Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • I want you to imagine a not too distant future where a company makes a super high-tech virtual

    あまりにも遠くない未来を想像してみてほしいのですが、ある会社が超ハイテクなバーチャルなものを作っています。

  • reality headset.

    リアリティヘッドセット。

  • You can slip it on and experience anything that you want.

    滑り込みで何でも体験できます。

  • Everything that you experience would feel 100% life-like and, in fact, you wouldn't

    あなたが経験するすべてのものは、100%本物のように感じるだろうし、実際には、あなたはしないだろう

  • be able to tell your experiences apart from real life.

    自分の経験を実生活と区別できるようになる

  • This machine could maximize the total amount of pleasure you would experience in life.

    この機械は、あなたが人生で経験するであろう喜びの総量を最大化することができます。

  • If you think you need a little pain to have more pleasure, it can produce that for you.

    より多くの喜びを得るためには少しの痛みが必要だと思えば、それはあなたのために生産することができます。

  • No matter what, this machine can maximize pleasure over your lifetime.

    何があっても、この機械は生涯にわたって快楽を最大化することができます。

  • There's also no reason to worry about anyone outside of the machine because they can plug

    また、マシン以外の人はプラグを差し込むことができるので、気にする必要はありません。

  • in too or you can assume that they are being taken care of by someone else (the government

    にも入っているか、誰かに世話になっていると思っていいでしょう

  • for example).

    など)。

  • So, don't let your worries about serving others prevent you from plugging in.

    だから、人のために奉仕することを心配しているからといって、突っ込むことを妨げないようにしましょう。

  • Once you plug in, you won't even know that you're plugged in.

    一度差し込んでしまえば、差し込んでいることに気づかない。

  • You could do anything you want in that world but the only catch is that once you plug in,

    その世界では何をしてもいいが、唯一の難点は、一度接続してしまえば、その世界では何もできないことだ。

  • you can't come out.

    あなたは出てこれません。

  • Knowing this, would you plug into this world?

    それを知っていたら、この世界に差し込んでくれないか?

  • When I asked this question on Twitter 45% of you said yes, you would plug in, and 55%

    Twitterでこの質問をしたところ、45%の方が「はい」と答え、55%の方が「プラグインする」と答えました。

  • said no, you would not.

    駄目だと言ったんだ

  • This question is actually a twist on an infamous thought experiment - posed by the philosopher

    この質問は、実際には悪名高い思考実験をひねり出したもので、哲学者によって提起されたものです。

  • Robert Nozick in his book Anarchy, State, and Utopia - titledThe Experience Machine”.

    ロバート・ノジックは、彼の著書『アナーキー、国家、そしてユートピア』の中で、「体験マシン」と題して、こう述べています。

  • The situation stays the exact same except instead of plugging into virtual reality,

    バーチャルリアリティに突っ込むのではなく、バーチャルリアリティに突っ込む以外は、状況は全く同じです。

  • Robert refers to it as an experience machine.

    ロバートはそれを体験マシンと呼んでいます。

  • Robert assumed that most people would choose not to enter this machine.

    ロバートは、ほとんどの人がこのマシンに入らないことを選ぶだろうと想定していました。

  • I wanted to revisit this thought experiment because I feel as if the question it asks

    私がこの思考実験を再訪したいと思ったのは、それが問いかけているような気がするからです。

  • is actually becoming more and more relevant in modern society.

    は、実は現代社会ではますます重要になってきています。

  • We are seeing great advances in virtual reality and it doesn't seem impossible that we could

    私たちはバーチャルリアリティの大きな進歩を目の当たりにしていますが、それは不可能ではないように思えます。

  • one day create something similar to an experience machine

    いつか体験機のようなものを作る

  • I believe that one of the initial responses that someone might have to this modified thought

    誰かがこの修正された思考に対して持っているかもしれない最初の反応の一つは、私は信じています。

  • experiment is that they can control their usage.

