Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Uh, you know, e... everybody knows this story because it's about change.

    このストーリーは、変化というテーマでよく知られています。

  • It's about the people's capacity to be able to change at any time in their lives.

    人というのは、人生においていつでも変わることができるんだ、というものです。

  • And, um, it's about social responsibility.

    そして、社会責任、言うなれば愛についてでもあるわけですね。

  • It's about love, really; it's the great unrequited love story, I think.

    素敵な片思いの話だと思います。

  • Matthew and I had been talking with a dear friend of mine, a writer friend of mine, about putting on a production next year, potentially.

    マシューと私は、私の作家の友人と話をして来年には制作に入ろうかという予定になっていました。

  • And, um, so when the crisis hit, uh... he got back, uh, uh, a few months later and just said, "How about Scrooge?"

    そこに今年のパンデミックが起きたんですけど、数か月もしたら私のところにきて「スクルージの演劇やってみたらどうだ?」って言うわけです。

  • And I didn't quite know if I should be insulted or, or actually, um, flattered, but either way, I'm here.

    そんなこと言われて、喜んでいいのか怒っていいのかよく分からないじゃないですか。でも、なんだかんだ言って、今ここにこうしているわけですからね。

  • The truth is that I, under normal circumstances, I would be in the audience this Christmas watching this production because its... I've seen two out of three of the... the last years' productions.

    本当のことを言えば、いつもだったら今年のクリスマスはこの演劇を観客席で観てる側だったはずなんですけど、 去年は3回のうち2回は観ましたし

  • Because it's this magical, beautiful, uh... perfect theatrical production, in my opinion, and, uh, and I've become a complete, uh, fanboy for these productions.

    何か特別なものが感じられる作品で、美しくて、私が思うには完ぺきな舞台演劇ですね。 それに、私自身この作品の大ファンにもなりましたから。

  • I think that Jack Thorne, who adapted this version of "A Christmas Carol", ha... has written such a beautiful, spare, poetic, but really emotional, almost like a Freudian insight.

    A Christmas Carolをこのバージョンにアレンジしたジャック・ソーンは、とても素晴らしい、心動かす、詩的な それでいて本当に感情的な、ほとんどフロイト的世界観を描き出しています。

  • The father isn't present in the novel.

    小説には父親は出てきません。

  • And what he's done is... is just by pushing forward this very dark, brooding, oppressive presence of... of the father, you understand where he was created, you know.

    そこで彼はこのとても暗くて陰気な抑圧的存在感を醸し出す父親を前面に押し出したわけです。 どこでこのキャラクターが作り上げられたかが分かるわけですよ。

  • I love this theatre; it... it's a sort of landmark historic theatre.

    この劇場が大好きです。ある種の歴史的象徴である劇場ですね。

  • For 200 years, it's had some of the... the greatest theatre performers, you know, of our time.

    200年もの間、現代における有数の素晴らしい役者たちがここでパフォーマンスを披露してくれました。

  • But the thing that I love most about this theatre, and... and the policy of the theatre is that it's a community theatre.

    でも、この劇場に関して一番私が好きな要因というのは地域密着型の劇場だということです。

  • And there's a definite sense of energy in here that is different.

    他の劇場とはどこか違う、独特の息吹を感じる空気感がここにはあります。

  • And he reason I became an actor is because of my local theatre.

    私が俳優になったのは、自分の地元の劇場の存在があったからこそ、です。

  • I worked as a waiter at the, uh, at the Bath Theatre Royal, and that's how I fell in love with theatre, and watched Richard Harris in Pirandello, uh, four times, uh, and that's why I'm here.

    Bath Theatre Royal でウェイターとして働いていたんですけど、その時に劇場が大好きになったんです。 そして Pirandello 作品を演じる Richard Harris を4回も見て、その影響で今ここにいるといっても過言ではありません。

  • So, without these kind of community theatres, I think the lifeblood of our industry will disappear.

    こういった地域密着型の劇場がなくてはこの業界の活力源は消えていってしまうと思います。

  • My only Christmas wish is that, as quickly as possible, audiences are back in theatres.

    私のクリスマスの願いといったらただ一つ、人々が1日でも早く劇場に足を運ぶことができるようになることです。

  • That's all we're wishing for, to just, basically, hobble through until we can all be back together and to be able to connect with people again.

    望むのはそれだけですね、それまでは何とかして頑張って耐えながら、いつの日かまたみんなが集まって人々とつながることができるのを楽しみに待つ、という感じですね。

Uh, you know, e... everybody knows this story because it's about change.

このストーリーは、変化というテーマでよく知られています。

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 劇場 わけ 作品 父親 クリスマス 片思い

「クリスマスキャロル」アンドリュー・リンカーンにインタビュー

  • 314 9
    たらこ に公開 2021 年 12 月 07 日
動画の中の単語