Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • - Maggie Smith.

    - マギー・スミス

  • - Mags.

    - マッグス

  • - Maggie.

    - マギー

  • - Maggie Smith.

    - マギー・スミス

  • - The notorious M-A-G.

    - 悪名高いM-A-G。

  • G-I-E, yeah you know me.

    G-I-E、ええ、私を知っているでしょう。

  • - The Magster.

    - マグスターだ

  • She doesn't like me to say that.

    彼女は私がそんなことを言うのを嫌がっている。

  • That's not a thing.

    そんなことはありません。

  • (jaunty music)

    (陽気な曲)

  • - My most memorable moment with Maggie,

    - マギーとの一番の思い出。

  • for better or worse,

    良くも悪くも

  • is one of my first scenes with her.

    は彼女との最初のシーンの一つです。

  • - The first scene that we, that we shot with her,

    - 彼女と一緒に撮影した最初のシーン。

  • and the first time I ever worked with her,

    と、初めて一緒に仕事をしました。

  • and I was absolutely terrified.

    と言っていたので、絶対に怖かったです。

  • - My first memory of Maggie Smith

    - マギー・スミスの最初の記憶

  • was when she got in the car, a 1910 Renault.

    彼女が車に乗ったのは1910年式のルノーだった。

  • I was playing the chauffeur.

    運転手役をやっていました。

  • It's one of my first days,

    初めての日の一つです。

  • and I had to drive down the drive

    と言って、私はドライブダウンしなければなりませんでした。

  • and deliver her to the house.

    と言って、彼女を家に引き渡す。

  • And they gave me a very specific mark to hit,

    そして、具体的に打つべきポイントを教えてくれました。

  • and I panicked,

    とパニックになりました。

  • and I pulled the handbrake very hard,

    と言ってハンドブレーキを強く引っ張った。

  • turned the car, managed--

    車を回してなんとか...

  • basically handbrake turned a 1910 Renault,

    基本的にハンドブレーキは1910年のルノーを回しました。

  • with basically a national treasure in the backseat.

    基本的に国宝をバックシートにして

  • And stopped, obviously, went,

    そして止まった、明らかに行った。

  • "Okay, we're gonna have to reset the car,

    "よし、車をリセットするぞ

  • "just reverse it back there,"

    "そこを逆にすればいい"

  • and Maggie went, "I think I'll get out first."

    マギーは "私が先に出ると思う "と言いました。

  • - All I had to do was put a cloak on her,

    - 彼女にマントを着せればよかったんです。

  • and when she turned around, I give her her handbag.

    と振り向くと、彼女に手提げ袋を渡した。

  • I was like, "Okay, I can do this.

    私は「よし、これならできる」と思いました。

  • "This sounds appropriate to my level of footman-ing."

    "これは私のレベルのフットマンには 適していると思う"

  • And we said "action."

    私たちは "行動 "と言った

  • I put the cloak on her but kinda brushed her--

    彼女にマントを着せたが、ちょっとブラッシングしただけで...

  • maybe punched her in the face (chuckles),

    顔を殴ったのかもしれない(苦笑)。

  • and then she sorta went, "Oh God,"

    そして、彼女は "ああ、神様 "と言ってしまった。

  • and then they shouted "cut" and then I pulled the cloak off

    カットと叫ばれてマントを脱いだ

  • and it was attached to her dress,

    と彼女のドレスにくっついていました。

  • so it pulled her in another direction,

    それが彼女を別の方向に引っ張った

  • and then she turned around

    と言って振り向いた

  • and I closed her fingers in the handbag.

    と言って、彼女の指を手提げ袋に閉じた。

  • So it was the worst of times,

    最悪だったんですね。

  • but the thing was that--

    しかし、それは...

  • I love about her is that Maggie was so awesome about it.

    マギーの好きなところは、マギーがすごいことになっていたこと。

  • She didn't make me feel bad at all.

    全然嫌な思いをさせてくれませんでした。

  • I shall never forget it,

    絶対に忘れません。

  • but I don't think it was my finest hour.