    の実験は、彼らの使い方をコントロールできるということです。

  • “I would only play for a bit and plug out whenever I want - sort of like a video game

    "私は少しだけ遊んで、好きな時にプラグアウトするだけです。" "ビデオゲームのようなものです。"

  • they might say.

    と言うかもしれません。

  • I'd argue that it's actually not so simple for two reasons.

    私が主張したいのは、実際には2つの理由でそんなに単純ではないということです。

  • Video games are designed to be addictive in the same way fast food, and social media are.

    ビデオゲームは、ファーストフードやソーシャルメディアと同じように中毒性があるように設計されています。

  • It's a form of supernormal stimuli.

    超常的な刺激の形ですね。

  • I mentioned this in one of my videos on self-discipline in the past and some viewers took it as a

    過去の自己啓発の動画でも触れましたが、一部の視聴者はそれを

  • knock against gaming.

    格ゲーに対してのノック。

  • I have nothing against gaming, I've been a gamer myself for most of my life.

    俺はゲームに反対しているわけではないし、俺自身も人生の大半をゲーマーとして過ごしてきた。

  • I DO think it's delusional to deny that developers don't try to make their games

    開発者がゲームを作ろうとしないことを否定するのは妄想だとは思うが

  • as addictive as possible similar to how fast food companies try to make their food as addictive

    中毒性があるように、ファーストフード会社が自分の食べ物を中毒性のあるものにしようとしているのと同じように

  • as possible, and social media sites try to make their feeds as addictive as possible.

    のように、ソーシャルメディアサイトは自分のフィードを可能な限り中毒性のあるものにしようとしています。

  • It's in the creators best interest, financially at least, to make their creations as addictive

    少なくとも金銭的には中毒性のある作品にするのがクリエイターの最善の利益だろう

  • as possible.

    可能な限り。

  • In a lot of cases, their livelihood depends on it.

    多くの場合、彼らの生計はそれに依存しています。

  • It might even be impossible to remove what makes a good product from being addictive.

    良い商品を作っているものは、中毒性があることから外すことは不可能かもしれません。

  • If you accept this premise, that people, more often than not, try to make their products

    この前提を受け入れれば、人は、より多くの場合、自分の商品を作ろうとします。

  • or creations as addictive as possible, then we can move on to my next premise.

    創作物を可能な限り中毒性のあるものにすることができれば、次の前提に移ることができます。

  • For better or worse, there are ways to take advantage of human biology.

    良くも悪くも人間の生物学を利用する方法があります。

  • Easy example: it can be hard to quit smoking cigarettes even when you really want to.

    簡単な例:本当にタバコをやめたいと思っていても、なかなかやめられないことがあります。

  • If you accept both of these premises, that people make their things as addictive as possible

    人は自分のものを可能な限り中毒性のあるものにしているという この両方の前提を受け入れれば

  • and that it's possible to take advantage of human biology, then you would likely accept

    人間の生物学を利用することが可能であるとしたら、あなたはそれを受け入れるでしょう。

  • my conclusion that VR will be a highly addictive experience.

    VRは中毒性の高い体験になるという私の結論

  • If you can enter a world that feels real and can provide you with maximum pleasure, why

    リアルに感じられ、最大の喜びを提供できる世界に入ることができるのであれば、なぜ

  • would you ever want to leave?

    帰りたいと思うか?

  • Coming out of that experience would make reality seem dull and drab by comparison.

    その経験から出てくると、現実はそれに比べて退屈で退屈なものになってしまいます。

  • The likelihood of you wanting to remain plugged in as much possible would be very high.

    なるべくプラグを差し込んだままでいたいと思う可能性は非常に高いでしょう。

  • Now you see why I think this is a good thought experiment to discuss.

    これで、私がこれを議論するのに良い思考実験だと思う理由がわかりましたね。

  • I don't think it seems as unlikely of a scenario as when Nozick first proposed it.

