も前に、その平らな広がりを形成しています。

  • Within it, an impacting asteroid had hollowed out Copernicus crater, perhaps showering the

    その中で、小惑星の衝突によってコペルニクスのクレーターがくり抜かれ、その中にシャワーを浴びせていたのかもしれません。

  • region with rocks blasted out from deep underground.

    地中深くから岩石が吹き出している地域。

  • To sample this geological treasure trove, the astronauts sought to land at a series

    この地質学的な宝庫を試すために、宇宙飛行士たちは次のような場所に着陸しようとしました。

  • of smaller craters about 45 kilometers away.

    約45キロ離れた小さなクレーターの

  • After a journey lasting 83 and a half hours, the crew fired the spacecraft’s engine to

    83時間半の旅の後、クルーは宇宙船のエンジンを始動させました。

  • go into an elliptical lunar orbit.

    楕円月周回軌道に入る。

  • Five hours later a second burn put the spacecraft into a circular orbit 111 kilometers above

    5時間後、2回目の燃焼で宇宙船は上空111キロの円軌道に入りました

  • the lunar surface.

    月面。

  • The next day, Pete Conrad and Allan Bean entered the lunar module, Intrepid.

    翌日、ピート・コンラッドとアラン・ビーンは月着陸船イントレピッドに乗り込んだ。

  • Separating from the command module, they dropped down toward their target.

    司令部から離れ、目標に向かって降下した。

  • Pete Conrad would rely on improvements in the ship’s landing radar to find his way

    ピート・コンラッドは船の着陸レーダーの改良に頼って自分の道を見つけるだろう

  • to touchdown.

    タッチダウンまで。

  • Pete Conrad and Alan Bean landed without a hitch.

    ピート・コンラッドとアラン・ビーンは無事に着陸した。

  • Now, they prepared to climb down the ladder to experience a whole new world.

    今、彼らは全く新しい世界を体験するためにはしごを降りる準備をしていました。

  • The plan was for Earth to experience it too, courtesy of a color video camera that was

    地球にも体験してもらおうと計画していました。

  • designed to send back a live signal.

    ライブ信号を送り返すように設計されています。

  • Conrad was careful to keep it pointed away from the Sun to protect its sensitive imaging

    コンラッドは、その敏感な画像を保護するために、太陽から離れて指摘しておくように注意していた

  • tubes. Unfortunately, it caught the glare from Intrepid’s shiny surface, and blew.

    チューブを使用しています。残念ながら、イントレピッドの光沢のある表面からの眩しさをキャッチして吹いた。

  • Back on Earth, the television networks cancelled their coverage. Millions of viewers then went

    地球に戻って、テレビ局は放送を中止しました。何百万人もの視聴者が

  • about their day.

    彼らの一日について。

  • Which left Conrad and Bean to go about theirs’.

    コンラッドとビーンは彼らのことを考えていた

  • The astronauts spent the first of two four-hour moonwalks setting up science and communications

    宇宙飛行士は2回の4時間のムーンウォークの最初の1回目を過ごし、科学と通信のセットアップを行いました。

  • equipment, taking photographs, and seeing what was there.

    機材を揃えたり、写真を撮ったり、そこにあったものを見たり。

  • There were discoveries and surprises aplenty. One was a series of mounds out in the open,

    たくさんの発見と驚きがありました。その一つは、野外にある一連のマウンドでした。

  • perhaps made up of material ejected from the craters upon impact.

    おそらく、衝突時にクレーターから放出された物質で構成されていると思われます。

  • Two and a half hours into the moonwalk, the astronauts flipped their wrist-mounted checklists

    ムーンウォークの2時間半後、宇宙飛行士は手首に装着したチェックリストを反転させました。

  • to their next task.

    次の仕事へ。

  • They opened an unlikely page, placed there by the Apollo 12 back-up crew.

    彼らは、アポロ12号のバックアップクルーがそこに置いた、ありそうでないページを開いた。

  • This little prank hardly distracted from their central goal: to walk among the craters making

    このちょっとしたイタズラは、彼らの中心的な目的である、クレーターの中を歩くことからはほとんど気が散りませんでした。

  • observations and picking up rocks.

