Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • (eerie music)

    (不気味な音楽)

  • (eerie laughing)

    (不気味な笑い声)

  • (squashing sound) (air whooshing)

    ぴょんぴょん

  • (grunting) (air whooshing)

    (うなり声) (空気を吹き飛ばすような音)

  • (grunting)

    (うなり声)

  • (eerie laughing) (thunder crashes)

    (不気味な笑い声) (雷が鳴る)

  • - And it was at that very moment, that Orange realized

    - その瞬間、オレンジは気がついた。

  • he'd been eating a dirty gym sock the entire time!

    汚れた靴下をずっと食べてたんだよ!

  • - Ew!

    - うわ!

  • - Ew!

    - うわ!

  • - Did I overhear someone telling a Creepypasta?

    - 誰かがクリーピーパスタの話をしているのを小耳に挟んだのかな?

  • (all screaming)

    (すべての叫び)

  • (glass crashing)

    (ガラスの衝突)

  • - No, Pear was just telling an actual

    - いや、梨は実際の話をしていただけで

  • story about me. (laughs)

    私の話。(笑)

  • - So you actually ate a dirty gym sock?

    - 実際に汚い体育館の靴下を食べたのか?

  • Like, the entire thing?

    全体的に?

  • - Are you surprised?

    - 驚いた?

  • That's not even that crazy for Orange.

    オレンジにしてはそこまでキチガイでもない。

  • - Yeah, earlier today he farted the ABCs, so.

    - ああ、今日はさっきまでABCのおならをしていたからね。

  • - Enough!

    - もういい!

  • Listen, I thought I heard a Creepypasta in progress,

    聞いてくれ、クリーピーパスタが進行中だと思っていた。

  • and I went to all the effort of doing my creepy entrance

    わざわざキモい玄関をしたのに

  • routine, I'm on a roll.

    ルーティーン、調子に乗ってます。

  • We're just gonna go with it, okay?

    このままでいいんだよ?

  • Now, who among you is brave enough to hear my newest

    さて、あなた方の中で、私の最新作を聞くのに十分な勇気のある人はいますか?

  • creepypasta, "The Funky Paw"?

    creepypasta「ファンキーポー?

  • - Is this anything like the famous short story,

    - 有名な短編小説のようなものかな?

  • "The Monkey's Paw"?

    "猿の足"?

  • - No, that story isn't funky whatsoever.

    - いや、その話はファンキーなものではない。

  • - Gotcha.

    - 捕まえた

  • - Now then, "The Funky Paw" is a story about

    - さてさて、『ファンキー・ポー』は

  • a young grapefruit.

    若いグレープフルーツ。

  • - Here we go.

    - 始めるぞ

  • - Yes, it is indeed coincidental that you are a grapefruit

    - はい、確かに偶然ですが、グレープフルーツの

  • and the story involves a grapefruit.

    とグレープフルーツを絡めた話になっています。

  • Do not interrupt me again.

    もう二度と口を挟まないでください。

  • Ahem!

    エヘン!

  • Now then, on to my creepypasta,

    さて、それでは私のクリープパスタをどうぞ。

  • which is, as always, to die for.(laughs)

    いつものように死ぬまでに(笑)

  • (thunder crashes) - Once upon a time,

    むかしむかしむかし。

  • there was a young grapefruit who cared very, very

    グレープフルーツの子がいました

  • much about the way he smelled.

    彼の匂いが気になって仕方がない

  • - What is happening right now?

    - 今、何が起きているのか?

  • - I realize it's coincidental!

    - 偶然だと実感しています!

  • Now stop interrupting!

    邪魔するな!

  • Ahem!

    エヘン!

  • - For someone without a nose, the grapefruit's sense

    - 鼻のない人にはグレープフルーツのセンス

  • of smell was quite refined.

    嗅覚がかなり洗練されていました。

  • One day, while shopping for rare scents in a shop

    ある日、店頭でレアな香りを求めて買い物をしているうちに

  • he had never visited before, he was offered

    一度も訪れたことのない彼が

  • a horrible-smelling funky paw for purchase.

    恐ろしく臭いファンキーな肉球を購入するために

  • The purveyor of the shop told him the paw would grant

    お店の人が言っていたのは、肉球が与えてくれると

  • him three wishes, but there was a catch, all of his wishes

    三つの願い事をしたが、全ての願い事にキャッチがあった。

  • would be granted in a rather funky fashion.

    となると、かなりファンキーな形で認められることになります。

  • The grapefruit purchased the paw, exited the shop,

    グレープフルーツは肉球を購入し、店を出た。

  • and when he looked back, the shop had vanished

    振り返ると店は消えていた

  • into a cloud of greenish gas.

    緑がかったガスの雲の中に

  • (air whooshing) (tense music)

    (空気がふーふーと鳴る) (緊張感のある音楽)

  • - Nevertheless, the grapefruit rushed straight home

    - それにもかかわらず、グレープフルーツはまっすぐに家に駆けつけた

  • with the paw and wished for a pile of money.

    を持って、札束の山を願いました。

  • It instantly appeared!