    ノジックが最初に提案した時ほど、シナリオの可能性が低いとは思えません。

  • Keeping in line with the original thought experiment, we should also assume that technology

    当初の思考実験を踏襲しつつ、技術的には

  • is at a point where they can connect us to this ultra-real VR experience and also keep

    は、この超リアルなVR体験に私たちを繋げてくれるポイントであり、また

  • our bodies functioning and alive while we are in it.

    私たちの体が機能し、生きている間は

  • Knowing this, would you plug in?

    それを知っていてプラグを差し込むのか?

  • There are good reasons to plug in.

    プラグインするにはそれなりの理由があります。

  • The primary one is a philosophy called hedonism.

    第一のものは、快楽主義という哲学です。

  • Hedonists believe that everything in life boils down to two things: pain and pleasure.

    痛みと快楽:ヘドニストは、人生のすべてが2つのことに煮詰まると信じています。

  • Pleasure is what is intrinsically good and maximizing net pleasure over a life time is

    快楽とは本質的に良いものであり、生涯にわたって純快楽を最大化することは

  • the most important goal for a person.

    その人にとって最も重要な目標

  • Everything else is only good as long as it leads to the production of more pleasure or

    他のすべてのものは、それがより多くの喜びの生産につながるか、または

  • avoids pain.

    痛みを避けます。

  • Another thing we hear people say often is, “just do what makes you happy.”

    もう一つ、よく耳にするのが「自分が幸せになることをやればいい」という言葉です。

  • If doing what makes you happy is the most important thing - and this machine is designed

    あなたを幸せにすることが最も重要なことであるならば、このマシンは設計されています。

  • to maximize pleasure and therefore happiness - there would be no reason not to plug in,

    喜びと幸福を最大化するために - プラグインしない理由はないでしょう。

  • right?

    だろう?

  • However, Nozick initially proposed this thought experiment to refute hedonism.

    しかし、ノジックは当初、快楽主義に反論するためにこの思考実験を提唱した。

  • He said that if you don't plug into the machine, which he suspected most people wouldn't,

    ほとんどの人が疑っていた機械に差し込まなければ、と言っていました。

  • then there are things you value more than pleasure.

    喜びよりも大切なものがあるのよ

  • It means there are things you think are more important than just our inner feelings about

    それは、私たちの内なる感情よりも、あなたが大切だと思うことがあるということです。

  • the world.

    世界のことだ

  • Judging by the poll I ran on Twitter, the majority of people, intuitively, do not want

    私がツイッターで行った世論調査から判断すると、大多数の人は、直感的には

  • to plug in.

    を差し込むようにしてください。

  • Nozick actually laid out three arguments as to why he believed someone wouldn't want

    ノジックは実際に3つの議論をした 誰かが欲しがらないと信じた理由として

  • to plug in:

    を差し込むようにしてください。

  • We actually want to do things and not just experience them.

    実際にやってみたいことがあって、ただ体験するだけではない。

  • There is something intrinsically valuable about actually doing an activity as opposed

    実際に活動をすることには、何か本質的に価値のあるものがあります。

  • to merely experiencing it.

    単に経験するだけのものに

  • We want to become certain kinds of people.

    ある種の人間になりたい。

  • Nozick said that entering the machine is a form of suicide because the person who enters

    ノジックは、マシンに入ることは自殺の一形態であると言いました。

  • the machine has no character.

    マシンには文字がありません。

  • We don't know if they are kind, brave, loyal, or anything.

    彼らが親切なのか、勇敢なのか、忠誠心があるのか、何もわからない。

  • Consider this: do you want to win an olympic gold medal to have the experience of having

    これを考えてみましょう:あなたが持っている経験を持つために、オリンピックの金メダルを獲得したいですか?

  • a medal and to feel the pleasure of winning that medal, or do you want to win it because

    メダルを獲得し、そのメダルを獲得した喜びを感じるために、あるいは、そのメダルを獲得したいから

  • it means that you are a strong, hard-working, and brave person.

