Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • I don't know if you've noticed,

    お気付きでしょうか

  • but there's been a spate of books

    最近出版された本に

  • that have come out lately

    多く見られるのは

  • contemplating or speculating

    犬の知覚や感情について

  • on the cognition and emotional life of dogs.

    考察したり想像するものです

  • Do they think, do they feel and, if so, how?

    犬は考え 感じるのか そうだとしたら どのようにするのか

  • So this afternoon, in my limited time,

    ですから今日は 限られた時間の中で

  • I wanted to take the guesswork out of a lot of that

    大いに当てずっぽうに想像して

  • by introducing you to two dogs,

    2匹の犬をご紹介したいと思います

  • both of whom have taken the command "speak"

    2匹とも“話してごらん”という号令に

  • quite literally.

    文字通り従ってくれました

  • The first dog is the first to go,

    最初の犬はこちら

  • and he is contemplating an aspect

    彼は主人との関係性の

  • of his relationship to his owner,

    ある側面について考えを巡らせており

  • and the title is "A Dog on His Master."

    タイトルは 『犬による主人についての考察』です

  • "As young as I look,

    「僕の方が若く見えはするが

  • I am growing older faster than he.

    主人よりも速く年を取りつつある

  • Seven to one is the ratio, they tend to say.

    犬の1歳は人間の7歳に あたるのだと人は言う

  • Whatever the number, I will pass him one day

    数字はどうあれ 僕はいつか主人の歳を追い越し

  • and take the lead,

    先導するのだ

  • the way I do on our walks in the woods,

    林を散歩するときのように

  • and if this ever manages to cross his mind,

    このことに主人が気付くときが訪れたら

  • it would be the sweetest shadow

    雪や草原に映し出された

  • I have ever cast on snow or grass."

    僕のどんな影よりも 甘やかなものになるだろう」

  • (Applause)

    (拍手)

  • Thank you.

    ありがとう

  • And our next dog

    次の犬は

  • speaks in something called the revenant,

    亡霊となって語りかけてきます

  • which means a spirit that comes back

    犬の魂が再び主人に会いに

  • to visit you.

    この世に戻ってきたのです

  • "I am the dog you put to sleep,

    「俺はあんたに 安楽死させられた犬だ

  • as you like to call the needle of oblivion,

    忘却の針とあんたが呼ぶところの物で

  • come back to tell you this simple thing:

    簡単なことをひとつ教えに 戻ってきてやったよ

  • I never liked you."

    あんたのことはずっと嫌いだった」

  • (Laughter)

    (笑)

  • "When I licked your face,

    「あんたの顔をなめるときは

  • I thought of biting off your nose.

    いつも鼻をむしり取ってやろうと 思っていたし

  • When I watched you toweling yourself dry,

    タオルであんたが体をふくのを見て

  • I wanted to leap and unman you with a snap.

    飛びかかって がぶりと局部を 噛みちぎってやろうとも考えた

  • I resented the way you moved,

    あんたの動き方も気に食わなかった

  • your lack of animal grace,

    動物として品性を欠いているよ―

  • the way you would sit in a chair to eat,

    椅子に座って 物を食べるときに

  • a napkin on your lap, a knife in your hand.

    ひざにナプキンを乗せて ナイフを手にするなんてさ

  • I would have run away

    逃げようとも思ったけれど

  • but I was too weak,

    弱すぎて それはできなかった

  • a trick you taught me

    芸も覚えさせられたよな

  • while I was learning to sit and heel

    お座りして 足元にぴたりと付いたり

  • and, greatest of insults,

    一番傷ついたのは

  • shake hands without a hand.

    手がないのに 「握手」をさせられたことさ

  • I admit the sight of the leash would excite me,

    確かに散歩用のリードを 見せられると興奮したけど

  • but only because it meant I was about to smell things

    それはあんたが 触れたことのないものの

  • you had never touched.

    匂いをかぐことができるからさ

  • You do not want to believe this,

    信じないだろうけど

  • but I have no reason to lie:

    嘘をつく理由はないんだからな

  • I hated the car, hated the rubber toys,

    車もゴムのおもちゃも大嫌いだったし

  • disliked your friends, and worse, your relatives.

    あんたの友達も嫌いだった 親戚はもっと嫌だった

  • The jingling of my tags drove me mad.

    首輪の金属のタグがちりちり鳴って 頭がおかしくなりそうだった

  • You always scratched me in the wrong place."

    あんたはいつも 気持ち良くない場所を撫でてきた」

  • (Laughter)

    (笑)

  • "All I ever wanted from you was food and water

    「あんたから得たかったのは

  • in my bowls.

    食べ物と水だけさ

  • While you slept, I watched you breathe

    あんたが寝ると 月が空に昇っていく間

  • as the moon rose in the sky.

    あんたが寝息をたてるのを見ていた

  • It took all of my strength

    頭をのけぞらせて

  • not to raise my head and howl.

    吠えるのを我慢するのは それはそれは辛いんだ

  • Now, I am free of the collar,

    もう首輪もない

  • free of the yellow raincoat,

    黄色のレインコートもない

  • monogrammed sweater,

    モノグラムのセーターも

  • the absurdity of your lawn,

    あんたの庭の ばかばかしい芝生もない

  • and that is all you need to know about this place,

    俺が今いる場所について あんたに言いたいのはそれだけさ

  • except what you already supposed

    もうお分かりだろうし

  • and are glad it did not happen sooner,

    今頃でよかったと思ってるだろうけど

  • that everyone here can read and write,

    ここではみんな読み書きできるんだ

  • the dogs in poetry,

    犬は詩を書き

  • the cats and all the others

    猫や他の動物は

  • in prose."

    散文を書くんだ」

  • Thank you.

    ありがとう

  • (Applause)

    (拍手)

I don't know if you've noticed,

お気付きでしょうか

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TED 主人 首輪 散歩 嫌い 動物

TED】ビリー・コリンズ犬が考えることについての2つの詩(おそらく)(ビリー・コリンズ。犬が考えていることについての2つの詩(たぶん) (【TED】Billy Collins: Two poems about what dogs think (probably) (Billy Collins: Two poems about what dogs think (probably)))

  • 2818 107
    Daniel Chin に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語