    瞬時に登場しました!

  • The young grapefruit was overjoyed to find the paw worked.

    若いグレープフルーツは、肉球が働いたことに大喜びしていた。

  • However, the pile of cash smelled rather funky.

    しかし、山積みになった現金はかなりファンキーな匂いがした。

  • So funky, in fact, that no one would accept it as payment.

    それほどファンキーで、実際、誰もそれを支払いとして受け入れないだろう。

  • No matter how much the grapefruit offered to pay,

    いくらグレープフルーツが支払いを申し出ても

  • no one wanted his stinky money.

    誰も彼の臭い金を欲しがらなかった

  • And so, the grapefruit was left with a smelly pile of cash

    というわけで、グレープフルーツには臭い現金の山が残されていました。

  • that was utterly worthless. (chuckles)

    それは全くの無価値だった(チャックルズ)

  • The grapefruit decided to make his second wish,

    グレープフルーツは第二の願いを叶えることにした。

  • that the woman of his dreams would fall madly

    惚れ惚れしてしまう

  • in love with him.

    彼に恋をしている

  • Again, the wish came true immediately!

    今回もすぐに願いが叶いました

  • She loved him dearly, and could not be convinced otherwise,

    彼女は彼を心から愛していたが、そうでなければ納得できなかった。

  • no matter what.

    何があっても

  • You see, the grapefruit absolutely reeked.

    グレープフルーツは絶対に悪臭を放っていた。

  • The stench of his money had permeated everything

    彼のお金の悪臭がすべてに浸透していた

  • in the surrounding area, including the grapefruit himself.

    グレープフルーツ本人も含めて、周辺地域では

  • No matter how many times he bathed or tried to hide

    何度お風呂に入っても、隠そうとしても

  • it with his ridiculous collection of body sprays,

    彼のバカげたボディスプレーのコレクションと一緒に。

  • the grapefruit stank to high heaven.

    グレープフルーツは天まで臭かった

  • But his love was not deterred, and remained entranced

    しかし、彼の愛は止められず、夢中になったままだった。

  • by him, even though she vomited whenever he came near.

    彼が近づくたびに 吐いていたのに

  • (liquid squashing) (lady screaming)

    (液体を潰す) (女性の悲鳴)

  • Eventually, the grapefruit was at the end of his rope.

    結局、グレープフルーツは彼の縄張りの先にいた。

  • He was penniless, he smelled awful, and the love of his life

    彼は無一文だった 彼はひどい臭いがしていた そして彼の人生を愛していた

  • was vomiting far too frequently for his liking.

    彼の好みに合わないほど頻繁に吐いていた。

  • "I wish for the smell to go away," he thought

    "臭いが消えればいいのに」と思っていました。

  • to himself, before he realized he still

    自分に言い聞かせて

  • had one wish remaining!

    願いが一つだけ叶った

  • Why?

    なぜ?

  • He could simply wish the smell away!

    彼は単に臭いを消してほしいと願うことができました!

  • And so the grapefruit took up the paw and began uttering

    グレープフルーツは前足を上げてこう言い始めました

  • his wish aloud, saying, "I wish for the smell."

    においがしたい

  • But then, in the middle of his sentence, he caught a whiff

    しかし、彼の文章の途中で、彼は、彼の匂いをキャッチしました。

  • of himself and vomited uncontrollably.

    自分の体を壊して、制御できずに吐いてしまった。

  • And unfortunately for him, the paw heard his request,

    そして、彼にとって不幸なことに、肉球は彼の要求を聞いた。

  • he had wished for the smell, and that's precisely

    匂いを求めていたのですが、それはまさに

  • what he got.

    彼が得たもの

  • From that day forward, the funky stench spread

    その日から、ファンキーな悪臭が広がった。

  • across the land, causing everyone who smelled

    匂いを嗅いだ者は皆

  • it to barf loudly and comedically.

    笑いながら大声で吐くこと。

  • The smell was so horrid that some people even barfed

    臭いがひどかったので、嘔吐した人もいました。

  • themselves to death, and the stench of their decaying bodies

    しにしにしにしにしにしにしにしにしにしにしにしにしにしにしにしにしにしにしにしにし

  • somehow made the stench even worse.

    なぜか悪臭がさらにひどくなりました。

  • Everyone knew it was the grapefruit who had brought

    誰もが知っているのは、それがグレープフルーツを持ってきたことです。

  • the funky curse upon them, but they did not seek

    ファンキーな呪いをかけられても、彼らは求めなかった。

  • retribution, to kill the Grapefruit would be too kind.

    報復だ、グレープフルーツを殺すのは優しすぎる。

  • The true punishment was to allow him to live

    真の罰は、彼を生かすことだった

  • alongside his vomit-happy true love,

    吐いても吐いても幸せな真実の愛と並んで

  • and his funky-smelling cash every day for the rest

    彼のファンキーな匂いのする現金と

  • of his natural life.