    強くて努力家で勇敢な人という意味です。

  • Something to think about.

    何か考えることがある。

  • Lastly, Nozick said that people would not want to enter because the machine would prevent

    最後にノジックは、マシンが防ぐので、人々は入りたくないだろうと言いました。

  • us from experiencing a deeper reality.

    深い現実を経験することから

  • Everything that we experience in the machine would be man-made.

    機械の中で経験したことは全て人工物になってしまいます。

  • I believe here Nozick is saying that many of us would rather live in a world that is

    ここでノジックが言っているのは、私たちの多くはむしろ

  • true, rather than artificial, even if an artificial world produces more net pleasure.

    人工的な世界がより多くの正味の喜びを生み出しているとしても、人工的な世界ではなく、むしろ人工的な世界の方が真実である。

  • When I first heard this argument, I totally agreed with it.

    最初にこの主張を聞いたときは、完全に同意しました。

  • Everything Nozick said made sense.

    ノジックの言ったことは全て筋が通っていた。

  • Of course, I would want to live in a world that is real but less pleasurable than one

    もちろん、私は現実の世界で生きたいと思うが、現実の世界よりも快適ではない世界で生きたいと思う。

  • that is fake but more pleasurable.

    それは偽物だが、もっと楽しい。

  • That was, until I heard about The Reverse Experience Machine.

    それは、「逆体験マシン」の話を聞くまでの話です。

  • Now, I want you to imagine a different scenario.

    では、別のシナリオを想像してみてください。

  • Imagine that you suddenly wake up in a white room.

    白い部屋で突然目が覚めたと想像してみてください。

  • A scientist approaches you and says: “hey, you've been connected to this experience

    科学者があなたに近づき、「ねえ、あなたはこの経験とつながっているのよ

  • machine for a decade.

    10年前から

  • Everybody you thought you knew, and all the experiences you had were manufactured by this

    あなたが知っていると思っていたすべての人と、あなたが経験したすべての経験は、これによって製造されたものです。

  • machine.

    マシンを使用しています。

  • We're supposed to ask every decade whether you would like to plug back in.

    10年ごとにプラグインしたいかどうかを聞くことになっています。

  • Would you?”

    君はどうだ?"

  • This scenario was initially posed by Joshua Greene although I modified it a bit.

    このシナリオは、最初はJoshua Greeneさんが提案してくれたものですが、私が少し修正しました。

  • Knowing that everything you had just experienced was fake, would you want to return to it or

    あなたが経験したことがすべて偽物だったと知って、あなたはそこに戻りたいと思うでしょうか?

  • would you want to return to reality.

    あなたは現実に戻りたいのでしょうか?

  • What if in this new reality you're actually living in poverty, would you want to go back?

    もしこの新しい現実の中で、実際に貧困の中で生活していたら、戻りたいと思うだろうか?

  • What if in this new reality you're actually a billionaire, would you want to go back then?

    もしこの新しい現実の中で、あなたが実際に億万長者だったら、その時に戻りたいと思いますか?

  • Felipe De Brigard actually posed the idea that our reluctance to enter the machine in

    フェリペ・デ・ブリガードは実際に、我々がマシンに入ることを渋っているという考えを提起しました。

  • the original experiment may be due to status quo bias.

    元の実験は現状維持のバイアスによるものかもしれません。

  • We don't like change.

    私たちは変化を好まない。

  • The reason we might be hesitant to enter the machine might be status quo bias and not the

    マシンに入るのを躊躇してしまうのは、現状維持のバイアスかもしれませんし

  • reasons Nozick outlined.

    ノジックが説明した理由

  • If you find yourself hesitating to enter the machine in the first scenario but wanting

    最初のシナリオでマシンに入るのを躊躇していても、次のシナリオを望んでいることに気がついたら

  • to connect back in the second scenario then you might have been a victim of the status

    を使って、第二のシナリオに戻って接続すると、あなたはステータスの犠牲になったかもしれません。

  • quo bias.