    観察したり、石を拾ったり。

  • That was part of a major, unheralded, scientific quest of the Apollo program: to find clues

    それは、アポロ計画の主要な、前代未聞の科学的探求の一環であった。

  • to where the moon came from.

    月がどこから来たのかを

  • At the time, there were three leading theories.

    当時、有力な説は3つありました。

  • The so-called fission theory, championed by George Howard Darwin, son of Charles Darwin,

    チャールズ・ダーウィンの息子ジョージ・ハワード・ダーウィンが唱えた、いわゆる核分裂説。

  • held that the moon was once part of the Earth, cast off by the rapid spin of its young parent.

    月はかつて地球の一部であり、その若い親の急速な自転によって投げ落とされたと考えられていました。

  • That might explain the Pacific Ocean, a giant hole in the Earth’s surface.

    それは太平洋という巨大な穴の開いた地球の表面を説明できるかもしれません。

  • Then there was the capture theory, which held that the moon was a wayward object that floated

    また、月は浮かんでいるものであるという捕獲説もありました。

  • through our solar system and was pulled into orbit by Earth’s gravity.

    太陽系を通過し、地球の重力に引っ張られて軌道に乗ったのです。

  • A third idea came from the American astronomer Thomas Jefferson Jackson See, known at the

    3番目のアイデアは、アメリカの天文学者トーマス・ジェファーソン・ジャクソン・シー(Thomas Jefferson Jackson See)が考案しました。

  • time for his attacks on Einstein’s theories.

    アインシュタインの理論に対する彼の攻撃のための時間。

  • He suggested that the Moon formed near Earth and gradually fell under its gravitational

    彼は、月が地球の近くで形成され、徐々にその重力の下に落ちていくことを示唆した。

  • spell. In that case, moon rocks should resemble those of Earth.

    の呪文を唱えます。その場合、月の岩石は地球の岩石に似ているはずです。

  • Finding out which theory is correct would also yield clues to the formation of the solar

    どの説が正しいかを知ることは、太陽の形成の手がかりにもなります。

  • system at large, and perhaps even to the birth of our own planet.

    システム全体、ひょっとしたら私たちの惑星の誕生にも影響を与えているかもしれません。

  • Day Two on the Moon. Neither Conrad nor Bean had been able to get much sleep. Excitement

    月面での2日目。コンラッドもビーンもあまり眠れなかった。興奮

  • got the best of them.

    彼らの中で最高のものを手に入れた

  • The pair now left Intrepid for a second, and final, moonwalk.

    二人はイントレピッドを離れ、二度目の、そして最後のムーンウォークへと向かった。

  • The suits they wore had been built for spending time on the Moon’s surface, with five layers

    彼らが着ていたスーツは、月面で過ごすために作られたもので、5層構造になっています。

  • stitched together to maintain constant temperature and air pressure. Because direct exposure

    温度と空気圧を一定に保つために縫い合わされています。直接の露出があるため

  • to the sun could heat the suits to 120 degrees Fahrenheit, the innermost layers circulated

    太陽に120度華氏にスーツを熱することができます。

  • water around the astronaut’s body to keep him cool.

    宇宙飛行士の体を冷やさないために水を使う。

  • On the outside was a shell to protect against micro-meteors that routinely batter the moon’s

    外側には、日常的に月を襲う微小隕石から身を守るための殻がありました。

  • surface. The astronauts found that lunar dust was so abrasive that this outer layer quickly

    の表面。宇宙飛行士は、月の塵が非常に研磨されていることを発見しました。

  • sustained damage, and so fine that it crept into the rotating wrist joints.

    損傷を受け、それが回転する手首の関節に忍び寄るほど細かい。

  • This time, the plan was to move out along the edge of Surveyor Crater and pay the probe

    今回の計画では、サーベイヤークレーターの端に沿って移動し、探査機を支払うことになっていました。

  • a visit.

    訪ねてみてはいかがでしょうか。

  • Along the way, there were pictures to take, samples to collect, coring tools to drive

    途中、写真を撮り、サンプルを集め、コアリングツールを使ってドライブしました。

  • into the ground.

    地面に

  • It was a world filled with optical illusions and strange juxtapositions.