    彼の自然な生活の

  • The end. (laughs)

    終わりです。(笑)

  • - Now, that's a creepypasta that passed

    - さて、それは合格したクリーピーパスタ

  • the sniff test. (laughs)

    嗅覚テストです。(笑)

  • - Um, guys?

    - あの、みんな?

  • Where's Grapefruit?

    グレープフルーツは?

  • - Oh, I believe he went to change the radiator hose

    - ああ、確かラジエターホースを交換しに行ったんだよね。

  • on his riding lawn mower, obvious.

    芝刈り機に乗っているのは明らかだ

  • - Checks out, I believe it.

    - チェックアウト、私はそれを信じています。

  • - Man, that was a really good creepypasta.

    - マジかよ、本当にいいクリープパスタだったな。

  • The way you described the smell,

    匂いの描写の仕方が

  • I can practically smell it.

    実質的に匂いを嗅ぐことができる

  • - Actually, that wasn't the story, it was me.

    - 実はそれはネタじゃなくて、私の方だったんです。

  • (fart squelching) (laughing)

    (おならをしぼる) (笑)

  • - Orange!

    - オレンジ!

  • - Orange!

    - オレンジ!

  • - What?

    - 何だと?

  • I can't help it, I ate a gym sock! (laughs)

    どうしようもない、ジムの靴下を食べてしまった!(笑)

  • (fart squelching)

    蝋の掻き潰し

  • (all snoring)

    (すべてのいびき)

  • - Did someone say Creepypasta?

    - 誰かクリーピーパスタって言ってた?

  • (all screaming)

    (すべての叫び)

  • - What?

    - 何だと?

  • Dude, no one said anything, we were all asleep!

    誰も何も言ってないよ、みんな寝てたんだ!

  • - Oh, well, could someone mention Creepypasta?

    - そういえば、誰かクリープパスタのことを言ってくれないかな?

  • Like, as a little favor to me?

    私へのちょっとした好意で?

  • Lemme just go get hidden again, thank you.

    また隠れてくるわ ありがとう

  • Okay, everybody go for it.

    よし、みんな頑張れ

  • - Creepypasta!

    - クリーピーパスタ!

  • - Did someone say Creepypasta?

    - 誰かクリーピーパスタって言ってた?

  • - Yeah, you asked us to.

    - ああ、君が頼んだんだ

  • - Well, I just so happen to have a brand new creepypasta

    - まあ、たまたま新しいクリープパスタを持っていて

  • to share with you, it's called "Swimming Pool Shark."

    "プールシャーク "と呼ばれています

  • And don't worry, I promise it doesn't bite!

    噛まないから安心して!

  • (laughs) (thunder crashes)

    (笑) (雷が落ちる)

  • - Excited to hear it, sounds jaws-ome. (laughs)

    - それを聞くと興奮します、顎が出そうな音。(笑)

  • - Thanks for that, Orange, really wrecked the mood.

    - ありがとう、オレンジ、雰囲気を壊してくれたよ。

  • (clears throat)

    喉が渇いた

  • Once upon a time, there was a young orange

    昔々あるところに、若いオレンジ色の

  • who loved to swim.

    泳ぐのが好きだった

  • - Like me?

    - 私のように?

  • - No, less annoying than you.

    - いや、お前より迷惑なことはない。

  • - Like me?

    - 私のように?

  • - Sure, why not?

    - 確かに、どうして?

  • Anyway, this young orange was excited to learn

    とにかく、この若いオレンジは、学ぶことに興奮していました。

  • that a new swimming pool had just opened near her home,

    彼女の家の近くに新しいプールがオープンしたことを知りました。

  • although the name of the swimming pool,

    プールの名前ではありますが。

  • Sharksmouth Public Pool, concerned her.

    サメ口公共プールで彼女を心配していた。

  • She knew it was a foolish notion, but she just couldn't help

    愚かな考えだと知っていたが、彼女はどうしても助けられなかった。

  • but wonder if there was a shark living beneath the surface

    鮫がいるんじゃないかと疑う

  • of the pool.

    プールの

  • Her parents, her friends, the lifeguard,

    彼女の両親、彼女の友人、ライフガード。

  • everyone assured her that there was no shark in the pool.

    プールにサメはいないと誰もが断言していました。

  • Finally, she came to her senses, she was being silly.

    ついに彼女は正気に戻った、彼女は愚かなことをしていた。

  • So she got into the pool, which proved

    それで彼女はプールに入って

  • to be somewhat difficult because the edge of the pool

    プールの端っこなので、やや難しい。

  • was so sharp and jagged.

    はとても鋭くてギザギザしていました。

  • But soon she was having a grand time playing in the water

    しかし、すぐに彼女は水遊びを楽しんでいました。

  • with her friends, until suddenly she spotted a fin

    友達と一緒にいると、突然ひれを見つけた。

  • popping up out of the water across the pool!

    プールを挟んで水の中から飛び出す

  • But when she looked again, she saw it was just a backlit

    しかし、彼女がもう一度見ると、それはただの逆光になっていました。

  • Dorito relaxing on a pool floatie.

    プールの浮き輪の上でくつろぐドリト。