    でも、私の最高の時間ではなかったと思います。

  • - It was a dining room scene,

    - 食堂のシーンでした。

  • and us three girls,

    と私たち3人の女の子。

  • me, Jessica and Laura, Edith and Sybil,

    私、ジェシカとローラ、エディスとシビル。

  • we were all very nervous,

    緊張していました。

  • and she immediately kind of made us feel at ease.

    と、すぐに私たちを安心させてくれました。

  • She did this funny thing of kind of, you know,

    彼女は面白いことをしてくれたわ

  • sort of, walking out with her walking stick like a granny.

    おばあさんみたいに 杖をついて出て行くのよ

  • - Then when I got to join the upstairs cast

    - その後、二階のキャストに参加することになった時に

  • in season three, really, she--

    シーズン3では、本当に、彼女は...

  • on her way in the first day, she was back,

    初日の途中、彼女は戻ってきた。

  • she stopped at the doorway, she was passing me,

    彼女は玄関で立ち止まり、私とすれ違っていた。

  • and she went, "I'm glad you're back.

    と行ったところ、彼女は「帰ってきてくれてよかった。

  • "I'm glad to see the smiler."

    "スマイラーに会えてよかった"

  • - My favorite Maggie quote is,

    - 私の好きなマギーの名言は

  • "I never argue.

    "反論はしない

  • "I explain."

    "説明する"

  • - "Machiavelli is frequently underrated.

    - "マキアヴェリは過小評価されることが多い。

  • "He had many qualities."

    "彼は多くの資質を持っていた"

  • - There's a couple of very good lines that Maggie

    - マギーが言ってたセリフの中には、とても良いセリフがいくつかあります。

  • has to Edith when she's feeling a bit blue

    憂さ晴らしに

  • and she's moaning and moping a bit, and Violet says,

    と、少しうめき声をあげてモヤモヤしていると、ヴァイオレットが言う。

  • "Don't be defeatist, dear, it's very middle class."

    "敗北主義者になるなよ、とても中流階級だ"

  • - I've never had a put-down from Maggie except in the movie,

    - 映画以外でマギーのパットダウンを受けたことがない。

  • and I say,

    と私は言う。

  • "It wasn't a contrived meeting, we met by chance,"

    "意図的な出会いではなく 偶然の出会いだった"

  • and she looked at me and said,

    と私を見て言ってくれました。

  • "What simpletons men are."

    "男は何て馬鹿なんだ"

  • - One of my favorite Maggie lines is the classic,

    - 私の好きなマギーのセリフの一つに定番があります。

  • "What is a weekend?"

    "週末って何?"

  • And I've seen them on T-shirts,

    そして、Tシャツで見たことがあります。

  • so I think it's the kind of classic

    というような古典的なものだと思います。

  • that everybody remembers and loves.

    誰もが覚えていて大好きな

  • - How would I describe her?

    - 彼女をどう表現すればいいのかな?

  • Wise.

    賢いな

  • - Brilliant.

    - すばらしい

  • - Hilarious.

    - 笑える。

  • - Iconic.

    - アイコニック。

  • - Skilled.

    - 熟練している。

  • - Witty.

    - 気が利いている。

  • - Naughty.

    - いたずら。

  • - Sharp.

    - シャープだ

  • - But there's so many moments with Maggie that I couldn't--

    - でもマギーとの時間が多すぎて...

  • I'd be here all day if I told you all of them.

    全部話したら一日中ここにいるよ。

  • - ♪ Ain't nothin' like a dame

    - "女のような女はいない

- Maggie Smith.

- マギー・スミス

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 マギー マント セリフ スミス ブレーキ シーン

ダウントン・アビー』キャストがマギー・スミスにラブレターを書く|ハーパーズBAZAAR (The Cast of Downton Abbey Write A Love Letter to Maggie Smith | Harper's BAZAAR)

  • 2 0
    Summer に公開 2020 年 11 月 11 日
動画の中の単語