    それは目の錯覚と奇妙な並置に満ちた世界だった。

  • The lunar landscape appears monochromatic, a bright gray. With no atmosphere, the light

    月の風景は単色で明るい灰色に見える。大気がないので、光が

  • is harsh, with shadows cast in deep black.

    は、深い黒に影を落とした厳しいものです。

  • But close up, the moon offers a variety of rich and colorful details owing to its tumultuous

    しかし、近くで見ると、月は、その波乱に満ちているために、豊かでカラフルなさまざまなディテールを提供しています。

  • past.

    過ぎたこと。

  • The Ocean of Storms is an ancient basin that was hollowed out by a huge impact and filled

    嵐の海は、巨大な衝撃で空洞化した古代の盆地を埋め尽くす

  • with lava.

    溶岩で

  • Finally, the team arrived at Surveyor. They cut off select components to take back to

    最後に、チームはサーベイヤーに到着しました。彼らは選択した部品を切断して

  • Earth.

    地球だ

  • Scientists would make a surprising discovery lodged in the camera was a colony of bacteria.

    科学者たちは、カメラの中に埋もれていた細菌のコロニーが驚くべき発見をするだろう。

  • Did it sneak into the component upon its return to Earth? Or, had it somehow survived for

    地球に戻ってきた時に部品の中に潜り込んだのでしょうか?それとも、どうにかして

  • two and a half years on the moon?

    月に2年半もいたのか?

  • To this day, no one knows the answer to this intriguing question.

    今日に至るまで、この興味をそそる質問の答えを誰も知らない。

  • One final stop remained: Block crater, where a basketball-sized impactor had exposed the

    最後の停留所が一つ残っていた。ブロッククレーターです。バスケットボールサイズの衝撃で

  • lunar bedrock, leaving a wealth of new samples.

    月の岩盤には新しいサンプルが豊富に残っています。

  • One rock they picked up is known as KREEP, for potassium, rare earth elements, and phosphorus.

    彼らが拾った一つの岩は、カリウム、希土類元素、リンのためにKREEPと呼ばれています。

  • It’s thought to be a piece of bedrock that formed over 4 billion years agoon a lunar

    40億年以上前に形成された岩盤の一部と考えられています...月の上で

  • surface that was entirely molten.

    表面が完全に溶融していた。

  • Just a few years later, this evidence would coalesce into a radical new idea of the moon’s

    わずか数年後、この証拠は、月の

  • origins.

    の起源です。

  • At the dawn of the solar system, Earth shared an orbit with a Mars-sized body now called

    太陽系の黎明期には、地球は現在の火星サイズの天体である

  • Theia.

    テイア

  • Its orbit became unstable and it headed in Earth’s direction.

    軌道が不安定になり、地球の方向に向かった。

  • Theia struck Earth at an oblique angle, causing the Earth to spin faster and debris from both

    テイアが地球に斜めに衝突したことで、地球の自転速度が速くなり、両方の破片が

  • bodies to fly into orbit.

    軌道上を飛行するためのボディ。

  • When the dust settled, the debris began to coalesce in Earth orbit, forming the Moon.

    塵が落ち着くと、地球の軌道上で破片が集まり始め、月を形成します。

  • The moon, then, comes primarily from the outer layers of the Earth and Theia. That’s why

    では、月は主に地球とテイアの外層から来ています。そのために

  • overall the moon is less dense than Earth.

    月は全体的に地球よりも密度が低い。

  • From this violent beginning, the moon gradually cooled, and the magma that lined its surface

    激しい月の始まりから徐々に冷えていき、月の表面を覆っていたマグマも冷えていきました。

  • hardened into a crust.

    が固まって地殻になっています。

  • It was now time for Conrad and Bean to prepare for the return flight home.

    それは今、コンラッドとビーンが帰国便の準備をする時間でした。

  • Along with their gear, they packed up 75 pounds of scientifically priceless dirt and rocks.

    道具と一緒に75ポンドの科学的に価値のない土や岩を詰め込んだ。

  • In the years to come, these samples, and those from the remaining Apollo missions, would

    今後数年の間に、これらのサンプルや、残りのアポロミッションからのサンプルは、以下のようになるでしょう。

  • continue to yield clues to the history of the moon, and its companion, Earth.