    クオバイアス。

  • I'm not sure if I would want to enter reality, if it turns out that I'm actually living

    実際に生きていることが判明したら、現実に入りたいと思うかどうかはわかりませんが

  • in poverty.

    貧困の中で

  • This virtual life is pretty great.

    このバーチャルライフはかなり素晴らしいですね。

  • So, maybe I don't value truth over pleasure?

    私は快楽よりも真実を大切にしていないのかな?

  • But, let me hit you with another scenario.

    しかし、もう一つのシナリオを紹介しましょう。

  • You're in a relationship with a lovely spouse.

    素敵な配偶者とお付き合いしていますね。

  • You work a great job with a wonderful boss and co-workers, and you have beautiful, amazing

    あなたは素晴らしい上司と同僚と素晴らしい仕事をしています。

  • kids.

    子供たち。

  • Everyone loves you, except for that they don't.

    誰にでも愛されている、それ以外はね。

  • You just think that everyone loves you but really they hate you.

    みんなに愛されていると思っているだけで、本当は嫌われているんですね。

  • Your spouse is constantly cheating on you, your kids laughing at and despising you, your

    あなたの配偶者は常に浮気をしている、あなたの子供はあなたを笑って軽蔑している、あなたの

  • coworkers doing the same, and your boss thinks your the worst employee.

    同僚が同じことをしていて、あなたの上司はあなたが最悪の従業員だと思っています。

  • But, you have no idea.

    でも、あなたにはわからないでしょう。

  • Assume that finding out about this truth would reduce your net pleasure over a life time.

    この真実を知ることで、一生のうちにネットの楽しみが減ると仮定して。

  • Would you want to know the truth and reduce your pleasure or live a delusional life and

    真実を知って快楽を減らしたいのか、妄想生活をして

  • have more pleasure?

    喜びが増す

  • What would you want for someone else whose not you but that you care about?

    あなたは、あなたではなく、あなたが気にしている誰かのために何をしたいですか?

  • For the hedonist, someone who thinks that net pleasure over a life time is the most

    快楽主義者にとっては、生涯にわたる純快楽が一番だと思っている人が

  • important goal, living in delusion is the obvious answer.

    重要な目標である妄想に生きることは、当然の答えです。

  • This again brings up the question: what's more important, pleasure or truth?

    喜びと真実、どっちが大事なのか?

  • If you picked truth, then you might agree with Nozick that there are things more important

    もしあなたが真実を選んだのなら ノジックに同意するかもしれない もっと重要なことがあると

  • than pleasure, happiness, and our inner feelings.

    喜びや幸せ、私たちの内面の感情よりも

  • This is by no means an easy thought experiment to answer, and there are several complex answers

    これは決して簡単に答えられる思考実験ではなく、いくつかの複雑な答えがあります。

  • to it.

    それに合わせて

  • With VR technology improving, I think it's something important and interesting to think

    VR技術が向上している今、考えることは重要で面白いことだと思います。

  • about so I'd love to see what you guys think in the comments: would you plug in?

    についてなので、私はあなたたちがコメントで何を考えているかを見てみたいと思います:あなたはプラグインするだろうか?

I want you to imagine a not too distant future where a company makes a super high-tech virtual

あまりにも遠くない未来を想像してみてほしいのですが、ある会社が超ハイテクなバーチャルなものを作っています。

字幕と単語
AI 自動生成字幕

ワンタップで英和辞典検索 単語をクリックすると、意味が表示されます

B1 中級 日本語 マシン 快楽 喜び 中毒 差し 実験

バーチャルリアリティは現実の生活に取って代わるのか? (Will Virtual Reality Replace Real Life?)

  • 19 1
    Summer に公開 2020 年 11 月 23 日
動画の中の単語