    月とその伴侶である地球の歴史の手がかりを与え続けています。

  • Even as Conrad and Bean lifted off from the moon, there was still more science to do.

    コンラッドとビーンが月から離陸しても、まだまだ科学がありました。

  • The lander rose up to join the command module, docking flawlessly. Conrad and Bean transferred

    ランダーはコマンドモジュールに合流するために上昇し、完璧にドッキングした。コンラッドとビーンは

  • their samples and equipment.

    彼らのサンプルや機器を使用しています。

  • Then they released Intrepid, sending it hurtling back down to the Lunar surface. The idea was

    そして、イントレピッドを放出し、月面に向かって砲撃して戻ってきました。そのアイデアは

  • to use the impact of a crash landing to calibrate equipment that would monitor moon quakes and

    不時着の衝撃を利用して、月の地震を監視する装置の較正を行います。

  • asteroid impacts.

    小惑星の衝突

  • When it hit, the impact resonnated like a bell for over half an hour, as seismic waves

    それがヒットしたとき、衝撃は、地震波として30分以上の間、鐘のように再結合しました。

  • rippled through the moon’s interior.

    月の内部に波紋を描いた

  • There was one more thing left to do: get home safely.

    もう一つ残っていたのは、無事に家に帰ること。

  • Just before arrival, they gazed at a brilliant scene of Earth moving across the sun.

    到着直前には、太陽を横切って移動する地球の輝かしい光景を見つめていた。

  • Apollo 12 hit Earth’s atmosphere at 40,000 kilometers per hour.

    アポロ12号は時速4万キロで地球の大気圏に突入した。

  • The parachute pack opened just fine.

    パラシュートパックは無事に開きました。

  • Not even a bolt of lightning could spoil this trip. The crew of Apollo 12 had shown how

    稲妻でさえ、この旅を台無しにすることはできませんでした。アポロ12号のクルーは

  • it’s done, even adding flair to efficiency and precision.

    効率と精度に華を添えるためにも、それは完了しています。

  • Well, almost.

    まあ、ほとんどね。

  • At splashdown, Alan Bean got beaned by a camera that had not been secured. His five stitches

    スプラッシュダウンで、アラン・ビーンは固定されていなかったカメラに豆を取られてしまった。彼の5針は

  • would be forgotten.

    が忘れ去られてしまう。

  • What no one could forget was a camera magazine filled with exposed film that had gotten jammed

    誰もが忘れられないのは、露出したフィルムが詰まってしまったカメラマガジン。

  • and then accidentally left on the lunar surface.

    で、誤って月面に置き去りにされてしまいました。

  • Ironically, given the magnitude of their accomplishment, the astronauts reported catching hell for

    皮肉なことに、彼らの偉業の大きさを考えると、宇宙飛行士たちは

  • that oversight.

    その見落とし

  • Conrad, Bean and the other astronauts of Apollo will go down in history as the first to step

    コンラッド、ビーンとアポロの他の宇宙飛行士は、ステップに最初のものとして歴史の中でダウンします。

  • off our planet. Four moon landings later, the program faded away in the wake of declining

    私たちの惑星を離れて4回の月面着陸の後、プログラムは衰退していきました。

  • expectations, social discord, and the politics of those turbulent times.

    期待、社会の不和、そしてそれらの激動の時代の政治。

  • The incredible journey of Apollo 12 lives on as a symbol for those who may one day revive

    アポロ12号の信じられないような旅は、いつか復活するかもしれない人々のシンボルとして生き続けています。

  • the instinct to travel beyond our planet, in search of clues to the origins of our world,

    地球を越えて旅をしたいという本能が、世界の起源の手がかりを求めている。

  • and our place in the cosmos.

    そして、宇宙の中の私たちの場所。

  • 3

    3

Earth. November 14, 1969.

地球1969年11月14日

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 コンラッド 宇宙 地球 飛行 ビーン アポロ

アポロ12号の信じられない旅

  • 577 29
    Zenn に公開 2020 年 08 月 06 日
動画の中の単語